2016
02.27

ご褒美てぬぐい。

FTを受けてからはや1週間。
術後、6日間は出血が続きました。
あと、下腹部の痛みもジワジワいまだ続いています。
が、これも手術をして身体が変化したことの証!と、
あまり深く考えないようにして過ごしています。

さて、せっかくだから手術をがんばった自分にごほうびを。
(いくつになっても自分に甘い。)
ということで、あひろ屋さんで手ぬぐいを買いました。

以前からずーっと気になっていたショップさんで、
パソコンを開いては、「これいいいなー。こっちも素敵だなー。」と、
ウィンドウショッピングを繰り返していたお店。

毎日台所でガシガシ手拭きに使っていますが、
手ぬぐいって私にとってはけっこう贅沢品なので、
こんな機会でもないといつまでたっても買わないぞ、と。

2〜3枚だけを厳選して買うつもりが、
気になるものを選んでいたら、あっというまにカートの中の商品数が2桁に(笑)
そこから絞りに絞って、ようやく7枚になりました。
しめて8千円。
うーーーーん。布にはっせんえん。高いよね(笑)

でも、、、、

あひろ屋てぬぐい

買っちゃった私。

並べて気づいたけど、私ってやっぱり趣味が地味かも。
ほぼモノクロですね。女子力の所在〜。

一番欲しかったのは、これ。「鉄瓶」。
あひろ屋さんの代表作(?)なイメージです。
届いてすぐさま開封して撮ったので、商品シールがついたまま(笑)
鉄瓶

「宿り木」と「槍梅」
梅は、季節もバッチリで、すぐに使い始めます。
宿木と梅

「岩燕」と「眠る鳥」。鳥つながりですね。
燕もこれからちょうどよい季節。
岩燕と眠る鳥

「滝縞」は水色と迷ったのだけれど、あえて好みを外して紫を。
大人な雰囲気です。
滝縞

そして、届いてみると予想以上に素敵だったのが「枝垂柳」。
カゲロウが、濃淡を付けて染められていてほんとうに素敵。
このままどこかに飾っておきたいです。
枝下柳

せっかくパリっとキレイに畳まれているのにもったいないけれど、
しばらく使わないものでも、まず一度すべて水洗いします。
余分な染料や糊を落としておかないと、布が傷んで破れたりするんだそうな。
しかし、この水洗い作業も、布をいつくしめる楽しい時間です。

去年買った手ぬぐいは、だいぶ使い込んできて
くったりと、使っていてとても心地良い感触になってきました。
今はハリハリシャッキリとしたこの手拭いたちも、
来年の今頃はそんなふうになっているかな〜。

あひろ屋さん、近くにあればぜひ実際に訪ねてみたいお店です。
遠いから無理だけど〜。。
東京に3年以上も住んでいたのに、なんであの頃に出会わなかったのか。
職場と自宅の往復ばかりという、なんとももったいない過ごし方をしてしまいました。
そういうことって、離れてみて気付くんですよね(^^;)

いつか、関東へゆっくりと出向く機会があったら
立ち寄ってみようと思います。

スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
back-to-top