2015
07.31

夏場のお弁当とたまご焼き

Category: 雑記
わが家は、夫婦ともお昼はお弁当持参です。

で、この時期気になるのが食中毒。
先日の食あたりがトラウマになって、今年はいつも以上に気になってしまいます。
(というか、今年に入ってすでに食あたり2回目・・。厄年おそるべし。)

以前からご飯を冷凍しておいて保冷剤代わりにしていますが、
職場の冷房のおかげか、お昼になっても半解凍状態だったりして、けっこう効果アリ。
ありがたいことに2人とも職場で電子レンジが使えるので、
食べる直前にしっかり加熱して、ホットミールをいただいています。
ありがたやー。

でもこれ、暑い中でお仕事される方とか、
冷房のない学校にお弁当を持っていく子供とかだと
お弁当の作り手の方はけっこう心配だろうなーと思います。
保冷剤付きのお弁当箱が売れているっていうのもうなずけます。

そうそう、お弁当といえば、少し前に卵焼き器を新調しました。
ずっと気になっていた、鉄製の卵焼き器。
リバーライトの極シリーズです。


鉄は扱いが難しそうだなーと思っていたけれど、
使い終わったらすぐにザーッと水洗いするだけなので
むしろ洗い物も溜まらず、洗剤も節約できてお手軽。早く買えばよかったー。

ポイントを押さえて使えば本当に焦げ付かないし、
使ううちにどんどん馴染んで使いやすくなってきました。
しっかりした熱で焼くので時間がたっても水分が出てきたりせず、
玉子焼きづくりが楽しい今日このごろです。

私はほぼ毎日のようにお弁当へ玉子焼きを入れるんですが、
実は玉子焼きってそんなに好きじゃなくって。。(^_^;)
でもなぜだか「お弁当には玉子焼きがなくっちゃ!」な気がしてしまって、
つい入れちゃうんですよね。何なんだろう、この強迫観念。(苦笑)

でも、玉子焼きを焼くのが楽しくなったおかげで、
前よりはちょっと玉子焼きが「好き」寄りになってきた気がします。
やっぱり道具ってだいじ!

鉄の卵焼き器

ちなみにわが家の卵焼きは「しょっぱい派」です。
でも実家の母の卵焼きは「甘い」玉子焼きでした。
入れるのは砂糖と塩だけで、普通の丸いフライパンで作っていました。
新婚当初は母の真似をして甘い玉子焼きを作っていたのですが、
どうしても母のようにおいしくできず。
しまいには嫌になって「おいしくできないなら甘いのはもう作らない!」と、
しょっぱい派に鞍替えしました(笑)

お母さんのたまご焼きってどうしておいしいんでしょうね。





スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2015
07.30

ハイヒールとこむら返りとポヨ子さん

Category: 雑記
今日の早朝5時頃、突然の激痛にびっくりして目を覚ましました。
左のふくらはぎが!!つってる!つってるーーー!!

こむら返りってやつです。
足の指は経験済みですが、ふくらはぎは生まれてはじめてなりました。
原因は明白。
この2日間、1年半ぶりにヒールを履いて過ごしたからだと思われます。
あと、足元に扇風機の風をあてて寝ていたのも良くなかったのかも。

学生時代から、ハイヒールの靴が大好きでした。
適当な格好をしていてもヒールを履くだけでそれなりに格好がつくし、
短足頭でっかちの私でも、多少スタイルがマシに見えるし。
ヒール万能!ヒールにあらずんば靴にあらず!(平氏?)
という感じで30年近くの人生を生きてきました。

結婚してからは、ネット時代の恩恵に最大限にあずかって
ワクワクしながら素敵な靴を眺めるのが楽しみだったものです。

ロコンド 日本最大級の靴とファッションの通販サイト

↑ここは返品無料なので、衝動的に買ってしまっても後で冷静になって返せるっていう、
 私みたいな人間にはもってこいなお買い物スタイル(苦笑)


・・・・が、おととしの秋に親指の付け根(母指球)を痛めてしまい、
痛みがおさまるまでヒール禁止を言い渡された私。
種子骨というのが生まれつき割れているらしく、その周辺の炎症だそうです。
以来1年半なかなか痛みが引かず、ヒールのない生活を続けてきました。

そろそろよさそうだと思ってハイヒール解禁!して2日目にコレです。
通勤と買い物の時だけで、1日30分くらいしか歩いていないのに。
(でも、痛めた親指の付け根は痛くなかった!バンザイ!)

