2015
02.25

コーヒードリップが好き。飲めないけど。

ほぼ毎朝の日課。
コーヒーをドリップして淹れること。

私自身はもともとコーヒーを飲まない(というか体質的に飲めない)し、
実家でもコーヒーを飲む人間がいなかったので、
コーヒーの淹れ方を知らないまま大人になりました。

そうそう、あれはハタチくらいの頃。
なにかの景品でうちにやってきたドリッパーを見た父が
めずらしく「コーヒーが飲みたい。」と言い出し、
必要な物を買いにスーパーにおつかいに行った私は、
コーヒーフィルターとインスタントコーヒーの瓶のみを買ってきたのでした。
だってコーヒー淹れたことなんてなかったんだもん。
店員さん、突っ込むかどうか迷っただろうなー(苦笑)

それくらい、コーヒーに縁のない人生を送ってきた私です。

が、夫は毎朝コーヒーを飲みたい人間だということが結婚後に発覚。
そういえば付き合ってた頃も、夫の家にはコーヒーメーカーがあったような。
(淹れてあげたことがなかったダメ彼女。。笑)

で、コーヒーメーカーを使い始めたのですが、
狭いキッチンで場所はとるし手入れが大変だし、ちょっとなぁ。。
という具合で、ドリッパーを使って自分で淹れるようになりました。

やり始めると奥が深いもので、
お湯の温度、注ぎ方、ポットの注ぎ口の形状、豆の置き方、蒸らし方。
いろいろと大事な要素があり、それぞれにコツが要ります。

上手に淹れられるようになると、お湯を注いだ時に
コーヒー豆がプワ~っと膨らんで、とってもいい香りが部屋中に漂い、
朝からなんとも言えないリッチな気分になれます。
(飲めないけど香りは大好き。)

ドリップ

豆って膨らむんですよ。知ってました?私は知らなかったです。

お湯をいかに静かに細く注げるか、でも膨らみ具合が変わるので、
ポットも先が細くて注ぎやすい形のものを使っています。
以前の記事に書いた、ラッセルホブスのポット。
実用性だけでなくデザインも素敵で、相変わらずお気に入りです。


ドリッパーは、円錐タイプがお気に入り。


よくある底面が平らになっているタイプではなく、
円錐状になっていてコーヒーが1点から落ちていきます。
なぜだかは分からないけど、円錐タイプのほうが
うまく豆が膨らみやすく、香りも良く立つような気がします。

本当はこういう高級感のある陶器製のものがほしいんです。



あーかわいいなー。
陶器製だったら茶渋(?)も目立たなくていいんですけどね。
なぜだか私はドリッパーをよく落としてしまうのと、
使わない時はふきんかけにちょいっと引っ掛けたいので、
軽くて丈夫なプラ製を使っています。
割れちゃ元も子もない。


こんなかんじで、日々自己満足な朝を過ごしている私なのでした。
毎日慌ただしい朝ですが、コーヒーを淹れていると
なんだか丁寧に暮らしている素敵な人になったような錯覚を起こして
落ち着いた気分になれます。
はたで見ている夫はイライラしてるかもしれないけれど。。(^_^;

コーヒーを飲める人ってかっこよくて憧れるんですが、
体質的に受け付けないようで・・。
無理に飲むと、頭痛や吐き気がして気分が悪くなり、
車酔いしたような貧血のような二日酔いのような、最悪の状態になります。
たまに夫のを1口もらったりしますが、調子に乗ると後で後悔するハメになります。

なので、私が入れたコーヒーはもっぱら夫専用。
ま、自分で飲まないからおいしく淹れられているかどうかわからないんですけど。
飲んでみたところで正解もわからないし(笑)
文句が出ないので、マズくはないんでしょう。きっと。


コーヒーとシュークリーム

お気に入りの琉球焼のカップで(夫が)コーヒータイム。
フチがだいぶ欠けちゃってるけど、お気に入りで捨てられないカップです。

やちむんでコーヒーってなんか素敵。
見てるだけでちょっと幸せな気分になります。

いつか、体に変化が起きてコーヒーを飲めるようになったら、
お気に入りのカップで優雅にコーヒーを楽しみたいなー。

と思いつつ、今日も夫の横で紅茶をすする私です。


スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
back-to-top