2016
10.17

タガを外す

Category: 雑記
12月のラパロスコープまであと2ヶ月。
今月もしっかりと生理が来ました。
ということで、今日は通院のため仕事をお休みです。

私、けっこうズボラで有名なんだけど、
生理だけはきっちり来るのね。まったく。

生来ネガティブベースな私ですが、不妊治療歴4年にもなると、
物事をポジティブに捉えるのが得意になってきました。
最近はもう、ラパロさえ受けたら
すぐに妊娠できる気がしてなりません。(極端)

妊娠したら今まで通りに自分のペースで生活できなくなるなー。
やりたいこともやりたいようにできなくなるんだろうなー。

なんて妄想していたら、
「今のうちにやりたいことをやっておかなければ!」
という焦りが急に出はじめました。(だから極端)


ということでさっそく、サックスでも始めようかと思います。
え、なんで唐突にサックス?しかもお金かかるやん?
は置いといて。

私、実は昔クラリネットを吹いていて。
といっても、中学校の吹奏楽部で2年間だけですが。
ピアノも下手なりにホソボソと10年くらいやっていたし、
家でもしょっちゅう鼻歌うたってるし、音楽番組もよく見てるし、
そういえば私、音楽が好きじゃん?と気づいたんです。今さら。
--------------------
※クラリネットとサックスは同じリード楽器で吹き方が同じなので、
 運指さえ覚えればある程度はすぐに吹けたりします。(たぶん)
--------------------

思えばこれまでの人生、やりたいことをやってきたようで
どこか「やらなきゃいけないこと」「やっておいたほうが良さそうなこと」
ばかりをやってきたような気がします。
一度きりの人生、タガを外して貪欲に生きてもバチは当たらないよなーと。

音楽系の趣味ってお金がかかるイメージなので
夫に申し訳ない気持ちもあって今まで「叶わぬ夢」的に
手を出せずにいたのです。
が、調べるとレッスン料はジムに通うのと変わらない金額だし、
苦手で好きでもない運動を「身体のためにやらなきゃ」と思ってやるよりは、
大好きな音楽をやった方が断然たのしい。
サックスならきっと肺活量も鍛えられるから身体にも良いはず!

という、思い立ったらどこまでも思い込む具合にサックス熱が高まって
さっそく体験教室の申込みをしてしまいました。
夫は半ば呆れています。
「好きにすればいいけど、今度だってほんとに続くの?」と。
えぇ、そうですよね。逆の立場なら私もそう思います。はい。

ま。
とにもかくにも、体験教室が楽しみです。
うふふふ♪
はじめて、「やらなきゃ」ではなく「やりたくてしょーがない」習い事をする気がします。
パン作りだって楽しいからずっと続いてるもんね。

そうそう、タガ外し記念(なんだそりゃ)に
昨日はセロリチャーハンを作ってみました。

セロリチャーハン

セロリ大好き!なんですけれど、サラダやスープくらいしか使ったことがなくて。
どうも元々保守的な人間な私は、こういう小さ〜なことでも
なんだかえらくたいそうなことをやったった気になれちゃいます。

(追記)
そうそう、一番言いたかったことを書き忘れていたけど、
セロリチャーハン、めっちゃおいしかったです。エスニックな感じで。
具は、セロリ(みじん切り)、卵、ウインナー(タコさんにする赤いやつ)で
味付けは塩コショウのみ。おすすめ!

30歳になったくらいから、
「このまま人生終わって良いのか?満足か?」
みたいなことをよく考えるようになっちゃったんですよね。
今の生活に不満があるわけじゃなく、むしろおおむね幸せなくらいなのですが、
「一度きりの人生、やりたいことは全部やらなくちゃもったいない!」
的な、世間じゃもうすっかり言い古されたフレーズが
定期的に胸を刺すようになりました。
これが歳を取るということなのかなぁ。なんて。まだまだ若造ですが。


さて。
そろそろ病院に行ってきます。


スポンサーサイト
Comment:4  Trackback:0
2016
10.04

内視鏡検査(ラパロスコープ)、決まる。

Category: 不妊治療
2月にFT(内視鏡下卵管形成術)を受けた私ですが、
とりあえず今のところ、まだ一度も妊娠に至っていません。

というか、おそらく今まで一度も妊娠したことがない。
これが、「一度も受精したことがない」なのか
「一度も着床したことがない」なのか、それが重要だ。
という、ずっと続く心の声。

卵管は一応通ったんですけどね。
元々のつくりが極細らしいんです、私。

ここのところ子宮筋腫や内膜症の兆候も見られるし、
2月に通した卵管が今もちゃんと通っているかなど、
そろそろ検査してみませんか?という話になりました。

検査をしてみて、結果次第では体外受精に進むという選択になります。
検査結果がダメということは、卵管や子宮の中に
何かしら要因が発見されるということなので、
人工授精はスキップしていきなり体外受精となるのだそうで。
(あくまでも私の場合)

