FC2ブログ
2018
11.25

離乳食の神器

Category: 子育て
先月から離乳食をスタートした息子。
アレルギーを呈することもなく、
順調に食べられる食材が増えてきました。

とはいえ、「離乳」食とは名ばかりで
実際に乳離れするのはまだ半年くらい先だそうです。

2人目の不妊治療もぜひやりたいと思っているので
できれば少しでも若いうちに治療再開したいところ。
そのためにはまず授乳(母乳)をやめる必要があるため
さっさとミルクに切り替えればそれだけ早く治療再開できるのですが、、
授乳の時間が楽しくて幸せでやめる決心がつかず(^_^;)
だって人生で今しかできないことだから。

もう少しの間、名ばかりの「離乳」食を続けながら
母乳卒業のタイミングを見計らってみようと思います。

そんな息子の、先日の離乳食。

離乳食1か月目

食器は手持ちのあり合わせです。
100均とかでかわいらしい小鉢皿を見かけるけれど
どうせほんの2~3か月しか使わないしなぁと思って。

何でもかんでもすりつぶしてお湯で伸ばしてドロドロに。
お粥ですらブレンダーで粒をこなごなに。
おいしいのかな。。(^_^;)

そんなドロドロ食でも息子はよく食べてくれますが、
食べながら指しゃぶりをするので手も顔もベッチョベチョになります。
そして、頬っぺたがかぶれます。
離乳食をスタートしてほんの3日ほどで
頬っぺたがガビガビに荒れてしまいました。

そこで、いろいろ調べた結果、食事前に
顔にワセリンを塗るといいと知り、さっそく実行してみました。
(写真の左上のチューブです。)

結果、肌荒れはみるみる改善!
むしろ以前よりトゥルトゥルのモチモチになって
はわわわわー!とスリスリしたい衝動が止まりません(笑)

塗り忘れるととたんに荒れてしまうので
しばらくはずっとお世話になろうかなと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ベビーワセリン(60g)
価格:491円(税込、送料別) (2018/11/5時点)



それともう一つ、指しゃぶり問題。
ドロドロとよだれにまみれた指であちこち触るものだから
スタイ(よだれかけ)も欠かせません。
そもそも口から飲み物も食べ物もダラダラ出ちゃうし(笑)

が、普通のスタイではとても大きさが足りないし
水分を吸ってすぐにベチョベチョに。

ということで、プレゼントにいただいたきり
持て余してしまっていた白雪ふきんをスタイ代わりに使ってみました。

これ、いい!!

白雪ふきんをタオルクリップで挟んで
スタイ代わりにしているのですが、
けっこう大きさがあるふきんなので、
縦長になる向きにつけてあげれば息子の膝くらいまで隠れます。
どんなに汚れた手を振り回して暴れようが全然服が汚れない。

しかもさすが人気の白雪ふきん。
吸水力が抜群です。
結構な量をこぼしてもよだれを垂らしても
裏までしみにくいので、これ1枚でスタイと手拭きを兼ねて使えます。

洗濯を繰り返すたびにフワフワでより手触りが良くなる
というのも本当で、5~6回ほど洗濯した現在、
すでにこんなにフワフワに。

白雪ふきんふわっふわ

気持ちいい~♪♪
あんまり気に入ったので、買い足してしまいました。



そして、白雪ふきんのハンカチサイズもあると知り、
息子とのお出かけで持ち歩くハンドタオル代わりにこれも数枚購入。


いろんな柄があってついついたくさん買っちゃいそうになります(^^;)

今までは手ぬぐいを半分にカットして
ハンカチ代わりに使っていたけれど、
しばらくはこちらの白雪ふきんハンカチにはまりそうです。



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
10.31

ほかつ。生きるのトータルコーディネイト。

Category: 子育て
というやつを始めました。

私、なんだかんだ色々とありまして、
切迫流産で絶対安静を言い渡された数か月間も
結局退職をすることなく、現在育休中です。
職場には迷惑かけっぱなしなのですが、
ありがたいことに籍を置いたままにしてもらえています。

育休は原則1年。
ただし、「保育園に入所できなかった」などの
正当な理由がある場合にはもう1年だけ延長できる。
というのがルールです。

ということで、”ほかつ”です。

少し前に話題になった「日本死ね」問題に象徴される
待機児童問題なんて都会の話だろうと思っていたのですが、
どうやらここ地方都市も例外ではないようで。

色々リサーチしてみると、わが家の場合は
期待を抱いてよいものかどうか微妙なラインぽいです。
落ちる可能性、全然アリ。

でも正直、落ちたら落ちたでもいっかな。
という思いも心のどこかにはあって。

できればまだまだずーっと息子と一緒にいたい。
今しかない貴重な時間、ずっとそばで見ていたい。
家計や職場への迷惑やいろんなことをガン無視していいなら
小学校に上がるくらいまでは専業主婦でもいいくらい。

現実にはガン無視できないのでそれは無理なのですが、
「がんばったけど保育園入れなかったし仕方ない」
という大義名分があれば、それはそれで
あと1年の育休延長生活を楽しめる気がしています。