いやー、人間おとろえるものですね。
ほんの1年半前までは、毎日5センチや8センチのヒールで歩き回っていたのに。
なんだか自分にがっかりです。。。涙

ただ、衰えたのはふくらはぎの筋肉だけじゃなかったようで、
今現在、太ももと腹筋とお尻が筋肉痛に見舞われています。
人間の衰え力ってすごい。
否。むしろこんなに全身の筋肉を使わせるハイヒールってすごい。


いや待て。
腹筋・・・?おしり・・・?


思えばここ最近、あることに気付き始めていたのです。
いや、とっくに気付いていたけど気づいていないふりをしていたのです。
そう、私の下腹にポヨ子さんが住みついた事実に。
ついでに言えば、私のお尻がタル子さんに変貌しつつある事実にも

昔から胃下垂の私は、食後に下腹がポッコリ出ることはあっても
指でお肉をつかめるような感じにはなったことがありませんでした。
痩せてるくせに中身の詰まったお腹が出ているという、いわゆる幼児体型。
それがここ最近、お肉がつかめるボヨボヨお腹になってきたんです。
お尻も、なんだかあきらかに肉が垂れてきている。。

三十路だしね。そろそろ中年だしね。
あぁ、筋トレかストレッチ始めようかな・・・。(口ばっかり)

なんて思っていましたが、そういえばぽよ子さんが出現したのは
ハイヒールを履かなくなってしばらく経った頃。
これってもしかして、ヒールによって無意識のうちに筋トレできてたっていうこと?
ぽよ子さんがやってきたのは、ヒールを履かなくなって筋力が落ちたから?

ヒールよ、あなたは神ですか?神なのですか?
いや、でも神様ならこむら返りなんてひどい仕打ちはしないはず。
なにごとも一長一短ということでしょうか。

これからは、ほどほどの高さのヒールをたまーに履くことにします。
また炎症起こすのも嫌だし。
でも、高めのヒールが作り出すあの華奢なシルエットが
なんともたまらん私としては、せめて5センチヒールが履きたいところ。
うーむ、まずは低めのヒールで筋力を養うことにしましょうか。。
あと、種子骨くっついてくれないかなー(涙)


ロコンド 日本最大級の靴とファッションの通販サイト




Comment:0  Trackback:0
2015
07.25

余ったさらしで自作てぬぐい

先日の記事に書いたさらし
気に入ったはいいのですが、長さが10mもあったのでめちゃくちゃ余ってます。
あと何年もつんだ?ってくらい。

ここでふと気付く。

晒って手ぬぐいの素(モト)じゃない?
つまり、晒=無地の手ぬぐいってことじゃない?

台所の手拭きタオルとして手ぬぐいを使っているという話を以前書きましたが、
これには最大のデメリットがあります。

そう、手ぬぐいはお高い
だいたい、1枚あたり千円くらいします。
台所の手拭きは5枚以上ストックしておきたい私ですが、
そうなると手拭きのために5千円?セレブかっ。

手ぬぐい、かわいいんですけどね。
主婦としてはお値段がかわいくない。微塵もかわいくない。
使い心地が同じなら、安いほうがいいじゃないか。

ということで、余ったさらしを手ぬぐいの大きさにカットして使うことにしました。
1枚あたり100円以下。うん、かわいい!

