2015
09.26

ヤシノミ洗剤でも泡立つスポンジを発見!するも・・

シルバーウィークもすっかり終わり、日常が戻ってきましたね。
そんななか私は、突然の発熱に連休明け早々ダウンしてしまいました。
木曜の夜、謎の発熱で一気に39度台になり、いまだにすっきり回復していません。
結局、今週は1日しか職場に行っていないという・・・学生かっ。

こんな時に限って夫は出張で不在だったりして、
一人ボケーっとぐうたらな週末を過ごしています。

さて、先日も書いた台所用洗剤のお話

手荒れ防止のために使っていたゴム手袋をやめて、
手に優しいヤシノミ洗剤を使い始めたのですが、
使い始めた当初、あまりの泡立ちの悪さに嫌気がさして
以前から気になっていたスポンジをポチっと注文してみました。


パックスナチュロンのキッチンスポンジ。
家事ブログやコラムで目にするだけでなく周囲にも使っている方がいて、
「これいいよ〜!!」と、アツく(笑)おすすめされたこともありました。

何がいいのかと詳しく見てみると、
水切れが良い泡立ちが良いスポンジ自体のもちが良い、ということで、
それならお試しに1個と買ってみたのです。

届いた頃にはアクリルたわしでもうまく泡立てるコツを掴んでいたのですが、
せっかくだからと使ってみた結果、

パックスナチュロンスポンジ

たしかに!めちゃくちゃ泡立つ!!!
比べやすいように、私が日ごろ愛用している
アクリルたわしでの泡立ち具合がこちらです。

ヤシノミ洗剤でアワアワ

まぁ、アクリルたわし自体が泡立ちにくいっていうこともあるんですが、
それを差し引いても、たしかにこのスポンジはすごいかも。
2人分の食器を洗ってもぜんぜん泡がなくならないし、水切れもいい。

これはすごいいいモノ見つけたかもー!!

って思ったんですが。

なんかね、結局戻っちゃいそうです。アクリルたわしに。
気付けば私、アクリルたわしの虜になっていたようで。
あの、キュキュっと食器を拭うように洗える感じが、

「あぁ、今食器をキレイにしてます、私。ほら、キュキュッ!!」

みたいななんとも言えない恍惚感で。(だ・・・・誰? 汗)

私の性格上、あんまり泡立ちが良いと
たっぷりの泡で洗えてる気になってしっかりこすり洗いしなくなるので、
むしろそこまで泡立たない方がずぼらな私に向いてるのかも、とも思ったり。

お値段も、アクリルたわしなら1個20円くらいで作れるので
それなら断然アクリルたわしかな〜なんて思っている今日このごろです。
(かのこ編するようになったら、こま編みよりもコスパ上がりました!)

とはいえ、パックスナチュロンのスポンジの泡立ち力には素直に感動しました。
水切れもたしかにいい。
アクリルたわしのようにワイヤークリップで挟めないので
仕方なくせっけん置きにこんな感じで立てかけて置いていますが、
わりと短時間ですっきり乾いています。

パックスナチュロンスポンジの置き場所

でも、やっぱり底が接地しているのはあまり好きじゃないんですけれど。
あと、色もピンクかブルーしかない(しかも注文時に選べない)ので、
白好きの私としてはそこもいまいちテンションが上がらなかった理由かなー。

そんなこんなで、この冬もせっせとアクリルたわしを編む生活を
送りそうな予感がする私であります。
(夏は暑くて毛糸を触りたくないので、秋冬に編み溜めする。笑)

ヤシノミ洗剤はすっかりお気に入りになってわが家の定番化しそうです。
近所のお店だとけっこう高いので、ネットでお得情報を見つけては買い物カゴへぽいっ。


財布の紐は引き締めつつ家事テンションを上げる。
主婦力の試されるところですね。キリッ。
(とか言いつつ、結局は自己満・・・苦笑)



スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2015
09.22

2年ごしの栗まみれ

Category: 手づくり
今年は夫婦そろってシルバーウィークはまるまるお休みなので、
近場にあちこちでかけて楽しんでいます。
連休初日はドライブがてら、地元の栗の名産地へ。

