FC2ブログ
2018
11.25

離乳食の神器

Category: 子育て
先月から離乳食をスタートした息子。
アレルギーを呈することもなく、
順調に食べられる食材が増えてきました。

とはいえ、「離乳」食とは名ばかりで
実際に乳離れするのはまだ半年くらい先だそうです。

2人目の不妊治療もぜひやりたいと思っているので
できれば少しでも若いうちに治療再開したいところ。
そのためにはまず授乳(母乳)をやめる必要があるため
さっさとミルクに切り替えればそれだけ早く治療再開できるのですが、、
授乳の時間が楽しくて幸せでやめる決心がつかず(^_^;)
だって人生で今しかできないことだから。

もう少しの間、名ばかりの「離乳」食を続けながら
母乳卒業のタイミングを見計らってみようと思います。

そんな息子の、先日の離乳食。

離乳食1か月目

食器は手持ちのあり合わせです。
100均とかでかわいらしい小鉢皿を見かけるけれど
どうせほんの2~3か月しか使わないしなぁと思って。

何でもかんでもすりつぶしてお湯で伸ばしてドロドロに。
お粥ですらブレンダーで粒をこなごなに。
おいしいのかな。。(^_^;)

そんなドロドロ食でも息子はよく食べてくれますが、
食べながら指しゃぶりをするので手も顔もベッチョベチョになります。
そして、頬っぺたがかぶれます。
離乳食をスタートしてほんの3日ほどで
頬っぺたがガビガビに荒れてしまいました。

そこで、いろいろ調べた結果、食事前に
顔にワセリンを塗るといいと知り、さっそく実行してみました。
(写真の左上のチューブです。)

結果、肌荒れはみるみる改善!
むしろ以前よりトゥルトゥルのモチモチになって
はわわわわー!とスリスリしたい衝動が止まりません(笑)

塗り忘れるととたんに荒れてしまうので
しばらくはずっとお世話になろうかなと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ベビーワセリン(60g)
価格:491円(税込、送料別) (2018/11/5時点)



それともう一つ、指しゃぶり問題。
ドロドロとよだれにまみれた指であちこち触るものだから
スタイ(よだれかけ)も欠かせません。
そもそも口から飲み物も食べ物もダラダラ出ちゃうし(笑)

が、普通のスタイではとても大きさが足りないし
水分を吸ってすぐにベチョベチョに。

ということで、プレゼントにいただいたきり
持て余してしまっていた白雪ふきんをスタイ代わりに使ってみました。

これ、いい!!

白雪ふきんをタオルクリップで挟んで
スタイ代わりにしているのですが、
けっこう大きさがあるふきんなので、
縦長になる向きにつけてあげれば息子の膝くらいまで隠れます。
どんなに汚れた手を振り回して暴れようが全然服が汚れない。

しかもさすが人気の白雪ふきん。
吸水力が抜群です。
結構な量をこぼしてもよだれを垂らしても
裏までしみにくいので、これ1枚でスタイと手拭きを兼ねて使えます。

洗濯を繰り返すたびにフワフワでより手触りが良くなる
というのも本当で、5~6回ほど洗濯した現在、
すでにこんなにフワフワに。

白雪ふきんふわっふわ

気持ちいい~♪♪
あんまり気に入ったので、買い足してしまいました。



そして、白雪ふきんのハンカチサイズもあると知り、
息子とのお出かけで持ち歩くハンドタオル代わりにこれも数枚購入。


いろんな柄があってついついたくさん買っちゃいそうになります(^^;)

