2013
11.13

子供が欲しいのか、赤ちゃんが欲しいのか。

Category: 不妊あるある
生きていたら○歳になるはずの子が小学校に就学していないので調べてみたら、実は生後まもなく親に殺害されていた。

最近、こんなニュースを耳にすることがあります。

こういう事件を聞いて思うのは、「じゃあ何で産んだの?」ということ。
そんなにすぐ殺すくらいなら産まなきゃいいのに。うっかり妊娠しちゃって産んだら邪魔になったってこと?子供を何だと思ってるの?子供が子供を産んでどうするの?

そう思います。


でも。
本当にそうなんでしょうか。

もしかしたら彼ら(子供を殺害してしまった親)は、一生懸命育てていたのかもしれない。子供が欲しくて欲しくて産んだのかもしれない。でも、実際に子育てをしてみると思った以上に大変で、たとえば産後うつとか育児疲れで心がパンクしちゃって思わず起こしてしまった行動かもしれない。

命を奪うことを肯定しているわけでは決してありません。どんな理由があれ、我が子の命をないがしろにするなんてあっていいはずがありません。

でも思うんです。じゃあ私は、彼らを正面からバッサリ非難できるほどの人間なのか?って。


経験したことのない私が言うのは変だけど、育児って、きっと本当に大変です。「自分の時間はまったく持てない」「睡眠時間も削られる」「家事も手を抜かざるを得なくなる」なんて言葉ではよく聞くけど、実際に自分がそうなったら・・とリアルな想像をしてみると、これはもう本当に大変なことです。

もちろん辛いことばかりじゃなく、幸せや楽しみにもあふれていると思いますが、いいことばかりでもないわけで。

私の友人で「子供はもちろんかわいくて仕方ないけど、辛くてどうしようもなくなる時もある。思わず手をあげそうになったこともある。虐待のニュースを見ると、親の気持ちは分からなくもないって思っちゃう自分がいる。」と言っていた子がいました。彼女は二児の母です。彼女自身、とても尊敬できる女性ですし、立派にお子さんを育てています。
私は、その友達に対して非難するような感情を持つことはできませんでした。だって、親だって人間だから。子供が生まれた瞬間、完璧な人間になれるなんてわけないから。

(その友人はその時に「でも絶対に虐待なんかしないよ。」と言っていましたし、もうすぐ小学校に上がる年齢になって手が離れ始めた息子たちの育児を、今では余裕を持ちながら本当に楽しんでいるようです。)

私は今こんなに子供を望んで治療をしているけど、実際に子育てをしてみたら「子供を産む前はよかったな。あんなこともできたしこんな時間も取れた。今は我慢してばっかり。」なんてことを、一時たりとも思うことがないかと問われたら、自信がありません。

そんなことを考えていると、ときどき分からなくなります。

私は、新しい家族がほしいのか。それとも、ただ「赤ちゃん」がほしいだけなのか。

大きくなったお腹を夫と2人でさすりながら、小さくてかわいい赤ちゃんを抱っこしながら、喜ぶ両親や親戚の顔を眺めながら、幸せを噛み締める。
そういう甘い妄想に憧れているだけなんじゃないか。

もしそうだとしたら、実際に子供を産んでもまともに育児なんてできないんじゃないか。今でさえ体力に自信はないし、小さな事でイライラしてしまうこともある。そんな私が、こんな甘い考えで母親になんてなれるのか。

時々、そんなことを思います。
そして、だから私には子供ができないのかなぁなんてことも考えてしまいます。神様が、「貴方にはまだ早い」って言っているのかなぁなんて。


でも、女性が皆こんなに深く考えて母になるのかといったら、きっとそうではないと思います。私はたまたま不妊の体質だったためにこういうことを考える時間が与えられただけで、そうでもなかったらきっと何も深く考えずに妊娠して喜んで出産して、疲れながらも育児をやっていただろうと思います。


・・・何が言いたいのか分からなくなってきましたが。。(苦笑)

結局、無いモノねだりなんですよね。頭でっかちはいけないですね。
そして、育ててくれた両親に感謝しなければいけませんね。



スポンサーサイト
Comment:5  Trackback:0
back-to-top