2015
02.27

不妊様

Category: 不妊あるある
久しぶりに、不妊治療らしい記事です。(苦笑)

ちょっと不快に思われる方がいるかもしれません。
寛容なお心でスルーしていただければ・・幸いです。

とはいえ、とりあえず折りたたんでみました。
続きからどうぞ。

続きを読む
スポンサーサイト
Comment:4  Trackback:0
2015
02.25

コーヒードリップが好き。飲めないけど。

ほぼ毎朝の日課。
コーヒーをドリップして淹れること。

私自身はもともとコーヒーを飲まない(というか体質的に飲めない)し、
実家でもコーヒーを飲む人間がいなかったので、
コーヒーの淹れ方を知らないまま大人になりました。

そうそう、あれはハタチくらいの頃。
なにかの景品でうちにやってきたドリッパーを見た父が
めずらしく「コーヒーが飲みたい。」と言い出し、
必要な物を買いにスーパーにおつかいに行った私は、
コーヒーフィルターとインスタントコーヒーの瓶のみを買ってきたのでした。
だってコーヒー淹れたことなんてなかったんだもん。
店員さん、突っ込むかどうか迷っただろうなー(苦笑)

それくらい、コーヒーに縁のない人生を送ってきた私です。

が、夫は毎朝コーヒーを飲みたい人間だということが結婚後に発覚。
そういえば付き合ってた頃も、夫の家にはコーヒーメーカーがあったような。
(淹れてあげたことがなかったダメ彼女。。笑)

で、コーヒーメーカーを使い始めたのですが、
狭いキッチンで場所はとるし手入れが大変だし、ちょっとなぁ。。
という具合で、ドリッパーを使って自分で淹れるようになりました。

やり始めると奥が深いもので、
お湯の温度、注ぎ方、ポットの注ぎ口の形状、豆の置き方、蒸らし方。
いろいろと大事な要素があり、それぞれにコツが要ります。

上手に淹れられるようになると、お湯を注いだ時に
コーヒー豆がプワ~っと膨らんで、とってもいい香りが部屋中に漂い、
朝からなんとも言えないリッチな気分になれます。
(飲めないけど香りは大好き。)

ドリップ

豆って膨らむんですよ。知ってました?私は知らなかったです。

お湯をいかに静かに細く注げるか、でも膨らみ具合が変わるので、
ポットも先が細くて注ぎやすい形のものを使っています。
以前の記事に書いた、ラッセルホブスのポット。
実用性だけでなくデザインも素敵で、相変わらずお気に入りです。


ドリッパーは、円錐タイプがお気に入り。


よくある底面が平らになっているタイプではなく、
円錐状になっていてコーヒーが1点から落ちていきます。
なぜだかは分からないけど、円錐タイプのほうが
うまく豆が膨らみやすく、香りも良く立つような気がします。

本当はこういう高級感のある陶器製のものがほしいんです。



あーかわいいなー。
陶器製だったら茶渋(?)も目立たなくていいんですけどね。
なぜだか私はドリッパーをよく落としてしまうのと、
使わない時はふきんかけにちょいっと引っ掛けたいので、
軽くて丈夫なプラ製を使っています。
割れちゃ元も子もない。


こんなかんじで、日々自己満足な朝を過ごしている私なのでした。
毎日慌ただしい朝ですが、コーヒーを淹れていると
なんだか丁寧に暮らしている素敵な人になったような錯覚を起こして
落ち着いた気分になれます。
はたで見ている夫はイライラしてるかもしれないけれど。。(^_^;

コーヒーを飲める人ってかっこよくて憧れるんですが、
体質的に受け付けないようで・・。
無理に飲むと、頭痛や吐き気がして気分が悪くなり、
車酔いしたような貧血のような二日酔いのような、最悪の状態になります。
たまに夫のを1口もらったりしますが、調子に乗ると後で後悔するハメになります。

なので、私が入れたコーヒーはもっぱら夫専用。
ま、自分で飲まないからおいしく淹れられているかどうかわからないんですけど。
飲んでみたところで正解もわからないし(笑)
文句が出ないので、マズくはないんでしょう。きっと。


