2013
06.30

つかの間の独身

Category: 雑記
今日は、夫が出張から帰ってくる前の、最後の休日。
せっかく一人で過ごす休日なので、本を持って街へ繰り出しました。

職場が郊外なので、町中には普段あまり出てきません。久しぶりの都会〜。(といってもイナカなんですけどね。)

雨であんまり動き回りたくなかったし、いろんなお店に入ると散財しちゃいそうだったので、ひたすらカフェで読書に耽っていました。普段、本を読む時間なんてあんまり取れないくせに本ばっかり買ってしまうので、いつか読もうと思っている本がどんどん溜まってしまいます。

今日は、買ってからずっと読んでいなかった『色彩を持たない多崎つくる〜』を一気に読んでしまおうと思ったのですが・・・1軒目のカフェで、テスト勉強をする周囲の中高生たちの喧噪に堪えられず、結局2軒目へカフェはしご(笑)
今時の中高生って、カフェなんかで勉強するんですね。私はファミレスだったなぁ〜。カフェって、なんだか気恥ずかしくて子供だけでは入りづらい場所でした。時代は変わるのね〜。あ、それか私の地元が田舎すぎて、カフェなんてシャレた場所があまりなかったからなのかも(^_^;)

そうこうしていたらあっという間に時間は過ぎて、気付けば日も暮れる時刻に。
結局半分も読めなかったけど、久々に読書に没頭して、充実した雨の日曜日になりました。

結婚してからは2人で同じ時間を過ごすことが多くなって、あまり今日みたいな時間の過ごし方をしていないことにあらためて気付いてみたり。つかの間、独身に戻った気分。2人の時間ももちろん楽しいんですが、たまにこういう1日があるのもいいですね。

でも、やっぱり1人はさみしい〜。夫よ、はやく帰っておいで。(明日、ようやく帰ってきます。)



カフェ読書

カフェインにあまり強くない私は、1軒目のカフェモカで酔っ払ってしまい、2軒目では健康的に野菜ジュース。お高い(340円!)だけあって美味しかった〜(笑)




スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
06.27

重石はなくても梅酢は上がる

Category: 手づくり
日曜日に漬けた梅。
4日間で、こーんなに梅酢(梅から出てくる水分)が上がりました!
(※画像はクリックで別タブに拡大します。)





ちなみに、漬けた直後はこんな感じ。





重石を乗せなかったので、ちゃんと梅酢が上がるかな~と不安だったけど、たったの4日でほぼ塩も溶けきっちゃいました。ポイントは、毎日瓶を転がして、塩分と水分を全体に行き渡らせたたことだと思う。

梅がほぼ浸かるほどに梅酢が上がると、もうカビの心配はあまりないそうです。つまり成功!やった~♪

余裕があったら、近いうちに赤シソをいれてみようと思います(*^^*)



Comment:2  Trackback:0
2013
06.26

精液検査の結果、抗精子抗体検査

Category: 検査
さて、夫の精液提出から約1週間後。検査結果を聞きに行きました。あと、抗精子抗体を調べるための血液を採りに。

まず、検査の結果です。結果から言うと、「おおむね問題なし」でした。よかったー。

けれど、同時になんだか罪悪感。これで、不妊の原因は私にあることが数値的に確定したわけです。あらためて、夫に申し訳ないという思いがフツフツと。。

でも、そういうことを言うと夫は怒ります。あのお花見の日、何度も謝る私に夫は、「もう謝らないって約束して。次に謝ったら怒るよ。」と言いました。「謝っても状況は変わらないし、泣いたり暗くなっているりこを見ているのは、俺もツライ」と。なんてできた夫でしょう。
まぁ、ネガティブな私の相手をするのが面倒だという本音もあるとは思いますが(^_^;)夫の家族は本当にポジティブで楽天的な人ばかりなので、ネガティブな雰囲気に耐性がないんです。純粋にうらやましい。


話がそれましたが、検査結果の中で、1つだけ△マークのついた項目が。「精子奇形率」でした。その値は61%。私から見たらかなり高めの値だったのでちょっとビックリしたのですが、先生曰く、正常の範囲内とのこと。ただ、あまり良い値ではないので、生活環境の改善とかストレスの軽減に努力してみてください、とのことでした。

それから、奇形率がどういうものなのかという説明をしてくれました。
「奇形率が高い=奇形児が生まれる可能性が高い」と勘違いをされる方が多いそうですが、これは間違いです。先生がとても分かりやすい言い方をしてくれたのですが、奇形精子は妊娠に関与することができません。最初から受精競争に参加できないのです。つまり「奇形率が高い=妊娠(受精)にトライできる精子の数が少ないので、妊娠できる可能性が低い」ということです。

たとえば1回の射精で100匹の精子が出てくるとして、奇形率が10%なら90匹の精子が受精のチャンスを手にしますが、奇形率が90%だと受精のチャンスを手にできる精子はたったの10匹ということになります。(精子数は分かりやすいようにあくまでもたとえです。本当は、1回の射精では何千万~何億匹もの精子が出てきます。)


WHO(世界保健機関)によると、精子正常形態率4%以上というのが、正常と判断される基準だそうです。この奇形率の値も、ネットで調べると色んな数字が出てくるのですが、WHOが一番信用できるかな、と思います。ただ、そのWHOも、何年かおきにマニュアルを改訂していて、その数字が大きく変わるんですよね。数年前までは、正常形態率は15%以上が正常値だったようです。まぁいずれにしても、夫の奇形率は正常の範囲内のようで一安心。
でも、奇形率は低ければ低いほど良いと思うので、食生活や自宅の生活環境など、夫が快適に健康に過ごせるように気をつけようと思います。夫婦で快適に暮らして授かれたら嬉しいですしね♪


夫の検査結果を無断で書くのはちょっとためらわれるので、WHOの出している正常値を以下に挙げておきます。もしかしたらもっと最新版が出ているかもしれないし、病院によっては独自に基準を設けているところもあるかもしれないので、あくまでも参考程度に。

☆精液量  1.5ml以上
☆pH  7.2以上
☆精子濃度  1ml中に1,500万個以上
☆総精子数  3,900万個以上
☆精子運動率  32%以上
☆精子正常形態率  4%以上(=奇形率が96%未満)
☆精子生存率  58%以上
☆白血球数  1ml中に100万個以下
(※参考:WHO精液検査ラボマニュアル第5版(2010年))



そして、最後に採血です。病院に通い始めて何度目かの採血。注射にももう慣れてきました。

ただ、この抗精子抗体検査。これまでにやったどの検査よりも一番緊張する検査でした。この検査で陽性が出てしまったら、人工授精も無理なのでいきなり体外受精にスキップすることになる、と説明を受けていたからです。
卵管が詰まっていれば手術で通せばいい。プロラクチンの値が高かったら薬で下げればいい。だけど、抗精子抗体が陽性だったら体外受精にトライするしかないんです。


体外受精は、1回あたり50~60万円かかるそうです(1回の施術がということではなく、ホルモン注射や採卵や培養なども含め、体外受精をする周期に合計でこの金額が必要になるという意味です)。成功率は2~3割。
確率だけで単純に考えれば、3~4回やれば妊娠できる計算になりますが、正直、わが家には何度も体外受精にトライできるような経済的な体力はありません。それなりに貯金はしているけれど、不妊治療でお金を使い果たしてしまったら、いざ授かったとしてもその後のことが不安です。私が仕事をお休みする間の生活費、出産費用、養育費、教育費・・・。そのためのお金は残しておきたいです。

