2017
04.25

10割負担ってそういうこと。

Category: 不妊あるある
あと1週間ほどすると、生理がやってくる予定です。
生理が来たら受診して、いよいよ体外受精のスタート。
ドキドキ…!

と思っていたのですが。
数日前からつらいカンジタの症状が出てきてしまって、
急きょ予定外に受診してきました。

-------
ちなみに、カンジ「ダ」とカンジ「タ」どっちだっけ??
と思って先ほどググったのですが、
カンジ「ダ」菌によって引き起こされる症状を
カンジ「タ」症というらしいです。へー!知らなかった!
-------

無事に診察してもらえ、
服用中の漢方がそろそろ少なくなってきていたことを思い出したので
「ついでにいつもの漢方も処方お願いします。」
とお願いしました。すると、

「次からは自由診療で全部10割負担になっちゃうからね。
 今日なら数千円でお薬出してあげられるから、
 今日来てくれてタイミングよかったよ~。」

と、先生。

あーそっかそっか。
体外受精って保険適用外ですもんね。
ほんとだ。よかったー、漢方のこと思い出して♪

・・・って、待て。

すっかり忘れていましたが、
体外受精=保険適用外っていうことは、
ひとたび治療を始めてしまえば、それ以降の受診は
ぜーーーんぶ全額自己負担しなければいけない
ということになるわけです。

いや、なに言うてるん?当たり前やん。

って思われますよね。
私も思う。(え、どの口が?)

分かっていたんですけれど、分かっていなかったんです。

体外を始めたらお金がかかる。月にウン十万かかる。
ということは理解していましたが、それは
採卵で●万円、培養に●万円、移植で●万円・・・
だから数十万かかっちゃうなー。みたいに思っていたんです。

でも、よく考えてみれば、今まで受けていたような
エコー(超音波)検査や投薬、注射なんかもすべて
3割負担から10割負担にアップするんですよね。
ということは、今まで3千円で済んでいた診察でも、
同じことをしているのに1万円払わないといけなくなるわけで。

あー、すっかり忘れていました。
そうだ。そういうところでも、チリツモで高くなってくるんだ。。。


日本では基本的に混合診療が認められていないので、
たとえばその日の診察でエコー検査・注射・投薬をした場合、
「エコーだけ自費診療(10割)で注射・投薬は保険診療(3割)ね。」
みたいなことはできません。
体外受精は保険適用が認められていないので、
体外受精のために行う医療行為は、すべて自費負担になります。

体外を始めると、エコー検査などのために受診する回数も
これまで(タイミング法)よりかなり増えます。
その都度、7割分の負担増。

うーむ。こりゃ大変だ。

あわてて助成金の受給資格を確認しました(^_^;)
前年の所得が730万円を超えると助成金がもらえないのですが、
わが家の収入なら、助成金を受け取れるみたいです。
よかったー。

これは「所得」で計算するので、「収入が730万円」ではないです。
ここ、要注意!!たとえば年収800万でも、受給できる可能性は高いです。

自営業のご家庭のことはよく分かりませんが、
勤め人のご家庭であれば、「所得」は、手取り額よりも
さらに少ない金額になることが多いと思います。
夫婦のいずれかがパート勤めなら意外と受け取れる人が多いと思うので
源泉徴収票を用意して、まずは計算してみることをオススメします。
(確定申告をした人は、申告後の本人控えを見るべし。)

細かい計算をしていないのであくまでも個人的感覚ですが、
夫婦あわせて「額面」収入が1千万円くらいあると、おそらく
所得制限に引っかかっちゃうのでは、と思います。


ちなみに、体外が始まったら必要になると思われる受診の機会です↓

・排卵日直前まで(卵を取り出すまで)
→排卵誘発のために何度か通院(または自己注射)。

・排卵日前後の数日間(卵を取り出して受精させ、育てる)
→採卵や移植のために何度か通院。
 卵を培養してもらうのにも費用がかかる。
 凍結になれば、凍結保存料も別途かかる。

・受精卵の移植後(卵をお腹に戻した後)
→副作用チェックなどのため、複数回通院してエコー検査。

これ全部10割負担かー。あははは・・・( )
うーん、早く結果出したいな!




スポンサーサイト
Comment:4  Trackback:0
2016
03.18

つまりは不定愁訴という妥協点

Category: 不妊あるある
本日、Day37。高温期15日目です。

今期、望みがなければそろそろ生理が来る頃。
(治療を始めてから、個人差なく排卵から14~16日以内に生理がくるということを学んだ。)
ただ6日前に黄体ホルモン注射をしたので、
たとえ妊娠していなくても、もしかしたら生理がちょっと遅れるかも。

という、なんともぼんやりした状況なう。な、私。
モラトリアムが引き伸ばされて、ツライ。ツライ。ツライ。(苦笑)

6日前の注射以来、耐え難いほどのイライラと腹痛に悩まされ、
加えて、昨日から唐突な頭痛と生理痛のような腹・腰痛に襲われています。
さらに、今朝はごくわずかな出血混じりのオリモノまで。
体温も、低温相まではいまだ下がっていない。

もうさ、
こんなのさ、

期待しちゃうじゃんね?

