2016
12.28

裁縫箱のピンクッション(針山)

Category: 手づくり
前回、持ち運び用ピンクッション(針山)を手作りした話を書きましたが、
あまりに簡単なピンクッション作りが気に入ってしまいました。
もっと作りたい!

で、見つけました。これです。

かわいくない針山

私の使っている裁縫箱の針山。
ね。ご覧の通り、とってもかわいくない。
というかボロボロ。

たしかこの裁縫箱、景品で当たったとかで
たまたま手に入れた(おそらく)安物です。
見た目がシンプルだからまぁいっか、と5年くらい使っています。

でも、さすが安物。
たいした頻度で使ってきたわけでもないのに、
針山がもうボロボロのカスカスです。
というか、新品の頃から不思議だったんですけれど、
この針山、針を刺すとカスッていうんです。そして固い。
普通、針山ってフカッとかムニッとかしてません?
中身、何が入ってるんだろう?

ということで、取っちゃいました。
ベリッ。スポッ。

古い針山撤去

裏返してみると、なんと・・

針山は発泡スチロールだった

針山の中身は、発泡スチロールでした。
オーマイガー!
そりゃボロボロになるし、針も錆びるわ!

というか、布の貼り方もめっちゃ雑だし。
さすが安物。原価いくらなんだろう。

なんて、こすい詮索は置いておいて。

さて、勢いよく針山をはがしちゃいましたが、大丈夫。
もう私は自分でピンクッションを作れるんだもん。
ひとりでできるもん。エッヘン。(33歳)

ちょうど手持ちにお気に入りの布があったので、
円形に切り出し、1センチくらい余白を残すようにしてぐし縫い。
先日のピンクッションであまったウール毛糸を細かく切って
グイグイ詰めて、ぎゅーっと絞る。もうお手のもの。

で、詰めてみたのがこちらです。

針山取り換えた

おぉ、それっぽい!
でもちょっと柄が大きすぎたのか、いまいち布地の可愛さが押し出せていません。
おばあちゃんちの座布団みたいな柄に見えるけど、
実物は北欧風でかわいい布なんですよ、これ(苦笑)
今作成中の品の裏地に使っているので、
無事に完成すればそのうちお披露目させてください。

で、柄をできるだけたくさん見せたかったが故なんですけれど、
布を大きく切りすぎてしまったようで、よく見るとパンッパンです。
はちきれそう(笑)

パンパンの針山

枠の中にぎゅうぎゅうに押し込まれているので、
押し込んだだけですっぽり収まっています。ボンドいらず。

作り直そうかとも思ったけれど、これ以上小さくすると
柄があるのかないのかすらよくわからない
ただの薄汚れた布になってしまいそうなので、
あえてパンパンのまま使うことにしました。
ボンドで固定しない方が、いつか交換するのも簡単だし、いいのいいの。

本来は、作りたいサイズの2~2.5倍くらいの直径で
布を用意するのがよさそうです。私は3倍で作っちゃった。

こちらの針山in裁縫箱は針の保管用に。
先日の小さなピンクッションは作業時用に。
(なんとなく、前者は"ピンクッション"ではなく"針山"。)
お気に入りの小物が増えると、裁縫もより楽しくなります。

・・・と、小物にばかり気が回って、
作成中の本体の方がすっかり置き去りになっている今日この頃です。
年末年始は夫実家に帰省するのであまり時間が取れないけれど、
年内に完成させたいな~。



スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
back-to-top