FC2ブログ
2018
08.29

魔女の波状攻撃。しつこい。

Category: 雑記
ご存知ですか?
「魔女の一撃」

えぇ、そう。
ギックリ腰のことです。

このブログでも何度か書いてきましたが、
わたくし、齢三十四。
これまでに何度も一撃を食らっております。

そんな私が子供を産みました。

えぇ。恐怖ですよね。魔女。

実は妊娠中からかなりビビっていたのですが、
ビビっていただけに無意識のうちに注意して行動していたのか
ギックリ腰妊婦になることは幸いありませんでした。

ま、あれだけ安静生活を送っていたら
魔女も一撃をくらわす隙が無かったのかもしれません。


・・んが。

いざ子供を産んだらそうはいきません。
ギックリ腰の大敵。それは、

中腰、重いもの、無理な姿勢、とっさの動き、などなど。

あ、言い換えますね。

オムツ替え、息子、抱っこや授乳、暴れる息子の静止、などなど。

それでもね、けっこう気を付けていたおかげか、
産後4か月、魔女とは距離を置いてやってきたんです。

が、ついに先週、じわりと魔女の影が忍び寄ってきました。
なんとなーく、腰が痛い。
ギックリ腰って感じではないものの、
「これはヤバいヤツや!油断したらアカンヤツや!」な感じ。

けど、子育てしてたら油断も何もあったもんじゃないわけで。
強烈な一撃はお見舞いしてこないものの、
かれこれ1週間以上、魔女から波状攻撃を食らい続けています。

そして何より怖いのが、できる限りで安静に努めているのに
日に日に腰の痛みが増していること。
最初は「おっ?なんか腰が痛いかも?」くらいだったのが、
今やギックリ腰と同レベルの痛みに。
腰を伸ばして歩けない、立ち上がれない。

そりゃそうですよねー。
腰を痛めている人が、

「安静にしてますよ。
 ただし1日に20回くらいは5キロのダンベル持ち上げてますけどね。」

って、それ安静じゃないからー!
ってなりますもんね。


これ以上悪化してはほんとにマズいので、
症状が落ち着くまでは、息子には申し訳ないけれど
授乳とオムツ以外は抱っこを控えることにしました。
といっても抱っこゼロにするのは難しいけれど、
できるだけ抱っこの時間を減らすようにしています。

夫も仕事を早めに切り上げたり有休を使ってくれたり
とても協力してくれ、なんとかやりくりしているのですが、
一番困るのが寝かしつけで。

基本、添い寝で寝かしつけているのですが、
「よし寝たな。息子をつぶさないようにそーっと体を離して…」
の、『そーっと』ができない・・・(T_T)

ほとほと困り果てていたのですが、
息子には便利な習性があったことを思い出しました。
それは、ガラガラで寝ること。

ガラガラってあれです、赤ちゃんのおもちゃのガラガラ。
ちょっと眠そうなモードに入りかけたなーって時に
目の前でガラガラ振ると、うまくいけば10分くらいで寝ちゃうんですよね。
抱っこだと2時間とか寝ない時もザラなのに!

うるさくないのかなーと思うんですけれど(笑)、
ガラガラの音とキラキラ光る模様が目の前で揺れるのが
息子には何とも気持ちよく、眠りを誘うようです。

ちなみにうちで使っているガラガラはこちら。



正式名称はチャイムっていうみたいですね。

母が買ってきて、最初は正直
「え、なんかダサくない?昭和っぽくない?」
って思ってあまり遊ばせてなかったのですが(母、ごめん。)、
今やわが家のおもちゃの中で一二を争う人気者です。

日中ぐずりだした時も、このガラガラで
機嫌を直してくれることもあるので、超お役立ち!
(成功率4割くらいだけど。それでも助かる。)

しばらくはこのガラガラと夫に頼りまくって
魔女からの波状攻撃をかわしていこうと思います。


育児の大変さって、寝られないとか食べられないとか
直接的な負担ももちろん大きいけど、
こういう「ちょっと困った」っていうのも大きいなーと改めて思いました。

実家の母は介護で忙しくしているので
飛行機の距離を呼び寄せるのはちょっと難しいし。
地元じゃなくて昔からの友達もおらずまだママ友もいないので
こういう時に頼れる人がいないっていうのは
地味につらいです。いや、普通につらいです。

保育所の一時預かりや自治体の育児サポートを利用しようと思ったのですが、
近隣の保育所は空きがないからと断られ、
育児サポートは、まず最初に市役所まで出向いて
利用登録と面談をしなければいけない上に、
サポート利用のたびに事前打ち合わせが必要とのことらしく
今のこの私の状態ではどちらも利用できませんでした。

むー、歯がゆい。


なんなら、このガラガラで魔女の方を寝かしつけたいです。
ラリホー!!



