2015
03.29

備忘録:カード払いの支出管理

今日は自戒の意味を込めて、ちょっとした備忘録です。

独身時代にクレジットカードの濫用で痛い目(苦笑)を見た私。
やんちゃだったあの頃。無知だったあの頃。若かったあの頃・・・・。
あぁ、思い出すと遠い目になりますね。

ということで結婚以来、カード払いは極力しないようにしています。
でも、やっぱり完全にゼロにはできないのが現実。
仕方なくカード払いした際には、購入額をそのつど専用口座に入金しています。

ところが!!
なぜか専用口座にあるべき額がちょっとずつ足りなくなっていくという
摩訶不思議な怪奇現象が発生中。。。

いやいや。私だよ?
きっと、たまに入金するのを忘れているだけ。
5年前、この口座には5〜6万円の余剰金があったはずなのですが、
今月ついに、その余剰金がなくなってしまいました(汗)
つまり、約1万円/年のペースでカード払いの入金忘れをしてきたということ。
月々で考えたら千円にも満たない額ですが、やっぱりチリツモ。
5万円が消えたと思うと、これは大きいです。なんとかしなければ!


ということで、カード払いの支出管理方法を改めることにしました。

まず、入金忘れをしてしまう原因はなんだろうと。
考えたら簡単なことでした。

買い物後に専用口座に入金したら、「やるべきことはやった」と満足して
あとはサッパリ忘れてしまっていたから。
引き落とし日に、ちゃんと金額が足りているかの確認をせず、
「使うたびに入金していたんだから大丈夫なはず」とタカをくくっていたのです。
なんたる自己過信。
買い物したきり入金するのを忘れているものがあってもおかしくありません。
だって人間だもの。だって私だもの。

ということで。
カードで使ったお金は直接口座に入金するのではなく、
支払日までいったん手元にためておくことにしました。
支払額が確定したら、その月に支払う分だけをまとめて口座へ。
これならもし漏れがあっても、まとめて入金する際に気気付くことができます。

完璧!私かんぺき!
いや、むしろなんでもっと早くこうしなかった?なんですけど。。。
ということで、さっそく具体的な準備。

☆カード払い専用の現金袋を用意する。
支払日まで手元に現金を貯めておくための、仮支払い先です。
お金を入れておくポーチと、メモ用のふせん、クリップ、ペンを準備。

カード支払い管理グッズ

うさぎさんの付箋は、いつも爪切りでお世話になっているお店の
周年記念でいただきました。そのほかも全部もらいもの〜笑

☆使ったら、そのつどメモを付けて専用袋に支払う(=いったん貯める)。
カード払いをしたら、その金額分の現金を専用袋に入れます。
その際、何に使ったかわかるようにメモをつけておきます。
ものを買った場合は、商品についてくる納品書をメモ代わりにするのもいいかも。

カード支払い管理ポーチ


☆次回支払額が確定したら、現金袋から該当分を取り出して口座に入金する。
支払額が確定したら、その月の明細に載っている分のお金だけを袋から出し、
引き落とし口座に入金します。
もし現金袋への支払を忘れているものがあったら、ここで発覚するはず。
これで漏れ防止!

よしよし。
とりあえず計画は立ちました。あとは実践するのみ。

最近はアプリでもデバイスでも便利なデジタルツールが
たくさんあって、私も色々と活用しています。
でも、結局はアナログが一番確実なことも多いなぁと感じています。
これなんかはまさにその例。
手で触って目で見て確認できると、ちゃんと自分でコントロールできるようになる。

私みたいな人間が便利さばかりに甘んじてしまうと、
大切なことを見過ごしてしまったり、自己過信に溺れたり。(笑)
バランスや本質を見る力をもっと大事にしなきゃですね。

自分ではきちんと暮らしているつもりだけど、実は穴だらけ。
今回の件でも、ほんと反省しました。。。
でもまぁ、元が元なので。(笑)
少しずつ成長していけたら、それもまた愉し。と思うことにします。





スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
03.27

大失態。己の愚行を呪う。

去年の今ごろ、ダイニングテーブルを買いました。

以前のテーブルは「安物買いの銭失い」になってしまったので、
今度はそれなりにしっかりしたものを買おうと探していたのですが、
近隣の店舗ではなかなか気に入ったものが見つからず。
悩みに悩んだ末に、思い切ってネットで購入しました。

家具をネットで買うって、私にしてはすごい決断でした。
手ざわりとか実際の色合いとかを見ることができないし、
サイズ感なんかも想像することしかできないし。
消耗品なら諦めがつくし、家電なら量販店で下見できますけどね。
家具ってずっと残るしなーと、1ヶ月以上悩みました。

でも、思い切って決断!
買ったのは、無垢のウォルナットのテーブル。



裏面まで作りがしっかりしていて手を抜かずに作られている感じ。
とてもよい買い物でした。

ウィルナットのこの色合と、薄くてスッキリした天板、
ダイニングテーブル

横からの、華奢なフォルムがお気に入りです。
テーブル横から

表面はウレタン塗装をしてもらいました。
本当は、塗装をしない無垢そのままかオイル塗装が好みなんですけど。
とてもお高い買い物だったので、長く大事に使いたいと思って塗装することに。
でもありがちなペカっとしたウレタンではなく、自然な風合いでこれも気に入っています。

気に入っているんです。

・・・・・・・が。


とある日曜日の昼下がり。
不注意で物を落として、小さな凹み傷をつけてしまいました。
5ミリ程度のそんなに大きな傷ではなかったけど、
大事にしていたテーブルなだけになんだか気になる。

その時、悪魔が囁いたのです。耳元で。


「それ、蒸気で元に戻るんとちゃうかな?」



あぁもう、今思えばなんであんなバカなことをしてしまったのか。
あの時の私は、目の前の凹みを直すことしか考えていなかったんです。
無垢材ですからね。凹みは蒸気の力で元に戻ります。

いそいそとアイロンと濡れフキンを持ってきて、やってしまいました。
傷に濡れフキンをあてて、上からアイロンを、
ジュワ~~~~っと。

見事、ヘコミキズはきれいに直り、元通りスベスベに。
嬉しかったです。そりゃもう。傷が直ったんですから。
「ついでに、他の場所もやっちゃえ~♪」
と、他にも食器が当たってできていた小さな引っかき傷など
ひとまとめにきれいにしちゃいました。
もうテーブルは買った当初のようにすべすべ。素敵っ!

ウキウキ気分で夜を迎えた私。
ついに己の愚行に気付くその時が訪れたのです。

照明に照らされたテーブルの表面が、
なんだか、まだらになっている・・・・・・・・。

アイロンで・・・

わかります?
手前側、アイロンの形にくっきりと跡がついています。

そう。アイロンの熱で、表面に施されたウレタン塗装が剥がれたのです。

あぁもう・・・。
あたりまえ。熱で塗装がダメになるなんて、あたりまえ。
あたりまえ体操~。

しかもね、ここだけじゃないんです。
調子に乗ってテーブルの色んな所をジュージューやっちゃったから、
合計すると天板の1/3くらいの面積がこんな状態。

諦めようかとも思ったけど、購入してまだ一年。
永く大事に使おうと決めていたテーブル。

購入したお店に相談して、塗装修繕をしてもらうことにしました。
快く受けてくださったお店の方に感謝。

修繕から戻ってくるまでに数週間かかるので、
今は一人暮らしサイズの小さな座卓を食卓代わりに生活しています。
大学の一人暮らし時代に戻ったみたいで、これはこれでちょっと楽しいです(^^)


それにしても、お店の方には本当に感謝。
購入の時にも、塗装はこれがいいだの、ここの溝はなくしてほしいだの
散々わがままを聞いて頂いた上に、修理にまでこんなに快く対応して頂いて。

