2017
08.20

入院

Category: 不妊治療
前回の記事にたくさんの拍手やコメント、ありがとうございます。

…なのですが、今日の夕方から急に出血が始まり、
受診したところ即入院になってしまいました。

さいわい胎嚢はまだちゃんと確認できるのですが、
(今度は私の目にもはっきりと分かりました!)
大きな血腫ができていて、そこから出血しているとのこと。
胎嚢が血腫の中に浮かんでいるような状態で、先生からは
「出血量も多いし、正直、7割方ダメと思う」
とはっきり言われました。
今も、生理と同じくらいの真っ赤な出血が続いています。

それでもまだ胎嚢が見えているので、
止血や流産予防など、できる限りの手を尽くしてみます
とのこと。

はっきり言ってくれて、最善を尽くしてもらえる。
ありがたいです。

おかげで、取り乱すこともなく
冷静に受け止めることができています。

入院はすくなくとも1週間は必要だとのことです。
長ければ2週間になるかもと。
仕事先にかなり迷惑をかけてしまいますが…致し方ない。

しかし、あれだけ大きな血腫ができていたということは
遅かれ早かれ出血していたのだろうと思います。
なら、少しでも早い、手の打ちようが残されている
今のうちに分かってよかったな、と思います。
素人考えですが。

血腫ができた原因は不明です。
胎児側に原因があるかもしれないし、
子宮側が拒絶反応を起こした結果かもしれないとのこと。
推測しかできないらしいのでなんとも言えませんが、
後者だったらやだな。

ベッドから極力動かず安静に、と言われたので
じーっと本でも読んで過ごします。
(ひまだ……)

私はじっと祈るしかできないけれど、
がんばれ。チビりこ。



スポンサーサイト
Comment:3  Trackback:0
2017
08.19

緊張の受診。

Category: 不妊治療
BT18。(5日目胚盤胞移植から18日目)
胎嚢の確認に行ってきました。

BT8の段階でHCGが50だった私。
ダメでも仕方ない、と自分に保険をかけて覚悟を決めて受診しました。

覚悟は決まっていたものの、
じーっと考える時間ができるのが怖かったので、
お昼過ぎまで仕事をして、早めに病院に行けばいいのに
診察予約ギリギリまで超マッハでスーパーで買い物を済ませて
一度自宅に置きに帰ったり・・と、なんだかワタワタして過ごしました。
おかげで、病院についたのは予約のギリギリ3分前(^_^;)

そしてじっと待つこと小一時間。
もう、呼び出しの番号が鳴るたびに心臓が飛び出しそうでした。

ようやく呼ばれた診察室に入ると、
「さっ、じゃあエコーしてみましょうか。」と、先生。

あれ?そういえば採血してないな。
HCG測らずにいきなり内診するのかな?
なんて今さらな疑問を抱え、内診台へ。

内診が始まると、先生がグリグリと胎嚢を探します。
私も近くのモニターでエコー画像を凝視してみますが、
いや、どう考えても何もない。なーーーんにも見えない。
しまいには、

「ありゃ・・・うーーーん、ない・・・かなぁ。うぅーん。」

と先生の小声が聞こえてきました。
いや先生、ボリューム搾ってもこの距離じゃさすがに聞こえてますから。

ダメだったかぁ。
ま、1回目の移植だしな。着床してくれただけでもね。

と思い始めたその時。

「あったあった、りこさんありますよー。」

ありました。胎嚢。見つかりました。
ちゃんと、いてくれました!

「子宮筋腫があるから見えにくくてね。これね。これっ。」

と、先生がカーソルで胎嚢を示してくれます。
嬉しくて、思わず食い入るようにモニターを見つめる私。

が。
いまいちよくわからず。というか全くわからず。
「・・・もしかして、これ?」すらもわからないレベル。

なんかもっと、想像してた胎嚢って
「ちいさーい。でもはっきりまぁるく見えます♪」
って感じなのですが、影?点?というかある?というレベルです。

先生いわく、胎嚢の特徴は黒い影の周りが白く縁どられていることらしく、
確かに言われてみれば、白いフチの中に黒影があるようなないような‥。

診察後に写真をもらったので、小さくして貼っておきます。
ご興味のある方は、クリックしてご覧ください。(別タブで大きく開きます)
この写真よりは、エコー画像で見た時の方が
白いフチはちょこっとだけはっきり見えました。(たぶん。気のせいかも?)

※スマホ版から見ると、普通に画像が大きく表示されてしまうみたいです。
 小さくする方法がわからなかったので、少しスペースを空けて載せています。
 不快に思われた方がいたらごめんなさい。

























胎嚢確認5w3d

HCGも測っていないし胎嚢もいまいちよくわからなかったし、
正直なところ私としてはなんだかいまいち実感がわかず(^_^;)

でも、これまで何千人も診てきた先生が言うのだから間違いないはず!