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
08.23

「不妊治療応援アプリ」の応援!

Category: 不妊治療
台風が近づき、西日本はなにやら不穏な天気です。
私の住む県は先月の豪雨の被災県だからか、
この1か月、NHKのテレビ画面がずーっと非常時モード。
(わかります?青い枠に避難情報とか流れる画面。)

毎年のように各地で起こる自然災害。
今回の台風は無事に過ぎ去ってくれることを祈ります。

さて。
今日はとあるご紹介があってパソコンを開きました。
(ここのブログ主は最近すっかり筆不精だというウワサがあるとかないとか。)

このブログを通じて、これまでたくさんの出会いがありました。
ブログを書いていなかったら絶対に知り合えなかっただろう
素敵な方々との様々なご縁ができ、
私が日々の暮らしをささやかに楽しめたり
クサらずに不妊治療を続けられたのは、
大げさでもなんでもなく、このブログを通じての
皆さんとの交流があったからだと思います。
こんなつたない自己満足ブログでも続けていてよかったー!
と、常々思っております。
筆不精だけど。

そんな素敵な出会いの一つが、西部さんとの出会い。
このブログを読んでくださっていたそうで、
コメントをくださったことからご縁をいただきました。

西部さんの素敵なお人柄は
私の語彙力ではとてもお伝え出来そうにないので
ご興味のある方は↓を見ていただくとして。

彼女は、
「子供を心から望む女性が、みんな母になれる社会をつくる」
というモットーで活躍されている株式会社ライフサカスという会社の代表です。
少し前には、NHKのおはよう日本でも
彼女たちの取り組みが紹介されていました。

そんな彼女の会社が今、不妊治療サポートアプリを開発しています。
そして昨日から、アプリのモニター募集も兼ねて
クラウドファンディングをされています。

独りでがんばらない不妊治療へ。治療生活応援アプリを届けたい!
 ※リンクが別タブで開きます。

私は、治療記録は紙のノートに記録する派でしたが、
それというのも「これだ!」と思える使い勝手の良い
アプリに出会えなかったから。
もしよいアプリがあればそちらで記録したいなぁと常々思っていました。

思い立った時にすぐつける。
これが長持ちする秘訣だから。
特に私みたいなズボラ人間には超重要な要素。

(関係ないですが、この秘訣を守っているおかげで
 家計簿はもう8年以上欠かさず続いています。この私が!!)

このアプリのことは、私も開発段階に
少しだけお話を聞かせていただいたりして、
はやくリリースされないかなーと心待ちにしていました。
できることなら2人目の治療も頑張りたいなと思っているので、
その時にはぜひ使ってみたいなぁと思っています。

そのためにも、ぜひこのプロジェクトには成功していただきたい!

・・と思っていたのですが、
残念ながら現段階ではiPhone版のみのリリースということで
androidユーザーな私は今回のモニターはお預けを食うことに(^^;)

でも、わずかながら応援協力をさせてもらいました。

もし、「あ、なんか気になるな」「私iPhoneだし使ってみたいな」
という方がいたらぜひサイトをのぞいてみてください。
西部さんのアツ~い思いが伝わってくると思います。


ということで、なんだか胡散臭い広告屋みたいに
なってしまいましたが、決してそんなことはありませんので、
リンクを踏んだら怪しいサイトに誘導されたりしませんので(笑)、
どうぞ安心ください。

さてさて、今夜は戸締りを厳重にして
早めに休みたいと思います。
皆様もどうぞお気を付けください。


Comment:0  Trackback:0
2018
08.08

カバー力抜群の母子手帳カバー

人間の身体の融点が45度とかじゃなくてよかったな。
じゃなかったらそろそろ溶けちゃうもんな、私。

なんて意味不明なことを考えてる時点で
脳みそが溶け始めているのかもしれません。

そんな私です。こんにちは。

暑くて暑くて暑くて暑くて・・・熱い!!