インテリアストリートカンパニーさん。
本当に良いお店でした。ありがとうございます。



10年前はネットショップというとまだちょっと恐いイメージもあって
敬遠してたいけど、今はもう無くてはならない存在。
本当に、便利な時代になったものです。
(度が過ぎると散財しちゃうから、常に自戒が必要ですけどね 苦笑)

とはいえ、悪質サイトに引っかかるのが恐いので、
楽天やamazon以外にはあまり手が出せないでいるりこでありました。
基本、ビビリなの(笑)



Comment:4  Trackback:0
2015
03.22

小鹿田焼はノスタルジーのかほり

先日、夫の使っているお茶碗を不注意で欠けさせてしまいました。

誰に教わったのか、
「欠けたお茶碗を使うのは縁起が悪い」という迷信が
潜在意識のどこかに刷り込まれているようで、
早く新しいものを買わなきゃなーと思っていました。
(ま、お湯呑みは欠けたまま使い続けてるけど ^^;)

で、昨日。
久しぶりに夫と街中に出てぶらついていると、
夫が、「この間みつけた雑貨屋に行ってみよう。」と。

普段、私が雑貨屋さんとか食器屋さんとかに寄ろうと言うと
あまりいい顔をしない夫が珍しく自分から言い出したので、
これはしたりと立ち寄ったそのお店。

もう、ワタシ好みなんですよね〜。

やちむん(琉球焼)の器や竹の籠、
ふきん、檜のまな板、鉄のフライパン、ブリキのかご、
エトセトラエトセトラエトセトラ・・・・。

そこで、出会っちゃいました。

小鹿田焼(おんたやき)のお茶碗。
小鹿田焼お茶碗

私のお茶碗は欠けても割れてもいなかったんだけど、
せっかくだからとペアで購入。
あー、予定外のお金使っちゃったー。

でも一目見て気に入ったし、
なにより、普段あまりこういうことに興味のない夫が
自分から「これいい。ほしいね〜。」と乗り気だったので、
嬉しくなってつい買っちゃいました(^_^;)
いいや。そのぶん大切に使おう。

ほっこりするようなちょっと野暮ったいような模様がいい感じ。
「飛び鉋(かんな)」というらしいです。
小鹿田焼お茶碗アップ

内側はこんな感じ。
小鹿田焼お茶碗上から

琉球焼は蛇の目がないのが好みだけど、
小鹿田焼は蛇の目がある方が雰囲気が良くてなんだか好きです。


小鹿田焼は、物心ついた頃からわが家にコーヒーカップが1つだけあり、
父がよくそのカップを使っていました。
だから、なんだかちょっとノスタルジーな気持ちになる器。

そのコーヒーカップ、結婚するときに母が持たせてくれました。
たぶん私が「ほしい」と言ったのだった気がするけれど。
でも、いつもこのカップを使っていた父は、
後からカップがなくなっていることに気づいて
どう思ったのだろうと考えると、すこし申し訳なくもなります。

小鹿田焼コーヒーカップ

お父さん、ごめんね〜(苦笑)



Comment:2  Trackback:0
2015
03.18

年度末はカラスミの季節

Category: 手づくり
あっという間に年度末ですね。

毎年この時期は、仕事の年度末処理やら花粉症やら何やらで
なんだかワタワタしているうちに3月が終わってしまいます。

今年も御多分にもれず。
ワタワタするし、顔はクシャクシャします。
花粉さん、どうかお手柔らかにお願いしたいです。はい。

そんなドタバタのこの季節。
実はカラスミ作りによいシーズンであることに気付きました。去年。

この時季になると、いろんな魚卵がスーパーに並び始めるんですよね。
といっても、カラスミ作りに適した「破れていない適度な大きさの魚卵」には
なかなか出会えないのですけれど。
それでも意識して鮮魚コーナーを覗いていると、たまに良い出会いがあります。