最近は、育休延長するために
わざと落ちるための保活をする人もいるそうで。
気持ちはわかる。でもそれはそれでどうなんだろう?
本当に入りたい人たちへのしわ寄せも起こるわけだし。
と、考えさせられます。

子供のそばに長くいたいとか、
早く復帰しないと職場に迷惑かけるとか、
復帰したものの子供が熱出しただので迷惑かけ通しだとか、
離乳もしていないわが子を預けるのはいたたまれないとか、
育休延長したら職場の反応が冷たい気がしただとか、
いろーんな思いがあって、
そのどの思いもそれなりにわかる部分があって。

人生はままならぬものだとは言いますが、
本当にそうだなぁとしみじみしてしまいます。

制度の問題、人間関係の問題、いろいろありますが、
仕事も、子育ても、なんなら介護も冠婚葬祭も
いろーんなことをひっくるめて「生きる」ということ。
仕事だけ、子育てだけ、で成立する人生はないわけで。

生きていると、社会のルールに縛られて窮屈な思いをしたり
しがらみを感じて気兼ねしたりと何かとありますが、
もっとこう、人生をトータルコーディネイトできるような生き方、価値観を
自分のモノとして身に着けていきたいな、と思いました。

久しぶりに夜中にブログを書くとまとまりませんな。
では、この辺で。おやすみなさい。(締める気ナシ。)



Comment:0  Trackback:0
2018
10.24

光陰矢の如し、一寸先は闇

Category: 子育て
「ギックリ腰にやられました」の投稿をしたきり
すっかり姿を現さなくなってしまったので、
ついに魔女に致命傷を食らったか?と
ご心配くださった方もいらっしゃるかもしれませんが、
私、元気です。

息子はあっという間に6か月を迎え、
離乳食をスタートしました。

はーやーいー!
はやいっ!!

妊娠してから、いろんな方から
「小さいのはあっという間だよー」
「子供なんてすぐ大きくなっちゃうよー」
と、耳にタコが5匹くらいぶら下がるほど言われてきましたが、
本当にその言葉が身に染みています。

こないだまであんなにヘニャヘニャで
片手の掌だけで支えられるくらいちっちゃくて軽かったのに
今や両手で抱え上げてどっこらしょ…!です。

1か月半で寝返りをマスターした息子ですが、
その後も活発さは衰えるところを知らず、
5か月に入ったころには部屋中をズリバイで
這って回るようになりました。

台所にも寝室にもどこにでも侵入してくるので
さすがに危険だと判断し、 柵を導入。



これ、すごく大きくてリビングをめちゃめちゃ占拠していますが、
安全には代えられません。
いたしかたなし。

その他にも、オモチャやらベビーチェアやらスリングやら・・
息子を迎えてからあっという間にモノが増えました。
しかも一つ一つがけっこうデカくてかさばる(^^;)

大人だけが使うものなら、多少の不便は我慢しても
コンパクトでシンプルなものを、とするところですが
子供のものとなるとまずは安全第一、次に使いやすさ。
デザインや省スペース性なんかはどうしても優先度が低くなります。

というわけで、わが家の居住スペースは
この半年で完全に所帯じみることとなりました(笑)

まぁこれも今だけのこと。
きっと何年かたったら懐かしくてよい思い出になるだろうと
なんだか楽しい心持で過ごしています。
(とか言いつつ、「これ邪魔やなぁ、通りにくいやん!」とか
 よく小言を言っていたりします。へへっ。)


ということで、わが家はこのたび家を建てることになりました。
(接続詞おかしい。)

以前ここでも書いたように(⇒「住宅考」)、
私たち夫婦はもともと、どちらかというと賃貸派でした。
二人とも一軒家で育ったからこそ、一軒家のデメリットを痛感していて
身軽な賃貸で人生を送り、年取ってから終の棲家を買うのもいいんじゃないか
なんて思っていました。

が、子供をもって色々と考えることがあり。
脳内および家庭内での紆余曲折を経て、
家を建てよう!という結論に至りました。

それが、6月の話。

そして今週末が地鎮祭です。
そしてそしてなんと、今年のクリスマスには家が完成しちゃいます。

ハウスメーカーさんからスケジュールを聞いたときは
「えっ!?」と耳を疑ったけれど、最近の鉄骨住宅は
パーツをすべて工場生産して現地で一気に組み立てるので
あっという間に完成するのだそうです。
着工から完成まで約2か月。わーお。

まさか、家を建てようか!と決めてから半年後には
引っ越しまでこぎつけるとは思っていませんでした。
が、これくらい勢いづいた方がモチベーションを保ち続けて
準備に臨めるのでありがたいです。

そんなこんなで、夏からこっち
週末は打ち合わせだ見学だと大忙しのわが家です。
身体の休まる暇がない夫の体調が少し心配。
着工したら打ち合わせも落ち着くと思うので、
来月からは久しぶりにのんびりとした週末がやってきそうです。



Comment:4  Trackback:0
2018
07.21

3か月

Category: 子育て
まだまだ夏は先なのに、この連日の猛暑はどういうこと!!?

