2013
12.25

排卵検査薬でメリークリスマス

Category: 不妊治療
あっっっっ!

という間にクリスマスですね。本当に早い。師走とはよく言ったものです。

クリスマスディナーは、りこ家恒例の鶏の丸焼きでした。私が物心ついた頃からのクリスマス定番メニューです。

IMG00486.jpg

味付けはシンプルに塩こしょうとニンニクのみ。ちゃんとしたレシピを見ると、ローズマリーとかタイムを使ったりお腹の中に香味野菜をたくさん詰め込んだりするらしいけど、そういうのは一切なし。ずぼらを地でいくわが家の丸焼きチキンは、肉オンリーです。

ニンニクをたっぷり擦り込むので、翌日はお休みというのが絶対条件の丸焼き。かなりフライングでしたが、22日(日)にいただきました。この量を2人で平らげたという・・(^^;)

しばらくご馳走はいらないです。あ、でもすぐにお正月ですね。。


さて、今期は年末年始をはさむということで、治療は必然的にお休みになりました。
無理すれば通院できなくもなかったんだけど、先生から「かーなーり、混むよ?相当迷惑かけてしまうと思うよ?いい?」と言われ、お休みすることに。
私の通っている病院は産科もやっているので、やっぱりこういう時は妊婦さん優先になっちゃいますよね。しょうがない。まぁいいリフレッシュ期間です。

そこで、先生から勧められて、はじめて排卵検査薬というものを買ってみました。
排卵日が近くなったら、1日2回検査をして、陽性反応が出てから10〜36時間以内に仲良くしなさい、と。

ということで一昨日から使ってみているんですが、イマイチよく分からない。。
3日間ずーっと、うっすら陽性なんですよね(^_^;)排卵してるのかなぁ。。

まぁ、今期は年末年始のイベントで忙しくしているので、不妊のことはボチボチでいこうかな〜と思います。




スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
12.13

妬んだらアカン、何でワテだけって思ったらアカン。

Category: 不妊あるある

子供の頃から身体に染みついている「朝ドラを観る」習慣が、最近より強化されてきている私であります。
数年前の「カーネーション」以降、朝ドラは録画して観るようになりました。それなのに、出勤前に出かける準備をしながらもチラ観しているという。どんだけ好きなの・・(笑)
今回の「ごちそうさん」も第1回から欠かさず観ています。


(以下ネタバレになっちゃうので、今日の放送をまだ観ていない人は読まれないように。。)


今朝もバタバタと出かける準備をしつつながら観していたのですが、登場人物の和枝さん(主人公の小姑さん)に感情移入しすぎて涙が止まらなくなり、お化粧が完成しないまま出勤するという事態になってしまいました(苦笑)

若い頃から苦労続きで、嫁ぎ先でいびられ我が子を亡くし、傷心で出戻ってきた和枝さん。最近、またしても辛い出来事に見舞われて自殺未遂までしてしまいます。なんとか命が助かったその日に、嫁である主人公のメイ子の妊娠が発覚。

身重のメイ子のために料理や洗濯の世話を焼いてあげる和枝さん。過去の辛い記憶が何度も蘇り、幸せそうなメイ子に対して嫌な感情がわき上がってしまう。けど、「妬んだらアカン。何でワテだけって思ったらアカン。」そう自分に言い聞かせながら、お世話を続ける和枝さん。

でもついに、「アカンわ、アンタのことどうしても好きになんてなれん・・・。」と、メイ子に向かって口に出してしまう和枝さん。眼にいっぱい涙を溜めながら。


いやー、辛すぎでしょう。これ書きながら、またしても泣きそうになってきました。今まだ職場のお昼休み中なのに(笑)


なんでこんなに感情移入しちゃうかって、年末、実家で義弟夫婦と一緒に過ごさなければならないんです。義弟夫婦に会うのは、お嫁さんの妊娠報告を受けて以来はじめて。もう7ヶ月目に入っているので、きっと見た目にも妊婦さんだと分かるくらいになっていると思います。

一緒に過ごすのはたったの1泊2日だけだけど、幸せそうな弟夫婦や義実家のみんなと一緒に笑顔で過ごせるかどうか、不安でちょっと怖いんです。

なるようにしかならないしあんまり考えないようにしてるけど、やっぱり時々考えてしまって。うっかり泣いたりしてしまわないか。気付かないうちに眉間にシワが寄ってしまったりしないか。義弟夫婦に嫌な思いをさせてしまわないか。
そして、そんな義妹のことを妬んでしまわないか、嫌いになってしまわないか。自分が怖いんです。