コーヒーとシュークリーム

お気に入りの琉球焼のカップで(夫が)コーヒータイム。
フチがだいぶ欠けちゃってるけど、お気に入りで捨てられないカップです。

やちむんでコーヒーってなんか素敵。
見てるだけでちょっと幸せな気分になります。

いつか、体に変化が起きてコーヒーを飲めるようになったら、
お気に入りのカップで優雅にコーヒーを楽しみたいなー。

と思いつつ、今日も夫の横で紅茶をすする私です。


Comment:2  Trackback:0
2015
02.23

続々々・ふきん考~ふきんのお手入れ

年が明けてから、すっかりふきんのとりこになっているりこです。

以来、そのお手入れ方法が気になるようになりました。
いろんなブロガーさん達のやり方を見るにつけ、
今まで自分がいかに適当だったかを反省・・反省・・また反省・・・(笑)

告白しますと今までは、
食器ふきんも台拭きも水切りカゴ代わりのスポンジワイプも
使うたびに流水でざっと洗ってふきん掛けにかけるだけ。
で、たまーに、ほんとにたまーーーに、気が向いたら火にかけて煮沸。

わー適当ー。笑

ま、これが原因でお腹を壊したことはないから、いいっちゃいいんですけどね。
清潔さなんて追求し始めたらきりがないわけで、気分の問題かなとも思ってたりします。
あ、そこのキレイ好きさん、引かないで・・・(苦笑)

でも、気になり始めたらとことんやりたくなるのが私。
そして判明した新事実。ふきんは日光で干すものらしい。

なんと。

大変お恥ずかしい話ですが、
「ふきんを日光で干す」という発想がこれまでありませんでした。
そうか、殺菌消毒されるのか。濡れた時間が短いというのもいい。
母はどうしていただろうと考えてみましたが、思い出せず。。
お手伝いをあまりしない子だったんですよね。根っからのズボラですからね。。

さらにさらに。
「ふきん専用石鹸」なるものがあるらしい。なんと。
世の中は未知のモノゴトで満ちています。

ふきんを毎日石鹸で洗っておひさまの下に干す。
完璧じゃないですか。なんて素敵な、デキる主婦ライフ。

さっそくふきん用のミヨシ石鹸を調達してみました。
なんと100均に売ってました。ダイソーすごい。



・・・が、残念ながら毎日日光で干すというのは早々に断念。

だってキッチンからベランダまで遠いし(寝室を抜けなきゃいけない)。
だって朝は時間がないから夜にしか干せないし。
だって雨降っても仕事中は取り込めないし。
だってだってだってだって・・・・私、ズボラだし。(開き直り)

ということで、とりあえず毎晩ふきんを石鹸で洗って
台所のふきん掛けに干す、というのをルーティンにしてみました。
できることからちょっとずつ。

完全に自己満足ですが、「毎日ふきんをキレイにしている私」が
なんだか嬉しくて楽しくて、1ヶ月以上続いています。これからも続けていけそう。

100点満点じゃないですけどね。
いいんです。100点目指して途中で挫折して0点になるよりは、
継続的に70点くらいをずーっと続けられる方が。

で、1ヶ月ちょっと続けてみて気付いたこと。
ふきんは石けんよりも食器用洗剤(中性洗剤)で洗った方がいいかも。

なんか、しばらく使い続けるとふきんが水を吸いにくくなるんですよね。
ちょっとゴワついてくるというか。
調べてみると、石鹸カスによるふきんの目詰りが原因だそうです。
しつこく水を変えて完璧にすすげばいいのかもしれないけど、水道代もかかるし。
解消するには、「たまに中性洗剤で洗いましょう」と。

なら最初から中性洗剤で洗えばいいじゃないかー。
ということで、キッチンから石鹸を撤去。すっきりしました。


ちなみにわが家のキッチンは、窓なし・日当たりなし・通気なし。
そんなわが家、かつこれまでの私のやり方でも
ふきんがカビたりお腹を壊すようなことがなかったのは、
結婚当初から使っているふきん掛けのおかげかも、と思い至りました。