その後、診察室に戻ると
先生から妊娠初期の注意点などが書かれた紙を渡されました。
最初の一行を見て、一気に実感が。

5週目

あとで診察室を出ると、看護師さんがそっと寄ってきて
「先生、字が汚くてごめんね~」と声をかけてくれました。
知ってます。それ言われるの、もう数回目。(苦笑)


妊娠5週目。
すごい。私、妊婦なんだ。
と、なんだかちょっとこの紙を見て感動しちゃいました。

胎嚢よりも書類を見て感動するって‥変な女でごめんなさい。

もらった書類には、

・まだまだ流産のリスクは低くないこと。
・妊娠初期の流産は胎児に原因があることがほとんどだから、
 万が一のことがあったとしても避けようがないこと。
・お酒やたばこはすぐにやめること。
・多量の出血や腹痛などの異常があったらすぐ受診すること。

などなどが書かれていました。

先生からも、もちろん安静に過ごすのは大切だけど、
妊娠を継続できるかどうかは、受精卵(胚)の質にかかっているから
正直、私自身にも先生にもどうすることができない要素が大きい。
そのことはあらかじめしっかりと了承しておいてください。
というようなことを言われました。

信じることしかできないってことですね。

でも、こんなヘボヘボでショボショボな私の体に宿ってくれた命。
きっと、強烈な生命力を持っていることだと信じます。

この日はこのあと、採血と黄体ホルモン注射をして終了でした。
HCGの値は、次回診察時に教えてもらえるそうです。
お薬が肝臓に負担をかけていないかも、同じ血液でチェックするそうです。
あと、胎嚢確認後に子宮頸がんの検査もありました。結果は次回。

まだまだもろ手を挙げて安心できるわけじゃないとはわかっていますが、
ひとまず私、妊婦になれました。



Comment:4  Trackback:0
2017
08.17

いてもたっても。

Category: 不妊あるある
ついに今日を迎えました。
明日は、判定日後はじめての受診日です。

そう。
胎嚢が確認できるかどうかの、運命の日です。

はー、今日まで長かった。
よく静かに待てた、自分。えらい。

とはいってもお盆に5日間も義実家に帰省していたし、
お盆明けからの数日も仕事がバタバタしていたので
覚悟していたほどには長く感じませんでした。

考える暇がないってスバラシイ。

残念ながら、黄体ホルモン補充の影響で
お腹が異様に出っ張って見た目だけは立派な妊婦ということ以外には
妊娠の兆候っぽい症状はなーんにもなく、
つわりのような吐き気や眠気もなければ
足の付け根の痛みもなく、味の好みが変わるでもなし、
胸もあいかわらず貧相なまま。

腹囲だけが、普段プラス15センチくらいに膨れ上がり
膨満感で圧迫されそうです。
ナニコレホントニ苦シイ。
お通じも回数は減ったものの毎日ちゃんとあるし、
凍結胚の移植だからOHSSなんてこともないはずなんですが。

まぁ、1日に20錠近くもホルモン剤を体内に入れていたら
これくらいの変化が起こっても不思議じゃないのかもしれません。


ということで、あまり過度な期待を抱かずに明日を迎えられそうです。

・・とか言って、本当はすごくドキドキしています。
陽性確認後の流産率とか、縁起でもないと思いつつも
ちゃっかり調べたりしちゃってます。

明日は午後からの予約なのですが、
暇ができるといろいろ余計なことを考えてしまうので
朝から仕事に出て、診察時間ぎりぎりまで仕事してこようと思います。



Comment:2  Trackback:0
2017
08.14

お盆の帰省

Category: 雑記
ひとまずの判定日から数日。
次の受診日が待ち遠しいです。
怖いような、早く結果を知りたいような。

ほんとだったらこの数日間は悶々悶々と過ごしたのでしょうが、
さいわいお盆時期が重なったので、夫の実家に帰省して羽を伸ばしています。
こちらでは自由に使えるパソコンはなく、かといって
ダラダラと日がな一日スマホいじりをしているわけにもいかないので
お陰さまで、余計なことをあまり考えずに日々を過ごせています。

(私は調べものはPCがいい派。
今回はじめてスマホからブログを書いています。)

お義母さんが本当に優しくて素敵な方なので、
上げ膳据え膳で(おいコラ)美味しいものをたくさん食べて、
もはや帰省ではなく寄生。りっぱな寄生。

ちょうど、3歳の姪っこと0歳の甥っこも帰省してきているので、
たーくさん遊んで抱っこして、疑似母性を産出しております(笑)


ただ唯一困ったことに、黄体ホルモン補充しまくり生活の副作用らしく、
お腹がOHSSのときと同じくらいパンパンです。
ご飯を食べたあとなんか、冗談抜きで妊娠6か月。

今までは夕食の時にお義父さんに付き合っていたお酒を断り、
念のためにカフェインも控えめにしているので、
みんなにいらぬ誤解を与えているのではないかと心配です。
というか与えていると思う。。(-_-;)

このまま誤解が誤解でなくなればいいんだけどなぁ~。


そんなこんななお盆休みも明日でおしまいです。
高速の帰省ラッシュの中、長時間のドライブになりそう。

今日は早めに休むことにします。
おやすみなさーい。



Comment:2  Trackback:0
2017
08.08

判定日。

Category: 不妊治療
5日目凍結胚盤胞移植から8日目。
判定日でした。

不妊治療をされている方のブログを拝見していると、
「他人の妊娠判定の記事を読むのは勇気がいる」
という意見をよく目にします。
結果がどちらであっても精神的にダメージを受ける
という気持ちは、私もちょこっとわかります。

なので、この記事は折りたたんで書くことにします。
「続きを読む」からご覧ください。


続きを読む
Comment:4  Trackback:0
back-to-top