もちろん検査をしないで体外にステップアップすることもできますが、
原因をちゃんと知らないと納得できないというメンドクサイ性格の私は、
この検査の話が先生から出た時、2つ返事で乗りました。
実は、「もしかして卵管がすぐに塞がったり癒着したんじゃ?」と
心のどこかでずっと訝しんでいたのです。

検査は、内視鏡検査
先生は、「ラパロスコープ」という言い方をしていました。

麻酔をかけている間に内視鏡でお腹の中をじっくり見れるので、
卵管が癒着していないかなども調べられるし、
子宮内の様子もしっかり確認できるのだそう。


2つ返事で乗ったものの、よくよく話を聞くと、
入院が必要だとか、全身麻酔をかけるだとか。

え?
下から内視鏡の管を入れて中を見るとか、そういうのじゃないの?

いやいや。どうも、腹腔鏡検査っぽいです。
ということは、お腹に穴が開くということですね。

う・・・一気に怖い。

血を見るのとか※閲覧注意※な映像を見るのは
わりと平気な方なのですけれど、自分のことになると話は別!
うぅ・・すでにお腹痛い。
キズも残るのかなぁ。嫌だなぁ。。。

でも、これで原因が分かれば、
自分の中の色々なモヤモヤに折り合いをつけられる気がします。

なんだかまだやっぱり、私の中には体外受精への抵抗があります。
お金のこともそうだし、体外受精という方法そのものに対しても。
(気分を害された方がいたら本当にごめんなさい。)

でも、「体外受精しかない」ということが納得して理解できれば、
その抵抗する気持ちと「子供がほしい」という思いを、冷静に天秤にかけて
これからの進み方を決められるような、そんな気がします。


ということで、結局まとめると、検査が楽しみです。
早く受けたい。


・・・が。

この話が出たのが8月末。
検査予約の受付をしてもらったのが9月上旬。

で、検査予約日は、12月下旬

うぉぉー。
不妊治療の宿命ですね。
田舎なもので、人気と実績のあるクリニックというと限られていて、
待つのも治療のうちとあきらめるしかなさそうです。

この検査も、周期のうち受けられる時期が限定されている検査なので、
この予約日を逃すと、次はまた数か月後…みたいなことになりかねません。
とりあえず12月は自分の体調を健康に保つことを一番に心がけて、
気持ちよく検査を受けてこようと思います。


先生からは診察のたびに、
「12月までにできてくれたらええんやけどね~。」
と言われます。
本当ですよ、先生。

できてくれたらええのにね~。



Comment:4  Trackback:0
2016
10.03

ついに・・手を出してしまった。

Category: 雑記
久しぶりのブログになりました。

この1ヶ月。
なんと、またぎっくり腰になっていました。

朝起きて、布団の中でウーーーンと伸びをした瞬間
「あれっ・・・?今の変な感覚は・・・・・(T_T)」と。

私、まだ32歳。
これはまずい。さすがにまずい。
そう気づきました。(いや、前から気付いてた。)

ということで、お買い物マラソン期間なのに乗じて、買っちゃいました。

倒れるだけで~腹筋ワンダーコア~♪

です。

反動で起き上がれるって、鍛えられるワケなくない?
ってバカにしてたんですが、先日店頭でお試ししてみたら
意外と腹筋に効くんじゃないかという実感が。
(店頭で恥じらいなくお試しできるあたり、歳を重ねたと実感。)

部屋に余計なもの(しかもこんな無粋な)は置きたくないし、
「通販で健康グッズってオバちゃんみたいっ!」って正直思ってましたが、
この先の人生を考えたら、ちゃんとした筋力をつけることの方が
優先すべきことと判断しました。キリッ。

人気商品なので、到着まで4週間待ちらしいのですが、
すでに、最強の腹筋を手に入れたつもりでいます。こら(笑)


ということで、最近は(も?)リハビリを兼ねてまったりと過ごしています。

毎年恒例の渋皮煮を作ったので、
以前作って夫に好評だった栗あんパンを作ってみました。

栗あんパン

ケシの実がなかったので、白ごまで代用。
なんか、妙に香ばしいアンパンになってしまいました(^^;)
栗のカタチに成型するのって難しい!

栗あんパン中身

中には、あんこに包んだ渋皮煮を。
甘いのが苦手なのであんこは少なめです。
でも、これでも多かった・・。

そうそう、あんパンを作っていたら、可愛い形の栗を発見。

おしり渋皮煮

おしり~♪

もったいなくて、パンには入れられませんでした。
ふふふ(*^^*)








Comment:4  Trackback:0
back-to-top