2014
01.31

遠く離れて暮らす、ということ

Category: 雑記
だいぶ長い間、更新がストップしてしまいました。

実は年明けまもなく、私の祖母が亡くなりました。
バタバタが通り過ぎた後もなんとなくこちらに来る気力がわかず、こんなに時間があいてしまいました。コメントやメッセージを下さっていた皆様、お返事もせずにごめんなさい。


夫を早くに亡くし、女手ひとつで6男1女を育て上げた祖母は、96歳の大往生でした。大卒が決して当たり前ではなかった時代に子供全員を県外の大学に出し卒業させた、すごい人でした。上の伯父達の支えや苦労もあったと思いますが、それでも並大抵の根性ではできないことだと思います。
大人になり、自分も家庭を持ってはじめて、祖母のすごさに気付いたものでした。


週末だったこともあって、祖母の通夜と葬儀には何十人もの親族が久しぶりに集い、とても賑やかなものとなりました。

祖母の訃報を受けて遠方から帰省したので、私が祖母に対面したのはお清めの儀式の直前でした。祖母の遺体を前に死を受け入れる間もなくお清めが始まり、清められる祖母を間近に見ながら私は静かに泣きました。
お清めの後お化粧をしてもらった祖母はとても綺麗で、私が小さい頃に見ていた祖母の年頃に若返ったように見えました。

幸せなことに、私はこれまで近しい血縁者を亡くした経験がなく(夫の親族の葬儀には出たことがありますが)、すべてが初めての経験でした。会えば必ずたくさんおしゃべりをしていた人が、もの言わず微動だにせずひたすら横たわっているのはなんだか嘘みたいで、よくいろんな人が死者を見て「寝ているように見える」とよく言うのはこういうことなのかと、妙に納得したものです。
ひと通りの儀式に立ちあうと、悲しみが深く自分の中に入り込んでくるとともに、心が死を受け入れていくものなのですね。

けれど、これがもっと近しい人・・たとえば夫や両親や兄弟だったら。とてもこんなにすんなり受け入れることはできないだろうと思います。

でもふと、親元を離れて暮らすということはそういうことなのだと実感しました。私と夫の実家は、それぞれ最短でも移動に半日ほどかかる距離にあります。
何かあってからしか逢えない。私達はそういう暮らしをしているのだと、今さら実感しました。分かってはいたつもりだったけど、あらためてそう気づきました。

夫の家も私の家も、兄弟は全員家を出ています。もし両親が介護状態になってしまったら誰が面倒を見るのか。身体の異変に気付いてあげられる機会もなく、ある日突然悲しい知らせが来てしまうのではないか。
今まで漠然と考えてきたことでしたが、そういうことをリアルに考えるべき年令になったのだと思います。

何かあってから、受け止めきれるのか。自信はありません。まったく。
でも、人生すべて思うようにすることはできないけれど、いざというときにせめて後悔の少ない人生でありたいものです。そう心がけて暮らしていこうと思いました。
だからといって、具体的に何をどうしようということはすぐに思いつかないのですが・・。


祖母が亡くなってから半月以上たちましたが、いい歳して、いまだに思い出すと涙が止まりません。

おばあちゃん、どうか安らかに。



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
01.07

明けまして尻ぬぐい

Category: 手づくり
遅ればせながら・・・明けましておめでとうございます。
2014年ですって。2000年でミレニアムとか騒いでいたのってついこないだじゃなかったでしたっけ?時が移ろうのは、なんともまぁ早いものです。

さて、年末年始は夫の実家に帰省していました。
夫実家はとにかくお客さんの集まる家なので、とても賑やかな数日間でした。

今回は高速を使って車で帰省したのですが、「せっかく荷物が積めるんだから」と、ちょっとした引っ越しか?と思えるくらいのお土産を持たされ、わが家では冷蔵庫が一番正月太りしたようです。
お餅に豆に数の子に漬物に野菜にお菓子にビールに・・・。もう一回、大家族でお正月ができそう(笑)こんなによくしてくれる家に嫁げて、ありがたいことです。


そして、年明けに帰宅して早々私がやったことというと・・

IMG00545.jpg


梅干し。

・・え?この時期に?

ですよね。私もそう思います。


実は昨年末の帰省当日。朝早めに出発したかったので、朝ご飯はささっと食べられるお茶漬けにしよう!と、梅茶漬けの準備をしていたのです。よそったご飯に叩いた梅を乗せ、だし汁をかけて、さぁあとは梅の瓶をしまって食べよう~と思ったその時。

なんと、梅を瓶ごとひっくり返してしまいました・・・(-_-;)

紫蘇梅・白梅をさらに梅漬・梅干と少しずつ色んな種類を作って小分けしていたので、被害にあったのは10数個でしたが、数なんて関係ない。大ショック。
紫蘇で色づけした梅漬けが全部ダメになってしまいました。

出発まで時間がなかったので、とりあえず家にあった焼酎で表面を洗い流し、もとの梅酢につけ込んで(といっても、梅酢も半分以上こぼれちゃったから半身浴状態。)自宅を後にしたのです。

帰ってきたら干そう。干せばきっと大丈夫。それまでどうかカビてませんように。年明け晴れますように。

そんなことを祈りながらの帰省でした。


そして帰宅翌日の1月4日。快晴!!
神様と私の日頃の行いに感謝しつつ、朝からいそいそと梅を並べてベランダに干したのでした。

夫が梅漬けより梅干しの方が好みと言っていたので、梅漬けにしていた白梅もついでに干してしまうことに。

IMG00546.jpg


20%近い塩で漬けていたためか幸いカビも来ず、どの梅も捨てずに済みそうです。落とした衝撃で破れてしまった梅はあるけど、それはまぁしょうがない。
(でもさすがに20%はしょっぱかったから、来年はもうちょっと塩分を減らす予定。)

梅農家さんによっては冬でも梅を干すところもあると聞いたことがあったのですが、やはり夏に比べるとかなり日差しが弱いので心配していました。けれど、感覚的にはしっかり干せたような感じです。夏に比べるとベランダの日照時間が長いのでじっくりじんわり干すことができ、お昼頃にはちゃんと梅がホワ~っと暖かくなっていました。

あの、干されて暖かくなった梅のほんわかふっくらした感じってたまらなく幸せですよね。おばあちゃんのほっぺたをナデナデしているみたいで、とっても気持ちいい。

※※
ただし、地面近くに置くとダメでした。はじめはベランダに敷いた敷物の上に梅を干していたのですが、うちのベランダはコンクリートなので、その冷たさがダイレクトに梅に伝わっていつまでも梅が冷たいまま。ベランダに置いている木製の棚の上に梅を移動させたら、すぐに暖かくなり始めました。


翌日も快晴の梅干し日和で、ひとまず2日間の梅干し作業が終了。
平日は仕事で干せませんが、今週末も晴れたら念のためにあと1~2日ほど干そうと思います。


年末の尻ぬぐいから始まった2014年ですが、皆様にとって・私たち夫婦にとってよき1年になりますように。



Comment:2  Trackback:0
back-to-top