2016
04.29

棚ぼたでかまわぬ

昨日、日帰りで東京に行ってきました。

前日になって唐突に決まった出張で、
なんでパートの私が、しかもゴールデンウィークの前日に
突然東京に行かされなきゃならんのだ!
案の定、飛行機は全便キャンセル待ちだし。
このまま便が確保できなかったら、1泊しなきゃいけないかもしれないし!

と、最初は内心ちょっと憤慨していたのですが、そこであることに気付く。

東京ってことは・・・・「かまわぬ」に行けるじゃないか!

説明しよう。
「かまわぬ」とは、関東地域にお店を展開している、
手ぬぐいやさんのことであります。
基本的にオンライン販売をしておらず、
(楽天とかでは見かけるけど、お店としてはやっていない模様。)
店舗に行くか、カタログを買ってオーダーするしかないので、
ずっと憧れでしかなかったお店です。

30代になってからは友人の結婚式などに呼ばれる機会も減り、
東京に行くことそのものがなくなってきた私。
これって、すごいラッキーなんじゃない?まさに棚ぼた。

ということで、がぜんやる気になったという次第。

とはいえ仕事で行くわけですから、空き時間があれば、の話。
悶々悶々としながら飛行機のキャンセル待ちをしていたら・・・・
来ました。チケット確保の連絡が。
なんと、とれたフライトは最終便ー!!

キている。私、キています。
仕事が終わるのは15時過ぎ。
混雑を見越して早めに羽田に向かうとしても、2〜3時間は自由時間。
うわーーーい!


ということで、行ってまいりました。
どうせ行くなら本店に、ということで代官山へ。

雨の中、迷子になりつつも行った甲斐がありました。
さすがにお店の中の写真は撮れなかったですが(^^;)、
素敵なお店でしたー♪

そして、また買ってしまった私。
この間はぎれセットを買ったばっかりなのに!

かまわぬ手ぬぐい

左から、「枡小紋」「水芭蕉」「ばら」。

どうせタオルハンカチから手ぬぐいに切り替えるタイミングだったし、
無駄遣いではない。これは必要な買い物なのだ。うんうん。

一番右の薔薇は、私の趣味とはちょっと違うはずなのに
なぜか惹かれてどうしても気になってしまい、迷った挙句に買ってしまいました。
すべて半分に切ってハンカチにする予定。
切るのがもったいない気がしますが、やっぱり半分サイズの方が
ハンカチとしては何かと使い勝手が良い。手を拭いた時の乾きも早いし。

まずは水晒ししなくては〜。うふふふふ。

ほかにもたくさん素敵な柄があって
あれもこれも欲しかったのだけれど、さすがに贅沢すぎるとガマン。
かわりに、母の日のプレゼントとして両実家の母に
3枚ずつ(+ガーゼハンカチ)を贈りました。
ちょうど、今週末あたりに用意しなきゃと思っていたので。

自分のものにはならないけど、憧れだったお店で
気に入った柄の手ぬぐいを選んで買うというだけでなんだかとても満足。
母世代の人にとって手ぬぐいがありがたい贈り物になりうるのかどうかは
ちょっと疑問で不安なのですが・・喜んでくれるといいな〜。
それぞれの母の好みや生活スタイルを考えながら柄を選ぶのも
また楽しい時間でした。
結局、そう広くないお店に1時間くらい長居してしまった。


かまわぬ

ちなみに、かまわぬはこのように書きます。
「鎌」+「わ(輪)」+「ぬ」で、「かまわぬ」。

歌舞伎の市川海老蔵さんが、よくこの柄の浴衣を着ているのを見ます。
どうも、「かまわぬ」の柄は江戸時代の成田屋の役者さんに由来するのだとか。

長い時を経てもなお愛される手ぬぐい。
ますます好きになりそうです。
私の手ぬぐいフリーク生活はつづく。

東京に住んでいる頃に手ぬぐいを好きになっていれば、
足しげくお店に通ったのになぁ。
出会いって、なかなかタイミングよく訪れないものです。



スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2016
04.22

手ぬぐいハンカチ

今回の震災で、「身近なものを工夫して生活に取り入れる知恵」
みたいなものが、またあちこちで紹介されるようになったのを目にします。

昔は、あれも欲しいこれもほしいで、
便利な家電や雑貨があるとなんでも欲しくなったりしていましたが、
日頃から持ち物はシンプルに、あるもので生活するようにしていると
かえって暮らしやすくなると感じるようになってきました。

そんな暮らしの中で、これは良い!と思った最たるものが、手ぬぐいです。
キッチンの手拭き用に1年ほど愛用していますが、
緊急時には包帯やカバン代わりや日除けなど、色々な使い方ができます。
その便利さと応用範囲の広さにすっかりお気に入りになってしまい、
今では防災リュックにも1枚入れておくようになりました。

さて。
そんなこんなですっかり手ぬぐいファンになってしまった私。
4月になり、職場の環境があれこれと変わりました。
今の職場で働き始めてからは一番大きな変化の年になり、
毎日バタバタバタバタな日々を送っています。

