2015
01.07

今年は本厄。それよりショックなのは、数え年だともう33歳という事実。

Category: 不妊治療
不妊治療をはじめてまもなく丸2年になります。
前回も書きましたが、これ以上タイミング法で粘るのもさすがに限界かなぁと思い始めている今日このごろ。

昨年96歳で他界した私の祖母は、結婚10年目にようやく産まれたひとりっ子だったそうです。
祖母が産まれたのは大正時代ですから、当然不妊治療なんてなかった時代です。そんな時代であっても10年目に授かった例もあるのだと、奇跡は起こるのだと、祖母の例を寄す処にしている自分がどこかにいました。

でもやっぱり、奇跡は稀にしか起きないから奇跡なのであって、そんなものにいつまでもすがっていられる年齢でもなくなってきました。人工授精や体外受精をきちんと考えないといけないのかなぁと思い始めています。

こんなことを言うと気分を害する方がいるかもしれませんが、私は「不妊治療をしています。」と言っておきながら、まだ心のどこかに、人為的に妊娠を成立させることに対する抵抗感が残っているような気がしています。その抵抗感のラインが、人工授精。

子供がほしい。母になりたい。夫を父にしたい。家族を作りたい。
そのためには、不妊の原因に直接的にアプローチして、合理的な治療を受ければ良い、ということは頭ではよーくわかっています。欲しいならさっさとそうすべきだとも思っています。

でもまだ私の中のどこかに、

 そんなの親側のエゴじゃないか。
 授からないならそういう運命だと受け入れて、淘汰される側に回るべきなんじゃないか。
 それが自然の摂理じゃないか。

という考えが居座り続けているように感じます。とはいいながら、

 でも、やっぱり家族がほしい。夫との子供がほしい。
 そう思うこの私の気持だって自然と溢れ出てくるものなのだから、それに従ったっていいじゃないか。

と、頭でっかちのひとりよがりな応酬を繰り返しています。
けれど最近、「それでもやっぱり子供がほしい」という気持ちが強くなってきていると感じてもいて。31歳になり、リミットが現実的に見えてきたからかもしれません。

ま、つまるところ(いまいち詰まってないけど)やっぱり私は母になりたいのだと思います。

なんにせよ、もし先の治療に進むことになったら、大きな問題としてお金のことを考えておかないといけません。

人工授精ならまだしも、体外受精になれば1回あたり50~60万円。自治体の助成制度を使ったとしても、その他雑費を含めれば1回あたり手出しが50万円と思っておくのが良さそうです。

なので、以前からがんばって貯金をしてきました。
財形貯蓄や両実家のための貯金以外に、「自分たちの今のため」の貯金をコツコツがんばり、私にしては自分で自分を褒めてあげたい程度に蓄えができてきました。
…まぁ言っても、会社員時代の最高貯金額が30万円という私。あくまでも『私にしては』がんばったレベルですが(苦笑)


そんなこんなで昨年末。ようやく目標としていた金額のラインに近づいたと思った矢先。
とても不本意な形でその一部を失ってしまいました。体外受精1回分に相当する額でした。私にとってはとてもとても大きな額です。

なにより、その失い方があまりにも予期しないものだったので、失った金額以上にガックリしてしまって、現在ちょっと意欲喪失気味です。もうこれは、神様がやめておけと言っているんじゃないかなんてことまで考えてしまったり。31歳にもなって、この程度でいつまでもウジウジと、まだお金は残っているのに…器がちっちゃいなぁ自分。

でもこうしている間にもどんどんリミットは近づいてくるわけで。苦しい。

そんな折、帰省先でまだ0歳の姪っ子に癒やされて切なくなったり。
さらに、毎回かかさず観ている朝ドラで、主人公が不妊に直面するっていうなんとも重いテーマが展開されたり。(真剣に観たらまともな状態を保てないと思って、ながら観しかできませんでしたよ、まったく・・。)

苦しい。。。バタン。


仕事を辞めてゆったり過ごせば体調も妊娠に向かって整うのかもしれないけど、そうするとお金がなくなる。まったくジレンマです。

お金って、使うのはあんなに簡単なのに、貯めるのは本当に大変ですよね。
使い古され、聞き飽きたこの言葉。その重さが今ずっしりとのしかかってきています。
お金の不自由なく育ててくれた両親に、心から感謝しなければ、とあらためて思いました。


さてさて。新年2回目の投稿が、こんなにも取り留めがないものになってしまいました。
模索する31歳。

けどとりあえず、また貯金がんばる。あと睡眠時間もたくさんとる。
笑顔の多い1年が過ごせますように。

思えば今年、私は本厄だそうです。厄祓いで有名な神社に連れて行ってくれると夫が言うので、喜んで行ってこようと思います。きれいさっぱり厄落としできますように。

というか、今年の秋に32歳になる私は、数えだともう33歳なんですね。他のどんなことよりもその事実が、ここ最近で一番ショックな出来事だったかもしれません。

なむなむ。


スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
back-to-top