2015
06.29

お子ちゃまの烙印。梅酒ゼリーは大人の味。

Category: 手づくり
去年の梅酒から取り出した大量の梅の実たち。処遇に困っております。
定番の梅ジャムは、夫婦そろってあまり得意ではないので
とりあえず梅酒ゼリーを作ることにしました。

先日あるブロガーさんの記事で知ったアガーなるものを
使ってみたかったのだけれど、タイミング良くと言うか悪くというか
冷蔵庫に消費期限あとわずかのゼラチン粉を発見。
これは使うしかないじゃないですか・・・

ということで、ゼラチンで梅酒ゼリーです。
アガーへの挑戦はまた今度。ざんねん。


ちなみにアガーだと、ゼラチンで作るよりも透明度が高くなり、
きれいなゼリーが作れるそうです。(すべてウケウリ)

そんなこんなで。はい、完成。

梅酒ゼリー2015

冷えてるので、結露してよく見えない・・・(苦笑)
梅の実、1個消費です。先は長い。
梅酒ゼリー2015上から2つ

奥にある、なにやら表面が汚くなっているものは
お水ではなく炭酸水(ペリエ)で作ってみました。
食感や見た目がおもしろくなるかな~と期待していたのですが、
ご覧のとおり見た目はあまり美しくなく。
ついでに食感もまったくシュワシュワしたりせず。
徒労に終わりました~(笑)

で、この梅酒ゼリー。
せっかく作ったけど、夫婦そろっての結論は、

「梅酒はゼリーにしないほうが美味しい。」

なんだか、気の抜けたアルコールの味が残ってしまっていてあまり美味しくない。。
これが「オトナの味」なのでしょうか。であれば、我らはまだまだお子ちゃまです。
梅ゼリーが好きな夫は、ひとくち食べてがっかりしていました。ごめんねー(^^;)
わが家では、梅ゼリーは梅シロップで作ったほうが良さそうです。

梅酒は梅酒として、のんびり味わうことにします。
梅酒はロック派だったけど、最近はペリエで割って飲むのがお気に入り。
サイダーみたいに甘さがプラスされないので、さっぱり楽しめます(^^)

(↑おすすめの激安店です。ペリエは定価じゃ高くて買えない。)

これからの時季は、お風呂あがりによく冷えたペリエを飲むのもまた美味し。
カラダを冷やしちゃいけないと頭のすみっこで理性の私が警鐘を鳴らすので
後ろめたさを感じつつ、1瓶を夫婦でシェアしてちょっとだけグビっと。
背徳は蜜の味。小さな幸せです。



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top