2014
02.27

精子の無償提供を呼びかける

Category: 不妊治療
こんなニュースをやっていました。

ネット上で見ず知らずの人と精子提供の約束を交わし、妊娠・出産に至った例が複数ある。


記事を見ていただければ詳細は分かると思いますが、ネット上には精子の無償提供を呼びかけるサイトが数多く存在しており、そこで提供者と連絡を取って精子を受け取る女性が実際にいるそうです。彼女たちは、その精子を自身で体内に入れることで妊娠しようと試みているのだということでした。そして、実際に妊娠・出産に至ったケースも確認されている、と。

このニュースは、定時ニュースの後の「クローズアップ現代」でも採り上げられていました。

とにかく衝撃的なニュースですが、私が特に疑問を感じたのは2点。

1)見ず知らずの女性に精子を提供したいという男性の心理って?

精子を提供する男性は、学歴や身体的特徴(身長体重や既往歴など)以外は身分を隠し、匿名かつ無償で精子提供を呼びかけている人が多いとのことでした。(中には謝礼を受け取っている人もいるそうです。)
彼らのモチベーションの源として、「自分の遺伝子をこの世に残したい。」「妊娠したいと悩んでいる女性を助けてあげたい。」というものが挙げられていました。

私には、なんだかよく理解できません。
考え方は人それぞれだと思います。無駄に排出するだけの精液に利用価値を見いだそうとし、「人助けになるなら・・」「自分の生きた証を残せるなら・・」と考えるのかもしれません。命の源を無駄にするなんてもったいないと考えたのかもしれません。頭ではそう分かるけど、心が理解できません。


2)彼女たちにとって、子供の父親は誰でもいいのか?


私は妊娠を強く望んでいますが、それは「夫との子供」がほしいからです。
これも、人によって意見が大きく分かれるところだと思いますが、少なくとも今の私には「(私の卵子を用いない)代理出産」や「養子」という選択肢は考えられません。なぜなら、私が欲しいのは「子供」ではなくて、「愛する夫との子供」だからです。

実際に精子提供を受けた女性が番組でインタビューを受けていましたが、彼女たちは、「年齢的に出産のリミットが近づいてきて、とにかく自分の子供を産みたいと思った」と答えていました。
その気持ちは分かります。でも、自分の遺伝子を持った子供であれば、残り半分は誰の遺伝子を持っていても構わないのかというと、疑問を感じてしまいました。


精子提供をする男子にしても提供を受ける女性にしても、「自分の遺伝子を残したい。」という思いで行動している。それってただのエゴじゃないのか?と思ってしまいました。

でも、よくよく考えてみたら、遺伝子を残したいと思うのは生物の本能なわけで。「エゴで何が悪い。」とも言えるわけです。彼らの行動は、生物として当然の欲求から産まれたものかもしれないとも思うわけです。

でも、やっぱり私は生理的に拒否感を覚えてしまいます。


私がまだ、妊娠・出産に希望を持てる年齢だから、こう思えるのかもしれません。
私が40歳だったら、このニュースの捉え方もまた違ったのかもしれません。

やっぱり私はまだどこかで、「子供を産む」ということに必要以上に夢や希望を抱いてしまっているのかもしれません。子供に家族の絆の証みたいなものを求めているのかもしれません。
夢物語ではなく現実問題として妊娠・出産を考えるようになったとき、私の価値観もまた変わるのかもしれません。


このニュースには他にも考えるべき問題があります。性感染症のリスクや、これに乗じた犯罪の発生です。

精子提供を呼びかけた男性が、性感染症にかかっていないとどう証明するのか。本人すら気付いていない場合だってあります。性病検査結果の提示を求めることもできるでしょうが、そもそも匿名や偽名で取引をしている場合には、その結果が信頼に足るものかという保証はどこにもありません。

また、精子提供は実際に会って行われます。
(あらかじめ決めておいた場所で待ち合わせ、女性が持参した容器を男性に渡す。数十分後にまた同じ場所で待ち合わせ、男性が容器に出したばかりの新鮮な精液を受け取るのだそうです。)
待ち合わせ場所に来るのが女性(しかも年齢もある程度想定できる範囲内の)だと分かっている以上、精子提供と見せかけてレイプや強盗をするなどの犯罪のチャンスとなる可能性も充分にあります。


それに、やっぱり無視してはならないのは、産まれてきた子供に及ぼす影響です。
自分が、ネット上で無償提供された精子から産まれてた子供だと知ったときの子供が感じる衝撃を思うと、やはりこれは倫理的に問題があるのではないかと思わざるを得ません。


なんだかまとまりのない記事になってしまいましたが、衝撃的なニュースだったので自分への備忘録まで。

*-------
ニュースを見た衝撃を引きずったままこの記事を書いてしまいました。
ここまでの内容で不愉快に感じられた方がいたらすみません。
多様な考え方・感じ方があると思います。他の方の価値観を否定するつもりはありません。
私個人の率直な感想と思って、見捨て置いていただければ幸いです。

-------*



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top