FC2ブログ
2019
01.18

ネットショッピング善し悪し。

Category: 雑記
あれよあれよという間に進んだ新居への移住計画ですが、
引っ越し日が3週間後に決まりました。

ひゃー。
本当にやらなきゃいけないのかな、引っ越し。(往生際)

今回の引っ越しのテーマは「断捨離」なので、
ガンガン物を処分してしまうつもりです。

が、わが家の抱えるとある問題がここで浮上。

資源ごみのゴミ捨て場が遠いんです。
私が普通にテクテク歩くと片道3~5分くらい。

これね、抱っこ紐で息子を抱えながら
縛ってかさばる段ボールやら古紙やら持っていくには
なかなかのイバラの道なんですよね。
とりあえず3分じゃ着かない。

しかもゴミ出しの時間帯が
夕方と早朝の数時間だけに限定されているので、
この季節はほぼ真っ暗。そして寒い。
なかなかの苦行です。

ということで、とくに妊娠して以降のこの1年半ほどは
ダンボールを家の中に溜めがちでした。
「もう無理!」ってなってからやっと
(夫にお願いして)捨てに行く(行ってもらう)パターン。
あぁ、ダメ嫁…。


そして最近、新居での生活に向けて
こまごまとした買い物が増えてきました。

できるだけモノは増やさず
まだ使えるものは今のお家から持っていく!
と決めてはいても、家族の人数が増えたということもあって
なんだかんだで必要なものがあります。

キッチンひとつとっても
今のおうちよりは少し大きくなるので
収納グッズだとかなんだとかも必要。

で、楽天やAmazonを日々徘徊しては
ポチポチと買い物かごを膨らませているのですが、
ネットショッピングの一番の弊害。それは、

ゴミが増える!

しかもそのゴミがかさばる!!

破損なく大事に届けていただけるのはとてもありがたいし、
田舎に住んでいるとネットじゃないと手に入らないものもたくさんあって
ネットショッピングって本当に助かります。

でも、大切に商品を守ってきてくれた箱や緩衝材たち。
届いてしまえばただのゴミ。(ひどい)

先日も、洗濯かごが欲しいな~と思って
ふらふらサーフィンしていたら、いいものを見つけたんです。



フレディレックのランドリーバスケット。

新居にはランドリールームを2階に作ったので、
脱衣所から2階に持ち運びしやすくて
家族3人分の大容量が入るバスケット。
これ、ええやん!!

と思ったものの、
めっちゃ大きいダンボールで届きそうやな・・と躊躇して
しばらく買い物かごに放り込みっぱなしにしていたんです。

そしたらね。
晩ご飯の材料を買いに立ち寄ったいつもの大型スーパーでね。
みつけたんです。
同じバスケット。

正しくは、スーパー内にテナントで入っている
クリーニング屋さんの店頭で売られていました。
ほかにも、ハンガーやらピンチやら
おしゃれなフレディレックシリーズがたくさん。

しかも、ネットで買うより安い!!

えぇ、もうね。3度見しましたよ。
詳しく言うと、一度横目で見ながら通り過ぎて、
お店に戻ってもう一度チラ見で通り過ぎて、
やっぱり気になってまた戻ってお店に足を踏み入れました。

たとえばさっきのバスケット。
ネットで買うと送料込みで2,500円オーバーなのですが、
お店では1,800円で売られていました。

しかも店頭で買えば、ダンボールもついてこない!
なんなら魔法の呪文、

シールデイイデス

をお会計のときに唱えれば、ゴミゼロ達成!

なんてこったぁー!!
田舎にもちゃんと探せばあるんやぁー!!

ごめん、田舎。
いままでバカにしててごめん。
これからはちゃんと探すね。

インスタ映え~とかの影響でしょうかね。
最近、こちらのスーパーなどでも
ネットで話題のおしゃれ雑貨や便利グッズが
売られていることが増えてきたような気がします。

これもある意味でネット社会の恩恵ですね。

賢くネットショッピングすればポイントが貯まったりもして
便利だしおトクだし、ネットで買わない手はないでしょ!
ってずっと思っていましたが(今もまぁ思ってるけど)、
いろんな買い物の仕方の善し悪しを考えて
その時々で自分に合った買い方を選べばいいんだなと
なんかほんとに当たり前ーーーのことに
改めて気づいたのでした。