これを、空気がこもりにくい場所(今は冷蔵庫の側面)に設置して
ふきんを使ったら必ずここに掛けておくようにしています。
使ったあと折りたたんだままで置いてある台ふきは好きじゃないので、
ズボラな私も、そこだけは続けていたようです。自覚なかったけど。

ふきん以外にも、コーヒードリッパーや計量スプーンなど
ちょっとしたものを引っ掛けられるので重宝しています。

ふきんかけ

あぁ、茶渋できちゃないドリッパー(苦笑)
でも直接口に入るコーヒーが通るものなので、あんまり漂白したくないんですよね。。


白くてシンプルなデザインだし、通気性がよく乾きやすい。
吸盤もしっかりしていて、濡れたフキンを3枚かけても大丈夫。
買ってよかったキッチンツールのひとつです。

便利な道具があったり身の回りがスッキリしていると、
家事効率も、気分も上がります。

あー。あとは台所に日当たりの良い窓があればなーーー。
ないものねだり。



Comment:2  Trackback:0
2015
02.15

うさぎのω(オメガ)

Category: うさぎさん
ずいぶん以前、たぶんNHKのドキュメンタリーで
「小動物のオメガをこよなく愛するおじさん」の密着取材をやっていました。

ナンノコッチャという感じだけど、
オメガ=ω。
つまり、小動物の鼻と口が形作るωっぽい部分のことです。

わかります?
顔文字にもありますよね。こういうやつ→ (・ω・)

このωが愛しくて愛しくて、世界中のかわいいωを求めて
カメラを持って旅をし続けるおじさんの特集でした。

変な人もいるもんだわー。世の中広いわー。
って思ってたけど、最近ちょっと、そのおじさんの気持がわかる気がする。

うさぎのオメガ


うちの子のω(オメガ)。


きゅーーーーん♪♪(親バカ。。笑)



Comment:2  Trackback:0
2015
02.10

ベランダで洗濯グッズの収納~その後

さ・・・さ・・・寒いですね。
こちらは普段はあまり雪の降らない地方なのですが、
ここ数日はチラホラ雪が舞っています。

今でこそ多少は雪の降る地方に住んでいますが、
もとはといえば、ほぼ雪を知らない南国で生まれ育ったので、
この寒さは骨の髄までしみます。うぅ、寒い・・・。


さて、今日も懲りずに家事ブログです。
(あ、あいかわらず不妊ですけどね。進展がないから書くことないの。。涙)

2年前、この家に引っ越してきた時に作成した洗濯グッズ収納棚
作成と言っても、カラーボックスに100均の突っ張り棒をつけただけですが。

ものほし

干す作業をするベランダに必要なものをすべてまとめて置いておけて、
かつ、それぞれが絡まらずに(特にハンガー!)取り出せるこの棚。
それはそれは便利で、もう大活躍。無くてはならない存在です。
(ま、洗濯干しは夫がやってくれることが多いのですけれど ^^;)

が、そんな大活躍のこの棚。使用開始2年目にして寿命を迎えました。

わが家のベランダは南向き。
夏場は直射日光が降り注ぎ、冬場は寒風吹きすさぶ。
さすがに千円程度のカラーボックスは、
そんな劣悪な環境では2年が限界だったようです。

ボロボロすぎるので写真は控えますが(ほんとにボロボロなの 笑)、
塗装は剥がれ、日焼けで劣化し、拭いても取れない細かいホコリで黒ずみ。

それに実を言うと、長期に渡るハンガーやピンチの汚れは防げず、
こまめに洗濯グッズそのものを総洗いしなきゃいけないのが面倒くさくもあったのです。

ということで、2年間大活躍した棚は、このたびマイクを置くことになりました。
Thank you for your everything. さよならの向う側へ。
(いや、私の世代でもわかる人少ないハズ。。笑)

で、棚を撤去して数週間。洗濯グッズを室内に置いて過ごしていたのですが、
ベランダに棚を置くあの快適さに慣れきった私は
もう洗濯が面倒くさくてたまらない!

