2015
04.23

会えるときに会っておく。できることをする。

Category: 雑記
しばらく実家に戻っていました。

さすが田舎。
帰るとまっさきに、庭の矢車草の上でバッタさんが出迎えてくれました。

矢車草にバッタ


少し前に母方の祖父の具合が悪くなり、長期入院することに。
仕事が落ち着いているこの時期、会えるときに会っておこうと思い、
突如帰省を決めました。
実家までは、片道8~9時間のちょっとした旅です。
あいかわらず遠いなぁ。

祖父は、もう1ヶ月以上も維持液を輸液するのみで
食事はスプーン1杯のおかゆも摂っておらず、
入院してからの1ヶ月で20キロ以上痩せてしまったそう。

久しぶりに会った体はすっかり痩せこけてしまい、
私の知っている大きくてどっしりしたおじいちゃんは、もうそこにはいませんでした。
何年か前から認知症の症状も出ていたため、
手を握ってもなかなか私だとは分かっていないようでした。

延命治療はせず、おだやかに過ごさせてあげる決断をした母。

痩せたと言っても祖父はかなり体格の良い人なので、
トイレもお風呂も一人ではできなくなった今、自宅での介護は現実的ではありません。
毎日、何度も病院に通い、母もだいぶ疲弊していました。
体力的にも、精神的にも。

近くにいてあげられたら、それだけでずいぶん違うだろうに。
わかっていることだけど、やっぱりそう思わずにはいられないですね。
せめて今まで以上に、電話やメールをしようと思いました。
おじいちゃんも、電話ができたらいいのだけれど。


昔から庭いじりが好きな母。
疲れる毎日の中でも、庭から元気をもらっているようでした。
趣味がある人で本当に良かった。

玄関へ

「お母さんの趣味はガーデニングだね」と言うと、
「ガーデニングじゃなくて『庭いじり』!」と訂正する母。
うーん、分かるような気はするけれど・・・
本人の中では決定的な違いがあるようです(^^;)

子供の頃は、とっても目立つこの庭がちょっと嫌だったけれど、
今あらためて見ると、なかなか素敵だなぁと思えてきます。
やっぱり子供時代に形成された価値観って自分の中に根付いているのでしょうか。

庭

あと1ヶ月遅ければ、アガパンサスが満開だったのに。
近ければ見に帰れるのになぁ。

あぁ、帰省がノスタルジーを連れてきたようです。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://riko804.blog.fc2.com/tb.php/179-9ed218d3
トラックバック
コメント
りこさん、おかえりなさい。

お祖父様の具合がお悪かったのですね。
ご様子を拝見していると、
亡くなった父のことを思い出してしまいました。

りこさんもご実家は近くないのですね。
帰省となると大変だと思います。
けれど、記事のタイトルどおり、
本当にそうだと思います。
できるときに、あえる時に・・・。

ご実家のお庭、とっても素敵ですね。
お母様、庭いじりがお好きなのですね。
玄関へと続くアプローチ、
お花でお迎えしてくれるのっていいですね。
アガパンサスもお庭で見られるのですか。
好きな花なので羨ましい~って思っちゃいました。
時期があわず見られなかったのは残念でしたね。
お母様が大切に育てらっしゃるお花たち、
また、りこさんのお帰りを待っていると思います。

ココリンdot 2015.04.23 19:58 | 編集
おかえりなさい(^v^)片道でそんなに時間かかるなんて、気軽に帰れない距離ですね。りこさんのおじいさんは心優しい娘と孫がいて幸せですね。私の父方の祖母も認知症で特別養護老人ホーム(っていうのかな)に入居していたのですが、やっぱり、父の事も私の事も「誰だろう?」って顔で見ていました。でも、たまに突然普通に戻って驚かされる事もありましたが・・・。母に「きっと、自分が一番幸せだった頃に記憶が逆行しているから、あんたたちみたいなでかいのに『おばあちゃん』って言われても『私はそんな年じゃない』って思っているよ」と言われて、それ以降は名前で呼んでいました。

気候も良くなってきたし、おじいさんが日々、心おだやかに過ごせると良いですね。

そして、お母さん・・・めっちゃガーデニングですけどっ(笑)庭いじりってレベルを超えてますよね(*^_^*)こういうのにもセンスと元々の家の雰囲気が重要ですもんねぇ。すっごく素敵です☆漫画に出てきそうなかわいいお庭♡それをあえて「庭いじり」と訂正するお母さんがかわいらしいです(笑)

ミキリーナdot 2015.04.24 12:10 | 編集
ココリンさん

ただいまでした(^^)
昨日、ホンダがビジネスジェットを開発したというニュースを見て、
「あぁほしい・・・」と現実離れした望みを思わずつぶやいてしまいました(苦笑)
本当、実家が遠いと帰省って大変ですよね。

一生のうちに両親に会えるのは後何回あるだろう・・と考えると
時間が有り余っていた子供時代に戻りたくなります。
できるときに、会えるときに。
せめてそれだけは心がけていきたいです。

庭を褒めていただいてありがとうございます。
もし母が知ったら、とっても喜びます(^^)
アガパンサス、母が好きで目立つ場所にたくさん植わっています。
花が咲いていない間は、葉っぱばかり存在感が大きいですが(苦笑)、
花が開く数週間は、本当にきれいな姿を見せてくれます。
私も好きな花なんですが、鉢植えするにはちょっと大きいので
マンション暮らしではなかなか手が出ません(^^;)
りこdot 2015.04.24 18:17 | 編集
ミキリーナさん

ミキリーナさんのおばあさまも、認知症だったのですね。
そうそう、私のことが分かっていないかと思うと
突然正気に戻ったりするんですよね。
帰省する前日、母が「明日、孫が遊びに来るよ」と伝えると、
「あんなちっちゃい子を病院に連れて来たらうるさくて迷惑だ!」
と怒られたそうです(^_^;)
うちの祖父も、記憶が昔に戻っているみたいで。
こんなおばちゃんが来てびっくりしただろうな~。

あと、たまに母のことを「そこのおじさん」って呼んでました(苦笑)
母ももう笑い飛ばしてたけど、そこに至るまでには
たくさんの悩みとか苦しみがあったんだろうな~と思うと、
傍で支えてあげられない不甲斐なさを感じます。

母は、素朴なナチュラルガーデンって感じがすきなので、
「ガーデニング」と言われると、自分の好みじゃない花
(真赤なバラとかパンジーとかマリーゴールドとか)のイメージが強くて嫌なんだと思います。
そういうところ、けっこう夢見がちな少女なので・・・(苦笑)

でも、庭いじりの趣味があって本当に良かったと思いました。
それに支えられているところは大きいと思うので。
私も、将来に備えて何か没頭できる趣味を探そうかな~。
りこdot 2015.04.24 18:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top