2014
08.19

故郷に癒やされ、空に癒やされる。

Category: 雑記
5日間の夏休みが終わりました。

覚悟していたとおり、移動だらけでグッタリの休みになりましたが(笑)、家族や親族や友達・・・たくさんの大切な人たちに会えて、まさにリフレッシュ!できた5日間でした。

10人以上の赤ちゃんやちびっことも触れ合ったので、母性もたーくさんもらってきたんじゃないかと思います(苦笑)この歳になると、友達数人で集まっただけでもちょっとした保育園ができあがっちゃいますね(^_^;)


そういえば帰省の道中、こんな不思議な空を見ました。

薄明光線

夕暮れ時の西の空。
夕日の光が雲に遮られたのだと思いますが、まるで空が真っ二つにわかれているような不思議な感じに。

雲の隙間から太陽が光線になって差し込んでいるのはよく見かけますが、こんなふうに空全体が2色に分かれたようになっているのは初めて見ました。

実際に見ると、左側の明るい部分はもっと光があふれている感じでキラキラしていて、右側はひっそりヒンヤリと静かな空で。そして2つの空はもっときっぱりくっきりと明確な線引きがされていました。

ちゃんとしたカメラを持っていたら、もっといい写真が撮れたんだけどな~。スマホカメラで助手席から撮ったので、これが限界でした。

薄明光線という現象らしいです。

いつまでも見ていたい、いつでも見たいけど、予期しない時にほんの一瞬出会える、そんな儚さを持っているからこそ美しいのでしょうね。空って素敵です。



スポンサーサイト
Comment:4  Trackback:0
back-to-top