さらし用に布をとる時と同じように、手でビリビリ裂きます。
まっ白だと味気なかったので、一度洗って乾かした後にスタンプを押してみました。

さらし:ぶたさんワンポイント

使った布用インクはまさかの100均(セリア)でゲット。
はんこを押したあとアイロンをかければ、洗濯しても色落ちしないスグレモノ。

ハリネズミスタンプで某リサ・ラーソンの手ぬぐいっぽくしてみたり。

リサラーソンもどき手ぬぐい作ってみた
※※あくまでも個人的に楽しむ用です。
※※よい子のみなさんは販売目的にパクリ製品を作ったりしてはいけません。

見た目は手作り感満載でチープですけど(^^;)、
もともとシンプルなものが好きなので、ワタシ的には満足。
手拭きはいくらあってもうれしいので、たくさん作っちゃいました。

さらし:お花のライン 手ぬぐいかけた:ぶたさんとボール

欲を言えば、私にわずかばかりでも芸術センスがほしいところ。
ないものはねだれませんね。残念。

リサラーソンスタンプ(だから違う)はどこで買ったのか忘れちゃったけど、
こちらのネットショップで発見。私のは、たぶん2インチの方。


なんだかツボにハマるスタンプが他にもたくさんあって
お財布の紐がゆるゆるとほぐれそう・・・・
だめだめ、そんなに手ぬぐいばっかりあっても困るし(笑)

   


それにしても、布にスタンプを押すっていう発想は
いろんなことに応用できて便利だなーと思いました。

以前、白い無地のふきんを
食器拭き→台拭き→コンロ拭き のように
徐々におろしながら使っていたことがあり、
区別のために、おろすごとに目印の縫い目をつけていました。

が、裁縫道具を出してきて縫うのがめんどくさい(笑)
縫い目があるとそこだけ乾きにくいし。
ということで、早々に挫折。えぇ、私らしいですね。

でもスタンプなら、ポンッと押してアイロンかければ終了。
夫のシャツにアイロンを掛けるタイミングを狙えば
わざわざアイロンを出してきた感もなく、さくっとできます。
芸術的センスのない私でも、かわいいスタンプを使えば
それなりに可愛いものが出来上がるのも、またよし。

今日もお手製の地味てぬぐいを使いつつ、自己満足に浸る私であります。


Comment:2  Trackback:0
2015
07.23

忘れられない夏、家の整理、花火、食あたり

Category: 雑記
先日の3連休に、母方の祖父母宅の整理に行ってきました。
2人ともまだ存命ですが、祖父がじわりじわりと要介護状態になってしまったので
数年前から九州にある私の実家に引き取り、母が面倒を見ています。

そのため、祖父母宅は3年ほど空き家状態になってしまっていました。
そのままにしておくのも気がかりで、悩んだ末に今のうちに整理をしてしまおうと
久しぶりに実家族(って言い方する??)の4人で祖父母宅に集いました。

私と妹が実家を出た今、わが家は一家離散状態(笑)なので、
それぞれが飛行機や新幹線を使って京都の祖父母宅に集合。

二人暮らしとはいえ、30年以上もヒトが暮らした家となると
モノの量がとんでもなく、汗と埃とモノにまみれた怒涛の3日間でした。
私達と違って、両親は1ヶ月前から毎週末通って片付けをしていたので、
そりゃもう大変だっただろうと思います。

夜、ひと息ついたときに、ふと妹が「花火をしよう」と言い出し、
60代夫婦とアラサー姉妹が4人揃って、庭で花火。
「年甲斐もなく・・・笑」と苦笑しつつの花火でしたが、
家族4人で花火なんて、何年ぶりだかもう思い出せもせず。
次は何年後だろうなんてもっと考えられなくて、
なんだかとっても大切な思い出になりました。

京都で家族花火2015


数年前、祖父が要介護状態になった時に
嫌がる2人をむりやり九州に連れ帰ったため、
いつかまた家に戻れるのだと思って過ごしてきたという祖父母。
けれど、老齢の2人にとって京都〜九州の長旅はもう現実的じゃありません。

だんだんとその事実を受け入れてくれたようだけど、
自分の親をダマして連れ出した上に家まで処分してしまったと、
母はずいぶん罪悪感を感じているようでした。
モノに執着心が強くて頑固者の祖父母だから、母の思いは尚更のようで。

しょうがないこととは思いますが、せめて最後にもう一度
家を見せてあげたかったなぁとは思います。
父が写真をたくさん撮っていたので、せめてそれを見て懐かしんでくれれば。
でも、よけい切なくなっちゃうかな。
とても幸運なことに、古い家にもかかわらず
よさそうな方に買っていただけることになったので、それがせめてもの救いです。

母の思いはいつか我が身のことになるかもしれない−
家を出た娘としては、そんなことも思った3日間でした。

そしてそんな思い出を抱きつつ、
家族4人で食べた、京都での最後の晩ごはん。
みごと、食あたりしました。しかも私だけ。
大皿からみんなで取り分けながら食べたのに。
なんで?ねぇなんで?