秋の風物詩といえば、わが家では栗の渋皮煮。
去年は天候不順の影響などが重なって
くやしいことに栗がゲットできなかったのです。
今年こそは!と、意気込んで出かけてきました。

無事、1.5キロの栗をゲット♪

栗買ってきた2015

で、大活躍するのが、職場の方に教えてもらったコレ。


栗の皮剥き専用バサミです。
その名も「栗くり坊主」。(笑)
コレの良い所は、簡単に楽に剥けること以上に、
安全に栗の皮が剥けること。
コレがなかったら、今頃私は指を2本くらいなくしていることでしょう・・・。

わが家には2本常備してあるので、
夫にも手伝わせ手伝ってもらって、ひたすら皮を剥きます。

重曹を入れて、何度かお水を入れ替えながらクツクツ弱火で炊いて、

渋皮煮てます2015

余分な皮やスジをキレイに取り除いたら
最後に栗の半量〜同量のお砂糖を入れて煮含めたらできあがり。
今年は、栗(皮剥き後)の7割程度の重さの三温糖を入れました。

渋皮煮2015

少し小さめの栗たちは栗ごはんに。
クチナシとかは使っていないのでTHE・素朴な色味ですが、
季節の味はやっぱり美味しいですね〜(^^)

栗ごはん2015

あんなにがんばって皮剥きした栗が一瞬で消費されちゃうのは
ちょっと切ないものがありますが(笑)、食で季節を感じられるのは幸せです。
もう1回くらい作りたいけど、あの皮剥き作業は
1年くらいおあずけなのがちょうどいいかな〜(苦笑)



Comment:4  Trackback:0
2015
09.19

ヤシノミ洗剤で、脱ゴム手袋

先日より頭を悩ませていた「食器洗いにゴム手袋は必要か」問題
手荒れや手の老化を避けたければ必要だけど、
食器はしっかり洗いたい・・悩ましい・・・・・。

こういうときは、案ずるよりは産むが易し。
とりあえずやってみればいいのだ!
ということで、数日前からゴム手袋をつけずにキッチンに立っています。

ただ、対策をしないと以前のように手荒れでつらい思いをしてしまうので、
洗剤を手に優しいタイプに変えてみることにしました。
手に優しいといえば石けんですが、使うのが苦手(下手)なので、
買ってみたのがこちら。

 

ヤシノミ洗剤。
昔から見かけますよね~これ。
界面活性剤入りの合成洗剤ではあるのですが、
比較的手に優しい天然素材なのだとか。

----------
こういうのは、突き詰めて調べると「メーカーの嘘つき!騙したのね!!」的な
情報がなにかと出てくる(きた)ので、あえて突き詰めない。
自分に合っていればいいのだ。
----------

10日ほど使ってみましたが、今のところ手荒れもせず結構いいかも。
まぁまだあんまり乾燥しない時季なのでなんともいえませんが。

それよりもやっぱり、
素手で洗うのってきもちいー!!!

もうね、スポンジで食器をググイとこする感覚とか、
あぁ、汚れ落ちたなってキュキュっとする感じとか、いいですね。
たまらないです。(何フェチ?)

ただ、天然素材というだけあってか、泡立ちはイマイチです。
私はアクリルたわしを使っているので、よけいに泡立ちが悪く、
それまで使っていた濃縮タイプの中性洗剤(ジョイとかキュキュット)との差に、
使い始めの頃はちょっとイライラしました。
そのせいで、最初の数日でかなり洗剤のムダ遣いをしてしまった。。。

が、コツを掴めばちゃんと泡立つようになり、今では快適です。
むしろ、泡が濃密すぎないぶん泡切れがよく、
水道代も節約できているんじゃないかと思います。

コツは、アクリルたわしに洗剤をつけた後、
両手でもみ洗いするようにモミモミっとすること。これだけ。
水分は少なくするのがポイントです。
洗顔料やお風呂で石鹸を泡立てるときにも、
水を多くし過ぎると泡立たないですよね。
そんなイメージで使うと、うまく使えるようになりました。