そんな毎日にちょっと癒やし(現実逃避)を・・・と思い、
ずーっと前から気になっていた「あひろ屋」さん
手ぬぐいはぎれセット(10枚)を購入しました。
手ぬぐいとして商品にするには少し難ありのものを
半分サイズにカットした、いわゆるアウトレット品です。
1枚あたり250円ちょっとと、とってもお手頃。

はぎれセット

迂闊なことに、写真を撮り忘れた・・・ので、これはごく一部です。
すでに1~2回洗っているので、新品の時のハリはなくなっています。
あひろ屋さんのwebサイトで、ぜひ見てみてください。
(「オンラインショップ」から見られます。)

大人気ですぐ売り切れるのでいつも買うチャンスを逃してきましたが
ようやく手にすることができました。
どこが難ありなのかわからないほど、どれもきれい。
思い切って買ってよかった~。

ふきん、お弁当包み、おてふき、キッチンかごの目隠し・・・などなど
何に使おうかなぁとあれこれ考えたのですが、
ふと、ハンカチにしてみようと思い立ちました。

アイロンがけがめんどくさくて、
結婚してからはもっぱらタオルハンカチを愛用しています。
・・・が、厚みがあってかさばるし
「やっぱりハンカチがいいな~」と思っていたところだったのです。

手ぬぐいならアイロン無しでいける!
しかも吸水性も速乾性も抜群だから、使い勝手が悪いわけないはず!
と思ってさっそく使ってみたところ・・・・、すごくいいです。

手ぬぐいは端っこが「あえて」切りっぱなしになっているので、
どうしても最初のうちは糸がほつれて出てきてしまいます。
(使い込んでいくとほつれも落ち着いて味のあるフリンジ状になります。)
でも、端っこを内側に隠すようにして折り込めば、
ちょうどハンカチサイズになって良い感じ。

~手ぬぐいハンカチの折り方~

まず、中心のラインに向かって上下を折ります。
この時に中心ライン部分に来ているのが、切りっぱなしの部分。
※繰り返しますが、通常の手ぬぐいの半分サイズにカットしてあります。
はぎれハンカチ折り方1

さらにそれを真ん中で折って半分に。
これで切りっぱなし部分がきれいに隠れます。
はぎれハンカチ折り方2

左右から3分の1サイズになるようにパタンパタンと折ると、
はぎれハンカチ折り方3

ハンカチ!以上。
はぎれハンカチ折ったとこ

これなら、糸くずが出てきて恥ずかしい~なんてこともありません。
ほつれが落ち着いたら、折り方を変えていろんな柄の出方を楽しめます。

アイロンをかけなくても手でシワを伸ばしながらたためば
全然気にならないし、風合いがあってまた素敵な感じです。

手ぬぐいハンカチ、すっかり気に入りました!

絞って干しておけば室内でも数時間で完全に乾くので、
2~3日の旅行なら1枚あれば十分使いまわせます。
手ぬぐいって本当に便利。惚れなおしたわ~。
先日、出張に行った夫に持たせたら、
珍しく気に入ったようでお褒めの言葉をいただきました。
(普段、私の買うものにはあまり興味がない。)

使い込むほどに味が出てくるのもまた、手ぬぐいの素敵なところです。
大事に使って育てていきたいと思います(^^)

とかいいつつ、ハンカチとして使うとなると
欲しい柄の手ぬぐいがたくさんあってついついあれこれ物色してしまう
私なのでした。。

 

 



Comment:2  Trackback:0
2016
04.20

どうか。

Category: うさぎさん
九州の震災、なかなか落ち着く気配が見えません。
本震の時には、私の住む地域でも緊急地震速報が鳴り、
比較的大きな揺れに襲われました。

現地で辛い生活を送っている友人などの現況も聞こえてきて、
遠くから間接的な支援や応援しかできない自分がもどかしい毎日です。
変にあれこれ自粛モードになるのではなく、
いつもどおりの生活が送れていることに感謝して
私は私の暮らしをするしかないのですが。

休日の家族のお出かけなどで
子供の頃からよく遊びに行っていた阿蘇。
橋が崩落したり土砂崩れが起きたり、
私の知っているのどかで緑豊かな阿蘇とは
全く違う姿になってしまっていて、ただただ衝撃です。

九州から離れたこちらも、大きな余震の時には
わずかに揺れることも多く、わがやのうさぎさんもピリピリモード。
部屋に放してあげても、ソファの下に籠城です。

あくび籠城


どうかどうか、これ以上新たな被害が出ることなく、
少しでも早く収束に向かいますように。
被災した方々の辛さが、少しでも解消されますように。



Comment:0  Trackback:0
2016
04.15

熊本の震災

Category: 雑記
昨晩の熊本の震災、とても驚きました。
九州出身の私達、両実家はどちらも熊本県ではありませんが、
隣接県で揺れも大きかったため、一時は電話がつながらなかったりなど
不安な時間を過ごしました。