先日は、偶然であった生たらこを買ってみました。
塩漬け・塩抜きを済ませて干したところ。
たらこでからすみ

生とはいえ、たらこ色です。
たらこって生でも赤っぽいんだーと、変に感動しました。

仕上がりは、ちょっとパサッとした感じになっちゃったけどちゃんとカラスミでした。
でもやっぱりハマチの卵のほうがよりカラスミっぽかったかな。
(自家製からすみの作り方は、こちらに書いています。興味のある方はどうぞ。)

今は、鯛の魚卵を塩漬け中。
どれも、2~3腹が数百円程度で買えちゃうお値段だから、
良い魚卵と出会えるとつい買っちゃうんですよね。

でも、2人ぐらしでそんなにカラスミを溜め込んでもしょうがないので
そろそろ自粛しようかな・・。
4~5月頃になったらきっとハマチの卵が出回るから、
今シーズンはそれを最後にしようかな。

そんなことを考えつつ、今日も鮮魚コーナーをうろつく、りこなのでした。

先日、なかなか魚卵に出会えなくてもどかしくなったので
「カラスミを作りたいんですけど、魚卵ってあまり売らないんですか?」
と、鮮魚コーナーの店員さんに尋ねてみたところ、
「しょ・・少々お待ちください。」といったん引き下がられ、
店員さんが入っていった店の奥のほうを見ると、
「あのお客さん・・カラスミ作るとか言ってるんだけど?」「え、どういうこと?」
と、なんだかなかばザワつかれていました。

えー、そんなに変かなー。
まぁ私、見た目は「料理や家事はしなさそう・できなさそう」に見えるらしいので、
それで不審に思われたのかもしれません。不本意。
(いや、まぁデキるかって言われたらそんなことないんだけど・・苦笑)

でもこれであの店員さんの印象には残ったと思うので、
魚卵が店頭に並びやすくなると嬉しいな~(笑)



Comment:0  Trackback:0
2015
03.11

「非日常」は「日常」の延長にある

Category: 雑記
あの出来事から、もう4年も経ったのですね。
時が経つのはほんとうに早い。

ちょうどあの日、上司が東日本に日帰り出張をしていました。
翌日に大切な仕事を控えていたので
どうしてもその日のうちにこちら(西日本)に戻らなければならなかった上司。
揺れから数時間後にようやくつながった電話でまっさきに言われたのは、

「電車もバスも止まっていてすぐに空港まで行けない。
 搭乗便を最終便に変更しておいてほしい。」

ということでした。

テレビやネットで流れ始めた津波や火災の映像を見ていた私からしたら
「もはやそんな状況じゃない。今日のうちに帰れるわけない。」
という感じで、すでに「非日常」を実感していたのですが、
ああいう時、情報の入ってこない当事者にとっては
目の前で起こっている事態は、「日常の延長」でしかないのですよね。

外出先で停電や断水の不便もすぐには感じられなくて
情報も入ってこず、とりあえず家族の無事が確認できれば、少なくとも私は
「けっこう揺れが大きかったし、しばらく携帯つながらないだろうな~」
と、「日常の延長」を過ごしてしまうような気がします。

「このあとお客さんとのアポがあるのに遅れたらどうしよう」 とか
「今夜のデート、電車が止まって待ち合わせ場所に行けなかったらやだな」 とか
「夕飯の買い物に行こうと思ってたのに」 とか、
『そんなこと考える前に逃げて!避難場所を確保して!』
というのは、客観的に見られるほど離れた場所にいるから言えること。

でも、当事者になった時に「日常」からいかにすぐに頭を切り替えられるか、
いかに想像力を働かせられるか、で生死が分かれることもあります。
あの震災を目の当たりにして気付けたことです。
あの惨事をリアルタイムで目にしたこの記憶を
自分にも次の世代にも活かしていかないといけないなぁと思います。