ヤシノミ洗剤でアワアワ

アクリルたわしが白いのでいまいちわからないけど、、
下の方にある食器についた泡でお察しいただければと(^^;)
ジョイやキュキュっとのような、モッコモコの泡は期待しない方が良いですが、
汚れを落とすのに必要な泡は十分できます。

あと、ゴム手袋をやめてよかったのは、時短になること。
手袋をつけて外すって、1回あたりはものの数秒ですが、
つけて食器洗って、外して食器拭いて、またつけてグリルを洗って・・・
みたいなことの繰り返しが、非効率を生んでいたんだなーと実感しました。
(狭いので、一気に全部洗えないの。涙)

ヤシノミ洗剤、ボトルもなんだかノスタルジックでかわいくて、
そのまま置いていてもシンプルさを損なわないデザインもお気に入り。

ヤシノミ洗剤かわいい

とりあえずお試しにと小さいタイプを買ってみたけど、
ポンプタイプ(600ml)の方が使いやすそう。

   
(販売時期によってデザインが違うみたい。私は左の方が好き。)

サラヤの公式ページを見ると、
いろんなブランドやキャラクターとのコラボボトルなんかも出ているようで
こういうところが長年にわたって主婦の心をくすぐっているのかなーとも思いました。
でも私はこのシンプルな椰子の木デザインが好きかな~。

ところで今回いろんな洗剤を見てみて思ったんですけど、
最近主流の中性洗剤って、使用上の注意のところに
「原液をスポンジにつけて使用する際は必ずゴム手袋を着用してください」
って、必ず書いてあるんですよね。読んだことなかったけど。

ゴム手袋をするかしないか悩む前に、
メーカーからつけなさいと注意喚起されていました。
知らなんだー。

だって、ほんの数滴で2人分の食器と鍋類まで洗いきれちゃいますもんね。
考えてみればすごい洗浄力。そりゃ手もボロボロになります。

ひとまずヤシノミ洗剤をしばらく使ってみて、手の状態を見てみたいと思います。
台所にハンドクリームを常備しなければ。
使い勝手もいいしデザインも気に入ったし、トラブルがないといいな♪


Comment:2  Trackback:0
2015
09.17

もえるもえる、夕焼けと物欲。

めっきり涼しくなって、夏はどこかへいってしまったようです。
半袖を着て出かけることも少なくなりました。
季節とともに、空も表情が変わってゆきます。

先日の夕焼け。
もえる夕焼け

燃えるよう。
自然の美しさって圧倒されますね。
あいかわらずその美しさの1/10も伝わらないスマホカメラと撮影技術が残念。


夕焼けと同じく燃えているのが、私の物欲。
最近、これ↓が欲しくて欲しくて。


オーストリッチのはたき
ずーっと前から気になっていたのだけれど、
最近いよいよ欲しくなってきて、ネットで調べては写真を眺めています。

元来ズボラな私。
ホコリを手軽に「ついで掃除」するために、
クイックルワイパーのハンディタイプを手に取りやすい場所に置いています。
生活感が出ちゃうので、100均で買った陶器の花瓶に収納して
テレビの後ろに目隠しするように。

クイックルハンディ収納するところ クイックルハンディ収納


ほら、生活感も出ないしいい感じでしょ??
良い収納ワザ見つけたわ〜♪

・・・なんて思っていたのですが、存在感がなさすぎて
ついつい存在を忘れてしまう。。。意味なーい!
で、うっすらホコリに気付いた私の口をついて出る魔法の言葉がこちら。

「人間、ホコリくらいじゃ死なない。」

だめだ・・・ダメすぎる。ダメ嫁すぎる!!

