2015
08.31

数年ごしのバターケース、ついに。

ずーーーーーっと、買うかどうか迷っていたもの。
が、届きました。

バターケース箱

読んで字のごとく、バターケース。
夫が急にひどいアトピーを発症した数年前から、
わが家ではマーガリンを一切やめ、バターを使っています。
その頃からずっと欲しいなーと思い続けてきた、野田琺瑯のバターケース。


ずーっと買い物かごに入っていました。
でも、必須のツールではないよなぁと思い、かごに入れっぱなし。
だってなくてもなんとかなるし。
バターを入れるのにちょうどよいサイズのガラス容器持ってるし。

ということで、もう買うことはないかなぁと思い始めていたのですが、
そんなとき、ハマったんです。パン作りに。
バターロールの生地をアレンジして焼くことが多いので、
最近では業務用の無塩バター(450g)を買うようになりました。

すると、保存に困るんですよね。
これはもう買うしかないな、と。
業務用バターが入るサイズのバターケースって意外と少ない中、
運命なのか必然なのか、野田琺瑯には450gサイズのバターケースがあるし。

ということで、数年の時を経て購入です。ぽちっ。

バターケース外観

あぁ、ずーっと買い物カゴの中だけで見ていたバターケースです。
まっ白なホーローに桜の木のフタがいい感じ。

バターケース裏側

底面の"NODA HORO"ロゴも可愛い。
野田琺瑯の製品は、ふきん煮洗い用のボウルに次いでこれで2個目。
見た目がステキだし直火OKで実用的だし、人気があるのもうなずけるのですが、
琺瑯は重くてかさばるものでもあるので、厳選して買おうと心に決めています。

バターケースにin

業務用のよつ葉バターがぴったりです。
アルミ包装ははずしてそのままバターを入れる方がオシャレだけど、
使いやすさと衛生面を考えて、銀紙をつけたまま入れることにしました。
バターカッターでカットして、使いやすさも確保。


さっそく450gサイズをいれて使いたかったのだけれど、
ちょうど使いかけの200gサイズの無塩バターがあったのでひとまず収納。

バターケース賞味期限は中へ

アルミ包装ごと入れれば、賞味期限のメモも一緒に入れられて意外と便利です。
マスキングテープとかでケースの外側にメモを貼るのも可愛いんだけれど、
めんどくさがりなので貼り替えるのを忘れてしまう。
→メモに書いてある賞味期限が信用できなくなる。
という事態に陥りがちなので、より確実な方法を。。。苦笑

大きいですが、冷蔵庫に入れてもスッキリしていて気に入りました。

バターケース冷蔵庫へ

やっぱステキだわ~野田琺瑯♪
右隣の緑っぽいガラス容器が、有塩バター用に使っているケースです。
引出物のカタログでもらったものだけど、意外と便利。

こんなに一気にパン作りにハマるとは思っていなかったけれど、
今はもうパンを焼かない生活は考えられないほど
キッチンが「パン作り」メインにカスタマイズされていっています(笑)
熱しやすく冷めやすい・・にならないように、楽しんで長~く楽しめる趣味にしたいな。

バターケース開けたとこ

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://riko804.blog.fc2.com/tb.php/220-56fd0c5c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top