そのためにも、抗精子抗体検査は、陰性であってほしい。陰性でありますように!
血を採られながら、「この血で抗精子抗体を測るのね。」と思うとなんだか居ても立ってもいられず、気付けば吸い上げられていく自分の血液に向かって念を送っていました(笑)


結果は次回。お願いです、悪い結果ではありませんように。



Comment:0  Trackback:0
2013
06.25

目標は自力排卵、あまちゃんでの大発見

Category: 不妊治療
Day4。病院に行ってきました。
てっきりクロミッドが処方されて、明日から服用することになるのかと思いきや、先生から今周期はちょっとやり方を変えましょう、との提案が。

前期、前々期とクロミッドを服用しましたが、いずれも効果が出過ぎて、Day12あたりには卵胞が30mm近くになってしまっていました。そこで、今期はクロミッドは服用せず、自然に排卵できるかどうかを見てみましょうということに。
たしかに、自力で排卵できるならそれにこしたことはないです。

治療開始当初、生理中に26mmの残存卵胞が見つかったため、排卵がうまくいっていないのだろうということでクロミッドを処方されるようになりました。
が、思い返せば、当時は仕事が繁忙期だったことや、次々に分かる芳しくない検査結果へのショックから、ホルモンバランスが乱れてしまっていたのかもしれません。ここで、平常時の自分の排卵能力を調べることができるのは、良い機会だと思いました。

その上で、自力での排卵がうまくいかないようなら、クロミッドより効き目の軽い薬に切り替えましょうとのことでした。(「セ・・なんとか」って名前でした。セルビッド?みたいな感じの名前。うー、病院出るまでは覚えてたのに…!)

ということで、今期はいつものお薬(柴苓湯とテルグリド)を飲むだけで良くなりました。ちょっとだけ楽チン♪ちゃんと排卵してちょうだいね〜私の卵巣さん。


ところで。
最近Yahooニュースなんかでもよく採り上げられている朝ドラ「あまちゃん」。実は私も、どハマリしている国民の一人です。
朝ドラと大河ドラマは必ず観るというNHKの超お得意様家庭で育ったので、朝ドラ自体は年中観ている(というか時計代わりにつけている)のですが、あまちゃんに至っては、ほぼ毎日録画して観てます(笑)私の中で、カーネーション以来のヒットです。

と、そんなことはどうでもよくて。
先日、そのあまちゃんを観ていて大発見をしたんです。これを、誰かに言いたくて言いたくて・・・!夫はいないし、職場ではなんとなく恥ずかしくて言えないし、ここで言っちゃっていいですか?いいかな?いいともー。

先週土曜日の予告編で、若い頃の春子(主人公アキの母親)が歌手のオーディション番組で歌っているシーンが流れたんですが、そのバックダンサーズのうちの一人が、なんと太巻さんなんです!太巻さんが踊ってるんです!
ついでに言うと、そのオーディション番組の司会役は、お笑いの小薮です。(こっちはまぁどうでもいい。。笑)

やー、気付いた瞬間「クドカンやるー!!」って思わずテレビに向かって言っちゃいましたよ。もしかしたら、今後への重要な伏線だったりするのかな?それとも、単純に小ネタかな?


あ、マニアックですね。観てない人には「はて?」って感じですね(^_^;)

・・・・分がるヤツだけ分がればいい。(花巻さん、大好きです。)

失礼。

明日もあまちゃんを楽しみに、がんばって朝起きよう〜♪


Comment:0  Trackback:0
2013
06.24

梅の漬け方、備忘録(ズボラさんでも大丈夫)

Category: 手づくり
土曜日。
さっそく梅を漬けよう~と思って準備をしていたら、なんだか気分が悪い。おかしいなぁと思って熱を測ってみると、ほんのちょこっと微熱が。寝込むほどではない、けど寒気や関節痛がして身体はキツイという感じでした。

ただでさえ度数の高いアルコールを使って消毒に気を遣わなければいけない梅漬け作業。バイ菌を持っていそうなこの身体で梅を触るのは憚られます。

でも早く漬けたい~。それに、月曜から体調が悪いと1週間ツライ~。早く治したい~。

ということで、土曜日は葛根湯を飲んでずっと寝ていました。
葛根湯は風邪の引きはじめに飲むのが良い(逆に引き始めに飲まなきゃ意味がない)と聞いたことがあったので、「まさに今だ!」と、嬉々として飲んでみました(笑)
結果、効き目はバッチリ!夜中にたくさん汗をかいたみたいで、日曜日の朝、湿ったパジャマの気持ち悪さで起きたら、36度1分でした。完治です。なんと、ずっと続いていた頭痛も取れました。葛根湯さまさま!

で、さっそく梅を漬けてみました。まだバイ菌消えてなさそうですが・・こういうところだけはせっかちなんですよね。

自分でやるのは初めてだったけど、やってみたら簡単~。


☆準備するもの
・梅
・粗塩(梅の重さの17~20%)
・アルコール度数の高いお酒(焼酎など。私は40度の洋酒を使いました。)
・容器(密閉できるもの)
・竹串か爪楊枝
・キッチンペーパー(水気を拭き取るため、清潔なもの。)

※塩は、スーパーで安くで売ってる塩を使ってください。「ソルト」みたいなオサレな感じのじゃなくて「しお!」って感じの。精製されていない塩が良いのだそうです。私は1キロ150円くらいで売っているものを使いました。

☆作り方
1.梅を丁寧に洗う。傷をつけないように。
2.竹串か爪楊枝を使って梅のヘタを取る。
3.梅の水気をキレイに拭く。
4.アルコール消毒した容器に、塩→梅→塩→梅→塩の順に重ねて入れる。
5.梅がヒタヒタになる位の水分が出てくるまで毎日、瓶ごとゴロゴロ転がす。だいたい1週間くらいらしい。
6.あとは、2~3ヶ月放置。


これだけ。母に教わったやり方です。
5.の時に、カビが発生しないかどうかだけ気をつけていれば、あとは基本的に放置するだけ。
材料も、梅と塩だけ。道具も瓶と爪楊枝だけ。あとは自宅にあるモノでできます。私は瓶を持っていなかったので買いましたが、2つ買っても900円くらいでした。なんてチープでお手軽なの!ズボラな貴方(誰?)にぜひ作っていただきたい!

ネットで色々調べると、洗う前に梅を一晩水に漬けたり、梅の上に重石を乗せたり、梅を全部アルコールで拭いたりと、もっと丁寧なやり方があるみたい。そもそも、「梅干し」っていうくらいだから、本来は土用の頃に天日で2~3日干すものらしい。けど、そんな行程は全部カット!さすが私の母、大雑把~(笑)でも、母はこのやり方で20年以上失敗したことはないそうです。そして、実家には年中おいしい梅干しがありました。いや、干さないので「梅干し」って言うか「梅漬け」ですね。


ただ、ネットで調べている中で「南高梅は必ず黄色く追熟させてから漬ける」と色んなページに書かれていて、しっかり青い梅のまま漬けてしまった私は、多少後悔しています。。が、漬けてしまったものはしょうがない。中には「干さずに作る梅漬けは、青いうちにつけて大丈夫(南高梅に限るらしい)。」って書いてあるページもあったし。



梅漬けた



カビで全滅するのが怖かったので、合計2kgの梅を2つの瓶に1kgずつ分けて漬けてみました。手前に転がっているのは、キズがついていたので除けた梅です。キズがあると、カビや腐敗の原因になるらしいので。たった1個だけだから、使い道が見あたらない。このまま囓ってみようかな・・・(^_^;)


来週まで長期出張中の夫に「梅漬けたよ~。」ってメールしたら、「俺がそっちに帰る頃には漬かってるかな♪」って。1週間じゃ梅は漬かりません。せめて8月まで待ってくれ(笑)



明日は、病院が遅い時間まで開いている日。Day4なので診察に行ってきます。たぶんまたクロミッドをもらうんだろうなぁ。
今期こそ・・・うまくいきますように!



