2015
09.09

病院えらび

Category: 不妊治療
昨日、新しい病院へ診察に行ってきました。
前の病院には2年半ほど通いましたが、
うち後半の1年はほぼ通院をやめていたので、1年ぶりの病院です。

緊張しつつの初診でしたが、とても信頼できそうな病院で安心しました。
とともに、早くこちらの病院に来ればよかったと、少し後悔もしました。

私の不妊の原因については以前も書いたことがありますが、

・高プロラクチン血症(プロラクチン値:160)
・左卵管が閉塞
・抗核抗体が高値(抗体値:5120)


こんな具合です。
それぞれ、色々と問題を指摘されてしまいました。
備忘のために書いておこうと思います。

まず、プロラクチン値
プロラクチン値は、正常値が6.12〜30.54(前の病院で採用していた基準)です。
私の値はこの範囲を大きく超えているわけですが、160というのはあまりにも高すぎると。

プロラクチン値が高すぎる場合、脳下垂体腫瘍の可能性があるそうです。
検査当時に自分でもあれこれ調べて分かっていたことですが、
前の病院での説明によると、私くらいの値なら心配いらないということでした。
しかし、今回の病院の先生の判断は、値が100を超えている場合は
脳下垂体腫瘍を疑ってMRIをとるべきだ、というもの。

医師によって解釈や診断が異なることはあってしかるべきだと思いますが、
実際にこういうことを自分が体験すると、ちょっと怖いなぁと思ってしまいます。
ということで、近いうちにMRIをとることになりそう。
MRI・・・・大嫌いです。閉所恐怖症だから(T_T)
しかも脳下垂体の場合は造影剤を使った検査になるそうで、
時間もお金もいっぱいかかりそう。うー、やだなぁ。。。。(甘えるな。)


次に左卵管の閉塞
以前、造影剤を全部体内に入れることができず検査が辛かったという話を書きました。
その話を先生にすると、
「右側が閉塞していないのに造影剤が入らなかったというのは少し疑問」
とのことで・・。
ようは、片側だけでも通っているなら
造影剤はそちら側から問題なく体内に抜けていくはずで、
すべて入らなかったということは右側も閉塞している可能性があるとのこと。
えっ?じゃあ前の病院でタイミング法を続けていた期間は何だったの?(汗)

ということで、ふたたび恐怖の卵管造影検査を受けることが決定しました。
もうね、もう・・・  ○| ̄|_  ←こういうやつ。
これってこういう時に使うんだなって思いましたよ。
あの検査をまたやるのかー・・・・・・。
前の検査中に失神しかけたと伝えたら、次やるときは
神経ブロックを使ってもらえるということでした。よかった(涙)


それから抗核抗体
これについては新たな問題点は特に指摘されなかったのですが、
もう体質みたいなものだから「治す」ということはできない。
プロラクチン値は服薬等で値を下げればいいし、
卵管閉塞は再建手術をするなどして対処すればいい。
それに対して抗核抗体は対処の仕方がとても難しいのだと。
目に見えない相手だから、治療しながら付き合い方を考えるしかないのだそうです。

あと内診の結果、子宮筋腫も見つかっちゃいました。
まぁデキモノ体質だからあってもおかしくないなーとは思ってたけど。


そんなこんなで、先生の言葉でまとめると、
「一筋縄ではいかない状態だね。」とのことでした。
「さて、何から手を付けたもんか・・・」という雰囲気の中、
ひとまずひととおりの検査をやり直し、その結果を見て
計画的に色々見極めながらやっていきましょうということになりました。

なんだかもう、自分の体がどうしようもない状態だってことを
あらためて認識させられたというか。
しばらく治療から離れていたこともあって、
「病院を変えて人工授精に進んでみたら、意外とポコっと妊娠したりして♪」
なんて夢見がちになっていたノーテンキな自分もどこかにいて、
久しぶりにこのことで凹みました。
まぁ、これが現実だから仕方ないですけれど。

あと、もっと早くこの病院にきていればよかったなぁと。
脳下垂体のこととか造影剤のこととか、私なりに疑問を感じてはいました。
でもしょせん素人の考えることだし、先生を信じてみようと
なかば盲目的に従ってしまっていました。
で、今回あらためて指摘されてみて初めて気づくっていう。
あと1年早く気づいていれば、まだ30歳だったのに。

とはいえ、前の病院を悪く言って自院の客になってもらおうとする
先生の戦略かもしれない(私のひねくれた性格(笑)が露呈しますね)し、
私の身体、私の治療なのだから、
私自身の考えを大切にしつつ、治療を進めていこうと思います。

とりあえずしばらくはまた、検査続きの期間になりそうです。
お金もかかるなー。節約しなきゃ。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://riko804.blog.fc2.com/tb.php/225-41d361a6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top