ということで、新居での生活に本当に必要かどうか
吟味する時間をもう少しだけ設けて、本当に必要だとなったら
今回はお店に足を運ぼうと思います。

そして引っ越しがんばります。(言うだけならタダ。)



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2019
01.06

今年もよろしくお願いします。

Category: 雑記
すっかりご無沙汰してしまいましたが、
みなさま、明けましておめでとうございます。

閑古鳥が鳴きつつあるこのブログですが、
これからも細々とつづっていきたいと思いますので
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

さて、閑古鳥が高らかに鳴き喚いている間に
なんとおうちが完成しました。早っ。
私たち自身が一番びっくりです。

先月末に本体の引き渡しも済みまして、
駐車スペースや、小さな小さな本当に小さなお庭などの
外構工事が完了したら、来月初旬にはお引越し予定です。

そう。
私がこの世で3番目くらいに苦手なお引越しです。

ちなみに、1番目は早寝早起き。
2番目はお絵描きです。

誰かかわりに引っ越してほしい。←

しかし冗談ではなく、これをよい機会に
ほとんど何も持って行かないくらいのつもりで
断捨離引っ越しをしようと思います。

だって、もしかしたら今回が人生最後のお引越しになるかもしれない。

今までは賃貸を住み替えるたびに
必然的におうちの中をリセットできていましたが、
少なくとも今後数十年はそれができなくなる・・・恐怖。

モノがなさすぎるくらいでスタートしてちょうどよいと思うのです。

嗚呼、だから世の「実家」ってものにあふれているのね。
(※あくまでも私の中でのステレオタイプ的なイメージです。)

なんだか、新品の新しいお部屋って
いつまでたってもホコリは積もらないし
水回りにカビや水垢も出ない、魔法の空間♪
に思えてしまうのはなんでなのでしょうね。

そんなの、錯覚でしかないのに。


錯覚でしかないのに。


大事なことなので2回言いました。

予算や予算や予算が限られていたので
小さな小さなおうちではありますが、
だからこそ管理しやすい住みやすいおうちになるはず。

このモチベーションを保ち続けて、
掃除魔&片付け魔に変身できたらいいな。
(え、これも錯覚?)

新居玄関

引っ越しがんばります♪


Comment:0  Trackback:0
2018
11.08

おためし非常食で手抜きごはん

Category: 雑記
子育てのリズムに少し慣れてきたのと
年明けには引っ越しになりそうだということもあり、
このところ、ちょこちょこと家の中の整理に
取り掛かって 取り掛かろうとしています。

ふと玄関収納に置きっぱなしている
防災グッズの整理でもしてみようと思い立ち
備蓄食をチェックしたところ、

尾西のごはん食べてみる

賞味期限、今月やん!

ということで、ちょうど夫が出張中で
ひとり手抜きご飯にしたいなと思っていたという
ベストなタイミングだったので、食べてみることにしました。

開封して、お湯(または水)を注ぐだけでできるらしい。
超手抜き!すてき!

出来上がりまでの待ち時間は、お湯だと15分、水だと1時間です。

開けてみると、中のお米はこんな感じ。

尾西のごはんこんなかんじ

写真撮り忘れたけど、中にはスプーンが入っていました。
非常時にはとっても大事。

ちなみにスプーンのほかに脱酸素剤も入っていますので
取り出し忘れ注意!です。

尾西のごはんアップ

カピカピになったお米そのものです。
お米は真っ白なので、おそらく
具の方に味付けがしてあるのだと思います。

お湯を注いで15分。
裏の注意書きによると、お湯を注いだら
蓋をする前にしっかりかき混ぜるべし、とのこと。
かき混ぜるとすぐに、具からダシの色が染みだしてきて
全体にいきわたりました。
これ、もしもかき混ぜ忘れていたら
かなり味の偏った出来上がりになりそう。
うっかりそのままフタしそうになったのですが、
念のため作り方を再チェックしてみてよかったです。

ちなみに非常時の予行演習のつもりで水にしようかと思いましたが、
さすがにあったかいご飯が食べたいな、と思いお湯に。(笑)

尾西のごはんお湯を入れてみた

15分待ってできあがりです。

尾西のごはん炊きあがり

あれ、ちょっとパサパサしてそう・・?
と思いましたが、軽くかき混ぜてみると
けっこうおいしそうな仕上がりになりました。

ここは本番さながらスプーンでいただいてみます。

尾西のごはんできあがり

ていうか、手抜きとか言いつつ結構おかず並んでるやん。
さながら「あーぜんぜん勉強してないわー」とか言ってたくせに
テストでいい点とる嫌なヤツやん
って思われるかもしれませんが、
これ全部前日の残り物と離乳食の使い残し(豆腐)です。