あーめんどくさい!棚を…棚をクレー!!

て感じで、まさに禁断症状。(大げさ 笑)
いや、それくらい快適だったの。ベランダの棚。

でもカラーボックスを置いたってまた2年後には同じことになるだけ。
とあれこれ悩んで、ついにここは金に物を言わせることにしました(笑)




以前からこういうものがあるのは知ってたんだけど、
良いデザイン・つくりの商品がなかったことと、意外と高価だということで
購入をためらっていました。

「洗濯物 ベランダ 収納 棚」とかで検索して出てくるのって、
1万円オーバーのものが多いんですよね。ちょっと高すぎー。

でも、これで快適さが買えるのなら・・・!
まぁ比較的安価(それでも正直高いけど)だし、デザインも機能も必要十分。
フタがあるので、ハンガーやピンチが風雨・日光にさらされることもない。
よしよし。

で、お買い上げー。チャリーン。
で、届いたのがこちら。

洗濯ボックス中

やっぱりハンガーは引っ掛けて収納したい私。
多少無理やりだけど、蓋が閉まるからヨシとしちゃってます。
写真じゃ見えないけど、中には仕切りもあって整理しやすい。

いい買い物したわー♪♪

側面には針金ハンガーでスリッパを。

洗濯ボックス横

見た目のダサさはスルー。華麗にスルー。

組み立て式なので、(組み立てた夫が)ちょっと面倒(そう)でしたが、
大活躍してくれそうな予感がします。

ま、よく見ればお値段なりの作りで、あちこちに隙間ができたりと
密閉性はけっこう低いのですが、用途を考えればこれで十分です。
(夫の名誉のために・・・作りが甘いのは組み立てが原因ではなく、もともとです。)

ただ、2年持ったカラーボックスの6倍の値段したんだから、
汚れがつかないというメリットを差し引いても、
10年選手のつもりで活躍してほしいところ。期待してます。


Comment:2  Trackback:0
2015
02.07

食器用のアクリルたわしは、かのこ編がいい

いまやすっかり「家事ブログ」と化したりこ帖です(笑)

少し前から、食器をアクリルたわしで洗うようになりました。
アクリルたわしは洗剤いらずなのが一番のメリットだと言われていますが、
私は洗剤をつけて洗っています。

生魚や肉を扱ったものは洗剤の助けを借りてしっかり洗いたいのと、
洗剤をつけていれば、アクリルたわしそのものを自動的に洗いやすいので。

なら普通のスポンジでいいじゃないかって話なんですが、
吊るしておくと乾きやすいし、茶渋などの落ちは格段に良いし、
100均の毛玉から何個も作れて経済的だし、編むのも楽しいし。

アクリルたわし最強説、ここに。 ってかんじなのです。

使う洗剤も、石けんや天然成分オンリーのものなど色々試しましたが、
結局、合成洗剤(キュキュットとか)に戻りました。
やっぱり、油物などの落ちが違うんですよね~。
石鹸はちゃんと使いこなさないとシンクが曇りやすいのもちょっと気になって。


で、ここで重要になってくるのがアクリルたわしの編み方。
以前は細編みで編んでいましたが、これだと目がギッチリ詰まった仕上がりになるので
洗剤をつけてもいまいち泡立たないんです。

なので、とりあえず今のところたどり着いた編み方が、かのこ編み
かぎ針ではなく編み棒(2本使うやつ)で編む編み方です。
実は自己流の思いつきで適当に編んでいて、
ちゃんとした名前のある編み方だということを後から知ったんですが(^^;)

実際に編んだものがこちら。(使いかけなのでちょっとボロが来てますが。)