おかげさまで、翌日は脂汗をダクダクとかきながら
ひとり切なく5時間の帰途についたのでした。今日もまだ苦しい。

と、まぁそんなオチもつきつつ、いろいろと忘れられない夏になりました。



Comment:2  Trackback:0
2015
07.17

さらしを使ってみる

最近、キッチンで「さらし」を使い始めました。

さらし買ってきた

そう、おばあちゃんちで見たことありそうなコレ。

野菜や豆腐の水切りをしたりおダシを漉したり。
ようは、キッチンペーパーのような用途で使っています。

もうね、さらし最高。

破れるのを気にせずに野菜の水気を思いっきり絞れるし。
使い捨てじゃないから環境にもお財布にもエコだし。
すぐに乾くから扱いやすいし。
さすがに揚げ物や魚肉類にはキッチンペーパーを使いますが、
その他はぜんぶ晒でいけます。快適。

使ったらザッと水洗いしておいて、1日の終りに熱湯で消毒。
お茶碗を洗っている間に、ボウルで直火にかけています。ぐつぐつ。
ズボラな私だけど、片手間でできるから苦にならない。

あんまりストックの枚数が多いと
各々の使用頻度が下がって衛生面が気になるので、
4枚だけストックして使っています。手前の白いの。
奥は手拭き用の手ぬぐい。(しれっと増えてる。)

さらしのストック


さらしって前から気になっていたんですが、どこで売っているのか分からず。
たまたま手芸屋さんに迷い込んだ時に見つけました。
1反(10m)で1,000円くらい。
え、10メートルで?せんえん?やっす。
ということで、買ってみた次第です。

長~いさらしが反物のようにくるくると巻かれているので、
好きな長さのところにハサミで切れ目を入れて、あとは手で裂きます。
ビリビリビリー。

晒を手で裂く


何で手でやるのか理由はよくわからないけれど、
こうすると繊維にそってきれいに裂けるので、ほつれ方がきれいになって便利。
切った面はそのままほつれっぱなしに。
こうすることで乾きが早くなり、衛生的に保てるのだそう。
手ぬぐいと一緒ですね。

「私、エコなことしてるなう!」っていう自己満足も手伝い、
さらし片手に台所に立つのが楽しい今日このごろです(笑)
また一歩、おばあちゃん化しました(^_^;)




Comment:2  Trackback:0
2015
07.15

使えない手ぬぐいの使いみち

先日、新しい手ぬぐいをゲットしました。
キッチンの手拭きタオルとして使うつもりで買ったのですが、
届いてみたら、あまりにも素敵すぎて使えない・・・。

よく、手ぬぐいが好きすぎて使えないっていう人の話を聞いて、
「手ぬぐいは使ってナンボでしょ。勿体無くて使えないって、本末転倒じゃ〜ん」
ってどこか小バカにしていた私ですが(手ぬぐい好きのみなさんごめんなさい)、
どうやらすっかり私もそんな手ぬぐいバカの仲間入りです。

ということで、飾ることにしました。
飾ると言っても、狭い賃貸じゃそんな優雅に壁を使えるスペースはないし
タペストリー棒や額を持っているわけではないので、
電気ブレーカー(玄関)の目隠しにすることに。

あかり手ぬぐいでブレーカー隠し

きゃー、ステキ!
今までは無難な感じの布を使っていたのですが、
デザインものを飾ると一気に雰囲気が変わります。
(突っぱり棒とS字フック付きのピンチを使っています。どちらも100均。)