禁断のフライング検査もしてしまいました。
えぇ、2回も。
いずれもあえなく撃沈。

でも、排卵からまだ15日だし。
生理予定日1週間後から使える検査薬(クリアブルー)だったから、
この体調不良はやっぱりつわりで、妊娠反応が出ていないだけかもしれない。
ほら、私、いろんなホルモン薄そうだし?

っていう思考回路。

もーー、やだなー。
不妊治療ももう3年目。
この淡い期待⇔ネガティブの負のスパイラルにはとっくに慣れたと思っていたけど、
慣れない慣れない。慣れないでっす。


結局、「とりあえず、これは不定愁訴。」と考える妥協策をとっています。
ほら、便利。こんなに便利な言葉ってない。
悶々悶々悶々悶々・・・・な気持ちは、とりあえず無視。スルー。


ただ、薬が使えない(使いたくない)のがつらい。
とにかくこの割れそうな頭痛をなんとかしたいのだけど、痛み止めは怖い。
カロナールなら大丈夫かな。でも最近、妊婦に影響が確認されたっていうし。
年度末って、頭とPCを使う仕事が多いんですよね。うーつらい。

それに実は今、ほっぺたに炎症を起こしているので
皮膚科で処方された炎症どめの塗り薬(プロトピック)を塗りたいのですが、
この薬が、妊婦または妊娠している可能性のある人には禁忌薬

さっさと結果が出てくれれば薬を使う・使わないも決められるのに。
うーーーん、不定愁訴ってつらいー。

グワングワンする頭で書いたので、変な文章になったかも。
乱文駄文失礼しました。

この3連休はお出かけの予定あり。
今日一晩ゆーっくり休んで、緩和につとめることにします。



Comment:0  Trackback:0
2016
03.03

気軽に持ち歩ける基礎体温表

Category: 不妊あるある
この2年ほど、まじめに基礎体温をつけています。

不妊治療してるんだから当たり前でしょって話なんですが、
以前かよっていた病院では基礎体温の話題に触れられたことがなく、
測っていると逆にストレスになるなーと感じた時期もあったりで
全然測っていないこともありました。

30を超えた頃からやっぱりきちんとしなきゃと思い直して
ようやくきちんと測り始めたという。
ここ最近ようやく妊活っぽいことをしてるなー私。といった感じです。(こら)

で、この基礎体温。
普段の記録は手軽なスマホアプリで管理しているんですが、
病院に持っていく時って、ほとんどの方が紙のグラフに書いていくと思います。
私もそうです。

使っているのは、たぶん多くの方も使っていると思われる、コレ。

今までの基礎体温表

っていうか、基礎体温表を買いに行ったら、
ほぼこのタイプしか選択肢がないんですよね。
私は仕事帰りに病院に行くことが多く、
診察に必要なときは朝からカバンに入れて持ち歩きます。
(今の病院ではたまに「体温表持ってきてね」と言われる。)
そうすると、なんとなく鞄を開けるときに気が引けるというか。。
ひと目で「あ、アレは基礎体温表やな」ってわかっちゃうから。
ま、気にしなきゃ良いだけなんですけど。自意識過剰?

ネット上には印刷用のグラフがたくさんあるし、
病院が用紙をくれるケースもありますが、
冊子になっていないピラ紙だとすぐボロボロになっちゃうし。

ちょうど、グラフの残りが少なくなってきて買い替え時期なので
あれこれ探してみたら、こんな素敵なものを発見しました。
 ↓


なんと!基礎体温表っぽくない!
見られても全然それと分からない!
もはやただの手帳としか思わない!

迷わずポチ。
ちょっと高いと思ったけど、これは買い。(こういう決断は早い。)

届きましたー。(商品検索から納品までわずか5行)
基礎体温表

ふんわりガーリーなのもピリッとヒョウ柄なのもガラではないので
マリンデザインにしてみました。

中身はこんな感じ。

基礎体温表なかみ

2年分のグラフとメモページの他に
生理記録カレンダーやアドレス帳、妊活マメ知識なんかも入っています。

が。

なんかちょっと思っていたのと違う。
いや、不満はなくてむしろよくぞこんなものを販売してくれました。ブラボー!
って感じなんですけど、金額の割には表紙がちょっとチープな気がしなくもない。

ということで、表紙のみ自分で作ることにしました。
作るといっても、布を挟むだけのお手軽カスタマイズ。

ケースから中身を出して、好きな布とレースを準備。
(マリン柄の表紙カバーを外すと、本体の表紙は淡い黄色の花柄。
 え、これかわいいじゃん?これでいいじゃん?って思ったのはスルー。)

