2017
04.25

10割負担ってそういうこと。

Category: 不妊あるある
あと1週間ほどすると、生理がやってくる予定です。
生理が来たら受診して、いよいよ体外受精のスタート。
ドキドキ…!

と思っていたのですが。
数日前からつらいカンジタの症状が出てきてしまって、
急きょ予定外に受診してきました。

-------
ちなみに、カンジ「ダ」とカンジ「タ」どっちだっけ??
と思って先ほどググったのですが、
カンジ「ダ」菌によって引き起こされる症状を
カンジ「タ」症というらしいです。へー!知らなかった!
-------

無事に診察してもらえ、
服用中の漢方がそろそろ少なくなってきていたことを思い出したので
「ついでにいつもの漢方も処方お願いします。」
とお願いしました。すると、

「次からは自由診療で全部10割負担になっちゃうからね。
 今日なら数千円でお薬出してあげられるから、
 今日来てくれてタイミングよかったよ~。」

と、先生。

あーそっかそっか。
体外受精って保険適用外ですもんね。
ほんとだ。よかったー、漢方のこと思い出して♪

・・・って、待て。

すっかり忘れていましたが、
体外受精=保険適用外っていうことは、
ひとたび治療を始めてしまえば、それ以降の受診は
ぜーーーんぶ全額自己負担しなければいけない
ということになるわけです。

いや、なに言うてるん?当たり前やん。

って思われますよね。
私も思う。(え、どの口が?)

分かっていたんですけれど、分かっていなかったんです。

体外を始めたらお金がかかる。月にウン十万かかる。
ということは理解していましたが、それは
採卵で●万円、培養に●万円、移植で●万円・・・
だから数十万かかっちゃうなー。みたいに思っていたんです。

でも、よく考えてみれば、今まで受けていたような
エコー(超音波)検査や投薬、注射なんかもすべて
3割負担から10割負担にアップするんですよね。
ということは、今まで3千円で済んでいた診察でも、
同じことをしているのに1万円払わないといけなくなるわけで。

あー、すっかり忘れていました。
そうだ。そういうところでも、チリツモで高くなってくるんだ。。。


日本では基本的に混合診療が認められていないので、
たとえばその日の診察でエコー検査・注射・投薬をした場合、
「エコーだけ自費診療(10割)で注射・投薬は保険診療(3割)ね。」
みたいなことはできません。
体外受精は保険適用が認められていないので、
体外受精のために行う医療行為は、すべて自費負担になります。

体外を始めると、エコー検査などのために受診する回数も
これまで(タイミング法)よりかなり増えます。
その都度、7割分の負担増。

うーむ。こりゃ大変だ。

あわてて助成金の受給資格を確認しました(^_^;)
前年の所得が730万円を超えると助成金がもらえないのですが、
わが家の収入なら、助成金を受け取れるみたいです。
よかったー。

これは「所得」で計算するので、「収入が730万円」ではないです。
ここ、要注意!!たとえば年収800万でも、受給できる可能性は高いです。

自営業のご家庭のことはよく分かりませんが、
勤め人のご家庭であれば、「所得」は、手取り額よりも
さらに少ない金額になることが多いと思います。
夫婦のいずれかがパート勤めなら意外と受け取れる人が多いと思うので
源泉徴収票を用意して、まずは計算してみることをオススメします。
(確定申告をした人は、申告後の本人控えを見るべし。)

細かい計算をしていないのであくまでも個人的感覚ですが、
夫婦あわせて「額面」収入が1千万円くらいあると、おそらく
所得制限に引っかかっちゃうのでは、と思います。


ちなみに、体外が始まったら必要になると思われる受診の機会です↓

・排卵日直前まで(卵を取り出すまで)
→排卵誘発のために何度か通院(または自己注射)。

・排卵日前後の数日間(卵を取り出して受精させ、育てる)
→採卵や移植のために何度か通院。
 卵を培養してもらうのにも費用がかかる。
 凍結になれば、凍結保存料も別途かかる。

・受精卵の移植後(卵をお腹に戻した後)
→副作用チェックなどのため、複数回通院してエコー検査。

これ全部10割負担かー。あははは・・・( )
うーん、早く結果出したいな!