Comment:0  Trackback:0
2013
06.22

ひたすらすっぱい梅を求めて

Category: 手づくり
「梅を漬けてみたいなぁ~。」

と言ったら、実家の母が南高梅を送ってくれました。


たまにスーパーで梅干しを買うんだけど、どれを買ってもほのかな甘味を感じます。それが美味しさなのだろうけど、すーっぱい梅干しで育った私と夫は、甘味があるのはちょっと苦手。ガツンと酸っぱさだけが来る梅が恋しいのです。しかも、一人じゃ食べきれないくらいの大粒の梅。子供の頃、父が自分のお茶碗にとった梅をお箸でちぎって分けてくれるのが楽しみでした。


天日で干さずにひたすら塩漬けにする実家の母のやり方で、漬けてみようと思います。

カビさせずにうまく漬けられますように。




Comment:0  Trackback:0
2013
06.21

ダメだったっぽいです

Category: 不妊治療
どうやら、生理っぽいです。
出血はまだだけど、生理前特有の茶色っぽいオリモノが出てきました。あと、骨盤がメリメリする感じとか、いつもの生理前の感じです。体温もさらに下がりましたし。


あーーーー。
先日のバリウム検査のこともあるから、まぁ無理かもなって思っていたはずなのに、潜在意識のどこかでだいぶ期待していたのか、悲しいとか残念とかっていうよりなんだか気が抜けています。「へっ?マジで?本当に妊娠してないの?いやいや、おかしいでしょ。」って感じです。

でも事実は事実。受け入れなければですね。


夫が帰ってくるのは10日後。次の排卵日に間に合うし、またこれから1ヶ月、がんばろう。


Comment:0  Trackback:0
2013
06.20

精液検査

Category: 検査
今日は、Day28。排卵日から15~6日が経ちました。今のところ、まだ生理は来ていません!
でも今朝、基礎体温が少し下がっていました。昨日までの36.8~9℃台から、36.69℃へ。微妙な下がり方ですが、ちょっと気になります。。今朝は涼しかったからだと思いたい。


さて、しばらく話が止まってしまっていましたが、治療開始時の一連の検査のお話の続き。今日は精液検査を受けたときのことを書こうと思います。一部に直接的な表現もありますので、読みたくない方は、どうかスルーしてください。

(書いてしまってからちょっと私も恥ずかしくなったけど、詳しく知りたい人もいるだろうし、読み直す前に投稿しちゃいます。えいっ!)



検査を受けるにあたって、まず不妊カウンセラーの方から採取容器を渡され、検査方法の説明を受けました。思っていたよりも大きく、50ccくらいは入りそう。(ちなみに、平均的な精液の放出量は2~5ccくらいだそうです。)ジャムの瓶を小さくしたような形のプラスチックの容器でした。
そこで受けた説明によると、精液検査には守らなければならない条件が割とたくさんあり、うちの場合はまず検査を受けること自体がけっこう大変でした。もう記憶が薄れてきてしまっていますが、憶えている限りでこのような条件です。

☆検査日(精液を持ち込む日)前日までに予約が必要。(培養液を準備しておくため。)
☆採取してから2~3時間以内に持ち込むこと。
☆持ち込み受付は朝の9~10時の1時間のみ。
☆検査前、禁欲期間を2~3日取ること。
☆逆に、7日以上の禁欲はしないこと。(長期間体内にあると、精子の運動率などが下がってしまうため。)
☆持ち込むのは、夫本人でなくてもOK。ただし、夫の保険証を必ず持参すること。
☆避妊具などに出したものを容器に移すのはNG。容器に直接出すこと。


まず、平日は私も夫も仕事があるので、検査日は土曜日しか選択肢がありませんでした。私が午前休をとって平日の朝に持ち込むことも考えましたが、仕事で疲れている平日に焦って採るよりも、少しでも時間や気持ちに余裕を持てる時の方がよいだろうと思ったのです。平日だと、前日深夜や当日早朝から夫の仕事が入ってしまう可能性もあるし。
ただ、私の行っている病院では研修などのために土曜日が休診になることが多く、私たちの都合も考えると、検査を受けようと考えていた4月には1日しか検査を受けられそうな日がありませんでした。とにかく予約だけ先に取ってしまい、あとは前日の深夜や当日に急な仕事が入らないことを祈るばかりです。


あと、検査前の禁欲期間にも気を遣いました。7日以上の禁欲はNGと言われたけど、カウンセラーの方によると、禁欲期間は2~3日に留めておくのが一番望ましいとのこと。それ以上時間をおくと、精子の劣化が始まるそうです。ということは、土曜日に検査を受けるためには、火曜日か水曜日あたりに仲良しをしなければ。
ということで、検査を受ける週は、夫が仕事の調整をいろいろと頑張ってくれたようでした。


そうして無事に迎えた採取日前日。
家で夫の帰りを待ちながら、ふと「夫はどうやって出すつもりだろう?」という疑問がわいてきました。そういえばそういう話を何もしていなかったけど、もしかしてそういうDVDとか本を準備しておいた方がいいのかな?でも、私が買ったり借りてくるのは恥ずかしいし夫の好みもあるだろうから勝手には準備しない方がいいよね?まさかもうコッソリ準備してる?あ、PCで見るのかな?
なんてことをあれこれ考えていたので、夫が帰宅するなり「ねぇ、今からエッチなDVD借りに行った方がいい?」と、突拍子もない質問をしてしまいました(笑)

夫は、「はっ!!?」というリアクションでしたが(そりゃそうだ)、そんなものはいらないから、そのかわりちょっと手伝ってね。とのこと。
でも手伝うのはいいけど、色々調べると、精液が出てくるところ(つまり先っぽの方です・・恥)は触ったりしない方がいいとのこと。もちろん口でするのもNG。(・・・恥!)
出してあげられるかな~という不安はありましたが、夫に頑張ってもらうしかないです。

ということで翌朝。
私もちょっと手伝いをしつつ、なんとか無事に採取することができました。夫に断りなく書くのは気が引けるので詳細は割愛しますが、やっぱり焦ると出なくなるようで、がんばってなんとか時間に間に合うように出してくれました。
夫の感想は、「容器に出すの、難しい!」(笑)。夫、お疲れさま!

