FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2019
01.25

何度目かの…ふきん考。

以前も告白したことがありますが、
私、「ふきん」が世界で8番目くらいに好きです。

おろしたてのピンとした感じも
使い込むほどクタっとなって使いやすくなるのも
ぜんぶ好き。

(え、どうでもいい?だよねー。)

日東紡の食器ふきん
や、
無印のキッチンダスター

を愛用しています。
ふきんを愛でるようになってからは
ズボラな私には珍しくほぼ毎晩
食器拭き・台拭き・水切りカゴ代わりのふきんの3つを
きちんと洗剤で洗って乾かしてお手入れしてきました。


・・が、出産を機に時間と体力と気力の余裕がなくなり、
まず水切りカゴ代わりのふきんにサヨナラしました。
(⇒くわしくはこちら。「最近の水切りカゴ事情」

これですこし手間は減ったものの、
もっと楽したい・・もっと楽したい・・・もっと楽したい・・・・
と思うようになりました。(根がズボラ。強烈なズボラ。)

そしてそうこうしているうちに、
時々ふきんのお手入れをサボるようになってきました。

「今日は食器の量が少なかったから水洗いだけでいいや・・」
とか。

「このごろ煮洗いしてないけど、まだキレイだしたぶん大丈夫・・・」
とか。

でもほんとの自分はわかってるんです。
目をそらしてるだけ。

「なぁなぁ、その食器拭き、昨日も洗剤で洗ってないやろ?
白くてきれいに見えても、雑菌いっぱいおるやで?

台拭きもよー見てみ。ちょっと茶色くなってるやん?
それ、昨日ついたソースのシミやで。
水洗いしかしてへんから落ちてないやん。
そのうち臭ってくるで。

あーきったないきったない。」


ほら、頭上でちっこい私がなんか囁いてる…。
(なんでこういう時って関西弁に脳内変換されるんだろう。)

でも、息子が寝てるうちに私も睡眠確保したいし…
あ、ほら泣き出したから抱っこしにいかないかんし…

な毎日。

そんなこんなで、気づけば
台所仕事があまり楽しくなくなってきていました。

以前はね、1日の終わりに洗い終わった食器を
お気に入りのふきんでキュキュっと拭き上げる瞬間に
なんだか小さな幸せを感じていたりしたんです。
「あれ?これってほら、あれじゃない?ていねいな暮らしってやつ。」
みたいな。完全自己満足だけど。

でも、私みたいな根がズボラ人間は
ひとたびその「ていねい」が崩れ始めると脆いんです。
モチベーションがた落ち。というか消失。スンッ。

これはいかん。
子供が生まれたというのに、どんどんダメ主婦への道を
突き進まんとしている。
・・・・・・控えめに言って、とてもまずい。

そこで最近気になっていたのがこちら。



スコッティファインの「洗って使えるペーパータオル」
これ、いろんな方のブログやSNSでよく見かけるんです。

その名の通り、洗って繰り返し使えるキッチンペーパーです。
これをふきんとして使って、毎日使い捨てにしている人がいるみたい。

なにそれ素敵やん。


なんで最近の私の家事モチベーションが下がっているかって、
ひとえに、キレイかどうか自信が持てないふきんを使わなきゃいけないから。

「これで・・・拭くのかぁ。うん、キレイキレイ!大丈夫!(汗)」
てな感じで、心の底から気持ちよく家事に向き合えないのです。

かといって、食器を拭くたびにキッチンペーパーを使い捨てにするほど
うちはリッチではないし、貧乏性の私には多分ムリ。

でも繰り返して使えるペーパーなら、
1日めいっぱい使い倒してぽーいしちゃえばいい。
ぽーいすることが決まってるから、気兼ねなくガンガン拭ける。

毎日毎日おろしたてのふきんを使うのだから、
「これ、昨日しっかり洗ったっけ…」とか
憂鬱な気分になることもない。

なにそれ最高やん。


ということで、さっそくわが家に導入してみました。
じゃーん。

スコッティファイン見た目

使ってみた感想は、
え、これ本当に紙?いや、神だよね?
(ちょっと今日はおふざけが過ぎます。)