今までは手ぬぐいを半分にカットして
ハンカチ代わりに使っていたけれど、
しばらくはこちらの白雪ふきんハンカチにはまりそうです。



スポンサーサイト



Comment:0  Trackback:0
2018
11.21

たかがしゃもじ、されどしゃもじ。

先日、今日は一段と冷え込むな~と着込んでいたら、
夕方からあれよあれよという間に熱が上がり、
立派な風邪をひいてしまいました。

3時間ほどで39度近くまで一気に上がったので
もしやインフルか・・・!?とドキドキしましたが、
検査したらインフルではなく、咽頭炎とのこと。

たしかにノド、死ぬほど痛かったです~。

ようやく熱が下がってきたと思ったら
今度は喘息と副鼻腔炎に襲われて、
いまだ体調グズグズ、満身創痍の私であります。

母親がボロボロだろうが何だろうが
関係ないのが赤ちゃんというもので、
万が一うつらないようにとマスクをしながら
授乳をしてオムツ替えをして…ぐったり~。

いっそのこと、骨を折ったとか入院するレベルの大病とか
そういうことになれば母に来てもらったり
実家を頼ることも考えますが、このくらいだと
なんとか自分たちで頑張らねば・・と思ってしまう状態。

が、ツラいものはツラい(^_^;)
夫もそのあおりを受けて寝不足と疲れがたまり・・、
実家が遠いとこういう時に困るなー。
と実感した一週間でした。

考えてみれば、妊娠発覚とほぼ同時の切迫流産から
基本的に引きこもり&あまり人と会わない生活が続いているので
風邪菌耐性が弱くなってるのかも?なんて。

産後半年を過ぎたし、そろそろ本腰入れて
自分の身体や生活リズムを通常モードに
戻していかなきゃな、と思います。
がんばるぞー!


ということで、こういう時は何かテンションの上がる話題を。

先日、ふと思い立ってしゃもじを買いました。
お値段、なんと980円!!!

しゃもじが980円!!

店頭で30分くらいグダグダと悩んだのですが、
どうしても欲しくなって買ってしまいました。

帰りの道中、我ながらなんてことを思い立ったのかと
ちょっと後悔しましたが、いざ使ってみると一瞬でその後悔は払拭。

このしゃもじ、すごい!!

パッケージはこれです。



ね、なんかすごそうでしょ?(笑)
(ちなみに私が買ったのは白です。)

今までは、以前使っていた炊飯器に付属していた
普通のプラスチックのしゃもじを使っていました。
くっつき防止の凸凹突起がついていたものの、
いや、全然くっつく。余裕でくっつく。
使うたびに、水で濡らして使っていました。

わが家はお米を炊いた土鍋を
テーブルに移動させてよそうことが多いので、
おかわりや残ったご飯をラップで包むということをするたびに
しゃもじを濡らしに流しへ数歩・・これがプチストレス。

ということで、ふらりと立ち寄った東急ハンズで
なぜだか無性にそのストレスを払いのけてしまいたい衝動に駆られて、
980円のしゃもじを買うという暴挙に出たのでありました。

が、結果は大正解。
本っ当~にくっつきません。もう、一粒たりともくっつかない。
マーナさんの回し者になってもいいレベルでくっつかないです。
素材そのものがくっつきにくい材質らしいので、
たとえばフライパンのテフロン加工が剥げてしまうような
使っているうちにくっつくようになってしまった、というようなことも
起こらなさそうなのが素敵です。

あと地味に気に入っているのが、この形。

マーナのしゃもじ

そのまま直置きしても、テーブルにしゃもじがつかないんです。
実は店頭で、よく見る「立つしゃもじ」と迷ったのですが、
こちらにしてよかった。
立てておいていたところで、私のことだから
うっかり手や体が当たって倒してしまってまたプチストレス・・
ということは容易に想像できますから(^_^;)

気の大きくなった私を一瞬呪いかけましたが、
毎日のプチストレスがこれでサッパリ解消できたと思えば
高い買い物ではなかったな、と思います。


↓こちらだと、白とクリアの2色から選べるみたいです。


長~く大切に使おうと思います。


Comment:0  Trackback:0
2018
11.08

おためし非常食で手抜きごはん

Category: 雑記
子育てのリズムに少し慣れてきたのと
年明けには引っ越しになりそうだということもあり、
このところ、ちょこちょこと家の中の整理に
取り掛かって 取り掛かろうとしています。

ふと玄関収納に置きっぱなしている
防災グッズの整理でもしてみようと思い立ち
備蓄食をチェックしたところ、

尾西のごはん食べてみる

賞味期限、今月やん!