基礎体温表ハンドメイドします

マリン柄の表紙カバーの代わりに、この布とレースをはさみます。
分厚くなってケースに入れにくいので、表紙の端っこをちょっとカット。
ちょきちょき。

はしっこはちょっと切る

はい、できましたー♪

基礎体温表できた

やっぱりケースに対して厚みがありすぎちゃって、
ちょっと無理矢理感が出ていますが・・良しとしよう。
使っているうちに馴染んでくるでしょう(笑)

表紙をめくると、こんな感じ。

中身は目をつぶる

うん、端っこの処理あたり、シロウトのお手製感が出てますねー。
ていうか、折り返しが大きすぎて、表紙ウラの文字隠れちゃってるし。
いいのいいの。この方が愛着わく気がするし。(気がするだけ)

キチンとされたい方は、折り返しののりしろ部分を
ボンドや両面テープできっちり留めると綺麗になると思います。
のりしろ部分は作ったほうが、おそらく見た目がよくなるかと。

そうか、両面テープでやればよかったのか・・・
アイディアは沸いても実行に移さないタイプ。
めんどくさいから。(堂々という)

たったこれだけのことで、治療がちょっと楽しくなった気がします。
ずーっと大切に使い続けたいなぁ・・・・と思わず思って、我に返る。

基礎体温表をずーっと使い続けるのを夢見ちゃダメでしょ(笑)
願わくは、この手帳が惜しまれつつも早々に引退できますように。





Comment:0  Trackback:0
2015
02.27

不妊様

Category: 不妊あるある
久しぶりに、不妊治療らしい記事です。(苦笑)

ちょっと不快に思われる方がいるかもしれません。
寛容なお心でスルーしていただければ・・幸いです。

とはいえ、とりあえず折りたたんでみました。
続きからどうぞ。

続きを読む
Comment:4  Trackback:0
2014
08.13

帰省ブルーだけど、母性いただいてきます!

Category: 不妊あるある
しばらく更新が止まってしまいました。
というのも、ちょっと体調を崩していまして。。

先日チラッと書いたお腹の不調。あの後もずっとお腹がゆるい状態は改善せず、しまいには赤い便が出てしまう事態に。(のっけからいきなり汚い話でごめんなさい。)
病院で調べてもらうと、病原性大腸菌O-18というものにやられていました。
原因ははっきりわかっていないけれど、ちょうど思い当たるタイミングの頃にちょこっとだけ賞味期限の過ぎたモノを食べた記憶があって・・きっとあれだろうと勝手に思っています(苦笑)

大腸内視鏡検査、初めて受けたけど、もう当面は受けなくていいかな。。
結構ツラかったです(^_^;)


さて、明日からしばらく帰省します。
私の実家と、夫の実家と両方。自宅と両実家を結ぶトライアングルは、どれも片道5時間以上の距離に位置しているので、5日間のお休みの1/3を移動に費やすことになりそうです。。

私の実家には、祖母の初盆参りに。
そして夫の実家には、義弟夫婦のところに産まれた姪っ子に会いに。
出産祝いを送ったきり、結局一度も会えていないので、生後4ヶ月にして初対面です。

楽しみだけど、やっぱりどこかちょっとだけブルー。
夫の実家に、義祖父母、義両親、義弟家族と私達で3日間の生活。
話題も、食事も、お風呂も、生活の色々がきっと姪っ子中心になるんだろうなぁ。
肩身狭いなぁ…なんて。

やだなーこの思考回路。でもしょうがない。それが私だから。

けど、ネガティブ感情引きずるとロクなことないですからね。
むしろ、赤ちゃん抱かせてもらって妊娠オーラを頂いてこようくらいのつもりで帰省してこようと思います。

というか、これはちょっと真剣に考えていて。
私、実家からも大学時代を過ごした街からも仕事をしていた街からも遠く離れた縁のない土地に嫁いできたので(ちなみに夫自身も就職で初めてやってきた縁のない土地)、今住んでいるところに同世代の友達があまりいないんです。
職場も歳が離れた方が多いので、お子さんもすでに中学生以上になっていたりで、普段赤ちゃんや小さい子供と触れ合う機会というのが皆無に近い。

実家に帰省しても、夫と一緒だとゆっくり友だちに会う時間もなかなか取れないので、友達が産んだ子どもたちと会う機会もそう多くなく。子どもと接することって年に片手で数えられるほどしかありません。

もっと普段から子供が身近にいたら、身体が母親体質・妊娠体質になるんじゃないかなぁ~とか、ときどきそんなバカみたいなことをふと考えます。
バカみたいと言いつつ、でもちょっとはそういう効果もあるんじゃないかなぁとわりと真剣に考えていたりもします。

ちょうど、私の実家への帰省でも、子持ちの友人たちにたくさん会える機会がありそうだし、そんなこんなで、今回の帰省では母性いただいてきます!(笑)


Comment:0  Trackback:0
back-to-top