見た目は本当にただのキッチンペーパーなんです。
このとおり。ちょっと分厚めの紙。

スコッティファイン質感

でも、けっこうな力で引っ張っても、
お水でジャブジャブ洗ってギュウゥゥゥゥーって絞り上げても
ぜんぜん破れない。さながら布。

1カットだけだと食器を拭くには吸水力が足りない感じがしたので、
2カット分を折り重ねて使っています。

それでも、1ロールで1か月もちます。
コスト的には、1日あたり10円くらい。
うん、決して高くはない。

さらに使っていくうちに、
これって台拭きとしても使えるんじゃない?と思い始め、
無印のキッチンダスターにもいったん別れを告げてみることにしました。

無印のダスターも数日ごとに使い捨ててはいるのですが、
同じ1枚を使い続けている数日間は
結局ちょこちょこ洗ってきれいにして‥という管理が必要になるので
完全なるストレスフリーというわけではありませんでした。

使って3日目くらいになると、
「あー、これ昨日拭いた醤油やん。ちょっとシミになってるわ。」
みたいなのがちらほら出てきて、これまた心の中に
小さなわだかまりがポツリ。悶々。

ということで、わが家のふきんはすべてスコッティファインに統一。

★1日目
⇒おろしたてのスコッティを食器拭きとして使う。

★2日目
⇒前日使ったスコッティを台拭きに格下げして使う。
⇒1日の終わりに、家具や床などを雑巾代わりに拭いてポイ。

捨てる前に雑巾として使うというのは
今までに使っていたふきんでもやっていましたが、
今のルーティンだと毎日のことになるので
今日はここを拭こう、明日はあっちにしようかなと
ついで拭きの場所をあれこれ考えるのも楽しくなりました。

ちなみに、食器拭きとして使っている間は
こんな感じで布巾かけにかけて乾かしています。

スコッティファインかけた

紙だから乾くのも早い。まさに神。(しつこい)

1日目と2日目のものを取り違えたりしないかな、
という不安はちょっとありますが、今のところ大丈夫です。
息子がお手伝いとかしてくれるようになったら
工夫が必要かもしれないですが。
(そんないい子に育てられるのだろうか。)

この1年ほど、いろいろ余裕がなくて
その日ぐらしというか、生活がグダグダというか
なんとなくダラダラとした毎日になってしまっていたのですが、
久しぶりに家事の見直しができてちょっと気持ちがスッキリしました。

しばらく今の感じで使い続けてみて、
うまく軌道に乗ればこのやり方を続けていこうと思います。

うんうん、家事が楽しくなってきた!
おかえり!モチベーション!


スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2018
06.26

最近の水切りカゴ事情

生後51日目で寝返りマスターした息子、
その後も順調にゴロンゴロン転がっております。

産後すぐに黄疸で入院したため
産院にフォロー通院しているのですが、
2か月目の診察の際に先生に伝えてみたら
「いやーお母さん、それは偶然だよ。ナイナイナイ!」
って笑い飛ばされたんですけどね。
私も初日は偶然できただけかと思ってたけど、
どうやら完全にマスターしてしまったようです。

まだ首が座る気配はなく寝返りがえりもできないので
やはりこれ↓買っちゃいました。



暴れ始めるとどうにもならないけど、
ぐっすり寝ているときにはちゃんと収まってくれて、
ないよりマシという感じです。
早く首が座ってほしい。。


ところで、息子が生まれてからというもの
自分のことだけでなく家事にかけられる時間が
グググ~ッと減りました。
もともとそんなにまじめに家事をしていなかったズボラだけど、
赤ちゃんがいると最低限の衛生面は気になるもので。

とくに気になるのはキッチン。

先日ちらりと書きましたが、わが家では
水切りカゴを使っていません。
理由は、ズボラゆえきちんとお手入れできる自信がないから。
いっそなくしてしまった方が衛生的!というわけです。
(詳しくはこちら⇒「水切りカゴのないキッチン」