そして思ったんです。
「見た目も機能もお気に入りのモノなら、毎日手に取るんじゃないか。」

で、思い出したのがレデッカーのはたきです。
何より見た目がステキ。



これが部屋にあったら、しょっちゅう手にとってウットリ悦に入るに違いない。
→からの、掃除をするに違いない。
静電気も起きないらしく、機能的にもとってもよさそう。
と、妄想をふくらませているのですが、はたしてどうでしょう。

以前同じような理由から、箒とはりみ(ちりとり)を買いました。
玄関のおそうじ用にと、お気に入りの傘かけに引っ掛けています。

傘立て

たしかに、ホームセンターで買った無粋なほうきを使っていた頃よりは
手にとって掃除することが多くなりました。
(いや、毎日ちゃんとしなさいよって話なんですが・・・恥)

掃除道具に3,500円。かなり躊躇する金額です。
買うか、買わないか、それが問題だ・・・。(最近こんなんばっか。)


  


Comment:2  Trackback:0
2015
09.15

念押し土用干し

Category: 手づくり
今年はもうおしまいと思っていた梅干し作りですが、
できあがった梅を一粒食べた夫から一言。
「なんかこれ水分多いね。もうちょっと干したら?」

えー。見た目(↓)はとってもいい感じに仕上がっているのだけど。
土用干し2015 完了

もともと、香りのいいジューシーな感じの小梅だったから、
これがこの梅のベストエフォートだと思うんですけどぉ。。。
と思いつつ、建設的な意見として取り入れて
追加でもう一日干してみることにしました。(何様)

干し梅になっちゃいそうで怖かったので、
朝11時頃からのゆっくりした干しスタート。

念押しの土用干し2015

はー、ぽかぽか気持ちよさそう。
いいねぇ、梅は日焼けしないしシミもできなくて。

さすが9月になると南中高度が下がってベランダに陽が長く入ります。
16時すぎまでたっぷり干して終了。

土用干し2015の3日目

うん、思ったよりいい感じ。これで夫も満足でしょう。
と思いきや、やっぱり干し梅と化した梅を発見。
わーん、だから言ったじゃんー(泣)

土用干し2015やりすぎた

でも、保存容器に戻すと良い感じに水分が出てきてしっとりしてきました。
よかったーひと安心。

さて、これで今年の梅干しづくりは本当に終了。
去年までのストックもまだかなりあるので、来年はお休みするかもしれません。
来年は梅シロップを作るのだ。

そういえば、わんさとあるストックを整理しようと
去年の梅を引っ張りだしてみてびっくり。
赤紫蘇できれいに着色したはずなんですが、
今年の梅と並べてみると、かなり退色していることに気づきました。

(左:去年の梅  右:今年の梅)
1年でこんなに色が

1年経つとけっこう違いが出るものですね。
これはこれで、「おばあちゃんの梅」って感じがして美味しそうです。

というか、去年の梅まだこんなにあったのか・・・(^_^;)



Comment:2  Trackback:0
2015
09.13

フローリングが苦手

Category: うさぎさん
うちのあくびさん、1歳9ヶ月。
うさぎには珍しく、フローリングに全く物怖じせず、
リビング中を爆走するのが趣味のような子だったんですが、
ここ1ヶ月ほどで急にフローリングを嫌がるようになりました。

まぁ、ただフローリングを怖がらないってだけで、
全力で走っては、滑ってよく壁にぶつかっていたので
「危ないなー、体重も重くなったし何か対策しなきゃなー。」
と思っていたのです。

ただ、よく子供用のプレイマットをペット用にも敷いているのを見かけますが、
小春含めうちのうさぎたちの場合、間違いなく爪でほじって食べちゃうので
避けていたんですよね。

そんな折、よさげなものを見つけたので買ってみました。



吸着タイプで滑らないっていうのがいいし、色も選べる。
(うちはグレーとホワイトの組み合わせにしました。)
厚みが薄いので、ほじって食べる心配もなし。
何より9枚で1,000円って安い!
せっかくだから走り回れる広さにすべく、3セット(27枚)注文。

で、さっそく夫と2人でせっせと敷いてみると・・・・


めっちゃ楽しそう!!(笑)
マットたのしーーーーー!!


