2014
03.25

思わぬ障壁

Category: 不妊治療
もう3月も終わり。不妊治療をはじめて、ちょうど1年が経ちます。
成果はあまり上がっていないけど、精神的には少し前進したかな?(してるよね?)という感じです。

わが家の不妊問題は、基本的には私側に原因があります。

片方の卵管が閉塞していること、抗核抗体が高く着床しづらいこと、高プロラクチン血症であること。あと、きっと私に体力があまりないこと(^_^;)

それぞれ、薬を飲んだり日々の暮らしで無理をしないように気をつけたりと対策を講じて生活しています。

が、ここにきて新たな障壁が。

夫のアトピーです。


子供の頃は喘息持ちで、実際にアトピーを発症したことはなかったけれど「アトピー体質の素因は持っていたと思う」という夫。数年前、急にアトピーを発症しました。

思い当たるきっかけは、職場の建替工事による粉塵と、同時期に異動でやってきたウマの合わない上司による職場環境のかき乱し(苦笑)らしいのですが、とにかく急な発症でした。
結婚1年目の出来事だったので、正直、「もしかして結婚生活のストレスが原因じゃ・・・」なんて考えたりもしましたが、本人が違うというのでそれを信じることに。。;

発症してからというもの、いくつかの病院に通い、そのたびに大量の薬を処方されて来ました。しかし、薬(ステロイド)を塗れば症状は落ち着くものの、薬がなくなると再び悪化してステロイドをもらいに行き・・ということの繰り返し。
ひどい時は全身腫れ上がったように真っ赤になり、皮がボロボロめくれ、痒さで吐き気がする状態に。

先入観で「ステロイドを常用するのはよくない、怖い」という感覚はありましたが、そもそもそれ以前に、同じことをただ繰り返すこんな"THE・対症療法"をこの先ずっと続けるのかと思うとやりきれず、ステロイド治療を辞める決意をしました。
いわゆる、「脱ステロイド」というものに取り組むことにしたんです。

脱ステロイド(脱ステ)は、最初はステロイド依存からのリバウンドによってひどいアトピー症状が出てしまうのですが、覚悟していた以上に辛いものでした。皮膚が何層にもわたって脱落し、火傷したように真っ赤に腫れ、頭痛・発熱・吐き気との戦いです。せっかく気候があたたかくなってきたのに、体温調節機能も狂っているのか、家では「寒い寒い」と毛布をかぶっています。

今もまだそれらの症状は続いていますが、夫は一生懸命頑張って耐えています。私はせめて身体に良い物を作ってあげたり家でくつろげるように気遣ってあげるくらいしかできることがなく、見ているだけでとっても辛いです。
昔は、私が羨ましくなるくらいお肌ツルツルだったのに。


ということで、今月は(も?)不妊治療のことはいったん考えず、自然に身を任せるモードで行くことにしました。夫の体調・気分がよいときには、夫婦の触れ合いとして仲良くする。周期のことは考えない。

最近、不幸事や夫の治療など、不妊治療より優先すべきことが立て続けに起こって、やや不妊治療は停滞気味です。
焦りもしますが、でも、そういう大事なことをおざなりにして不妊治療を強行したとして、それって本当に幸せだと思う?と立ち止まって考えるようにしています。

色々乗り越えて、それで授かれたら本当に嬉しいだろうなぁ。
そんな甘い妄想に思いを馳せて、今日もゆるゆると歩を進めるりこ家です。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://riko804.blog.fc2.com/tb.php/118-241c88c1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top