水切りカゴの代わりに、吸水性の高いブリッツを愛用してきましたが、
最近、毎晩ブリッツを洗う時間が取れないことが増えてきました。



寝かしつけに時間がかかったり、
せっかく寝てくれた後に流しでジャブジャブ音を立てるのが嫌だったり、
そんなこんなで台所仕事を適当に切り上げることが多々。
洗い終わった食器をブリッツの上に置いたまま、
「ふきんで拭くのは明日~。(または自然乾燥)」
なんてこともよくあります。
必然的に、毎日きちんとブリッツを洗って干せないことも。

そうなってくると気になってくるのが衛生面。
言ってしまえばブリッツは「布」なので、
夏の暑い時期に湿ったままの状態で一晩おきっぱなしって、
ちょっと想像したくない感じです。

ということで、すごく便利で大好きなブリッツですが、
育児に追われるしばらくの間は、泣く泣くお別れすることにしました。

で、新しく導入したのがこちら。




布ではなくポリプロピレン素材なので、
多少の時間そのまま放置してしまっても、
ブリッツよりはカビが生える確率が少なそうです。
しかも、ざっと水洗いしてさっと拭けばいいだけと、
お手入れもラク。

実際に使ってみるとこんな感じ。

新しい水切りトレイ

ブリッツよりはちょっと小さいのですが、
大人2人分の食器ならまぁ対応できそうな感じです。
息子の食器が増えてくるころにはまた生活のリズムも変わって
ブリッツ復活できるかもしれないし。

水切りトレイの表面

表面がお風呂の床みたいな乾きやすい構造になっているので
水切れもいい感じです。

※なんかこの写真、楕円部分がへこんでいるように見えますが
 実際は楕円部分が膨らんで細かい溝がたくさん走っています。
 わ、錯視っぽい写真が撮れちゃったー。

もとがズボラなもので、そんな人間が
「家事は手抜きでいっか」なんて思い始めると
どこまでも堕ちていくリスクをはらんでおり・・・笑

ズボラの手抜きはひと工夫が必要。
よいツールを見つけることができてご満悦です。



Comment:2  Trackback:0
2018
06.04

いざ、文明の利器…?

生後1か月半。
ここにきて、夜の眠りが浅くなってきた息子。
母は・・・母は・・・・・・寝不足だー!!(笑)

ギャン泣きも相変わらずで
今更ながらあらためて育児本とかひよこクラブを読んでみたり
「ギャン泣き 理由」とかで検索しまくったりしているわけですが。
当然ながら絶対的な正解なんて見つかるわけなく。

ただそんな中、唯一絶対だと断言できるのは、
人類史上、赤ちゃんとの会話に成功した人はいない。
ということです。

某大人「赤さん、何で泣いてるの?」
赤さん「さっきから暑くて服を脱ぎたいんでしゅー。」
某大人「そうかそうか、じゃあ脱がしてあげよう」
赤さん「気持ちよくなりましたバブー。すやすや・・」

なんて会話がなされたことなんて、いまだかつてないわけで。
(そしてきっとこれからも。)

本やネットには
「赤ちゃんが泣いているときは、次のうちのどれかが原因です。」
とか書いてあるけど、結局どれも大人の推測でしかないわけです。
泣いている理由も、泣き止んだ原因も。

結局、正解は誰にもわからない。
もし育児本通りにやってうまくいったとしても、たまたまかもしれない。
あるのは「赤ちゃんが泣いている。」という事実だけ。
(なんでちょっと決めゼリフ風?)

ま、つまり泣いている理由がわからなくて悩むこと自体が
ナンセンスじゃない?ということに気づいたので、
人事を尽くして天命を待つ!に徹する毎日であります。

ただ、寝不足と疲労がつらいというのもまた動かしがたい事実で。(苦笑)
そんな毎日のQOLを少しでも向上させようと、
洗濯機の買い替えを検討しています、
今の洗濯機は、夫が独り暮らしの頃から使っている10年選手。
3人には容量も小さめなので買い替えることにしました。
大容量の洗濯機で時短時短~♪

とかいって本当は、息子も産まれたので洗濯槽を一度
まっさらにリセットしたいというのが一番の理由だったりする。
次に買う洗濯機は、こまめにお手入れして
きれいにきれいに使うんだー!
と、気合だけは十分です。