**------
このブログは夫に黙って書いているのですが、こないだついに見つかっちゃいました。見つかった瞬間、なんか恥ずかしくてとっさに「前書いてたブログなんだけど、もう閉鎖しちゃったんだよね~。」とワケの分からないことを口走っちゃいましたが、嘘です。夫、ごめんなさい。
PC共有だからいつかバレるだろうとは思っていたし、別に内緒にする理由もないんですが、なんとなく恥ずかしい。あと、あんまりにもあけすけに書いているのでちょっと申し訳ない・・。一応、個人は特定されないように書いているので、夫よ許してください(^_^;)ごめんね。

(家で話せって感じですね。失礼・・・笑)
------**


事前に言われていたとおり、採ったらすぐに容器ごとアルミホイルで包み、できるだけ体温に近い温度を保ちます。ときどき冷蔵庫に入れちゃう人がいるらしいですが、「せっかくの精子が死んじゃうから絶対にやめてね。」と念を押されました。たしかに、ついつい冷蔵庫に入れたくなっちゃう気持ちも分からなくはないかな~。「傷まないように!」みたいなね。
「保温のために、胸に容器をはさんで持ってくる人も結構いますよ~。」と言われたけど、残念ながらこんなに大きい物をはさめるような胸は持ち合わせていないので(涙)、車を運転している間、スカートの中で太ももにはさんで持っていきました。


こうして受付終了時間の10時ギリギリ、なんとか提出完了です。ふーーーーー。
当日の夕方頃に行けば検査結果を渡せますよと言われたけれど、その日は予定もあったので次の受診時に。

次は、いよいよ抗精子抗体を調べるための血液検査をします。この検査結果が陽性だった場合、タイミング法も人工授精もやっても意味がないと言われているので、本当にドキドキです。



Comment:2  Trackback:0
2013
06.19

早朝に目が覚めちゃう病

Category: 雑記
台風が近づいていますね。昨日の夜は風がとても強かったので、ベランダのトマトを室内に避難させました。
順調に成長してくれていて、いくつか実もついてきました。

青いトマト


まだ赤くなってはいないですが、夫が帰ってくる頃には色づいてくれるかな~♪


ところでここ1週間ほど、なぜか早朝に目が覚めてしまう毎日が続いていて、何となく寝不足状態が続いています。子供の頃から寝ることだけは特技中の特技で、一度寝たら目覚ましが鳴るまで起きない人生を送ってきた私。起こされなければ15時間くらいは平気で寝続けてしまう私。そんな私に、この寝不足はけっこうダメージが大きいです。

暑いわけでもトイレに行きたいわけでもなく、ふっと目が覚めて時計を見ると4時とか5時。「あぁ、あとちょっと寝れたのにもったいない・・・」と、基礎体温を測ってからまた寝ます。いったんパッチリ覚醒するのに、その後はまたちゃんと寝られるんですよね。さすが「特技:睡眠」です(笑)とはいえ、やっぱり身体にダルさが残っています。



それにしても、これも妊娠初期の兆候だったりして・・・?と、またしてもあらぬ期待をしてしまう私。いつもと違うことは何でも妊娠に結びつけちゃう、この思考回路を誰かに止めてほしいです(T-T)



Comment:0  Trackback:0
2013
06.18

体調の変化に早まる期待、楽しい妄想

Category: 不妊あるある
今日は、Day26です。今期はDay13あたりに排卵しているので、そろそろ生理が来るかどうか、という頃になってきました。

実は数日前から続く頭痛のほかにもちょっとした体調の変化が出ていて、またしても早まった期待を抱きつつある私です。
ダメダメ、まだ期待するにはちょっと早すぎるよー。と頭では分かっているのですが、はやる気持ちが止まらない。ロマンティックが止まらない。


まずは、数日前からしつこく続く、この頭痛。今日もまだ続いています。エレキバンもあんまり効果なし。(けど、ちょっとはマシかも??)

それから、なんとなく熱っぽく、喉の奥がちょっと痛かったり風邪のような感じがします。ただ、日曜日に窓を開けっ放しで寝ちゃったから、本当にただの風邪かもしれません。笑

そして、胸が張っています。普段、生理周期によって大きさや張りが変わることはほとんどなく、いつも慎ましやかにそこに在るとってもささやかな私の胸。なんだか今朝から張っていて痛いです。大きくなってはいないけど。。


あとは・・・いや、このくらいかな。書き出してみると、たいして変化があるというほどでもないですね(^_^;)どれも、生理前の症状だったとしても不思議はないし。飲んでいるお薬の影響で、生理前の諸症状が出やすくなっているだけなのかもしれません。(こうやって、少しでも期待が減るように自分に言い聞かせてダメージ回避。)

先生からは、「6月24日(Day32)まで生理が来なかったら妊娠の可能性が高いから、検査薬を試してみてね。」と言われています。
ちょっとフライングですが、排卵日から17日後のDay29(6月21日)に生理が来ていなかったら、チェックしてみようかな。あと3日。この3日が長いんですよね~。しかも今週~来週にかけて夫が長期出張のため不在なので、ひとりの時間が多く、余計に長く感じてしまいそうです。

もし妊娠していたら、夫にはどのタイミングで報告しよう??帰ってくるまで秘密にしておくか、すぐにその場でメールするか。いや、電話にしようかな。どうしようかな。

なんて、楽しい妄想をしていたらまた期待が高まってきてしまうので、この辺で自重しておきます。


先日の胸部レントゲンとバリウム検査が気にはなるけど、やっぱりそれでも生理が来なければいいのになー。と思う、りこであります。



Comment:0  Trackback:0
2013
06.17

高温期の頭痛はどう耐える?

Category: 不妊あるある
暑いですねー!
思わず語尾にびっくりマークをつけたくなってしまう暑さです!
今週は少し雨も降るようですが、少しはこの暑さが緩和されてほしいものですね!


さて、そんな真夏を思わせる日々の中、数日前からけっこうなレベルの頭痛に襲われています。

もともと高校生くらいの頃から頭痛持ちで、受験や仕事で辛い時には、だいぶ悩まされました。
病院にはいくつか行きましたが、原因や効果的な治療法は見つからず、頭痛が起きたら痛み止めを飲んでやり過ごしています。
いつも痛いポイントはだいたい決まっていて、うなじの右側あたりの、頭蓋骨の付け根のところ。指でグーって上向きに押すと、痛みの元に響いてなんとなく気持ちいいんですよね。


そして、今日も頭痛。頭痛なう。
いつもは1日寝たら治るんですが、今度の頭痛はちょっとしつこいです。もう3〜4日くらいずっと痛い。暑さと頭痛が入り混じって、一日中変な汗が止まりません。


いつものように頭痛薬を飲みたいんですが、ここでふと考えます。
今日は生理周期25日目。妊娠していたら妊娠3週目。薬を飲んで大丈夫だろうか?

私がよく飲んでいるのは、ロキソニンという鎮痛剤です。最近は薬局でも買えるようになって、とても便利になりました。
でもこの薬、妊婦には禁忌と聞きます。それを聞いたら、飲むワケにはいきません。

もう一つ、カロナールという鎮痛剤も持っています。
こちらはロキソニンに比べるとやさしい薬なので、妊婦に処方されることもあるらしい。ネットで調べても、「ロキソニンはダメだけど、カロナールなら大丈夫。」など、あちこちに書いてあります。

けど、できることなら飲まずにやり過ごしたい・・・。
けど、飲みたい。耐えられない・・・。

葛藤に揺れています。でも飲まない。死ぬほどの痛みではないし、できる限り飲まずにがんばります。飲むならせめて、次に病院に行ったときに先生に「コレなら飲んでも大丈夫!」とお墨付きをもらった薬を飲みたい。

苦し紛れに、今日はエレキバンをうなじに貼ってみました。
効いているのかいないのか・・・あんまり効いていないと思います(苦笑)

※※※
ただし、エレキバンにも「妊娠初期は医師と相談して使用すること」と書いてあります。
知り合いの医療者に聞いたところ、磁気が胎児に影響することはない(正しくは、現在はそのような科学的証明はなされていないし、実際に影響が起きたという事例報告もない。)そうです。
ということで、エレキバンが妊娠初期に要注意なのは、おそらく妊婦自身の気分不良などを引き起こしてしまう可能性があるからなんじゃないかな?と思います。ただし私の素人判断なので、鵜呑みにはなさらないよう、使用にあたっては、あくまでもご自身の判断にてお願いいたします。。