鹿の子編み

これだと、適度な凸凹ができていい具合に空気が含まれるので、
ちょっと洗剤をつけてモミモミしただけでよーく泡立つんです。

編み方は、表目と裏目が前後左右ですべて交互になるように編んでいます。
オモテ目を○、ウラ目を◎だとしたら、こんなかんじ。
(あ、編み図が読めないので自己流表記ですみません ^^;)

○◎○◎○◎○◎○◎○◎
◎○◎○◎○◎○◎○◎○
○◎○◎○◎○◎○◎○◎
◎○◎○◎○◎○◎○◎○

2つの作業を繰り返すだけだから、すごく簡単。

ただ細編みに比べるとちょっと薄っぺらいな仕上がりになるから、
極太毛糸とか、並太の2本どりで編んでみるのもいいかも。
あ、いいなそれ。さっそく今度やってみよー。

ちなみにかのこ編みは「鹿の子編み」と書くらしいです。
鹿の子の背中の模様に見える(気がする・・・?)からかなー?


ただし。
シンクを磨くスポンジは、細編みのほうが使いやすいです。
流水で使うだけで泡立てる必要がないなら、
目が詰まっている方が汚れを絡めとる力が高い。気がする。

細編みだと、こんな感じで目が詰まってしっかりした作りになります。
アクリルたわし1 

泡立てて洗いたい→棒針でかのこ編み
泡立てずにしっかりこすり洗いしたい→かぎ針で細編み


という感じでしょうか。


ちなみに、洗剤はお気に入りのボトルに移し替えて使っています。

洗剤ボトル

隣の石鹸と比べてもらうと一目瞭然ですが、だいぶ大きいです。
一般的なシャンプーボトルより大きくて、届いた時は笑っちゃいました。

でも片手で楽に出せるし、ポンプ先が曲がってるので洗剤が飛び散らないし、
詰め替えの頻度が低くて済むし、陶器で洗いやすいし。
何より大きいので、不注意で倒してしまってイライラすることがない。(笑)
なかなか優秀な相棒です。



お気に入りのものを使うと、それだけでモチベーションが上がります。
安価・高価、有名・無名にかかわらず、単にかわいいからだけじゃなくて
「選んだ理由」がはっきりしたものを使って暮らすと、気持ちが良いです。

ま、周りから見れば単に悦に入っているだけなのですが(笑)、いいのです。
家事をやるのは自分だもん。それでいいのだ!

悦に入りすぎて散財してしまわないように、それだけは注意しつつ・・・。
こだわりは持ちつつ、身の丈にあった暮らしが大事ですね(^^;)




Comment:2  Trackback:0
2015
02.04

スープストックが好き。~無印キッチンダスター秘話

Soup Stock Tokyoが大好きです。
突然ですが。

お気に入りは、オマール海老のビスク。
セットについてくる、ほんのりゴマ塩味のきいたご飯もだいすき。

残念ながら今住んでいる地域には店舗がないのだけれど、
東京に住んでいた頃はかなり頻繁に通っていました。
最寄りに店舗があるお客様や取引先への訪問予定が入ると
「ラッキー♪」と朝からウキウキだったり。
スタンプカードを何枚溜めたことか。


で、ちょっと驚いたことが。

先日ここで紹介した無印のキッチンダスター
相変わらずお気に入りで使っているのですが、
スープストックが無印とコラボして開発した商品なのだそうです。

なんと。

あの大好きなスープストックの開発したダスターだったのかと思うと、
よりいっそう愛着が増しました。(単純....笑)



ちょうど先日、仕事で東京に行く用事があったので、
品川駅ホームのスープストックで久しぶりのSoup Stockセット。

スープストックセット

安定のオマール海老。美味でございました〜。
飛行機まであまり時間がなくてゆっくりできなかったのが心残り。

スープストック、ネットで冷凍パックも買えるみたいだけれど、
お店で、このトレイに載ったこの器で食べるのが美味しいんですよね。
こっちにも出店してくれないかな~。






3月1日まで送料無料キャンペーンを実施中だそう。
なんと・・・買ってしまうではないですか。(笑)