お味は、うーん。。。
お店でマツタケご飯を頼んでこれが出てきたら
さすがに「ちょっと・・・(--;)」となっちゃうかもですが(好みの問題かも)、
非常時にこれが食べられたら言うことナシだと思います。
量もたっぷりあるから、大人2人で分け合って食べても
わりと腹持ちしそう。

本当の非常時は、停電したり屋外だったり
どんな状況で非常食を食べることになるかわかりません。
夜だったら、手探りで用意しなければいけなくて
裏の説明書きなんて読んでいられないかもしれない。

お湯(水)を注ぐだけという簡単な作り方だけど、
脱酸素剤を取り出さなきゃいけないとか
お湯を入れたらすぐにかき混ぜることとか
余裕のないときに初めて作ると失敗しちゃいそうです。
ためしに一度やってみてよかったな、と思いました。

これを購入したのは2014年。
12個パックを購入しましたが、
他のものもこれから順次期限が切れ始めます。
このパック、意図的なのかたまたまか
12個それぞれ期限がバラバラのものが届いたので
長いものだとまだあと1年くらい持ちますが、
また早めに備蓄しておかないと。



東日本の震災の後はあれこれこまめにチェックしていたけど、
人間いい加減なものです。(あれ、私だけ?)
年数がたつと、気が緩んで防災グッズのチェック頻度も
少なくなっている気がします。

いつ訪れるかわからないのが災害。
もしも息子と二人きりの時に被災しても
ちゃんと守ってあげられるように、
しっかりと日頃の備えをしておかなければ。


Comment:2  Trackback:0
2018
08.29

魔女の波状攻撃。しつこい。

Category: 雑記
ご存知ですか?
「魔女の一撃」

えぇ、そう。
ギックリ腰のことです。

このブログでも何度か書いてきましたが、
わたくし、齢三十四。
これまでに何度も一撃を食らっております。

そんな私が子供を産みました。

えぇ。恐怖ですよね。魔女。

実は妊娠中からかなりビビっていたのですが、
ビビっていただけに無意識のうちに注意して行動していたのか
ギックリ腰妊婦になることは幸いありませんでした。

ま、あれだけ安静生活を送っていたら
魔女も一撃をくらわす隙が無かったのかもしれません。


・・んが。

いざ子供を産んだらそうはいきません。
ギックリ腰の大敵。それは、

中腰、重いもの、無理な姿勢、とっさの動き、などなど。

あ、言い換えますね。

オムツ替え、息子、抱っこや授乳、暴れる息子の静止、などなど。

それでもね、けっこう気を付けていたおかげか、
産後4か月、魔女とは距離を置いてやってきたんです。

が、ついに先週、じわりと魔女の影が忍び寄ってきました。
なんとなーく、腰が痛い。
ギックリ腰って感じではないものの、
「これはヤバいヤツや!油断したらアカンヤツや!」な感じ。

けど、子育てしてたら油断も何もあったもんじゃないわけで。
強烈な一撃はお見舞いしてこないものの、
かれこれ1週間以上、魔女から波状攻撃を食らい続けています。

そして何より怖いのが、できる限りで安静に努めているのに
日に日に腰の痛みが増していること。
最初は「おっ?なんか腰が痛いかも?」くらいだったのが、
今やギックリ腰と同レベルの痛みに。
腰を伸ばして歩けない、立ち上がれない。

そりゃそうですよねー。
腰を痛めている人が、

「安静にしてますよ。
 ただし1日に20回くらいは5キロのダンベル持ち上げてますけどね。」

って、それ安静じゃないからー!
ってなりますもんね。


これ以上悪化してはほんとにマズいので、
症状が落ち着くまでは、息子には申し訳ないけれど
授乳とオムツ以外は抱っこを控えることにしました。
といっても抱っこゼロにするのは難しいけれど、
できるだけ抱っこの時間を減らすようにしています。

夫も仕事を早めに切り上げたり有休を使ってくれたり
とても協力してくれ、なんとかやりくりしているのですが、
一番困るのが寝かしつけで。

基本、添い寝で寝かしつけているのですが、
「よし寝たな。息子をつぶさないようにそーっと体を離して…」
の、『そーっと』ができない・・・(T_T)

ほとほと困り果てていたのですが、
息子には便利な習性があったことを思い出しました。
それは、ガラガラで寝ること。

ガラガラってあれです、赤ちゃんのおもちゃのガラガラ。
ちょっと眠そうなモードに入りかけたなーって時に
目の前でガラガラ振ると、うまくいけば10分くらいで寝ちゃうんですよね。
抱っこだと2時間とか寝ない時もザラなのに!

