2017
07.26

移植日決定!からの、お薬まみれ。

Category: 不妊治療
※一部、お薬の名前が間違っていたので訂正しました。
 教えてくださった方、ありがとうございます(> <)!

エストラーナテープを貼り続けること2週間。
子宮内膜が順調に育っているかを確認するため、
受診してきました。

結果。
D16の時点で子宮内膜の厚さが10.3ミリ。
予定通り、31日に移植できることになりました!

はー、
キンチョーする。

採卵失敗とかOHSSとか色々ありつつ、
そもそも、ここに至るまでに4年間もかかり、ようやく移植です。

はー、
キンチョーする!!


今日(D17)から移植に向けて…というか妊娠に向けて、
黄体ホルモンの補充が始まりました。
飲み薬3種類と、膣座薬が1種類。

1)プレマリン:黄体ホルモン補充(経口薬)

2)ルトラール:黄体ホルモン補充(経口薬)

3)プレドニゾロン:抗核抗体値を下げる短期免疫療法のためのステロイド(経口薬)

4)ルティナス:黄体ホルモン補充(膣座薬)

並べると、

移植前のお薬

こんなに~。
移植日以降も服薬は続くので、2週間分のお薬です。
あと、写真には写っていないですが、
ずっと処方され続けている漢方(柴苓湯)もあります。

うーむ、ズボラな私。
この大量の薬を、服用忘れすることなくどう管理するか。。。

経口薬(飲み薬)は1度に6~7錠飲まないといけなかったりで、
今持っているお薬ケースでは小さすぎて管理できません。
⇒今使っているお薬ケース

こういうの買っておけばよかったなぁ。。↓



以前、コメント欄で
「移植周期はお薬が増えるから、こういうのあると便利だよ!」と
とっても親切に教えていただいていたのに(T_T)
差し迫らないと動かないダメ女、それが私です。(いばるな)

せっかくの親切を無下にしてしまってごめんなさい!!
100均に売っているようなので、仕事帰りに寄ってみようと思います。

さらに。
飲み薬は朝・夕の1日2回なのでまだしも、
膣座薬は朝・昼・夕の1日3回なので、持ち歩かないといけません。
挿入用の使い捨てアプリケーター(タンポンについているような
プラスティックの筒)もセットになっているので、かさばる。

うーむ、今晩しっかり管理方法を考えようと思います。
とにかく服用忘れがないように気を付けなくちゃ。


スポンサーサイト
Comment:4  Trackback:0
back-to-top