2015
08.10

おわかれ

Category: うさぎさん
先週の金曜日、わが家の先輩うさぎさんが亡くなりました。
突然のことすぎて今もまだ信じられないですが、
週末の間に火葬してもらい、今はもうお骨になってしまいました。
こんなに華奢な体で走り回っていたのかと愛おしくなるようなお骨でした。

お手こはる

前日の夜、部屋で遊ばせている時に突然おしりから出血し、
翌朝にはトイレシーツやゲージ下の新聞紙のあちこちに血が。
体重1.6キロの小さな体から考えると、相当量の出血でした。
なんで自分から血が出ているのかわからないのか、不思議そうにしていました。

夫は泊まりがけの仕事で不在、私も仕事に行かねばならず、
翌朝、あの子を残して出かけてしまいました。
食欲もしっかりあるから、夕方に病院に行ったので大丈夫だろうと。
午後休をもらって病院に連れて行き、止血剤を打ってもらいましたが
やっぱり出血が大量すぎたようで、普段はピンク色の耳が真っ白になり、
病院から戻って数時間で亡くなってしまいました。

亡くなる前の日まで何の前触れもなく、
最初に出血が始まってから24時間経っていませんでした。
レントゲンで見る限り膀胱などに異常はなかったので、
子宮か卵巣の病気だろうということでした。
中年以降のメスうさぎにはよくある病気なのだそうです。

急ぎの仕事なんてなかったのに。
休もうと思えば無理やりでも休める日だったのに。
今週、数日間の夏休みをもらっているからと、何となく急な休みを申し出づらくて。
自分の都合を優先させてしまいました。
社会人としては当たり前の判断だったとは思うけれど、
自分の目の前で、この手に触れていた命が消えてしまうことが
こんなにも苦しくてつらいなんて。
まっすぐ身体が起こせなくなってしまって
苦しそうにもがく最期の姿が頭から離れません。

避妊手術を受けさせておけばよかった。
メスのうさぎに子宮系の病気が多いって、聞いたことあったのに。
仮病を使ってでも仕事を休んで朝一番に病院へ連れて行けばよかった。
うちに来たばかりの頃はあれこれ心配してすぐに病院に行っていたのに。
なんで今回に限ってそうできなかったのか。

なんだか今は、自分を責める思いやあの子がいない喪失感で
思いが溢れて苦しさが止まりません。
ひとりだったらこの苦しさに押しつぶされていたと思います。
悲しみを分け合える夫がいて、本当に良かったと思いました。

なでなで小春

たった3年しか一緒に過ごしていなくて、
抱っこもほとんどさせてくれなかったうさぎでさえこんなに苦しいのに、
20年以上一緒に暮らした犬や猫、
ましてや何十年も共に暮らした家族を失ってしまったら、
私はとても耐えられる自信がないと思ってしまいました。
自分が思っていたより何倍も弱い人間だったのだな、と思いました。

かまって小春ヨコ

亡くなった子は小春といいます。
まだ4歳でした。あとちょっとで5歳でした。
まさかこんなに早く亡くなるなんて。

残されたあくびも、いつもと違う空気を感じているのかソワソワしています。
うさぎは順位付けが大事だと聞いたので、
ご飯をあげるのも撫でるのも話しかけるのも、まず小春からでした。
それがいきなり自分が一番にしてもらえるようになったので、戸惑っているみたい。

小春は音に敏感な子なので、家事をする時など
大きな音を立てないようにするクセがいつの間にかついてしまっていました。

そういう瞬間瞬間に、小春がいないことを実感してつらいです。
ペットロスって、正直いままでちょっと覚めた目で見ていました。
こんな風になるなんて。

あさってから、夏休みをとって夫と私の実家に帰省する予定です。
思い出の詰まった場所をしばし離れて、よい気分転換になるかもしれません。
あくびにとっては非日常が続いちゃってちょっとストレスかも。ごめんね。

なんだかまとまりのない文章になってしまいました。

小春。私たちのところに来てくれて本当にありがとう。
どうか、どうか、やすらかに。


スポンサーサイト
Comment:4  Trackback:0
back-to-top