うるさくないのかなーと思うんですけれど(笑)、
ガラガラの音とキラキラ光る模様が目の前で揺れるのが
息子には何とも気持ちよく、眠りを誘うようです。

ちなみにうちで使っているガラガラはこちら。



正式名称はチャイムっていうみたいですね。

母が買ってきて、最初は正直
「え、なんかダサくない?昭和っぽくない?」
って思ってあまり遊ばせてなかったのですが(母、ごめん。)、
今やわが家のおもちゃの中で一二を争う人気者です。

日中ぐずりだした時も、このガラガラで
機嫌を直してくれることもあるので、超お役立ち!
(成功率4割くらいだけど。それでも助かる。)

しばらくはこのガラガラと夫に頼りまくって
魔女からの波状攻撃をかわしていこうと思います。


育児の大変さって、寝られないとか食べられないとか
直接的な負担ももちろん大きいけど、
こういう「ちょっと困った」っていうのも大きいなーと改めて思いました。

実家の母は介護で忙しくしているので
飛行機の距離を呼び寄せるのはちょっと難しいし。
地元じゃなくて昔からの友達もおらずまだママ友もいないので
こういう時に頼れる人がいないっていうのは
地味につらいです。いや、普通につらいです。

保育所の一時預かりや自治体の育児サポートを利用しようと思ったのですが、
近隣の保育所は空きがないからと断られ、
育児サポートは、まず最初に市役所まで出向いて
利用登録と面談をしなければいけない上に、
サポート利用のたびに事前打ち合わせが必要とのことらしく
今のこの私の状態ではどちらも利用できませんでした。

むー、歯がゆい。


なんなら、このガラガラで魔女の方を寝かしつけたいです。
ラリホー!!



Comment:0  Trackback:0
2018
04.06

ねこ先輩に連れられて。

Category: 雑記
昨日までのぽかぽか陽気からうって変わって
今日は朝からちょっとした台風のような暴風雨です。
4月に入ってから毎日お散歩をしているのですが、
この天気なので今日のお散歩はおあずけ。
むーん。歩きたい。。。

普段のお散歩は30分~1時間ほど歩くことにしているのですが、
毎日同じルートも味気ないので、
足を踏み入れたことのない小路を開拓しています。
私が住んでいるのは一軒家だらけの住宅街の中に
ポツンと立つマンションなので、もし迷ってしまったとしても
どこからでも自宅が目視できてちゃんと帰りつけるのがありがたい。

このマンションに住んでもう5年ほどたつのに、
普段ほとんど車移動だったおかげで、まわりは知らない道だらけ。
お散歩ルートには事欠きません。

そんな先日のお散歩中、猫さんに出会いました。

お花見猫2018

気づいたときには私を先導するように前をトコトコ歩いていて、
面白いのでついて行ってみることに。

ネコ先輩、りこを気遣う。2018

時々、私がちゃんとついてきているか確認するように振り返ります。
かわいいじゃないか~!
先輩、どこまでもついていきます。

しかし、しばらく歩いていると、
ふと目を離したすきに姿を消してしまい。。
キョロキョロあたりを探して見回すと、向こうの方に桜並木が。

お花見猫が連れて行ってくれた先2018

このあたりの桜はだいぶ散ったと思っていたけれど、
まだまだお花見できそうなくらいに咲いていてきれい~。

思わずそちらへ歩を進めると、
途中の草むらで再会しました。

お花見猫のお昼寝2018

道案内してくれているのかと思ったら、
お昼寝場所に向かう途中だったのね。
先輩、休憩の邪魔してすみませんでした。

ということで、猫先輩とはそこでお別れしてしばし一人お花見。

お花見猫の桜2018

いや~、今年の春は仕事もせずのんきな妊婦生活だったので
例年以上にたくさん桜を堪能できました。

お花見猫ありがとう2018

自宅からそう遠くない場所だったので、
来年はチビりこと一緒にお散歩しに来ようかな。



Comment:2  Trackback:0
back-to-top