とりあえず、自分でできる対策はできる範囲でやる。
震災後、わが家では家具家電の転倒防止と
防災リュック・非常食の用意などをしました。
今となっては基本だと思うそんなことにも
4年前まではまったく気を配っていなかったんですよね。

そして、やった後にその意識と備えを維持することも大切。

防災リュックには簡易的な非常食や水も入れていますが、
定期的にチェックしないと賞味期限が切れていることも。

今はまだこの時期になると
マスコミやネットで震災の話題が取り上げられることが多いので、
「そろそろチェックしないと」と気付かされる良い機会になっていますが、
20年後、30年後、震災の記憶が風化してしまうだろう時になっても
自分の中できちんとこの思いを保っていくことが大事だなと思います。

これって意外と難しいと思うんですよね。たぶん。
でも、それを続けて、さらに震災を知らない世代にもその思いを伝えていくことが
遠巻きにもあの震災をリアルタイムで経験した私達が
負うべきことなのだと思います。


というようなことを考えていて、
ふとしばらくチェックしていなかった非常食の存在を思い出しました。



水を注ぐだけでご飯ができるというもの。

私は食への欲求がとても大きいのと
普段、あまりインスタント食品やお菓子類を食べつけないので
非常時に、カップ麺やクラッカーなどの食事が続くと
それだけで気が滅入ってしまうなぁと思うんです。
だから、こういう「食事」らしいものはとても嬉しい。

1ダースを箱買いして、一部はリュックに、残りは食器棚の上に保管しています。
棚の上には物を置かない主義なんですが、これは別モノ。


でもこれ、賞味期限が5年もあるんですよね。
だから、買ったっきり安心しちゃっていました。
チェックすると、賞味期限はまだ2年以上先。よかったー。

来年になったら新しい箱を買って、今あるものはちょっとずつ食べて消費しようかな。
けっこう美味しそうだし。

そうやって、備えたものを何事もなく消費できる日々が続くのが一番良いのですけどね。
生きている地球で暮らしている以上、それは夢物語なわけで。
地殻変動や隕石衝突や数多の気候変動なんかを繰り返してきた、
そんなところで私は暮らしているわけです。
いつ何があってもおかしくない。

日々の平穏な暮らしに感謝です。



Comment:0  Trackback:0
2015
03.09

不調?老い?そんなお年ごろ。

Category: 不妊治療
本日Day 2。
冷え冷えとした雨ですね。

はい、今週期もばっちり29日周期で生理がやって来ました。
生理周期はこんなに乱れないのになぁ。何が悪いのか。。
フーナーテスト、やっぱり受けてみようか。
抗精子抗体の検査はセーフだったけど、
そうではない卵子と精子の相性の問題ってあるっていうし。
(知人に、実際にいたんです。抗精子抗体はセーフだけど相性が悪くて不妊って人。)

そんなことを思う、乾きかけの泥のように体が思い生理2日目です。

ここ最近、なんだか生理痛がとっても重くて。
鈍痛や腰痛もあるんですが、今回は生理前日に猛烈なめまいと吐き気に襲われたり、
今まで感じたことのないピキーーーン!みたいな鋭い痛みに襲われたりもして。
そんな意味でも、最近は生理が前にもまして憂鬱です。

もしかして何か病気じゃないかと思って病院で相談してみたけれど、
内膜症とか筋腫とかではないみたいで。


つまり。

コレは「不調」ではなくて、もしかして「老い」でしょうか?そうでしょうか?