灯りモチーフの手ぬぐいをブレーカーの目隠しにするなんて、
我ながらなかなか洒落がきいている気がしてご満悦なのであります。

めくるとブレーカーがチラリズム。(腕うつっちゃった。)

明り手ぬぐいからブレーカーちらり

手ぬぐいの薄くて涼やかな感じがこの季節に合っていて
なかなか良いお買い物となりました。
まぁ、これが冬なら
「灯りのデザインが暖かい感じがして、冬にピッタリ♪」
とか言うんでしょうけれど(笑)

次はどの手ぬぐいにしようかな〜と、お店めぐりが止まらない私です。

今回お買い物したのはこちらのお店。
品揃えが豊富すぎて困りますなぁ〜(ニヤニヤしつつため息)




Comment:2  Trackback:0
2015
07.13

食パンの焼き色問題、解決!

Category: 手づくり
パン作りにのめり込み始め、はや3ヶ月。
食パンを5回ほど焼きましたが、いつも側面に焼き色がつかず悩んでいました。

食パンしろい

はじめての角食失敗

上面は途中でアルミホイルを乗せてもコゲコゲ状態なのに、側面はまっ白。
(2枚目に関しては、焼き色以前の失敗だけど・・・笑)
温度を上げても、焼き時間を長くしても、型に油脂をたっぷり塗ってもダメで、
もしかしたらシリコンコーティングの型を使っているからかもしれないと
パン型のせいにしたりしていました。

が、色々調べるうちに、ついにコレだと思われる原因が判明。
過発酵です。

イーストは、糖質を分解しながら発酵するのだそうです。
ということは、醗酵が進めば進むほど、生地の中の糖質がなくなっていく。
糖質はパンに焼き色をつけるのに大事な役割を果たしているので、
過発酵によって糖質が分解されすぎる=焼き色がつかない、というわけです。

ということで、さっそく発酵を短めにして焼いてみました。
一次発酵と二次発酵のどちらで調整するか悩んだのですが、

 1次発酵・・・十分に発酵させるのがよい。
 2次発酵・・・十分に発酵しきる一歩手前で切り上げるのがよい。

という情報をどこか(情報元がわからなくなっちゃった・・)で見かけたので、
二次発酵を短くすることで調整してみました。

そのできあがりが・・・・・・・じゃんっ!!

角食パン焼き色ついた!ホワイトラインも!

すごい!本当にちゃんと焼き色がついてる!
噂に聞く"ホワイトライン"とやらもできています。
(でも実は、ホワイトラインがつかないほどカックカクのパンのほうが好み。笑)

私の持っている本には、2次発酵は50分間と書かれているのですが、
これを27℃の室温で40分弱(37分くらい)で焼いてみました。
成形が終わって手を洗ったりしたら
すぐにオーブンの予熱をはじめるくらいでちょうどよかった。

食べてみると、外側がサクサクパリパリしてて風味もあって
今までの白い食パンとは違う~♪

パン型のせいにしてた過去の私、愚かでした。
誠心誠意、パン型に謝りたい。ごめんなさい。

最近ちょっと食パン離れしていたけど、
これを機にまた食パン作りにハマりそう♪




Comment:0  Trackback:0
2015
07.09

結局せまいのが好き

Category: うさぎさん
先日、広いおうちに引っ越したうーさん

この間の記事に書いたように、せっかく狭小ハウスから脱却できたのに
あいかわらず端っこに寝転がるなーと思っていたら、
ついにこんな行動に出ました。

あくびは狭いのが好き

トイレを自分で動かして、わざわざスペース狭くしてる。
で、トイレを枕に寝ています。
このトイレ、陶器製で結構重たいので
だいぶがんばって動かしてるはずなんですよね。

なに?なんなの?
せっかくおうち広くなったのに、イヤだったの?