と同時に、ここにきてもう一つ欲しくなってきた家電、
それは・・・・食洗機

私、今までは食洗機は絶対使いたくない派だったんです。

私は日本の高い技術力を信じていますので、
「どうせキレイに洗えないんじゃ…」的なことは思わないのですが、
一方でこまめにお手入れとかできないスーパーズボラビトなので、
何事もシンプルにしておくのが私にとっては一番。
そんな理由で、うちのキッチンには
洗った食器を置く水切りカゴすら置いていません。
(詳しくはこちら⇒水切りカゴのないキッチン

そんな私が、食洗器みたいに複雑な構造で
ちゃんとお手入れしないとすぐに水カビとか来ちゃいそうなもの、
絶対使いこなせないー!
結果、超不衛生になること間違いなしー!!

って思っていたわけです。

でもね、アレってめっちゃ時短になりますよね??
洗う時間自体は1時間とかかかっちゃうらしいのですが、
その間、人間は解放されるわけですよね。

・・・・ほしい!かも。

しかし、ちょっと調べてみると、食洗機って思いのほか大きい。
わが家のキッチンで置けそうなスペースを測ってみたところ、
普通の家庭用サイズは置けないということがわかりました。

もし買うとすればこのサイズになりそう。




これ、実物を見たことあるんですが、図体のわりに
カタログ値から想像する以上に容量が小さかったんですよね。
パスタ皿とか入らなくない?っていうくらい。

それに、息子の校区のこととかを考えて
近い将来もしかしたら引っ越しをするかもしれないし。
そうなると、今の家に合わせてサイズを妥協するのって
あんまり賢くない気が…。

でも、とにかく今欲しいのは自分の自由になる時間。
基本、一日のほとんどを息子を抱っこして過ごしているので、
残り少ない“NOT 抱っこタイム”から食器を洗う時間が減れば
その分寝れるし、息子の相手ができるし、
食事内容が少しでもまともになる。

考えてみたら、構造が複雑でお手入れしづらいのって
洗濯機だって一緒だし。
洗濯槽に多少のカビが生えることに目を瞑ってでも
便利さを選んで洗濯機を使っているわけだから
食洗機だって一緒じゃない?
あ、いや。着るものと食べるものじゃだいぶ違うか。。


悩ましい!!

どうせ買うなら洗濯機と一緒に買った方が
お得になるとは思いますが(配送料とか)、
こりゃーまだしばらく悩み続けることになりそうです(苦笑)


Comment:2  Trackback:0
2018
02.03

拭いたい、拭えない、恐怖心

私、昔から怖くてどうしても使えないものがありまして。

それは、

ピーラー

そう。
野菜とかの皮剥きがシャシャシャッとできちゃうアレです。

すごく便利で時短になりそうだなーというのは
見ていて容易に分かるんですが、
どうしても手まで一緒に切ってしまいそうで
怖くて怖くて使えません。
というか、人が使っている様子も
ちょっと怖くて目をそらしてしまいます。(どんだけ)

みんな、怖くないの?
だってあんな鋭利に切れ味を発揮できる角度に
セットされた刃物をシャシャシャッと滑らせるなんて、
すごーく猟奇的じゃない?

洗うときも怖くてしっかり洗えなさそうだから
不衛生になりそうだわー。絶対不衛生だわー。

え、そんなことない?(汗)

とうことで、わが家ではピーラーを所持しておらず
皮剥きも千切りもすべて包丁一本で賄ってきました。
実家にもピーラーはなかったので、特に不便を感じることもなく。

が。
いかんせん、例の手根管症候群のおかげ
このところただ包丁を握るのですら辛い日々が続いており。

年明け頃からはいよいよ痺れが強くなってしまって
包丁での皮剥きがどうにもこうにもできなくなってしまいました。
野菜をまな板に置いて削ぐように剥こうと試みるも
超ぶあつくしか切れなかったり、どうもうまくいかない。

あかん・・・これはついに、
あの猟奇的凶器に手を出さなければならないのでは・・・

ということで、ついに購入してしまいました。

ピーラー

はわわわわわ・・・・
もうこの写真の時点で怖いよー。
だって、むき出しのカミソリみたいなもんでしょ?
こわいこわいこわい。
こわいよ!!(しつこい)