実はね、今月に入ってから5本も見つけちゃったんですよ。
白髪。しろい髪の毛。

東京砂漠でストレスに晒されていた頃には若白髪を抱えていたりしましたが、
結婚以来ストレスフリーになり、すっかり白髪とはさよならしていたんです。

それが、こんな短い間に5本も。
先月、ちょっと忙しかったからなぁ。
疲れとかストレスが、すぐ髪の毛に出るんですよね。
白髪って。私、まだ31歳なのに~。


基礎体力。馬力。

学力よりも経済力よりも、大事なんじゃないかなって最近思います。
すべての土台になるものだよなぁと。

あぁ、喉から手が出るほどほしい。体力。
なにか運動始めようかなぁ。天性の運動音痴ですけど。



Comment:2  Trackback:0
2015
03.06

無印キッチンダスターと使いきりカウンタークロスを比較

最近お気に入りで使っている無印のキッチンダスター
無印ダスター

実はこれとそっくりの「使いきりカウンタークロス」という商品がLOHACOにあり、
お値段が無印より1,000円以上も安い。ちょっと気になっていました。



そんな時、偶然知人からカウンタークロスをお試しでいただいたので、
使って比較した感想を書いておこうと思います。

まず一言で感想をまとめると、

 ☆無印 → 綿のワイシャツ
 ☆使いきり~ → 形状記憶のワイシャツ

という感じで、私は無印の方が好みでした。特に吸水性の点で。

※※※
先に書きますが、この記事、長くなりました。例によって。(笑)
最後の方に結論を短くまとめていますので、
「端的に知りたい」という方は下から読んでくださいませ。
※※※


まず、それぞれの製品情報から。どちらも、色はグレーでの比較です。
(商品名にリンク貼っています。どちらもLOHACOサイトへ飛びます。)

☆無印キッチンダスター☆
サイズ・・・35×61cm
ポリエステル100%
漂白剤OK
日本製(無印良品)
税込2,900円(100枚入り)

☆使いきりカウンタークロス☆
サイズ・・・30×60cm
レーヨン100%
漂白剤NG
中国製(伊藤忠リーテイルリンク)
税込1,697円(100枚入り)


で、使い心地の違いはこんなかんじ。

まず、見た目

(左:無印  右:使いきり)
見た目比較

より近づいてみたのがコチラ。
(左:無印  右:使いきり)
見た目比較アップ

ご覧のように、無印の方が目が詰まっています。
模様も、ボーダー具合が微妙に違ってる。

☆無印
比較的目が細かく均一。
白地にグレー模様という感じのくっきりボーダー。

☆使いきり~
目は粗めで穴の大きさもバラバラ。触るとザリザリする感じ。
透過度が高いので薄く見えますが、無印より少し分厚い気がします。
グレー地に白模様という感じのちょっとぼんやりしたボーダー。


次に、手ざわり
どちらも、最初はパリっ(というかハリハリ)としています。いわゆる不織布。
が、濡らすとフニャッと布状態になります。

☆無印
一度濡らすと、乾いても元のハリハリした感じには戻りません。
個人的には、このフニャッとクタっと感が手に馴染んでくれるようで好きでした。
ま、悪く言うと「くたびれた感じ」とも言えるかも(^^;)
でも、わりと雑に扱っても毛羽立ったり破れたりすることはありません。
フニャッとしている分、折りたたんで台を拭くときに
ギュムッと弾力感があって、「しっかり拭けている感」があります。

濡らして乾かした状態がこちら。けっこうクシャクシャ(笑)
無印かけたとこ

げんこつにした手の上に載せるとこんなかんじ。フニャフニャ~。
無印手に載せる

☆使いきり~
こちらは、乾くとけっこうパリっと感が戻ります。
使い込んでもあんまりこのパリっと感はなくならない。
そんな感じなので、濡らしていてもなんだか台の上を上滑りしてしまう感じがして、
「拭けている」感があまりなく、個人的にはちょっと使いにくかったです。

こちらもふきん掛けにかけて乾いたところ。パリっとしてます。
使いきりかけたとこ

手の上に置いたところ。フニャってなってないでしょ?
使いきり手に載せる

たたんだ状態はこんなかんじです。
(左:無印  右:使いきり)
折りたたみ比較


続いて速乾性
こちらはいずれもまったく文句なし。15分位で乾きます。
あえて言うなら、少しだけ無印の方が早く乾くかも。

それから大事なポイント、吸水性
今回、もっともポイントになったのはここでした。
結果は、無印の勝利。(私基準です。)