はやく夏終わらないですかねー。
でも先日、赤とんぼが飛んでいました。
猛暑の中にも、秋の気配が忍び込んできているみたいです。

はやく!おいで!秋!!

なんて長々とボヤいてしまうほど大変に暑い夏ですが、
どうにか夏バテもせず乗り切っております。
たぶん、気力だけで生きてると思う、私。

しかし身体は意外とバテているみたいで、
このところ、大人になってからの最軽量体重を更新しています。
これはもはや、痩せているんじゃなくてやつれているレベル。

それに伴って、どうやら母乳の出も悪くなってきているのか、
息子の体重があまり増えなくなってしまいました。

ほぼ3000グラムで生まれた息子ですが、
生後間もなくから体重の増え方が平均より少なめで、
成長曲線のギリギリ下限値を這うようにして伸びていました。
が、ここにきてついに成長曲線の正常エリアから外れてしまい。
これまでは完全母乳でやってきましたが、
ちょこっとだけミルクを足すことになりました。

そろそろ終わるかなぁと思っていた産後フォローの通院も
離乳食が始まるまでは引き続き継続することになったので
せっかくならばきっちりフォローしてもらって
すくすくたくましく成長してもらいたいと思います。
がんばるぞ。

おっぱいの授乳もかわいくてすーごく幸せな時間だけど、
哺乳瓶の授乳ってちょっと憧れてたんですよね。
うふふ、たのしみ。


ところで、赤ちゃんを病院に連れて行くときに
何気に大変なのが、受付やお会計。
大きいカバンを抱えつつこどもを抱っこしながら
母子手帳、保険証、乳幼児医療費の受給証、診察券などなどを
取り出さないといけない受付は、
最初の頃はかなりハードルが高かったです。

母子手帳を持ち歩くときには
妊娠中に買ったお気に入りの母子手帳ケースを使っていたけど、

かばんからケースをごそごそ取り出す
→ふたを開ける
→母子手帳、保険証、受給証、診察券を取り出す
→提出してケースのふたを閉める
→鞄にしまう

だけの一連の動作が、たったこれだけの動作が、まー大変で面倒。
無駄にもたつくので、後ろに次の人が待っていたりすると
申し訳なくてさらに焦ってしまったり。

あと、ちょっと買い物や散歩に出るときに
母子手帳ケースごと持ち歩くのって結構かさばります。
病院やしっかりしたお出かけなら大きい荷物も仕方ないと思えるけど、
15分で終わるチョロっとした用事なら荷物はコンパクトにしたーい!

ということで、なんとかならんもんかと考えた結果、
母子手帳カバーにすべてを集約することにしました。
そしてお得意のネット検索。
私のこの思いを解決してくれるツールが
現代の世の中には必ずあるはず。
あるはず・・!


あったーーーー!!!



すてき!そして安い!

商品名はお薬手帳ケースですが、
お薬手帳を挟むところに母子手帳を収納して使っています。
後ろの方にはポケットがついていて、
診察券、保険証、受給証を複数枚収納できます。
(写真撮ろうと思ったけど、個人情報満載過ぎることに気付いてやめた。)

どこに行くのでも、これさえ持ち歩けばよくなりました。
あったんですよねー。
保険証も受給証も持ってきたのに、診察券だけ忘れた!ってこと。
そういう心配もなくなりました。


ちなみに、以前の母子手帳ケースはコレ↓を使っていました。


今となっては大きくてかさばるけど、
妊娠中は自治体の無料チケット冊子を入れたり
病院でもらったエコー写真を入れたり、重宝しました。

世の中、探せばやっぱりあるものですねー。
悩みを解決してくれるツール。
すごい時代です。

万歳!現代!
万歳!ネット社会!