ということで、ちょうど夫が出張中で
ひとり手抜きご飯にしたいなと思っていたという
ベストなタイミングだったので、食べてみることにしました。

開封して、お湯(または水)を注ぐだけでできるらしい。
超手抜き!すてき!

出来上がりまでの待ち時間は、お湯だと15分、水だと1時間です。

開けてみると、中のお米はこんな感じ。

尾西のごはんこんなかんじ

写真撮り忘れたけど、中にはスプーンが入っていました。
非常時にはとっても大事。

ちなみにスプーンのほかに脱酸素剤も入っていますので
取り出し忘れ注意!です。

尾西のごはんアップ

カピカピになったお米そのものです。
お米は真っ白なので、おそらく
具の方に味付けがしてあるのだと思います。

お湯を注いで15分。
裏の注意書きによると、お湯を注いだら
蓋をする前にしっかりかき混ぜるべし、とのこと。
かき混ぜるとすぐに、具からダシの色が染みだしてきて
全体にいきわたりました。
これ、もしもかき混ぜ忘れていたら
かなり味の偏った出来上がりになりそう。
うっかりそのままフタしそうになったのですが、
念のため作り方を再チェックしてみてよかったです。

ちなみに非常時の予行演習のつもりで水にしようかと思いましたが、
さすがにあったかいご飯が食べたいな、と思いお湯に。(笑)

尾西のごはんお湯を入れてみた

15分待ってできあがりです。

尾西のごはん炊きあがり

あれ、ちょっとパサパサしてそう・・?
と思いましたが、軽くかき混ぜてみると
けっこうおいしそうな仕上がりになりました。

ここは本番さながらスプーンでいただいてみます。

尾西のごはんできあがり

ていうか、手抜きとか言いつつ結構おかず並んでるやん。
さながら「あーぜんぜん勉強してないわー」とか言ってたくせに
テストでいい点とる嫌なヤツやん
って思われるかもしれませんが、
これ全部前日の残り物と離乳食の使い残し(豆腐)です。

お味は、うーん。。。
お店でマツタケご飯を頼んでこれが出てきたら
さすがに「ちょっと・・・(--;)」となっちゃうかもですが(好みの問題かも)、
非常時にこれが食べられたら言うことナシだと思います。
量もたっぷりあるから、大人2人で分け合って食べても
わりと腹持ちしそう。

本当の非常時は、停電したり屋外だったり
どんな状況で非常食を食べることになるかわかりません。
夜だったら、手探りで用意しなければいけなくて
裏の説明書きなんて読んでいられないかもしれない。

お湯(水)を注ぐだけという簡単な作り方だけど、
脱酸素剤を取り出さなきゃいけないとか
お湯を入れたらすぐにかき混ぜることとか
余裕のないときに初めて作ると失敗しちゃいそうです。
ためしに一度やってみてよかったな、と思いました。

これを購入したのは2014年。
12個パックを購入しましたが、
他のものもこれから順次期限が切れ始めます。
このパック、意図的なのかたまたまか
12個それぞれ期限がバラバラのものが届いたので
長いものだとまだあと1年くらい持ちますが、
また早めに備蓄しておかないと。



東日本の震災の後はあれこれこまめにチェックしていたけど、
人間いい加減なものです。(あれ、私だけ?)
年数がたつと、気が緩んで防災グッズのチェック頻度も
少なくなっている気がします。

いつ訪れるかわからないのが災害。
もしも息子と二人きりの時に被災しても
ちゃんと守ってあげられるように、
しっかりと日頃の備えをしておかなければ。


Comment:2  Trackback:0
back-to-top