2016
12.03

PCケースをハンドメイド。

Category: 手づくり
発熱から4日目。
ようやくちょっとずつ体調が落ち着いてきました。
まわりの親切な方々に大いに甘えてグダグダぬくぬくと休んでおります。
お布団きもちいい。
(でももうさすがに寝疲れてきた。)

さて。
最近お仕事用にタブレットPCを支給されたのですが、
出張中に他の資料や道具と一緒に持ち歩くので、
支給早々、表面がわりと傷だらけに。。
資料のホチキスやポーチの金具とぶつかって傷ができてしまった模様。

私、スマホは裸族派できれいに使えているので油断していました。
だってスマホって鞄の内ポケットとかに入れて保護するもんね。
PCとは違うよね。

で、パソコンケースでも買おうかなぁと思ったのですが、
どうせ買うなら機能的で可愛いものがいい。
つまり、それなりにお金がいりそう。
でも、仕事で使うものにお金を使うのもバカらしい。

ということで、作ってみました。

タブレットケース作った

近所の手芸屋さんで、私好みのツイード生地が半額セールをしていたので
さっそくチョキチョキ。チクチク。
ミシンを持っていないので、手縫いです。アナログ〜。

材料費だけで言えば、たぶん500円もかかっていないと思います。
工賃を考えたら3〜5,000円分くらいのコストがかかったけど(^^;)

タブレットPCを入れるとこんな感じ。
さっと出してさっとしまいたいので、蓋やファスナーはありません。
キズが防げさえすればよいのです。

タブレットケース入れたとこ

そうそう、ときにこのPC。
正確には、2 in 1のノートPC。
見た目はキーボード付きのタブレットで、中身はWindowsのPC。

自分で選んで(職場のお金で)購入したのですが、当たりでした。
surfaceの廉価版と思ってあんまり期待していなかったのですが、
コスパよし、デザインよし、機能良し。かゆいところに手が届きます。
そしてもっとも気に入ったのが、軽さ。キーボード付きで800g未満です。
貧弱でこらえ性のない私には、軽さってすごく重要。
これで5万円台って、本当に買いでした。
夫の御ボーナスが出たら、自宅用にも買おうか迷い中。

ASUS TransBook Mini T102HA T102HA-8350G (2016年9月モデル)

です。(最後に画像載せておきます。)
ネットサーフィンとOfficeの基本ソフトしか使わないや〜
という程度の使い方でPCを探している方にはおすすめです。

・・・おっと、話がそれた。

内側には、北欧っぽいデザインが気に入った布で裏地をつけました。
あと、50円で革の端切れ(10cm四方くらい)が売っていたので、
ちょっとそれっぽいタグにしてみたり。
こういうカスタマイズができるのが、手作りの良いところ♪

タブレットケース中身

思っていたより良い具合にできて、大満足です。
ふー。私、なかなかやるじゃん?ハンドメイド楽しいかも!
なんて悦に入っておりました。
・・・が。

・・・・・・・が、しかし。
世の中そんなに甘くない。

どうも、サイズ感を見誤りました。
すっぽり収まるには収まるんですが、ありえないほどキツい。
ケースに入れるのに、30秒位かかります(笑)
ぴったりサイズの枕カバーに、フッカフカの枕を入れる感じ。

縫い代プラス余白もしっかりとったはずなのになんで〜(涙)
と思って考えたのですが、おそらくこれが原因です。

タブレットケースバイアス

内側の縫い代を、裏地の布を使ってパイピングしたんですよね。
つまり、パイピング部分には都合4枚分の布地が足されたことに。
しかもそれが両側部にあるため、結構な厚みを持ってしまったみたい。
PCを入れるときも、まずここに引っかかってしまいます。

あうー、計算外。想定外。
(単に思慮が浅かっただけ。)

パイピングを外せば余裕が生まれるはずだけど、
ツイード生地を端処理ナシで使うって、けっこう厳しそう。

せっかく作ったので、どうにか使いたいのですがどうしたものか・・。
ミシンを持っていればやり直すのも早いのですが、
いかんせん手縫いだと手間も時間もかかるので躊躇しています。

あー、どっかにミシン落ちてないかなぁー。
(そんな訳ないし、仮に落ちていたとして持って帰るか?っていう話。)

伸びるのを期待してしばらくは無理やり使おうかなぁと思案中です。

でもまぁ、実は本当に作りたいものは別にあって。
このケースはそのための予行演習だったので、
いい経験になったと思うことにします。

でもショック。
スマホケースみたいに小さいものからトライしてみるべきだった。。

**--------追記--------**
結局、この記事を書いた後にハタと思いついて、
パイピングを全部ほどいてしまいました。
で、縫い代はかがり縫いで処理することに。
パイピングよりは見た目は雑把だけど、
どうせカバーの内側でそんなに目立たないし、
切れっ端がほつれなければそれでいいのよ〜。と思い直すことに。

結果、余裕が生まれてパソコンが入れやすくなりました!
できればあともう少しだけ余裕がほしいところだけど許容範囲。
ばんざーい。
きっと使っているうちにもう少し緩んでくることでしょう。
**--------------------**


↓こちら、タブレットPCの詳細です。




スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top