いっさい臆すること無く、全力で跳ねまわってます。
さすがうさぎ。

ウラはこんな感じで吸着面になっています。
床材を傷めない程度の程よい粘着力です。
(「え?剥がすの?なんで?やめてよ。」って言いに来るあくびさん。笑)
マット剥がしちゃうの?

何度か剥がして貼り直したりしましたが、
吸着力が落ちることもなく、いい感じです。
汚れたところだけ取り外して洗えるのもまた良い感じ。

小春用には、似たような素材のこちら↓を使っていました。


60cm*180cmの、キッチンマットみたいなマット。
これも、裏面が吸着面になっています。
部屋んぽするときだけ敷いてあげていました。
(あくびのはつど敷くのが大変なので敷きっぱなし。万年床。)
直線をダダダーッと走るのが好きな子だったので、小春にはこっちが向いていたみたい。

なんかこうやって見比べると、あくびの方が広々と遊ぶスペースを与えられてるなぁ。
小春がいなくなってから、飼い主からの愛情を独り占めできるようなったあくびさん。
着々と、わがまま娘への道を歩んでいるような気がしてなりません。
ここらでちょっと、気を引き締めないといけませんね。



Comment:0  Trackback:0
2015
09.09

病院えらび

Category: 不妊治療
昨日、新しい病院へ診察に行ってきました。
前の病院には2年半ほど通いましたが、
うち後半の1年はほぼ通院をやめていたので、1年ぶりの病院です。

緊張しつつの初診でしたが、とても信頼できそうな病院で安心しました。
とともに、早くこちらの病院に来ればよかったと、少し後悔もしました。

私の不妊の原因については以前も書いたことがありますが、

・高プロラクチン血症(プロラクチン値:160)
・左卵管が閉塞
・抗核抗体が高値(抗体値:5120)


こんな具合です。
それぞれ、色々と問題を指摘されてしまいました。
備忘のために書いておこうと思います。

まず、プロラクチン値
プロラクチン値は、正常値が6.12〜30.54(前の病院で採用していた基準)です。
私の値はこの範囲を大きく超えているわけですが、160というのはあまりにも高すぎると。

プロラクチン値が高すぎる場合、脳下垂体腫瘍の可能性があるそうです。
検査当時に自分でもあれこれ調べて分かっていたことですが、
前の病院での説明によると、私くらいの値なら心配いらないということでした。
しかし、今回の病院の先生の判断は、値が100を超えている場合は
脳下垂体腫瘍を疑ってMRIをとるべきだ、というもの。

医師によって解釈や診断が異なることはあってしかるべきだと思いますが、
実際にこういうことを自分が体験すると、ちょっと怖いなぁと思ってしまいます。
ということで、近いうちにMRIをとることになりそう。
MRI・・・・大嫌いです。閉所恐怖症だから(T_T)
しかも脳下垂体の場合は造影剤を使った検査になるそうで、
時間もお金もいっぱいかかりそう。うー、やだなぁ。。。。(甘えるな。)


次に左卵管の閉塞
以前、造影剤を全部体内に入れることができず検査が辛かったという話を書きました。
その話を先生にすると、
「右側が閉塞していないのに造影剤が入らなかったというのは少し疑問」
とのことで・・。
ようは、片側だけでも通っているなら
造影剤はそちら側から問題なく体内に抜けていくはずで、
すべて入らなかったということは右側も閉塞している可能性があるとのこと。
えっ?じゃあ前の病院でタイミング法を続けていた期間は何だったの?(汗)

ということで、ふたたび恐怖の卵管造影検査を受けることが決定しました。
もうね、もう・・・  ○| ̄|_  ←こういうやつ。
これってこういう時に使うんだなって思いましたよ。
あの検査をまたやるのかー・・・・・・。
前の検査中に失神しかけたと伝えたら、次やるときは
神経ブロックを使ってもらえるということでした。よかった(涙)