ということで、痛みをこらえてPCに向かっていますが、長時間画面を見ているとツラくなってくるので、そろそろ限界です。

もしも生理が来たら、まっさきにロキソニンを飲んでやる!!
と、熱い思いを胸に秘めつつ、今夜はこの辺で。おやすみなさい。

(お薬は、飲まないにこしたことはないと思っています。念のため、誤解のないように。。)

Comment:0  Trackback:0
2013
06.15

ちょっとバタバタ

Category: うさぎさん
ここ数日、仕事もプライベートもちょっとバタバタしていて、ゆっくりパソコンに向かう時間が取れませんでした。
明日でいったん落ち着きそうです。

ようやく、我が家のアイドルとちょっと一息。

丸いおしり


最近、お尻ショットにはまってます(笑)

Comment:0  Trackback:0
2013
06.12

5年目突入

Category: 雑記
昨日の記事にコメントや拍手をいただいたみなさん、本当にありがとうございました。とても励まされて、おかげで少しずつ立ち直ってきました。
起きてしまったことは変えられません。不確定なことを今から悩んでもしょうがありません。
今回のことは今後への戒めにして、前を向いていつものように過ごしていこうと思います。


今日は、私たち夫婦の4回目の結婚記念日です。

当時、私の退職や引っ越しなどのタイミングで新居に落ち着いたのがたまたま6月だった私たち。式は10月だけど、とりあえず先に入籍をしようということになり、入籍日を決めることに。2人とも日取りにはあんまりこだわりがなかっったけど、せめて少しでも憶えやすい日にしよう!ということで、入籍日は「H21.6.12」と、回文のような日にちに決定しました。
でもこれ、「21612」ってつなげると覚えやすいんだけど、「6月12日」だけだと何の語呂にもなっていなくて、大して覚えやすくないんですよね(^^;)


4年前の今日、仕事帰りの夫と市役所の近くで待ち合わせて時間外窓口に婚姻届を出しに行き、それぞれの実家に報告の電話をし、ちょっと奮発したレストランでお祝いのディナーをしました。

あれからもう4年。ついに結婚5年目突入です。はやいなー。

ケンカもたくさんしたけど、なんとか仲良く4年間を過ごしてくることができました。
家では携帯ゲームばっかりしているし、口ばっかりでいつまで経ってもタバコはやめないし、ケンカしたら心底ムカつかせてくれる夫ですが、強くて思いやりがあって明るくて、私にはすぎた夫だと思います。

ちゃんとしたお祝いは金曜日にしようね、と約束しているので(ガッツリ焼き肉の予定。笑)、今日は近所のカフェで買ってきたケーキでプチお祝い。

記念日ケーキ


これからもきっと山あり谷ありの人生。一緒に歩いていこうねー、夫よ。


Comment:0  Trackback:0
2013
06.11

悔やんでも悔やみきれない

Category: 不妊治療
今日の記事は、書くか書かないかを迷いました。当然たくさん批判を受けるだろうと思ったし、読んで気分を害する方もいるだろうと思ったからです。
でも、自分への戒めだと思って、懺悔のつもりで書くことにしました。


今日、後悔してもしきれないことをしてしまいました。

職場で健康診断があり、あろうことか、胸部レントゲンと胃のバリウム検査を受けてしまいました。何も考えずにみんなの流れに乗ってすべての項目を受診し、検診が終わった数時間後にハッと気付きました。

気付いてから、後悔の気持ちがひたすら消えません。去年までは過剰なくらいに気をつけて、絶対に安全な時以外は胸のレントゲンすら撮らないようにしていたのに。よりによって不妊治療を始めた今、なんでこんなことをしてしまったのか。本当に、意識が足りなかったとしか言えません。


現在、周期19日目。今期もしも妊娠できたとしたら、現在妊娠2週目(最初の週は0週目と数えるんでしたよね?)です。12~13日目が排卵日だったから、もし受精していたとしたらそろそろ着床する頃だと思います。



鬼のようにひたすらネットであちこち調べまくりました。安心できる情報と安心できない情報、いろんな情報を見つけました。


検診のレントゲン検査程度の被曝量では、胎児に影響が出るしきい値(これを超えたらダメだという値)には到底及ばないこと。

胎児の器官形成が始まるのは4週目からなので、それより前のの被曝や服薬による影響が胎児に出る場合はAll or Nothing(完全な妊娠成立か、流産か、の二者択一)であること。つまり私の場合、もし影響が出るなら流産という形で現れ、もし妊娠できた場合には影響はなかったと安心してよいということ。

万が一、妊娠して産まれた子に障害があった場合でも、それは放射線の影響とは考えにくいこと。(放射線を浴びなくても障害は出ただろうということ。)

バリウム検査は胸部レントゲンに比べて被曝量も照射時間も多いので、過敏な受精卵は死滅してしまう可能性があること。

女性は胃下垂が多いので胃が子宮近くまで降りてきている人が多く、バリウム検査で子宮に放射線が当たりやすいこと。(私はおそらく胃下垂です。)

など。

どれも一説にすぎません。確率論にすぎません。だから、今の私には、ただ待つことしかできません。


でも、考えてしまいます。もしまた生理が来てしまったら、「あのときレントゲンを受けたからだ。」と考えてしまいそうです。その一方、「障害の可能性がある子を妊娠しなくて良かった」とも思ってしまいそうです。たとえ影響が障害として現れる週数ではなかったとしても、そう思ってしまいそうです。
もし生理が来ずに妊娠したら、「もしかしたらあの時のレントゲンが原因で障害がある子が産まれるかもしれない。」と出産まで悩んでしまいそうです。
どんな命でも、授かったらもちろん産むつもりです。でも、よけいなことを考えてしまう自分がいる。


本当に、数時間前の自分を呪いたい。
しかも、バリウム検査は私の年齢なら必須項目ではなかったんです。受けたくない人は受けなくて良かったんです。馬鹿だったとしか言いようがない。

誰のせいでもない、自分のせい。自覚が足りませんでした。


被曝してしまった事実は変えられません。
夫に言ったら、きっと「今回はしょうがないじゃん。次からまたがんばろうよ。」って言うと思います。切り替えの早い人なので。

その通り。その通りなんだけど、やっぱり今はまだ自分を許せない。

そこに命があるのかどうかも分からないけど、お腹に向かって「ごめんね。」と言うばかりです。



Comment:4  Trackback:0
2013
06.10

難問

Category: うさぎさん
今まさに目の前にあるこれは、





はて、何だろう?



