2016
04.22

手ぬぐいハンカチ

今回の震災で、「身近なものを工夫して生活に取り入れる知恵」
みたいなものが、またあちこちで紹介されるようになったのを目にします。

昔は、あれも欲しいこれもほしいで、
便利な家電や雑貨があるとなんでも欲しくなったりしていましたが、
日頃から持ち物はシンプルに、あるもので生活するようにしていると
かえって暮らしやすくなると感じるようになってきました。

そんな暮らしの中で、これは良い!と思った最たるものが、手ぬぐいです。
キッチンの手拭き用に1年ほど愛用していますが、
緊急時には包帯やカバン代わりや日除けなど、色々な使い方ができます。
その便利さと応用範囲の広さにすっかりお気に入りになってしまい、
今では防災リュックにも1枚入れておくようになりました。

さて。
そんなこんなですっかり手ぬぐいファンになってしまった私。
4月になり、職場の環境があれこれと変わりました。
今の職場で働き始めてからは一番大きな変化の年になり、
毎日バタバタバタバタな日々を送っています。

そんな毎日にちょっと癒やし(現実逃避)を・・・と思い、
ずーっと前から気になっていた「あひろ屋」さん
手ぬぐいはぎれセット(10枚)を購入しました。
手ぬぐいとして商品にするには少し難ありのものを
半分サイズにカットした、いわゆるアウトレット品です。
1枚あたり250円ちょっとと、とってもお手頃。

はぎれセット

迂闊なことに、写真を撮り忘れた・・・ので、これはごく一部です。
すでに1~2回洗っているので、新品の時のハリはなくなっています。
あひろ屋さんのwebサイトで、ぜひ見てみてください。
(「オンラインショップ」から見られます。)

大人気ですぐ売り切れるのでいつも買うチャンスを逃してきましたが
ようやく手にすることができました。
どこが難ありなのかわからないほど、どれもきれい。
思い切って買ってよかった~。

ふきん、お弁当包み、おてふき、キッチンかごの目隠し・・・などなど
何に使おうかなぁとあれこれ考えたのですが、
ふと、ハンカチにしてみようと思い立ちました。

アイロンがけがめんどくさくて、
結婚してからはもっぱらタオルハンカチを愛用しています。
・・・が、厚みがあってかさばるし
「やっぱりハンカチがいいな~」と思っていたところだったのです。

手ぬぐいならアイロン無しでいける!
しかも吸水性も速乾性も抜群だから、使い勝手が悪いわけないはず!
と思ってさっそく使ってみたところ・・・・、すごくいいです。

手ぬぐいは端っこが「あえて」切りっぱなしになっているので、
どうしても最初のうちは糸がほつれて出てきてしまいます。
(使い込んでいくとほつれも落ち着いて味のあるフリンジ状になります。)
でも、端っこを内側に隠すようにして折り込めば、
ちょうどハンカチサイズになって良い感じ。

~手ぬぐいハンカチの折り方~

まず、中心のラインに向かって上下を折ります。
この時に中心ライン部分に来ているのが、切りっぱなしの部分。
※繰り返しますが、通常の手ぬぐいの半分サイズにカットしてあります。
はぎれハンカチ折り方1

さらにそれを真ん中で折って半分に。
これで切りっぱなし部分がきれいに隠れます。
はぎれハンカチ折り方2

左右から3分の1サイズになるようにパタンパタンと折ると、
はぎれハンカチ折り方3

ハンカチ!以上。
はぎれハンカチ折ったとこ

これなら、糸くずが出てきて恥ずかしい~なんてこともありません。
ほつれが落ち着いたら、折り方を変えていろんな柄の出方を楽しめます。

アイロンをかけなくても手でシワを伸ばしながらたためば
全然気にならないし、風合いがあってまた素敵な感じです。

手ぬぐいハンカチ、すっかり気に入りました!

絞って干しておけば室内でも数時間で完全に乾くので、
2~3日の旅行なら1枚あれば十分使いまわせます。
手ぬぐいって本当に便利。惚れなおしたわ~。
先日、出張に行った夫に持たせたら、
珍しく気に入ったようでお褒めの言葉をいただきました。
(普段、私の買うものにはあまり興味がない。)

使い込むほどに味が出てくるのもまた、手ぬぐいの素敵なところです。
大事に使って育てていきたいと思います(^^)

とかいいつつ、ハンカチとして使うとなると
欲しい柄の手ぬぐいがたくさんあってついついあれこれ物色してしまう
私なのでした。。

 

 



スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
back-to-top