2014
05.09

漢方の正しい飲み方

Category: 不妊治療
漢方って、不味いですよね。
私は「柴苓湯」という漢方薬を毎日3回飲んでいますが、不味くて不味くて。
いつも、水でエイ!!っと流し込んで飲んでいます。

ところが。そんな私の飲み方は、どうも間違っていたようです。

先日ちらっと書いた、夫のアトピー治療。脱ステロイド2ヶ月目ですが、リバウンド症状は一向に治まらず、見ているだけで胸が痛くなるようなひどい状態が続いています。

あまりにも辛いので、漢方で症状の改善を図ることにしました。
知人に漢方に詳しいお医者様がいるので、その方に色々と薬を処方してもらったのですが、漢方薬の飲み方について指導を受けました。

漢方はできる限りお湯に溶かして、その香りとともに飲むこと。

だそうです。

聞いたことはある方法でしたが、正直、水や白湯で飲むのと大差ないだろうと思っていました。けれど、溶かして飲むかどうかで、効果の出方が格段に違うのだそうです。(人にもよるとは思いますが。)
特に胃腸の働きが活発でない人は、せっかく飲んでも顆粒がきちんと消化吸収されないうちに排泄されてしまったりするので、とてももったいないことになるのだとか。
夫は胃腸が弱いので、特にちゃんと溶かして飲むように指導を受けたようでした。

これを聞いて、夫婦でさっそく実践。
お湯の分量が多いと途中で飲むのに挫折してしまいそうなので、お湯呑に半分くらいのお湯で溶かしてみることにしました。

薬を入れて、お湯を注いで、かき混ぜて。溶けたら飲みやすいように氷を1~2個入れて。
さあ、グイっと。グイっと。

ま、不味い・・・・・。
やっぱり不味い。不味いものは不味い。

でも、この匂い。これはあんまり嫌いじゃありません。
私、パクチーとかの匂いも大好きなので匂いの相性が良いのかも。

できるだけ味が口の中に広がらないよう、食道の方に直接流しこむようにして飲み干します。
不味いけど、なんだか身体もポカポカするし効いてるような気がする。(あくまでも気がする。そんな即効性は無いはず。笑)


夫も同じ方法で飲んでいますが、彼は複数の漢方を同時に溶かして飲んでいるので(「合方」というらしい)、それはそれは不味そうな色の液体になっています。魔女がかき混ぜてる火鍋によく入ってるよね、そういうの。私はまだマシだな。。

ただ、溶かし方が難しく、なかなかきれいに溶けきってくれません。いつまでも顆粒がお湯の中で泳いでる感じ。柴苓湯は、特に溶けにくい気がします。
こりゃたしかに、体内に入っても消化吸収されにくいというのも頷けます。

ネットで調べると、いろんな混ぜ方のコツが出てきました。
ココアを作る要領で、最初は少量のお湯で溶いてから追加のお湯を入れると良いみたいです。
あと、金属製のもので混ぜると溶けにくいという情報もありました。本当かどうか分かりませんが、木のスプーンやお箸で溶かすようにしてみます。

それにしても、漢方ってなんで顆粒状なんでしょうね。粉薬にしたら、お湯にも溶けやすいし直接飲んでも吸収されやすいと思うのだけど。お湯で溶かすことを想定したお薬なら、顆粒という形状にはあまり意味があるようには思えないんですが、素人にはわからない理由が何かあるのでしょうか。

とにもかくにも、夫も私もこの飲み方で効果が出るといいなぁ~。



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top