このケージの中ではめちゃくちゃくつろいでいるので、
「前のお家がよかったのに!」っていうんじゃなくて、
このサイズ感にこだわりがあるみたいです。

買い換える必要なかったかなー(苦笑)
新しいおうち、けっこうな値段したんだけどなー。
いやでも、狭いおうちで寝転んだ時に頭打ったりしたら危ないし、
良かったんだ。と思うことにしよう。

あくびの自前アイマスク

もう、自前のアイマスク(耳)までつけてくつろいじゃってますよ。
乳首見えてるし・・・笑

いいよいいよ、キミが気持ちいいなら。
心ゆくまでくつろぎなさいな。



Comment:0  Trackback:0
2015
07.07

「おばあちゃん化」認定されても、てぬぐいが好き

布巾をきっかけに、すっかり布製品にハマった私。
てぬぐいにもハマってしまいました。
キッチンで手を拭くタオル代わりに使っています。まさに手ぬぐい。

手はじめに1枚200円以下という激安手ぬぐいをネットで大人買いした私。
最初こそ盛り上がったテンションで満足して使っていたのだけれど、
そのうち、「これ、本当にいいかなぁ・・?」と疑問を感じ始めます。
乾きは遅いし、手ざわりゴワゴワだし、端っこがエンドレスにほつれるし。
てぬぐい、やっぱ大したことないじゃーん。

と思い始めかけていたある日。
とある雑貨屋さんで「豆絞り」と出会いました。

1000円超えでかなり勇気がいったのだけれど、
どこぞの記事だかブログだかで、
「てぬぐいは、豆絞りに始まって豆絞りに終わる。」
とまで言われていた豆しぼり。これかー、これなのかー。
手ぬぐい熱がまだ冷めていなかった私は思い切って購入。

うーん、お高いだけあって、なんだか雰囲気ありますわー。
豆絞りてぬぐい

商品ラベル(奥の方)にこんなこと書かれたら、買わずにいられなかった。
(術中にはまる典型的なパターン。良い子は真似しちゃいけません。)
豆絞り手ぬぐいのラベル

で、この豆絞り。
当初てぬぐいに抱いていた期待通り、すっごく使いやすい。

本当に乾きが早くて衛生的だし、
半年近く使った今、すっごく柔らかくていい感じの手ざわりになっているし、
はしっこのほつれは数回の洗濯で糸くずが出なくなったし。

ネットで買った1枚200円の手ぬぐいは何だったんだ?
というほど、全然使い心地が違います。
もう、ケチらずに最初からちゃんとした手ぬぐい買えばよかった!

ほつれこそが、乾きやすさ(=衛生的)に一役買っているということで、
目立つほど出てきた横糸だけをはさみでチョキチョキ。
手をかけている分、なんだかこのフサフサも可愛く見えてきます。
豆絞りてぬぐい切りっぱなし

あと手ぬぐいの何がいいって、かさばらないこと。
私はとにかく整理整頓が苦手なズボラ人間なので、
使うものは使う場所に収納するようにしないと
片付けたり取り出したりが面倒で億劫になって
どんどん散らかったり2日続けて同じタオルを使うようになる。。。嗚呼ダメ人間。

わが家のキッチンには妙に浅い引き出ししかなくて、
普通のタオルではかさばって収納できないんです。
それが手ぬぐいなら、ほら!
ラップくらいの深さしかない引き出しでも、10枚ラクラクで収納できます。
(豆絞りの奥のが、ネットの激安手ぬぐいたち。もったいないから使ってる。)

手ぬぐい収納


東京に住んでいたら
浅草や人形町でブラっと手ぬぐいめぐりをしたいところだけど、
日本の片隅でひっそりとネットめぐりをしております(^^;)
ほんと、便利な世の中になったものです。

昔ながらの柄も、現代風にシャレをきかせた柄も、色々あって目移りします。
お値段的にそんなにポンポン買えるものではないので、
浮いた生活費をせっせと貯めて、ごほうび的に買うのがささやかな楽しみ。

  
   

結婚してからというもの、
アクリルたわしやら手ぬぐいやら梅干しやら、
昔ながらのものに次々とハマっている私。
やっぱり、良いものだからこそ昔から残っているんだろうなぁと思います。