Comment:0  Trackback:0
2015
02.02

水切りカゴのないキッチン

以前ちょこっと書きましたが、わが家では3~4年前に水切りカゴを捨てました。

・賃貸なのでキッチンが狭いこと。
・カゴのお手入れが面倒なこと。(油断するとすぐヌルつく、水アカ)
・カゴがあると、ついつい自然乾燥に任せて食器をちゃんとしまわないこと。
・↑の状態で置いてある食器に、水がかかったりして不衛生なこと。

などなど、水切りカゴ断捨離を決行した理由は挙げたらきりがありません。

で、今はどうしているかというと、大判のスポンジワイプを敷いて、
その上に洗った食器を伏せる→ふきんで拭いてしまう
というのを、一連の動作にしています。

食器を洗うときは、こんなかんじ。
この場所は普段、まな板やボウルを置いたりする調理スペースです。
というか、わが家のキッチンでほぼ唯一のまともな調理スペース(^^;)

水切りカゴなし

敷いてるスポンジワイプがでこぼこしていますけど、そこはお見逃しを(^^;)

スポンジワイプは乾くとカピカピに固形化するので、
本当は一度濡らして絞ってから使うものなのです。
でも私はそれが面倒くさいのでそのまま使っちゃう・・・・(恥)
だ、だって機能的にはなんの問題もないんだもんっ。

と、このようにお恥ずかしくて世間様に顔向けできないほどズボラな私ですが、
この一連の動作をやるとキッチンがとてもスッキリして気持ちいいので、
慣れてしまった今では、驚くほど苦もなくこの流れをこなしています。


ただこのスポンジワイプ、大きくて分厚いので
洗うときにちょっと手にあまるのが悩みといえば悩み。

そこで、先日食器拭きに買ったけどイマイチ使い勝手が悪かった
リネンのふきんを、代わりに使ってみました。

ブリッツで水切り

でこぼこしないし、薄くて扱いやすいし、
なによりリネンってだけでオシャレ度もぜんぜん違うわ~(自己満足)
と思ったのですが。

吸水力が段違い。

リネンだと、これくらいの分量の食器(2人分の朝食用)でも
ビッチャビチャになってしまいました。

一方のスポンジワイプで同じくらいの量の食器を洗うと、こんなかんじ。

リネンで水切り

ちなみに手前のお湯呑は、先日手に入れたやちむん(琉球焼)。
わが家の食器は基本もらい物ばかりだけど、
ほんとうに気に入った器を、すこ~しずつ集めていくのって楽しいですね。


やっぱりスポンジワイプってすごいです。
自重の10倍の水を吸うなんて聞いたことありますが、あながち嘘じゃないかも。

多少洗にくくてもいいじゃないか。こんなに機能がいいんだもの。

というか、スポンジワイプは洗濯機OKなのでそうすればいいんですけど、
なんとなくキッチンで使うものって手洗いしたくって。
なぜなら、洗濯槽のカビの怖さを知っているから・・・(恐)
その話はまたいつか。するかもしれないししないかもしれません。



ちなみに私の使っているのはブリッツという商品。
好きな大きさに切って使えるし、もともと台拭きサイズの小さなものもあります。
そちらの方は本当にたくさんの色や柄があって、選ぶのが楽しそう。



ブリッツ以外にもいろんな名前の商品があるので、
北欧系グッズのお店なんか見ているととても楽しいです。

私はキッチンを白で統一したいのと大判がほしいので、
もう何年もブリッツに落ち着いています。

私はなんとなく半年くらいで買い替えていますが、
洗濯機も漂白剤もOKだし、使おうと思えば1年位は持つのかもしれません。


あ、ちなみに水切りカゴと似たような理由で
うちは三角コーナーも置いていません。

そういえばこの2つを捨てた日から、
キッチンで発揮される私のズボラパワーが
少なからず衰えを見せたような気がします。

家事ってテンションとモチベーションです。いかに自分をノセるか。

ま、ちゃんと出来る人はノッてようがノッてなかろうが、
ちゃんとできるんでしょうけどね(^_^;)


Comment:4  Trackback:0
back-to-top