東北の震災の時にも大きなショックを受けたけれど、
自分の家族が被害の当事者になっているかも・・という立場に置かれて、
あらためて自然災害の恐ろしさ、人間の無力さを実感しました。

幸いなことに、現時点では家族をはじめ友人知人の無事が確認でき、
ほっと胸をなでおろしています。

が、いまだに余震は続いているようで、
熊本以外の県でも震度5クラスの揺れに襲われることもあるそうです。
小さい子供を抱えながら小学校などで避難生活をしている友人もおり、
まだまだ不安な状況は続きそうで、何もできないのが心苦しいです。

夜の休息のひとときに思いがけず唐突な被害に遭われた方々の
ご心労はいかばかりかと、ただただお気の毒でなりません。

亡くなられた皆様のご冥福をお祈りするとともに、
怪我をされた方々の一刻も早い回復と、
これ以上の大きな余震や二次被害が起こりませんように…と願うばかりです。



Comment:0  Trackback:0
2016
04.04

懐かしの味を初体験。

Category: 手づくり
ふと立ち寄った産直コーナーでレモンを安売りしていたので
何も考えずに衝動買いしてしまいました。
だって、8個も入って130円って安すぎ。

帰宅してからふと我にかえり、
「こんなに大量のレモン、どうしよう・・・」と悩む私。
思いつきではちみつレモンを作ってみることにしました。
いわゆる、レモンのはちみつ漬けです。

ちょっとネットで調べたら、
「部活の差し入れの定番」とか
「子供の頃、誰でも一度は食べたことのある思い出の味」とか
「はちみつレモンはママの味~」とか
色々出てきたけど、私、はちみつレモンって食べたことない・・・。
それなりに、クラブとか部活とかサークルとかやってたんだけどな。

ジュースよりお茶が好き!な子供だったので(地味かっ)、
子供の頃に流行っていたサントリーのはちみつレモンジュースも
実は飲んだことがないです。友達がよく飲んでたなーって感じ。


ということで、ネット情報の見よう見まねで作ってみました。

はちみつレモン

レモンをガシガシたわしで洗い、輪切りにして
かぶるくらいの分量のはちみつに漬ける。以上。

皮を剥こうか迷ったのだけど、国産だし洗えば大丈夫か~
と思い、皮ごといってみました。

「10日位で食べきるべき」とか、
「冷蔵庫に入れていれば半年はもつ」とか、
ネットって本当に情報にあふれていますね~。
もちろん、ズボラな私は「半年は保存OK」説を信じているのですが、
今回は熱湯消毒できない容器を使ったので、早めに食べきる予定。
(キレイに洗ってアルコール除菌はしました。)

1週間くらい置いたほうが味が馴染んで美味しいらしいと知りつつも
待ちきれずにさっそく翌日食べてみたところ・・・美味い!!
これはおいしい~!!

ちょっと苦味があるので、楽しみにしていた
はちみつレモンティーは正直微妙でしたが(苦笑)、
そのまま食べると絶品。パクパクいっちゃいます。


はちみつレモン大成功に機嫌を良くして、
レモンと相性が良さそうな、最近流行りのチアシードまで買ってみました。



で、テンションに任せて作ったのが
チアシード入りのはちみつレモンソーダドリンク。
レモンソーダ

はちみつレモンをペリエ(炭酸水)で割って、
水で戻したチアシードを投入。なんか女子っぽい!
32歳のおばさんだけど、女子っぽい!
ちょっと甘さが足りなかったので、はちみつを足しました。おいしい。

ただ、チアシードって12時間以上水で戻さなきゃいけないんですね。
しっかり浸水させて発芽スイッチが入った状態にならないと
毒性があって体に良くないんだとか。
しらなかったー。めんどくさいー。

しかも発芽スイッチ云々ってことは、
たぶん冷蔵庫よりも常温のほうがいいんだろうなと思うわけですが、
これから夏場にかけて、常温の水を12時間放置した後に飲むって
ちょっと抵抗があったりなかったり。
ズボラだけどこういうところはまぁまぁ潔癖だったりします。

ちょっと食感が蓴菜(じゅんさい)に似ていて
おつゆに入れたりあんかけ風にしたりとかいけそうな感じがしたので
夏場はそうやって火を通す料理に使おうかなぁ。
うーん、でも夫は手を付けなさそうだなぁ。お蔵入りかなぁ。。。コラ。
(夫、女子っぽい創作料理が苦手なタイプ。ちなみに私も。笑)


まぁ何にせよ、日本人の懐かしの味を初体験できて
たった130円で新しいおいしさと出会えて大収穫でした。
レモンは皮を剥いて漬けると苦味が出にくいらしいので、
次は皮むきバージョンで作ってみようかな。


ちなみに先ほど書いた炭酸水ですが、わが家ではこちらのペリエを愛用しています。



とってもお安いのに品質がしっかりしていて、一般庶民のプチ贅沢には強い味方。
暖かくなってくると、冷蔵庫に常備しています。お風呂あがりに最高。
今シーズンもお世話になります~。


Comment:2  Trackback:0
back-to-top