2013
07.24

ベランダで洗濯グッズの収納

暑いですね~。西日本は相変わらずのカンカン照りです。
でもこんなに暑いのに、今朝の基礎体温は36.9℃台から36.48℃にまで下がっていました。うー、生理が来てしまいそうな予感です。。。
いやいや、考えない。余計なことは考えない。考えないために、今日は何か違う話を。


そう。
こんな毎日だと、洗濯物がおもしろいように乾いてくれるので、楽しくなってきます。
(でも夏の日差しってあまりにも強すぎるから、出勤前に干して日が暮れた後に取り込む生活を送る我が家の洋服たちにとっては、生地の傷みが気になりますけどね。。)

洗濯といえば、私を長年悩ませてきた問題がありました。洗濯小物の収納です。

たとえば、ハンガー、洗濯ばさみ、洗濯ばさみハンガー(正式な商品名はなんて言うんだろう?靴下などをはさんで干すヤツです。)などなど。
全部まとめてカゴや箱に入れるとお互いに引っかかって取り出しづらくなるし、かといってずっと物干し竿にかけっぱなしというのも、汚れや見た目の問題からなんとなくイヤだし。

***
実は、大学時代に一人暮らしをしていた頃は、ハンガーも洗濯ばさみも、物干し竿にかけっぱなし・つけっぱなしでした。特技=ズボラでしたから。。ある日、部屋に遊びに来た実家の母から「みっともない!ちゃんとしなさい!」って怒られたものです(笑)
当時は「え~めんどいよ~」って思ってましたが、今となっては「怒ってくれてありがとう、お母さん。」って感じです。
***

さらに私は洗濯物をかごごとベランダまで持ってきて、その場でハンガーなどに掛けながら竿に干していくので、なんとかベランダでうまく収納したい。でも、ベランダ用の収納倉庫を置けるほど、我が家のベランダは広くありません。

それから、ベランダ用のスリッパ。ずっとベランダに置いていると、ホコリや日焼けで汚くなってきちゃうのも、何とかならないかなぁと思っていました。


そんなことを考えながら暮らしていたある日、我が家は引っ越しをすることに。ちょうど半年ほど前のことです。
洗面所でタオル収納に使っていたカラーボックスが不要になり粗大ゴミに出そうかと思ったのですが、なんかもったいない。まだ使えそう。

そしてその時、ふとひらめいて作ってみたのがコレです。↓
(クリックで拡大します。洗濯物が写っているのが少し恥ずかしいですが。。)

ものほし


名付けて、「洗濯小物収納棚」。(あぁ・・・ネーミングセンスゼロですね。笑)
洗濯物干しに使う洗濯グッズを、全部まとめて収納して、ベランダに置いてみました。


1段目は、100均の突っ張り棒を引っかけて、ハンガーかけに。横のブリキの入れ物も100均で、中には洗濯ばさみを収納しています。

2段目は、布団ばさみや洗濯ばさみハンガー(?)など、かさばるものを。

3段目は、ベランダ用のスリッパ置き場です。


壁沿いに置けば多少の風では倒れることはないし、汚れや日差しもある程度防いでくれます。引っ越し以来ずっとベランダに置いていますが、物干し作業がとても快適になりました。汚れも思ったほどつかないですし、棚の構造そのものがシンプルなので、拭き掃除もラクチンです。そんなに頻繁に拭き掃除していないですが。。。


ズボラな私が家事をこなしていくコツは、作業をできるだけシンプルにすること。やる気を面倒くささが上回ったら、その瞬間からやらなくなってしまいますから。家事の極意は「いかにラクに済ませるか」だと思っています(^^)


ちなみに、この棚にかかったコスト。

☆カラーボックス 0円(元は、ホームセンターで900円くらいで購入)
☆突っ張り棒 105円
☆ブリキ缶 105円

total 210円(約1,100円)


スポンサーサイト
Comment:6  Trackback:0
back-to-top