普段、何か新しいモノを買うときには
3桁プライスのキッチンツールとかでさえ
ネットであれこれ吟味してから購入する私です。
しかーし!
ピーラーに関しては、産後しびれが収まったら
すぐにおさらばすることになるに違いないと思い、
近所のスーパーで目についたものをポイっと購入しました。
お値段、約700円なり。

でもオールステンレスでシンプル構造なので
それなりに清潔に使っていけそう。よかった。
なんだかんだで、少なくとも数ヶ月はお世話になるわけだもんね。

怖いけど、乗り越えなければです。
とりあえず今日は買うだけで勇気を使い果たしたので、
野菜の皮剥きが不要な献立にしました。

というか、夫がどうもインフルエンザっぽい
急な発熱その他もろもろの怪しい症状を呈してしまったので
今日はうどんやら雑炊やらかんたんご飯でした。

夫には申し訳ないけど、チビりこさんのために
寝室に自主隔離してもらっています。
同じ家で過ごしている以上、
感染予防と言っても限界がありそうだけれど。。
というか、もうきっとすでに感染はしてしまっていそうだけれど。
どうにか私は発症せずに乗り切りたい。

否。乗り切らねば!!

体調管理もピーラー使いも、
がんばるぞー!


Comment:2  Trackback:0
2017
05.22

わくわくお釜!

前回の記事で悩んでいた炊飯鍋、
買っちゃいましたー!!

決断、はやっ(笑)

あれこれ検索しまくって、
「使っていてワクワクしない鍋だと、使い続けられないでしょー」
と、デザインが私の好みに合うこちら↓にしようと、ほぼ心を決めていました。



ほぼ気持ちを固めつつも、
念のためにこの「土鍋買うぞ買っちゃうぞハイ」な気持ちを
寝かせるため、2晩ほど買い物かごに入れて放置。

これ大事です。
私はすぐテンション上がって夢中になって突っ走っちゃうから、
後悔しない生きた買い物をするために、この「寝かせる」ことがすごく大事。

おかげで、私の楽天やAmazonの買い物かごには、
常に数十個の商品が放り込まれています(笑)

で、2晩たっていよいよ心が固まってきた夜、
お茶碗を洗いながら妄想が始まったんです。
「あぁ、もうすぐしたらここでお鍋を洗う生活になるのね~。」的な。

炊飯器のフタの細かいパーツなんか外さなくていいんだ。
鍋をヒョイっとここ(シンク)にもってきて、ジャバジャバーっと
洗っちゃえばそれだけでいいんだ。
ほら、そして洗い終わったらこうやってヒョイっと水切りマットに載せて、
あぁ、なんて楽チ・・・・

いや、楽チンじゃない!

そう、リアルに妄想してみて気付いたんです。
私が買おうとしているあの鍋は、ゴツすぎて洗うのが楽じゃない!
重いし、デカい。

私、結婚祝いにいただいたル・クルーゼを1つ持っていて
煮物料理なんかに重宝しているのですが、
いかんせん、洗うのがちょっとだけ億劫なんです。
いや、洗いますけど、コンロから「よっこらしょ」っと持ってくるときの
あの「あぁ、重いな。持ち上げて洗いにくいな。」感。

これが炊飯土鍋になったら、落としたときに割れるリスクがより高いし、
私、きっとそのうち使うのが楽しくなくなってしまう。

ということに気付きまして。
妄想バンザイ。
寝かした甲斐がありました。でかした私。

ということで、2日間かかって固めた決意をあっという間に翻し、
こちらを購入しました。



シンプル!
軽い!
コンパクト!

デザインはちょっと妥協しましたが、
とりあえず土鍋でご飯を炊くってだけでかなりテンション上がりますし、
このコンパクトさは、たぶん洗ったり収納したりするときの
モチベーションが下がりにくいと思うのです。

はー、早く届かないかな!
とりあえず平日だろうが何だろうが届いたらすぐ使いたいので、
目止めのために、到着初日のご飯はお粥決定です。

夫は「えーーー、・・・おかゆ・・・?まじ?」
と言っていましたが、お粥です。

しかも、私の好みにより白がゆ。梅干しのせていただきます。
うふふ、楽しみ。



Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。