それから抗核抗体
これについては新たな問題点は特に指摘されなかったのですが、
もう体質みたいなものだから「治す」ということはできない。
プロラクチン値は服薬等で値を下げればいいし、
卵管閉塞は再建手術をするなどして対処すればいい。
それに対して抗核抗体は対処の仕方がとても難しいのだと。
目に見えない相手だから、治療しながら付き合い方を考えるしかないのだそうです。

あと内診の結果、子宮筋腫も見つかっちゃいました。
まぁデキモノ体質だからあってもおかしくないなーとは思ってたけど。


そんなこんなで、先生の言葉でまとめると、
「一筋縄ではいかない状態だね。」とのことでした。
「さて、何から手を付けたもんか・・・」という雰囲気の中、
ひとまずひととおりの検査をやり直し、その結果を見て
計画的に色々見極めながらやっていきましょうということになりました。

なんだかもう、自分の体がどうしようもない状態だってことを
あらためて認識させられたというか。
しばらく治療から離れていたこともあって、
「病院を変えて人工授精に進んでみたら、意外とポコっと妊娠したりして♪」
なんて夢見がちになっていたノーテンキな自分もどこかにいて、
久しぶりにこのことで凹みました。
まぁ、これが現実だから仕方ないですけれど。

あと、もっと早くこの病院にきていればよかったなぁと。
脳下垂体のこととか造影剤のこととか、私なりに疑問を感じてはいました。
でもしょせん素人の考えることだし、先生を信じてみようと
なかば盲目的に従ってしまっていました。
で、今回あらためて指摘されてみて初めて気づくっていう。
あと1年早く気づいていれば、まだ30歳だったのに。

とはいえ、前の病院を悪く言って自院の客になってもらおうとする
先生の戦略かもしれない(私のひねくれた性格(笑)が露呈しますね)し、
私の身体、私の治療なのだから、
私自身の考えを大切にしつつ、治療を進めていこうと思います。

とりあえずしばらくはまた、検査続きの期間になりそうです。
お金もかかるなー。節約しなきゃ。



Comment:0  Trackback:0
2015
09.08

1ヶ月

Category: うさぎさん
昨日で、小春が亡くなってちょうど1ヶ月がたちました。
この1ヶ月、めまぐるしく色々なことがあったので
まだたった1ヶ月しか経っていないのかと、ちょっと不思議な感じがします。

小春のお手

忙しかったのもあるけれど、小春のケージをまだ片付けることができず
あくびのケージの隣に置いたままにしてしまっています。

それを、ひたすら見つめるあくびさん。
(ケージ掃除の途中なので散らかってますね・・・・恥)

小春を見つめるあくび
※右があくびケージ、左のバリケードされてる方が小春ケージ。

自分のケージに帰ってからも、ひたすら見る。
じいぃぃぃーーーーーー。(笑)

ひたすら小春をみるあくび

あれー、おかしいなー。何もいないなー。
とか思ってるんでしょうかね。
小春も、こんなに恋しがってもらえたら本望でしょう。(苦笑)

でも、そろそろちゃんと小春のケージも片付けないと。
いつまでも出しっぱなしというわけにもいかないし。
写真をたくさん飾って、あくびが淋しがらないようにしてあげようと思います。


さて、今日はいよいよ新しい病院の初診日。
午後に予約を入れているのですが、今からドキドキです。
楽しみではあるものの、
またイチから検査しなきゃいけないのかな~。。
あの恐怖の卵管造影検査もやらなきゃいけないのかな~。。。(涙)
と、少し恐怖を覚えていたりもします。

「おう、ビビってないで行ってこいよ!」と小春も言っていますし
まずは気楽に、行ってくることにします。

小春 おやつをよこせ

がんばれ自分!!