前にまわってみると、





あなただったのね(笑)
Comment:0  Trackback:0
2013
06.09

初収穫

Category: 手づくり
今日のお昼は、ベランダですくすく育ってくれた大葉さんを初収穫しました。

58円で買ってきた大葉の株。育て始めてまだ6日なんですが、すでにすさまじい繁殖力を発揮。今日は5枚収穫です。


IMG01259.jpg


収穫した大葉さんは、

IMG01261.jpg


明太子パスタに乗っけていただきました。柔らかくて香りがあっておいしかった〜。

明太子パスタは、明太子・マーガリン・粉末昆布茶・お醤油少しを混ぜたソースに、ちょっと長めに茹でたパスタを絡めるだけ。茹で時間含めて15分で完成です。

大満足〜♪



Comment:0  Trackback:0
2013
06.08

卵巣に血が溜まる

Category: 不妊治療
今日は、急に思い立ってパーマをかけてきました。といっても、思い立ったのは3日前で、予約して行ってきたんだけど。
ついでに暑くなってきたので、肩甲骨の下まで伸びていた髪を15センチくらいカット。さっぱり〜♪っていっても、ロングからセミロングに切ったところで、正直あんまり見た目変わらないんですけどね(^_^;)

考えてみたら5年ぶりのパーマです。アレンジがしやすくなりそう。梅雨を楽しく乗り切れそうです(*^^*)


そういえば昨日は排卵チェックのため病院に行ってきました。先日の先生の見立て通り、数日前に排卵しているようです、とのこと。今回は、ちゃんと卵さんと精子くんが出逢えてるといいなぁ〜。


ところで。
実は私、不妊治療を始める前から気になっていたことがありました。下腹部の痛みです。

生理前とか排卵の頃とか決まった時期はなく、ふとやってくるんです。耐えがたい激痛というほどではないので、いつもじっとやり過ごすんですが、それでも痛みがきたら、お腹を押さえてちょっとうずくまっちゃうくらいには痛い。
ずっと痛みが続いているわけではなく、ふとした時にイタタタタタタ・・・とやってきます。チクチクでもピリピリでもなく、なんというか、引きつるような感じの痛み。「お腹の中に針金があって、それをグリグリしながらぴぃーって誰かに引っ張られてるような感じ」とよく夫に訴えるんですが、「なんじゃそりゃー想像つかんわっ。」と、まぁ分かってもらえません。まぁそりゃろうだろうな(笑)

で、今日内診の前に先生に聞いてみました。痛みの原因を知りたくて。
先生曰く「今まで何度もエコーで見ている感じでは、子宮や卵巣に問題はなさそうだけどねぇ。まぁ、今からちょっと注意して診てみましょう。」とのことで、とりあえず内診台へ。

そして内診が始まるなり先生から、

「あー、これは痛くて当たり前だねぇ。うんうん、下手したら2週間くらいずっと痛みが続くかもよ。」と。え?なんで??

内診が終わって、診察室で詳しく説明がありました。
なんと、卵巣の中に血が溜まってしまっているとのことでした。
排卵すると卵巣の皮が破れるため、誰でも多少の出血をします。つまり、ちょっとしたケガみたいになるわけです。そのときの出血がなかなか止まらず、傷口が塞がった後も卵巣の中で出血が続いてしまっていると、その血が卵巣内に溜まってしまうのだそうです。そのため、卵巣が腫れたようになって痛くなるらしい。

先生が説明しながら描いてくれた絵がとても分かりやすかったので再現してみたんだけど、なんかなんのこっちゃな絵になってしまいました(笑)しかも、どうやっても画像が横向きになってしまう。。。

一応、載せておきます。顔を右に90°傾けて見てくださいね(笑)上から、順にこの通りです。
※クリックで拡大します。


卵巣に血の図

1)排卵前
 ↓
2)排卵
卵が卵巣の外に飛び出し、卵胞だったものは黄体に変わります(絵の中で黄色く塗っているところ)。そして、卵が飛び出して破けたところから出血します。
 ↓
3)排卵後
だんだん傷が塞がり、卵巣は元通りに。普通だと出血がすぐ止まるんだけど、止まらないとそのまま卵のあった空洞部分に血が溜まってしまう。


先生によると、排卵のたびに毎回こうなっているわけではなく、今回はたまたま卵巣の中に血が溜まってしまうような排卵の仕方をしてしまっただけでしょう、とのことでした。
放っておいていいのか聞いてみたところ、体質的なものでもあるからとりあえずは放っておいて様子を見ておくので良いと思いますよ、だそうです。溜まった血は、そのうち体内に吸収されるらしい。てことは、痛いのはがまんしなきゃいけないのかー。
ただ、ひどくなると卵巣が大きく腫れ上がってしまうこともあるので、そのときにはちゃんとした対処をしましょう、とのことでした。

しかし、最後に先生からダメ押しの一言。

「でもね、時期関係なく痛みがあるなら、原因はこれだけじゃないかもね。ま、経過を見ながら今後も注意していきましょう」

たしかに。排卵前の時期にも痛いことあるし。生理中でも同じように痛いことあるし。なんなんでしょう。

まぁひとまず、原因と思われることがひとつ見つかってちょっとスッキリしました。
人の身体って複雑です。



Comment:0  Trackback:0
2013
06.06

パパとママは大変

Category: 雑記
例のツバメの巣。

今日仕事から帰ってくると、



つばめだんらん


家族だんらんしてました。
ほほえましいー(^^)

お父さんとお母さんは、このままの体勢で寝るんでしょうね。パパとママって大変!
元気に大きくなぁれ〜。


Comment:2  Trackback:0
2013
06.05

排卵日の義務感

Category: 不妊あるある
昨日の病院での卵胞チェックで、今夜(つまり、今からすると昨夜)が絶好のタイミング!ということが判明し、いそいそと夫の帰りを待っていたわけですが。

帰宅した夫、疲れております。

たしかに、先々週の弾丸・往復20時間ドライブ(義弟の結婚式)のあと、土日も仕事が休めず現在9連勤目。しかもそのうち2日は泊まり込みで2時間程度の仮眠しかとれていないとか。
そしてさらに、帰宅するなり夫から「明日、5時半に職場行かなきゃいけなくなった。」との発言。しかもさらに今週末も仕事が入ったらしく。


こ・・これは・・休ませてあげたい・・・・。


夫の仕事はちょっと特殊な専門職で、自分で仕事のスケジュールをコントロールすることができません。休日だろうが夜だろうが、呼ばれたら呼ばれた場所まで行かなければいけません。なので、休めるときには休ませてあげたい。

でも、今日しないとチャンスが1ヶ月遠のいてしまう。しかも次の排卵日周辺には夫の長期出張が重なってしまいそうで、そうすると、今日を逃すと次のチャンスは2ヶ月先になってしまう。
卵子の寿命は24時間だと言います。そして、精子は射精後6時間以降でないと受精能力がないとも聞きます。そう考えると、ますます今日しかチャンスはない。


葛藤です。


とりあえず、今日がタイミングであることを伝えてみると、「わかった、じゃあ早めにご飯とお風呂済ませて仲良ししよっか。」と。
いつも私が薬飲んだり病院に通ったりしている姿を見てちゃんと話を聞いてくれる夫。こういうときは拒否せず受け入れてくれます。とても協力的な夫です。
でも、だからこそなんだか申し訳ない気持ちになってしまう。疲れてるのに。


そんなこんなで夜は更け、ベッドに入ったのですが。やっぱり夫、疲れていて眠たそう。HCG注射までしたのに、つい「眠い?今日はやめとこうか?」なんて言ってしまいました。そこから、夫と

「じゃあ今日は寝ようかな。」
「それなら今月は諦めなきゃだね。。」
「何でそんな言い方するん?じゃあやっぱりする。」
「そんなムリヤリするならいい。したくない。」

みたいなやり取りが始まってしまい。。なんだかもう全然そんな雰囲気ではなくなってしまいました。


子供がほしいな~と思い始めて3年経ちますが、タイミングを取って仲良しする義務感にどうしても馴染めません。行為が作業のように感じられてしまって、セックスってそういうもんじゃないだろうって思ってしまう自分がいます。この人と仲良くしたいな、触れ合いたいな、って思って、したい。「もうすぐ排卵するから、○時間以内にしないと!」みたいに計算してから臨むのはなんだか本意ではない。
一方では、「夢みたいな甘いこと言ってるんじゃないよ。あんた、治療してるんだよ?わかってる?」という冷静な自分の声も聞こえてきます。が、気持ちがついていかない。
なんだかんだ言って、してるときには楽しいとか気持ちいいとかあーこの人のこと好きだなーとか思ってるんですけどね。でも、する前とかした後に、頭で余計なことを考えてしまいます。