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://riko804.blog.fc2.com/tb.php/319-8463d69e
トラックバック
コメント
こんにちわ★
はじめまして(^_^)

いつも、読ませて頂いております。

私は先月にFTを受けまして、ヒダが少なく元々卵管も細いと言われ落ち込んでいます。

また多嚢胞性もあり排卵も不定期で、凹む毎日です。

20代ですが、周りからは若いし大丈夫とか言われ友達はすぐ妊娠するしで、ノイローゼ気味です。

ブログを読むことで共感できることが多く気持ちが楽になります。

お互い早く赤ちゃん授かれるといいですね(^^)
はなdot 2017.05.01 13:02 | 編集
はなさん

こんにちは。
コメント嬉しいです。ありがとうございます(^^)

20代でまだ若いからと言われる、周りにどんどん先を越される‥
わかります。痛いほどに。。
誰も悪くないし、良かれと思って励ましてくれているのだと
思いますが、どんどん追い詰められちゃいますよね。

私はネガティブなので
傷の舐めあいとか不妊様とか思われてるかも・・
なんて思っちゃうこともあるのですが、
「しょーがないじゃん落ち込むんだもん」と開き直るようにしてからは、
かえって泣いたり凹んだりすることが少なくなりました。
とか言っておきながら、相変わらず凹む時は凹みますが(^^;)

でも、1年後の自分よりは今の自分の方が確実に若い!
お互い、幸せをつかみましょうね♪
りこdot 2017.05.02 18:11 | 編集
ご返信ありがとうございます★

今日も街に買い物に出てたのですが、たくさんの妊婦さんを見て、ダメなんですが悲しくなりました。

落ち込む時は、やっぱり落ち込まれますよね(u_u)

お仕事の両立すごいです、尊敬します。
私も今はフルタイムですが、仕事が休めないのと不妊のストレスで、優先順位が分からなくなっています。

秋頃には、もう辞めようかと悩んでいます。
はなdot 2017.05.02 20:45 | 編集
はなさん

わかります、街に出ると落ち込んじゃうっていうの。
で、落ち込む自分にさらに落ち込んだりしてストレス激増しちゃうんですよね。簡単に割り切れないのが人間なんですよねー。
・・と、自己弁護(笑)

仕事との両立は、体外が始まったらどうなるか不安ではあります。
上司は気にしなくていいよって言ってくれてますが、
迷惑かけてるのに甘え続けるのもそれはそれでストレスになりそうだし。

でも、やることがなくなるとどんどんネガティブ思考の
渦にはまっていっちゃうので、できれば仕事とか
社会とのつながりは保っていたいなーとも思うんです。

私は、人に嫌われたり怒られたりしたくない小心者なので、
自分でいろいろ考えすぎて
「この状況で休むとかすごい迷惑でしょ。」とか
「ここで早退とか空気読めなさすぎでしょ、ムリムリ言い出せない。」
とか勝手に自分で結論を出しちゃうタイプなんですが、
治療を始めてからは、「本当に休めない?本当に帰れない?」
と、自分に問いかけるようにしています。
私が少し抜けたところで、仕事の案件が炎上するわけでも
同僚やお客さんに実害を与えるわけでもなく、誰かが死ぬわけでもない。
ただちょっとだけ周りに迷惑な思いをさせちゃうなっていう程度だということに気づいたんです。
私だって仕事で迷惑をこうむることはあるし、お互い様じゃん?
という感じで、居直るようになりました。
歳とって図太くなったのかな(苦笑)

そんな感じで、今のところはまだ
いろんなことを天秤にかけてみて、仕事を続けているという感じです。

ストレスの感じ方とかって人それぞれだから、
自分が本当にきついと思ったら、辞めるのも一つの手だと思います。

うちは、収入のことを考えると
辞めるのが不安・・というのもあるので、
なかなか踏み切れないというのもあるのですが。。

この先どうなるかはわからないので、今のうちに
節約してお金をたくさんためとかなきゃ。。です(^^;)
りこdot 2017.05.04 01:34 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top