Comment:2  Trackback:0
2015
09.07

使うか使わないか、それが問題だ。

数年前にひどい手荒れに悩まされて以来、
炊事の際にはゴム手袋を使うようになりました。

安いものを使っていた頃は使いにくさも感じていたのですが、
お気に入りのゴム手袋(カサベラのウォーターグローブ↓)に出会ってからは
「お値段が張っても、色が好みじゃなくても、これ以外は使えない!」と、
何年間も愛用してきました。


これ、水垂れしないし耐久性もあるし、オススメです。
ここ1年ほど、ギリシャ情勢のあおりを受けて生産中止になっていたのだけれど、
最近また生産再開したようで、さっそく購入して使っています。

・・・・・・が。
正直、やっぱり素手が一番だよなぁと思うんですよね。

たまに、ゴム手袋を使わずに素手で食器を洗うと
油分がしっかり落ちていないことに気づくことがあって、
「うわ~、いつもこうなのかなぁ。」と軽いショックを受けます(^_^;)
保存容器のフタの溝とか、急須の注ぎ口とか、
細かいところは断然素手の方が洗いやすいですし。
あと、単純に着脱がめんどくさいし、内側の衛生面もちょっと気になります。

それから、さっきも書いたけどこのお気に入りのゴム手袋、
唯一、気に入らないことが。

そう、このビビッドカラー

カサベラゴム手袋

3色展開されているんですが、さすが海外製品というような色ばかりで、
キッチンを白系で統一したい私にとっては、そりゃもうとっても好みじゃない。

カサベラゴム手袋かけてる


ギトギトの油汚れも躊躇なく熱いお湯で洗えるなど、
ゴム手袋ならではのメリットももちろんあるんですけれどね。
手荒れのことを除けば、断然素手の方がいい!

けれどやっぱり手荒れが気になるこの乙女心。
(言うだけならタダだから「乙女」って言わせておねがい。)
もし仮に洗剤で手荒れをしない体質になったとしても、
5年、10年、20年と歳を重ねたら、ゴム手袋をするのとしないのとじゃ
手の老け方がめちゃくちゃ違うんじゃなかろうか。
いや、違うに違いない。

「うーん、素手で洗いたいなぁ。でも手荒れがなぁ。。。」
と、そんなジレンマを抱えながらキッチンに立つ今日このごろです。

がしかし、案ずるより産むが易し。
ここは一度、洗剤を手にやさしいタイプのものに変えて
脱ゴム手袋してみようかなぁと思います。
おばあちゃんみたいな手になったとしても、それはそれで愛おしいじゃないか。
(ほんとはヤダ。でもそもそも元々フシだらけの不格好な手だし。)

以前、食器用洗剤を無添加の固形石鹸に変えてみたりもしたんですけどね。
すすぎ方にコツがいったり滑りやすかったりシンクが石鹸カスで曇りがちになったりで、
私には使いづらいと感じてしまいました。
自分、不器用ですから・・・(言い訳)
ふきんのお手入れには中性洗剤を使いたいということもあるので、
手に優しいタイプの中性洗剤ジプシーを始めようかと思います。

でも、界面活性剤が入っている以上、
ないものねだりに終わっちゃうのかなぁ。。(遠い目)



Comment:2  Trackback:0
2015
09.04

治療再開でミネラルラルラルノンカフェイン

Category: 不妊治療
さて、すっかりお忘れかもしれませんが。
わたくし、絶賛妊活中です。

いや、最近は治療も妊活もちょっとサボっていたので
「絶賛赤ちゃん欲し中」です。なんだそりゃ。笑
(それにしても「妊活」って言葉はなんとなく馴染みません。なんでだろう。)

治療しながら考えることも多々あり、実生活でも色々あって
治療をお休みしないといけなくなったりしているうちに
ここ半年~1年ほど、なんとなく不妊治療に距離を置いてしまっていました。

が、私も気付けば来月で32歳。
いい加減あとが無くなる年代に近づいて来ました。
治療を始めた29歳の頃は「まだまだ時間はあるしのんびりやろう~♪」
なんて思っていたけれど、30代で歳を重ねるうちに
焦りとも恐怖とも逃避願望ともつかないドヨ~ンとした気持ちが
いつも心のどこかに居座っています。

先日、今度人工授精にステップアップするという知人が、
「来月から人工授精なんだぁ♪楽しみ~~~っ♪♪♪」
とルンルンで言っていて、根がネガティブ思考の私には軽く衝撃でした。
「こんなノリで不妊治療を語れるのか。」と、びっくりするやら羨ましいやら。
でも、私もこんな感じで臨んでみたらいいのだと思わせてくれた一言でした。