だから、「○日あたりがチャンスだからしようね。」っていう、子供を望んでいる夫婦が普通にしているであろう会話を、今までなかなかすることができませんでした。で、当日の夜になって、「今日・・したいんだけど~。。」と、モジモジ切り出すっていう。夫にしてみたら迷惑な話です。前々から分かってたら、ある程度気持ちや体力の準備もできるのに。


こういう気持ち、男の人の方が陥りがちだってよく聞きますが、わが家は逆のようです。夫に私の考えていることを言うと、「りこは頭で考えすぎ。そういうこと考えちゃうから余計に嫌になるんだよ。」と、バッサリ言われます。

でもね、やっぱり夫と愛し合って自然な流れの中で授かるのがいいなぁ~なんて思ってしまうんです。実は私、ロマンチストなのかもしれない。自然に授かれないから治療をしてるのにね。ロマンチストっていうか、単にお子ちゃま?


結局昨日は、夫が「やっぱりしよう。」と言ってくれ、仲良くして寝ました。まぁ、ごちゃごちゃ言い合いしているうちに、さらに睡眠時間が削られるのが嫌だったのかも(苦笑)

さて、結果はどうなるでしょうか。分かるのは月末頃。また悶々とした日々の始まりです。

今日はなんだか直接的な表現というか、恥じらいのない文章になっちゃいました。気分を害した方がいたらごめんなさい。でも、共感してくれる人もいる・・かな?

今月ダメだったら、来月からは早めに排卵日宣言しようと思います(^^;)


Comment:2  Trackback:0
2013
06.04

想定外の卵胞さんとお尻をペロリ

Category: 不妊治療
今日は病院に行ってきました。Day12の卵胞チェックです。

***
この「Day○○」とか「卵胞チェック」とか、以前から目にしたことがあってなんとなく理解していた言葉でしたが、自分が治療を始めてからやっと「あぁ、こういう意味だったのね」って身をもって理解することができた気がします(^_^;)
***

前回は5日間飲んだクロミッドが効きすぎていたので、今回はクロミッドを飲むのを3日間にしたのでした。

さてさてその結果、卵胞さんは・・・・・・
育ってました。またしても先生の想定以上に。(笑)排卵日はまだ2〜3日先だろうと思っていたのですが、すでに26.9ミリ。他にも、20ミリ近い卵胞がいくつかありました。尿検査をすると、たぶん10時間以内に排卵するでしょうとのこと。はや!!言われてみれば、今朝、基礎体温がガクンと下がってました。

排卵を確実にするために、HCGという注射を初体験。なんとお尻に!!
病院のベッドの上で、お尻を半分ペロンと出した状態で注射を待つ私。間抜けです。すこぶる間抜けな映像です。恥ずかしい。恥ずかしいわー。

そしてプスっと針を刺した後に看護師さんが一言。「お尻の注射は痛いですからね〜。我慢してくださいね〜。」
うん・・痛いですね・・・(涙)

そして注射が終わりスカートをあげていると、「5分間くらいは刺したところをよくモミモミしておいてくださいね。じゃあ、今日はこれで終わりです。」と。
そのままお会計を待つことに。右尻をモミモミしながらお会計を待つ私。間抜けだわ。すこぶる間抜けだわー。


ということで、帰ってまいりました。
最近仕事が忙しくて疲れが溜まりに溜まっている夫。今夜仲良ししてくれるかしら。。。
迫れる色気を持ち合わせていたらいいのですが、現実はそう甘くはないので、帰ってきたらすぐにご飯を食べてお風呂に入れるように、準備をしておこうと思います。

どうなることやら・・・ドキドキ。


Comment:0  Trackback:0
2013
06.03

なんというグラマラス

Category: うさぎさん
前回の記事にみなさんからたくさんの拍手を頂いて、とても励まされました。普段からもたくさんの方にここを訪問していただいているようで、本当にありがとうございます。

お花見の日は、自宅に帰ってから結局だいぶ泣いてしまったのだけど、それでもきれいな桜とお団子に、一時的にでも悲しさが昇華されて気持ちを保つことができました。

あの日から、治療についてより具体的に色々と考えるようになりました。漠然と「なかなか授からなくて辛いなぁ~。いつかできるかなぁ~。」と考えていたのが、悩むポイントが明確になってきた感じ。
でもまだ抗精子抗体検査と、夫の精液検査が残っています。この2つの検査結果が出ないと、今後どう治療していくべきなのかがはっきりしません。本当に具体的に悩むのはそれから。それまではいくら考えたって悩み損、神経すり減らし損ってもんです。
とは言っても考えちゃうんですけどね~。。(苦笑)

抗精子抗体検査に引っかかった場合、私の身体が精子を拒絶してしまうということだから、タイミング法や人工授精は効果がない。夫の精液検査で問題が出た場合も、精子の受精能力に難がある可能性が高いので、体外受精でないと難しい。前回の先生の説明は、こんな感じでした。

こわいなぁ。次の検査。抗精子抗体は前から気になっていたんです。私、とにかくアレルギー体質だから、もしかしたら精子にもアレルギーがあるんじゃないかって。もし抗体持ってたら、やだなぁ・・・。

ほら、考えちゃってます(笑)


ダメダメ、前回の記事からの流れで切なくなってしまったので、今日はわが家のうさぎさんに和ませてもらうことにします。


うちの子、




巨乳


巨乳です。わぉ。



女の子のうさぎさんは、アゴの下の毛がこんな風にモッフモフになっていることが多いんです。「肉垂」って言うらしい。(もっと可愛い名前つけてくれたらいいのに。笑)子供を産むときに、ここの毛をむしって巣を作ったりします。すごいよね、ストイック・・・。
考えてみたら、ディズニーのアニメに出てくるまつ毛パッチリでウッフンって感じのうさぎさんも、こんな風になってますよね。

でも、巨乳っていうより筋肉ムキムキに見えて、たまに逞しいです。女の子なのにね(笑)


巨乳ついでに。


短足



わりと短足です(笑)



Comment:0  Trackback:0
2013
06.02

診察室で泣いた日、お花見だんご。

Category: 検査
さて、少し間が空いてしまいましたが、治療開始時に受けた検査の続きです。何日か前から書こう書こうとしていたのに、この記事を書くのにだいぶ時間がかかってしまいました。

恐怖の卵管造影検査も終わり、その時に同時に受けた潜在性高プロラクチン血症検査(血液検査)の結果を聞きに行くことに。

その日は3月最後のよく晴れた土曜日で、病院が終わったらお弁当を持ってお花見に行こう♪と、夫と約束していました。すると、夫が「俺も一緒に病院に行く。」と。どうやら、前回の卵管造影検査の日に迷子になって病院まで行けなかったのが相当くやしかった様子。(笑)ということで、夫婦連れだって病院へ向かいました。

でもね、私の行っている病院は、診察室に入ったらまず内診なんです。
この日も、2人で一緒に診察室に入ったらすぐに「じゃ、下着をとって内診台へどうぞ」と。居場所がなくなった夫、すごすごと外の中待合室へ。結局せっかく来てくれたのに、夫はその後ずっと待合室で待機していました。後から聞いたら「もう一回入っていくタイミングが分からなかった。」とのこと。看護師さんに呼んでもらえば良かったね(^^;)