Comment:0  Trackback:0
2018
07.27

「炊く」お赤飯のモチ米は浸水させない。

Category: 手づくり
息子、無事に生後100日を迎えました。
妊娠中から、いや、妊娠前からいろんな方に支えられて
迎えることができた100日目だなぁとしみじみです。

100日目というとお食い初めのお祝いをするそうですが、
来月に実家の家族が遊びにきてくれる予定があるので
せっかくならばその時にやろう!ということで、
ひとまずお赤飯だけ炊いて、3人でささやかにお祝いしました。

お赤飯って初めて作ったのでうまくできるかドキドキでしたが、
なんとかそれっぽく作ることができました。
大きな蒸し器を持っていないので、
蒸すのではなく、炊飯用土鍋で炊くやり方です。

生後100日のお赤飯

もち米は浸水に時間がかかるから
準備に時間がかかりそうだなーと思っていたのですが、
どうやら餅米は、炊飯器や土鍋で「炊く」時には
浸水させてはいけないのだそうです。
洗ったらすぐ炊く!まじかー。

もち米は普通のお米に比べ、
吸水力ハンパないって!!
そんなに吸えへんやん、普通!
そんなんできる?言うといてやそんなに吸うなら!だそうなので、
浸水させてしまうとお水を全部吸ってしまって
いざ炊くときに炊き水が無くなってしまうから、だそうです。

もち米をじっくり浸水させるのは、
炊いた後についてお餅にするときや
蒸し器で蒸しておこわを作るとき。
なーるほどー。だからおこわって蒸して作れるんですね。
あの水分ってどこから来るの?蒸気?って思ってたんです。(無知)

はー、勉強になりました。

どうかこの子が、一生食べることに困らず
豊かに人生を送ってゆけますように。



Comment:0  Trackback:0
2018
07.21

3か月

Category: 子育て
まだまだ夏は先なのに、この連日の猛暑はどういうこと!!?

と思っていたら、時は7月。
もう立派に夏でした。

4月に息子を生んでからというもの
ほとんど外に出ず、テレビを見る時間も格段に減り、
完全に世の中の時間の流れについていけておらず。
桜が咲いたと思ったら、もうお盆がやってきそうです。
2018年の私の春~初夏は失われてしまいました。(笑)

そんなこんなで息子もあっという間に3か月を迎えました。
相変わらず首もすわっていないのに繰り返す寝返りが
ハードなダイエット効果を発揮しているのか、
体重があまり増えない息子。
成長曲線のギリギリ下限値をたどっています。

心配するも、病院では母乳は足りていると言われたので、
これも個性。いや、むしろ抱っこが楽で助かるわ~
くらいの気持ちで穏やかに見守っています。

それにしても。

結婚して9年。
不妊治療をはじめて5年。

こどもが欲しい欲しいと願い続けてきた私ですが、
子育て、舐めていました。

こりゃー、
「子供を産むなら若いうちがいいよ」
ってモラハラまがいのことをいまだに言っちゃう人がたくさんいるのも
納得しちゃいそうになります。

とにかく体力勝負。
寝られない、食べられない、休めない。

まぁそれでも、あれだけ望んで望んでやっと授かったわが子。
疲れもその愛しさには勝てません。

けど、もし結婚してすぐに自然に授かっていたら、
私、このハードな子育てに耐えられたかな?って思います。

そりゃ若いころに比べて体力は落ちているけれど、
長年の不妊治療でそれなりに精神力は鍛えられました。
(ただの「年の功」とも言う。)

もともとズボラな上にこらえ性もない私。
不妊期間を経験したからこそ、今これだけきつくても
やっていられるのかな、と思います。
あと、あらためてうちの夫はとても理解がある人で
仕事で疲れているだろうに私を気遣ってくれ、
そんな夫に救われている部分もかなり大きいです。

自然に授かってちゃんと子育てしているママさん、
いわゆるワンオペ育児で頑張っているママさん、
いろんな理由でひとりで子育てをこなしているママさん、
遊びたい盛りの若さで出産して子育てしているママさん、
すべてのママさんたち、本当にすごいよな、マネできないな、
と心から尊敬の念を禁じ得ない毎日です。

とまぁ、こんな調子で今日も
しゃーないな!オムツ替えまっせ!!
と、なんとかかんとかやっています。

ま、要はなにが言いたかったかというと、
私、不妊治療してよかったなってことです。
人生、無駄なことなんてないんだなぁ、と。

さてさて。
息子の寝ている間に私も睡眠確保です。

今日も熱帯夜。
寝苦しいですが、みなさまよい夢を。



Comment:2  Trackback:0
back-to-top