☆無印
乾いた状態から使っても、しっかり水を吸ってくれる。
先述の通りクタッとして弾力感もあるので、
思ったとおりに力が加わって、拭き跡なく拭き取れます。

☆使いきり~
濡らして絞って使っているときはまだ良いのですが、
乾いた状態でいきなり水分を拭き取ろうとしてもあまり水を吸わず、
拭き取れなかった水分の拭きあとが残ります。
濡らして使用するときも、先述のようにどこか上滑りしている感じがして、
スッキリ拭き取れる感がいまいち感じられませんでした。

最後に毛羽立ちについて。
これも、どちらも文句なしです。
ただ、私は最長1週間位で使い捨てていますが、
もっと長期間使う場合は、クタっとしない使いきり~の方が
毛羽立ちにくそうだな、という感じはします。(実証はしてません。)


以上、長くなったので私の主観を排除して事実だけまとめます。

はい、ここから【まとめ】ですよ。

結果だけ知りたい方はここだけ読んでください。

☆無印キッチンダスター
(見た目)比較的目が細かく均一。白地にグレー模様という感じのボーダー。
(手ざわり)一度濡らすと柔らかくなり、クタっと手に馴染む感じになる。
(速乾性)文句なし
(吸水性)文句なし。
(毛羽だち)1週間位で使い捨てるなら全く問題なし。

☆使いきりカウンタークロス
(見た目)目が粗く少し分厚い。グレー地に白模様という感じのボーダー。
(手ざわり)一度濡らすと柔らかくなるが、乾くとパリっと感が戻る。
(速乾性)文句なし。
(吸水性)無印よりは悪い。特に乾いている状態だと吸水しにくい。
(毛羽だち)1週間位で使い捨てるなら全く問題なし。長期間の使用にも耐えそう。

こんなかんじでしょうか。

ま、ということで、吸水力と手なじみの良さで、
個人的には無印が好きという結論に至りました。
なんというか、無印は「布を育てる」感覚に似ているかも。
使いきり~の方は、いつまでも新品な感じで育ってくれませんでした。

まぁ、これは完全に好みですね~。
見た目より使い心地重視!なら無印だし(シワクチャになるから)、
見た目をキチンと保ちたいなら使いきり~かなと思います。

ということで、わが家の台拭きは無印のキッチンダスターに落ち着きました。
食器拭き用の布巾に関しては、変わらず日東紡のふきんを愛用中です。
リネンや蚊帳生地も試してみたけど、やっぱりこれが一番私ごのみ♪


落ち着いたグレーの台拭きにまっしろな食器拭き。
野暮ったいキッチンですが、お気に入りふきんのおかげで少しだけ気分が上がります。






Comment:6  Trackback:0
2015
03.03

ゴミ袋の収納

先日、「不妊様」の記事を書いてから、
たくさんの方から拍手やメッセージをいただきました。
ひとつひとつに私自身が励まされ、元気をもらいました。
皆様、ありがとうございます。ブログってありがたい存在ですね。

ちなみに、ほんの5日前にあの記事を書いて以降、
あらたに2人の知人から妊娠・出産報告をもらいました。
いやー、私、周囲の人に赤ちゃんを呼びこむパワーをもってるのかも(苦笑)
自分にも使いたいんだけどなー、そのパワー。


さてさて、今日は収納のお話。

賃貸で暮らすわが家の台所は狭いので、
収納や家具家電の配置には試行錯誤を繰り返しています。
そんな中でけっこう気に入っているのが、ゴミ袋の収納

私の住んでいる自治体では特に指定ごみ袋が定められていないので、
ドラッグストア等でお安い徳用パックを買ってきます。

こういうやつ。
ゴミ袋はこれ

そのままでも上の取り出し口から1枚ずつ引き出せる
便利な商品なのですが、これにひと工夫加えてファイルにセットし、
シンク下に立てて収納しています。

こんな感じで。
シンク下のゴミ袋

ピンクが「可燃ごみ」袋で、ブルーが「プラごみ」袋。

あー、残念。

何が残念って、このどぎつい色がね。ちょっと残念。
このファイルを買った当時、挙式・新婚旅行後でお金がなかったりで
とりあえず機能重視で100均グッズを買ったのでした。