そういうのに興味がないバリバリサラリーウーマンの妹からは、
すっかり「おばあちゃん化」認定されている今日このごろです(苦笑)
いいの、楽しいから。



Comment:2  Trackback:0
2015
07.05

初めての角食は舌が生えていました。

Category: 手づくり
パン作り歴も3ヶ月目に突入したので、角食パンに挑戦しました。

はいっ!
初めての角食なんか出た

な・・・なんか出てる・・・。

はじめての角食失敗

あぁ〜・・・・笑
二次発酵の時間を長く取り過ぎて、はみ出してしまいました。
焼き上がりにはめちゃくちゃ萎んじゃったし。大失敗~。
(発酵過多だと、しぼみやすくなるらしい。)

はみ出したわりには膨らみもいまいちだったので、
どーんとハニートーストにして平らげました。
ほら、見ようによっちゃおいしそうでしょ?(苦笑)
初めての角食でハニートースト

まぁ、ベロ出てますけどね(笑)
失敗角食でハニートースト

そうそう、パン作りをするようになってから、
以前から持っていたバターカッターが大活躍しています。
去年、夫のアトピーがひどくなった頃に
マーガリンを一切やめてバターに切り替え、
便利だろうと思って買ったものです。

バターカッター

こんな感じで、10gずつにカットできるからすごく便利!
やー、まさかパン作りでこの道具が活きるとは。
まぁ、いつもなぜか斜めに切れちゃうんですけどね。

バターカッターななめになっちゃう

自分、不器用なんで・・・涙

こんどは、素敵なバターケースがほしいなぁ。
嗚呼、物欲は絶えない。




Comment:0  Trackback:0
2015
07.02

梅酢を飲む。不妊に効くとか効かないとか。

Category: 手づくり
梅干しを作ると必ずできるもの。梅酢
ドレッシングに使ったり、紅しょうがやしば漬けを作ったり、
色んな使い道があるというので、捨てずにとってあります。

・・・が、わが家ではいっこうに減りません。

ドレッシングは 私:あまりかけない派、夫:洋風がお好み だし、
紅しょうがは食べる習慣がない(夫が好きじゃないから粉モノにも入れない)し、
しば漬けは私は好きだけど夫はイマイチ(漬物全般に興味がない)だし。

ということで、去年の梅酢がどーんと残っています。
500~600mlほど。
2013年の梅酢

もしも今年の梅干しで梅酢の上がりが悪かったら
補充用として使おうかな~と思っていたのですが、
今年はたっぷりと梅酢が上がりました。

うーん困った。
さすがに1年経つと、心なしか退色してきた気もします。
去年はもっと鮮やかな赤紫色だったような。何かいい使い方ないかなー?

ということで最近、梅酢を飲んでいます。
そのまま飲むなんていう自殺行為に及んでいるわけではなく(笑)、
先日テレビで見た、20倍ほどに水で薄めて飲む方法。

「梅酢ドリンク」って紹介されてたけど、ようは梅酢水。
塩分の取り過ぎは避けたいので、おちょこサイズのグラスで
小さじ1/2くらいの梅酢を薄めて飲んでいます。

ピンク色になって、なんかキレイ♪
梅酢ドリンク

これ、意外と美味しい。
どうせただの塩水の味でしょ?って思ったけど、そんなことない。
桜茶みたいな、風味があってよいお味です。

しかも後から知ったのですが、最近巷では、
「梅酢は不妊に効果がある。」と、もっぱらの話題だそうです。

まぁ、期待することにはそろそろ疲れてきつつあるので、
ほんとかよ~?って程度で聞き流しつつ。
夫の帰りを待ちながら料理している間、
お腹が空いてパブロフ状態になっているときなんかに
台所で立ったまま啜っています。呑んだくれかっ(苦笑)

あとお気に入りの飲み方は、これまたペリエで割る方法。
色味的に、ロゼのシャンパンかのような見た目になるので
セレブ気分に浸れることまちがいなしです。(部屋着で立ち飲みですが。笑)


最近あついのでやっていないけど、
お湯で割って梅昆布茶風にして飲むのもまた良さそう。

せっかく作ったきれいな梅酢。
ありがたく味わえる方法が見つかってご満悦なりこです(^^)



Comment:0  Trackback:0
back-to-top