2013
09.24

AIHのススメ、累積妊娠率

Category: 不妊治療
土曜日、結局あのまま午後には生理が始まり、本日Day4となりました。
ということで、連休中日の日曜日に病院に行ってきました。土曜日は病院がお休みで電話予約できなかったために予約優先ということで、2時間待ちました。一応朝一番で電話したんだけど、当日予約はできないと言われ(涙)な、長かった。。。(T_T)
でも、都会の病院や超人気クリニックに行っている人たちはこんなの毎回のことなのかもしれないですね。田舎暮らしで良かったと思える瞬間です(苦笑)

ついこの前の記事で「1年間はタイミング法のまま続けたい」と書いたところですが、今回先生から人工授精(AIH)へのステップアップを勧められました。タイムリーな話題すぎてちょっとびっくり。

先生の説明は、こうでした。

前周期までで、私は合計5回タイミング療法を続けたことになります。今週期は6回目。
そこで出てくるのが「累積妊娠率」という考え方。1回目で妊娠した人の率、2回目までに妊娠した人の率(1回目で妊娠した人+2回目に妊娠した人の率)、3回目までに妊娠した人の率(1回目で+2回目で+3回目で妊娠した人の率)・・・・というようにグラフを取っていくと、そのグラフはだいたい5回目を境に上昇が頭打ちになるそうです。

つまり、こんな感じ。縦軸が妊娠率で、横軸がタイミング療法の回数です。(ご覧の環境によってはズレてしまうかも・・)

     ________
    /
   /
  /
 /

0 1 2 3 4 5 6 7 8 ・・・・(回目)


これで何が分かるかというと、つまり「タイミング療法で5回目までに結果が出ない人は、その後いくら回数を重ねても妊娠できる可能性はあまりない」ということ。

ということで私の通っている病院では、タイミング5回目をいったんの目安としてAIHへのステップアップを勧めているそうです。ただ、夫婦の希望や事情などもあるだろうから、最終的な判断はご本人たちに委ねますとのこと。今後の方針についてご主人とよく相談し、次の診察の時に希望を聞かせてくださいとのことでした。

ということで帰って話し合いました。
といっても、夫も私もできるだけ自然体でいたいというところで思いが一致し、とりあえずあと半年くらいはタイミング療法を続けてみよう、ということで話はすんなり決まりました。

AIHを否定してるわけでも楽天的に考えすぎているわけでもなく、とにかく「妊娠したい」「妊娠成立させるために○○しなきゃ!○○に気をつけなきゃ!」という精神状態になるのが、結果的に一番妊娠を遠ざけてしまうことになるのでは・・と思ってのことです。

もちろん、科学的エビデンスに基づいてAIHを勧められたわけですから、科学的には今ステップアップを選択することが一番合理的なのだと思います。でも、こと私に関してはネガティブになりがち、一つのことを思いこみがちなので、夫がこの決断にすんなり合意してくれたのは、そういう私の思考パターンを考えてくれてのことでもあったと思います。

正直、累積妊娠率の話はちょっとショックだったし(お恥ずかしながら今まで知らなかったので。。)、夫に対して申し訳ない、私のせいで・・・という思いがまたムクムクと起き上がってきたのですが、「子供は欲しいけど、子供を作るために結婚したわけじゃないから焦らなくていいよ。」と言ってくれ、心が軽くなりました。

ということで、次の桜が咲く頃まではタイミング療法のままのんびりと続けていきたいと思います。
結婚した当初は「20代のうちに子供を一人は産みたいな~」と思っていたけれど、そんな私もついに来月で30になります。夢やぶれたり~(^_^;)

次の夢は、「アラサーのうちに母になりたい。」にしようかな!




スポンサーサイト
Comment:4  Trackback:0
back-to-top