でもまぁ、普段は見えない場所に収納しているし
ひと目で見てわかりやすいので、まぁまぁ気に入ってもいます。(どっちやねんっ)

セットは簡単。簡単すぎて説明いらない気もするけど。

こんな風に、最後にファスナーを閉じる辺が上に来る向きでファイルを開き、
ゴミ袋ファイル見開き

ゴミ袋を置きます。
写真ではわかりやすいように外袋に入った状態で置いていますが、
実際には外袋から出して置きます。
この向きで袋を入れる

そのまま袋だけ入れると、グニャグニャっと下に溜まって取り出しにくくなるので、
芯になるものを入れます。下敷きとかダンボールとか。

取り出し口がついているタイプの商品は、
必ず取り出し口側が袋とじ状態(輪っか状)になるように折ってあります。
このゴミ袋の場合は、上の辺部分。
※側面(長辺)に取り出し口が来ている場合でも
 ファイルのファスナーの開け方を工夫すれば良いだけなので対応可能です。

その輪っか部分をいったん広げて、中にダンボール(芯)を置く。
ダンボールを中に置く

上から袋をかぶせて戻し、ダンボールを芯にします。
段ボールで支えを作る

で、ファイルのファスナーを閉めます。
私はめんどくさがりなので、取り出しやすいように上辺は閉じずに開けたまま。
ちょっとサイズが合ってなくて上から袋がはみ出てますが、
これくらいの方が取り出しやすくて便利だったりする(^^;)
ゴミ袋ファイルの上は開けて

これを、無印のファイル立てに入れて収納しています。
市から配布されるゴミ分別の説明冊子も一緒に。
ゴミ袋ファイル収納

以上、2分もあればできます。

が、ずぼらな私にはその2分も正直めんどくさい(笑)
でも、50枚のゴミ袋って半年分。プラごみに至っては週1回収だから1年分。
たった2分がんばってセットしてしまえば、それだけの長い期間
ゴミ袋収納ストレスから開放されるんだと思って、いつも自分のおしりを叩いています。
どんだけなんだマッタク。。(笑)


置き場所がシンク下なので、取り出すときに少し中腰になるのが面倒ですが、
色が派手なので、チラ見しながら手探りでも取り出せてけっこう便利。
白いファイルにマスキングテープでラベリングしたいなーとか思ってたけど、
やっぱり100均で色付きを買ってよかったかも。



Comment:0  Trackback:0
2015
03.01

もうすぐ春ですね。

Category: 雑記
昨日、久しぶりに"歩いて"街中に出ました。
田舎だと基本的に車移動になるので、街を歩くってなんだか新鮮です。

まだまだ寒いと思っていたのですが、
川辺では、もう梅の花がほころんでいました。

梅咲いてる

ちょうど、午後からの用事までに手短にお昼を済ませようと思っていたので、
近場にあったコンビニでおにぎりを買って、梅見ランチをすることに。
えぇ、一人で(笑)
こういうのは誰かと楽しむのも楽しいですが、一人でほっこりするのが結構好きです。

いい具合に日当たりの良い場所にベンチがあったので
腰をおろしてしばし、ぼーっ。

「あー、シミできそうだなー。まずいなー」
なんて思いつつも、ぼーっ。

すぎゆく人たちの、梅を眺める素敵な表情を眺めながら、
時が止まったような思いがけない春のランチタイムとなりました。


あと一ヶ月もすれば、今度は桜が満開になるでしょう。
その時は夫と一緒にお弁当を持って出かけようかな。

梅の花アップ

Comment:2  Trackback:0
back-to-top