さて、内診が終わり、ふたたび診察室へ。するとそこで先生がこんな前置きを。

「りこさん、これまでいくつか検査が終わって色々なことがわかってきました。ちょっと今日はたくさん話をしますよ。いいですか?」

ん?何だろう、この覚悟しとけよ的な雰囲気。でも、抗核抗体値が高いことも、左卵管が詰まっていることも、前回までに分かってるし。薬も飲んでるし。私、すでにある程度自分の状況を自覚して受け入れてますよ。「はい、大丈夫です。」
そして、先生の説明が始まります。

まずは、前回受けた潜在性高プロラクチン血症検査の結果から。

☆負荷前・・・160.61(正常値:6.12〜30.54)
☆負荷後・・・248.47以上(測定可能範囲外)

潜在性どころか、単純に「高プロラクチン血症」でした。つまり、睡眠時とかストレス時とかに関係なく、常にプロラクチン値が高い状態でした。(つか、値たかっ。)プロラクチン値が高いと、排卵障害を起こす原因になるそうです。この日から毎晩寝る前に、テルグリドという薬を0.5錠ずつ飲むことになりました。

*--------------------
ちょっと気になったこととして、高プロラクチン血症の原因の一つに、脳下垂体の腫瘍があるということ。(確率はごく稀。)現れる症状としては、頭痛、吐き気、めまい、視野狭窄。
実はこれ、少し心あたりがあります。1年くらい前から、原因不明のめまい(視界がフワフワする感じ)に悩まされていて、一時期神経内科や脳外科にかかったことがあるんです。
でも、その時に撮った脳のMRIでは特に問題なしと言われました。それが約半年前。ということで、とりあえず大丈夫だろうとあまり考えないことにしています。
けど怖いから、視野狭窄っぽい症状がもしも出てきたら、脳神経外科に行ってみようかな。。と、ビビリな私。
--------------------*

そしてここからが先生の本題。

「りこさん、これまでの検査で、左卵管閉塞、抗核抗体値が高い、さらに高プロラクチン血症であることが分かりました。この結果を見てみるとね、あなたの場合、自然に自力で妊娠できる可能性は限りなくゼロに近い。つまり。人工授精、体外受精を視野に入れる必要があるということです。」



分かってたんです。
きっと、自力で自然に妊娠するのは無理なのかなぁと思って受診したんですから。
分かっていたままの結果を告げられたまでです。

でもね。ショックでした。
先生から改めて「自然妊娠する確率は限りなくゼロに近い。」と言われた、そのことがとってもショックでした。

そして、自分でも予期しなかったことに、その場でポロポロと涙をこぼしてしまいました。頑張ってこらえたけど止ることができず、油断したら嗚咽が漏れてしまいそうなくらいに涙を流してしまいました。

嫌いなんです、私。人前で泣くの。どんなに感動的な映画やドラマを見ても、人前じゃ泣かないタイプです。親の前でもめったに泣きません。今までのどの卒業式でも泣きませんでした。なぜだか唯一、夫の前でだけは素直に泣けます。
そんな私が、先生の前であんなにも泣いてしまいました。それくらいショックでした。


今となっては何がショックだったのかよく分かりません。
「妊娠できない」という事実よりも、「妊娠できない=女性失格」ってこと?人間としてまともに機能できないってこと?子孫を残すっていう超基本的なことができないって、人間失格?生き物失格?
みたいな考えに一瞬にしてとらわれてしまっていたのかもしれません。


でも泣いてばっかりじゃダメ。ちゃんと話を聞かないと。先生は私が泣きやむのを待ってくれています。あとにもたくさん患者さんが待ってるのに。
(というか、この時こそ夫に一緒に聞いていてほしかった。。このとき夫は、待合室でボケーーーっとしていたそうです。笑)

先生は、私に今後の治療方法の選択肢について話をしてくれました。タイミング療法、人工授精、体外受精の3つ。後者に行くにつれて、かかる費用も負担も大きくなります。

☆タイミング療法は、服薬しながら定期的に病院に通い、排卵時期を確認しながら夫婦でタイミングを取る方法。費用は通院と薬代くらいなので月に1~2万円程度。身体的負担も薬の副作用くらいでそう大きくはありません。

☆人工授精は、夫の精子を私の膣内に人工的に注入する方法。成功率は10~20%で、費用は1回あたり2~3万円程度。こちらも、身体的な負担はそれほど大きくなさそう。ただ、夫に精液をとってもらう負担が増えてしまいますね。

☆体外受精は、それぞれ採取した卵子と精子を人工的に対外で受精させた後、受精卵(胚)を子宮の中に戻す方法。成功率は20~30%で、費用は1回あたり50~60万円。夫が精液をとらなければいけない負担に加え、私にも採卵という負担がかかります。これがかなり痛いらしい。。

先生が言うには、自然妊娠の可能性がゼロと決まったわけじゃないし、まだ20代だからしばらくはタイミング療法でも良いかもしれない。でも、あと残っている検査(夫の精液検査、私の抗精子抗体検査)に引っかかってしまったら、いきなり体外受精にスキップしなければいけない。とのことでした。


そのあと、不妊カウンセラーの方から精液検査の検査方法の説明を受けて、その日はとりあえず終了。待合室で待つ夫のもとへ。夫の顔を見ると、おさまっていた涙がまたあふれてきてしまいました。これからこの人に、「自然に妊娠するのは難しいかもしれない」ということを話さなきゃいけないなんて。
しかもその日は土曜日。待合室には、妊婦検診に来たと思われる幸せそうな夫婦やカップルが何組もいました。もう、夫に申し訳ないという気持ちを押さえることができませんでした。

お会計を終えて車に戻ると、夫はゆっくり話を聞いてくれました。話し終わって、最後に夫に「ごめんね。」と言った後、もう何も言えなくなってただ泣いていました。悲しかったし、悔しかったし、辛かったし、本当に申し訳なかった。

「家に帰ろう。お花見は今度行こう。」
夫はそう言って車を出してくれたのですが、このまま家に帰たらその日一日泣いて過ごしてしまいそうで、家の中に悲しさが染みついてしまいそうで、嫌でした。家が辛い場所になってしまいそうで、この悲しさを直接的に家の中に持ち込みたくありませんでした。
どうしてもお花見をしたいと言い張り、コンビニでお弁当とお菓子を買って、桜がきれいな近くの総合公園へ。

きっと、夫は無理矢理つきあってくれたと思います。そんな状態の私と一緒にお花見したくなかっただろうし、夫だって、今日告げられた事実にショックを受けていただろうし。


公園は、満開の桜が咲き乱れていて、さっきまでのショックが嘘みたいにのどかで幸せな空間でした。並んで芝生に座って、コンビニの助六寿司とみたらし団子を食べて、気付いたら二人で笑いながら楽しくおしゃべりをしていました。

来てよかった。あのまま、泣いたまま家に帰らなくてよかった。

満開の桜と青々とした芝生を見ながら一緒にお団子を食べてくれる人がいる。それだけで私は幸せだなぁとしみじみ思いました。きっと、今年のお花見のことはずっと忘れないと思います。

お花見だんご


夜中に書いているので(夫は仕事で泊まり)、なんだか感傷的になってきちゃいました。
今日はそろそろ寝ます。おやすみなさい。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top