そんなことを考えてしまう毎日だったので、和枝さんと自分の悩みがリンクしてしまって、思った以上に感情移入してしまいました。


細やかな気遣いができて、お料理もその他の家事も完璧にこなせる和枝さん。苦労続きで、家族のために辛いことをたくさん我慢してきた和枝さん。
こんなに頑張ってきたのになんで報われないのか。なんで自分よりも楽に生きている人ばかりが、自分の手に入れられない幸せをいとも簡単に手に入れていくのか。でもそんなマイナスの感情を抱いてしまう自分が嫌で。「アカンアカン。」って思うほど、ますます自己嫌悪してしまって。

人のことだと簡単に言える。「そんな思い詰めなくていいんだよ。しょうがないじゃん。前を向いて気楽に行こうよ。」って。でも、辛いよね。


職場の人とさっき朝ドラの話をしていたら、ある人が言っていた言葉が胸に響きました。

「妬んじゃダメって自分を責めてたら自分が壊れてしまう。わき上がる感情はどうしようもない。それが自分なんだから、妬んじゃう自分・嫌いになっちゃう自分を受け入れることが、今の和枝さんにとって大事なことだよね。」

だそうです。その方はサラっと言っていたけど、私にとっては本当にズシンときました、この言葉。
ありのままの自分を受け入れること。難しいですけどね。難しいって思うということは、変なプライドや意地があるということなのかな。

和枝さんの、
「妬んだらアカン。何でワテだけって思ったらアカン。」

聞いていて本当に辛かった。

嫌な自分を受け入れること。心がけてみようと思います。



Comment:4  Trackback:0
2013
12.11

不妊治療中のシミ対策

Category: 不妊あるある
実は私、以前から気になっていた話があります。

「妊娠や不妊治療の影響でシミができやすくなる」という話。

少なくとも妊娠に関しては医学的なエビデンスがあるようですが、そもそも妊娠や不妊治療に関わる世代はシミやシワが目立ち始める年代。そのためになんとなく関連づけて考えられるようになってしまった、ある種の都市伝説的なものかな?とも思います。
が、妊娠・出産を経験した友人からは、「妊娠中にシミが増えた」という話をよく聞くし、なら不妊治療でも多少はそういうことも起こりえるのかな?と思えてきたり。

いやー、こうやってデマや迷信って広まっていくんでしょうか(^^;)


まぁ、不妊治療が影響しているかどうかは置いておいて。ここ半年ほどで突然、顔にシミがたくさん現れ始めました。
肌にはできるだけ刺激を与えたくないのでコンシーラーで隠すようなことまではしていないのですが、ファンデを塗っているのに、夫から「シミ濃くなってきたね」と指摘される程度に目立ってきてしまいました。

20代後半からは目尻のしわやホウレイ線も気になり始めたし、そういう年齢だってことだと思うのですが、やっぱり傷ついてしまうのが乙女心というもの(笑)

先日ついに、久しぶりに会った友人から頬のシミを指摘され(なんでも言い合える友人なので、むしろありがたいです。)、本格的にシミ対策を始めようと思い立ちました。

そこで、何でも手っ取り早くやってしまいたい私は、まず皮膚科でのシミ治療について調べてみたのですが、そこで驚愕の事実が。
なんと、不妊治療をしている人は、美容皮膚科でのシミ治療ができない場合があるとのこと。ガーン。。。


ということで、ひとまず市販のシミ対策美容液を買ってみました。もちろん、妊娠中・不妊治療中でも使えることを確認して。ボーナス出たし。ちょっと贅沢です。

シミ、消えるかなぁ。。



Comment:0  Trackback:0
2013
12.02

千枚漬けを漬ける

Category: 手づくり
なんと。暦の上ではディセンバーです。じぇじぇじぇ~。(もう古いとか言わないで。)

やはり年末。なんだかあわただしい毎日です。

あわただしい中にも安らぎは欲しいもので。千枚漬けを作ってみました。
実家にいた頃は、京都に住む知人から毎年送っていただいていたお漬物。と~ってもおいしいんですよね。わが家の冬の風物詩でした。
だけど、自分で買うと高いんです。カブのスライスが5枚と昆布、壬生菜がちょこっとだけ入って1,000~1,500円とか。。(^^;)

ということで、自分で作ることに。

私の住む地域では聖護院カブは手に入らないので、スーパーで普通に売っているカブを買ってきました。
うまくできるか心配でしたが、塩漬けして一晩、さらに甘酢に漬けて一晩。ようやく昨日完成しました。

IMG00356.jpg

一晩ではまだちょっと漬かりが浅かったけど、思ったより美味しい~!
京都の老舗漬物やさんの味には到底及ばないですが、あまり美味しくできないだろうと覚悟していた分おいしく感じました(^^)

カブは1個100円の安物だけど、昆布はちょっと奮発して羅臼昆布(といっても大判5~6枚で1コイン以下)を使ってみたんです。それが良かったのかも!

夫はあんまり漬物には手をつけてくれないんですが、この冬の間に何度か作ってみたい味です。


Comment:2  Trackback:0
back-to-top