そんなこともきっかけの一つとなり、
自分にケリをつけるべく、不妊治療を再開します。
来週、今まで通っていたのとは別の病院に予約を入れました。
自宅からは近くなるけど、とても人気の病院で予約をとるのにひと苦労。
正直、仕事と両立しながら続けていけるか不安もありますが、
やってみなければ始まらない。ひとまず行ってきます。

治療再開にあわせて体質改善的なこともやっていかなければと、
最近、ルイボスティーを飲んでいます。
とにかく手軽に始められることからやってみようと思って。

ルイボス茶

不妊に良い、卵子の若返りに効果的などとよく聞くルイボス茶。
正直なところ科学的な根拠については不明ですが(^^;)、
おいしいし、気やすめのつもりで飲んでいます。
プーアル茶や杜仲茶に味が似ていて私ごのみ。

ルイボス茶といえば、

 ♪ルイボス茶ルイボスっ茶~ 南アフリカルイボス茶~
 ♪ミネラルラルラルノンカフェインだ~
 ♪ルイボス茶~は喜望峰っ♪


ってCM、昔ありませんでした?20年くらい前かなぁ。
黄色い背景で、女の子がルイボス茶をプハァ~って飲むイラストが動くCM。
なぜかすっごく覚えてて、飲むたびにこの歌を思い出してしまいます。
短いフレーズがエンドレスリピートされて苦しいんですよね。
今もずっと頭のなかで歌が止まらない・・・誰かとめて~(苦笑)



"有機"という言葉がなんだかさらにカラダによさそうな気がして購入。
広告やさんの思うツボでしょうか(笑)
いいのいいの、気分の問題だから。

パックを水から入れて15分ほど煮出すとお茶の成分がしっかり出てくるというので、
鍋でぐつぐつ煮出し、朝ごはんの時に一杯いただいています。
麦茶っぽくもハーブティっぽくもあるので、ご飯でもパンでもいける味。
残りは水筒に入れて職場にも持って行っています。
抗酸化作用もあるらしいので、お肌もキレイになったらいいな~♪




Comment:0  Trackback:0
2015
09.03

過ぎゆく季節の味

Category: 手づくり
朝晩はすっかり涼しくなってきました。
窓を開けたまま寝てしまうと風邪を引きそうなほどです。

南国うまれの私は、10月中旬の自分の誕生日が近づくと
「誕生日が来たら半袖は終わりだよー。」と言われて育ちました。
9月こそ夏本番!という感じだったんですよね。
地元を離れて10年以上経つ今でもその感覚が抜けず、
いまだに毎年、ひとりだけ秋に出遅れてしまいます。
今年こそは早めに秋じたくをはじめなければ。


午後はやめに帰宅できたので、
すぎゆく夏を惜しんで枝豆のパンを焼きました。
ピザ用チーズも生地に混ぜ込んで、夏のおつまみ風に。(朝食にするけど。)

枝豆チーズパン

以前どこぞのパン屋さんで買って食べた枝豆チーズパンがとても美味しくて
自分でも作ってみたかったのだけれど、特殊な成形だったのでマネできず。
中に練り込まれたトロけるチーズがちょこっとだけ表面にものぞいていて
それが鉄板の上でいい具合に焦げて食欲そそられてもうタマラン~~~!!

みたいなの(伝わる?笑)が焼きたく、試行錯誤した結果、
成形せずにスタバのスコーン風にざく切りのまま焼いてみました。
名づけて、"枝豆とチーズのリュスティック風"
わー、かっこよさげ!
ま、枝豆とチーズを混ぜて切って焼いただけのパンです(笑)

牛乳類は入れず、油脂はオリーブオイルにして
強力粉だけどフランスパンっぽい生地にして焼きました。
おいしいし楽チンでいいかも。
次はコーンとかでやってみよう♪



Comment:0  Trackback:0
back-to-top