2017
05.10

不妊治療の記録のつけかた

Category: 不妊治療
いよいよ、採卵に向けて
明日は卵胞チェックの通院日です。

どきどきどき!

ところで、体外受精を始めるにあたって
治療記録をきちんとノートにつけようと思い立ちました。

以前、フリーメモ欄がたくさんあるかわいい基礎体温表を買って、
最初のうちは表紙をカスタマイズしたりして
ウキウキワクワクしながら大活用!していました。
(⇒以前の記事「気軽に持ち歩ける基礎体温表」

が。
アプリに記録している基礎体温をいちいち転記するのが面倒になって
いまや引き出しの肥やしに・・・。
フリー欄に治療の記録もせっせと書いていたのですが
「わざわざ検査結果値を書き写さなくても、結果用紙見たらよくね?」
「毎回、だいたいやってること同じじゃね?」
みたいになってきて、ズボラ虫が大繁殖。
情けない。。。恥

でも、大金を投じて挑む体外受精。
もしうまくいかないことがあっても反省を次回に活かせるように、
記録をきちんとつけたいと思います。

が。
言うてもズボラな私。

最初だけ「やるぞーっ!」と張り切って
こだわってノートを書きはじめたりしてみても、
3日ボウズ、1周期ボウズで終わってしまう可能性はかなりあります。

ということで。

・シンプルに。

・手軽に。

・思い立った時に。

できる記録方法を模索中。

やりたいことは、

・「いつ」「何を」したかの記録

・病院でもらう書類(検査結果、同意書コピー、説明書など)の保存
 →書き写してもいいんだけど、結果値の解説とかが書かれていたりするので
  できればもらった書類のまま保存したい。


です。
基礎体温は、病院で提示を求められることもなく
(「自分でちゃんと管理して参考にしてね~」程度。)
アプリの管理で間に合っているので、わざわざ紙に記録するのはやめます。

理想を追い求めて挫折するより
及第点でも続けられることの方が大事!
(格言のつもり)

さて。病院でもらう書類を保管するとなると
必然的にA4判のバインダーとかになるのですが、
そうなると持ち歩きしづらいし、
「いつ」「何をしたか」みたいなのがパッとわかりづらいなぁ。

ズボラな私は、診察のたびに
帰宅して、机に座って、ノートを広げて、もらった書類をペタペタ貼って、書く、
みたいなことが続くと思えないので、できればお会計を待つ間とかに
ササッと書ける手帳とかに記録するのが良いと思うのです。
手帳なら日付もついてるから、「この間隔で通院したな」とか
「この辺、ほぼ2日おきに通院してるやん!」とかが分かりやすくて
次回の計画を立てるときに役立ちそうだし。
(いやいや、1回で成功することをもっと夢見ようよ!)

ほぼ日手帳の大きいのみたいな手帳がいいと思うのですが、
そうなると書類の管理が一元的にできないなぁ。

うーーーーむ。

ここ(ブログ)に書くという方法も考えたのですが、
そもそも筆不精だから、書こう書こうと思って先延ばしにしそうだし、
なによりブログは一覧性に欠けます。
ササーッとページをめくって振り返るみたいなことができない。

同じく、スマホのアプリとかも一覧性に欠けるので
できれば紙媒体で記録していきたい。

悩ましいです。
でももう治療始まっちゃってるから早く決めたい。

みなさん、どうやって記録しているんだろう。



スポンサーサイト
Comment:1  Trackback:0
back-to-top