と思っていたら、時は7月。
もう立派に夏でした。

4月に息子を生んでからというもの
ほとんど外に出ず、テレビを見る時間も格段に減り、
完全に世の中の時間の流れについていけておらず。
桜が咲いたと思ったら、もうお盆がやってきそうです。
2018年の私の春~初夏は失われてしまいました。(笑)

そんなこんなで息子もあっという間に3か月を迎えました。
相変わらず首もすわっていないのに繰り返す寝返りが
ハードなダイエット効果を発揮しているのか、
体重があまり増えない息子。
成長曲線のギリギリ下限値をたどっています。

心配するも、病院では母乳は足りていると言われたので、
これも個性。いや、むしろ抱っこが楽で助かるわ~
くらいの気持ちで穏やかに見守っています。

それにしても。

結婚して9年。
不妊治療をはじめて5年。

こどもが欲しい欲しいと願い続けてきた私ですが、
子育て、舐めていました。

こりゃー、
「子供を産むなら若いうちがいいよ」
ってモラハラまがいのことをいまだに言っちゃう人がたくさんいるのも
納得しちゃいそうになります。

とにかく体力勝負。
寝られない、食べられない、休めない。

まぁそれでも、あれだけ望んで望んでやっと授かったわが子。
疲れもその愛しさには勝てません。

けど、もし結婚してすぐに自然に授かっていたら、
私、このハードな子育てに耐えられたかな?って思います。

そりゃ若いころに比べて体力は落ちているけれど、
長年の不妊治療でそれなりに精神力は鍛えられました。
(ただの「年の功」とも言う。)

もともとズボラな上にこらえ性もない私。
不妊期間を経験したからこそ、今これだけきつくても
やっていられるのかな、と思います。
あと、あらためてうちの夫はとても理解がある人で
仕事で疲れているだろうに私を気遣ってくれ、
そんな夫に救われている部分もかなり大きいです。

自然に授かってちゃんと子育てしているママさん、
いわゆるワンオペ育児で頑張っているママさん、
いろんな理由でひとりで子育てをこなしているママさん、
遊びたい盛りの若さで出産して子育てしているママさん、
すべてのママさんたち、本当にすごいよな、マネできないな、
と心から尊敬の念を禁じ得ない毎日です。

とまぁ、こんな調子で今日も
しゃーないな!オムツ替えまっせ!!
と、なんとかかんとかやっています。

ま、要はなにが言いたかったかというと、
私、不妊治療してよかったなってことです。
人生、無駄なことなんてないんだなぁ、と。

さてさて。
息子の寝ている間に私も睡眠確保です。

今日も熱帯夜。
寝苦しいですが、みなさまよい夢を。



Comment:2  Trackback:0
2018
06.08

え・・・・・?

Category: 子育て
深夜の息子との格闘を終え、迎えた朝。
いつものように、リビングのカーペットの上に置いた
トッポンチーノの上に息子を転がし、新しい一日の始まりです。

ふぅ、、戦い明けのわが身に、朝日が眩しいぜ。

と、一息ついたところで、
「んぎゃぎゃー!オウッ!オウーッ!!」
と、またしても怪獣の泣き声が。
(本当にこうやって泣くんです。泣くというか、吠える?的な。)

はいはーい、やっぱり寝ないのねーと息子を振り返ると

初ねがえり

・・・・え?
ねねねねね、寝返った??

いやー、まさかね。
だってまだ生後1か月だし。(生後51日目)
母子手帳とか育児本には、寝返りは5~6か月頃って書いてあるし。
そもそも寝返りより首すわりの方が先らしいし。

きっとトッポンチーノから転がり落ちただけだわ~。
赤ちゃんってこんな小さな段差でも転がり落ちるのね。
ふふふ、かわいいヤツめ。

と、トッポンチーノの上に戻してあげた数分後。
ふともう一度息子を見やると、

寝返りふたたび

えぇーーー!
やっぱり寝返っとるーー!!


ていうか、位置的にだいぶトッポンチーノから離れてますけど。

新生児の頃から、首や手足の力が強いねーとは
周りの人たちにたくさん言われていました。
首も座っていないながらも自力で持ち上げることはできていたり。
ちょっと前から背中でズリズリ移動するようにはなっていたのですが、
寝返りまで加わったら、母ちゃんもうどうしたらいいん・・?

調べてみると、生後1か月で寝返りする子も
いるにはいるみたいです。
ただ、首が座る前に寝返りをしてしまうと
自分の力で頭を動かせないので
そのまま布団やマットに顔が埋もれて窒息してしまう危険があるのだとか。

それ、うちの子やんけー!!

もう心配。
いやー、かなり心配。
母、しんぱい!!! (しつこい)

とりあえず、こういうのを買った方がいいのかなーと悩んでいます。


タオルとかで代用できるならそうしたいけれど、
フカフカしたものだと結局顔は埋もれてしまいそうだし。


息子よー!
成長はうれしいんだけどね、
もうちょっとゆっくりでもいいんだよー。

母としての成長スピードが息子に追いつかない
りこでありました。
今夜は、夫が帰宅したら作戦会議です。。


Comment:4  Trackback:0
back-to-top