2016
01.10

スマホ料金を節約。格安SIMへ。

Category: 家計あれこれ
新年2発目の今日はちょっとマニアックな記事です。
が、通信量を節約したい!家計に余裕がほしい!という人にぜひオススメしたい、
月7,000円以上払っていたスマホ代を、2,000円以下に節約したお話です。
そこの奥さん、お見逃しなく!
(やってる人はもうとっくにやってるだろうけど。。^^;)

私がはじめて携帯電話を持ったのは高校生のとき。
以来、15年以上ドコモユーザーでした。
が、先日そのdocomoを解約しました。

というのも、1年ほど前に機種変更をしたときのこと。
否応なしに新プランなるものに変更されてしまい、
いろいろ工夫して毎月2,000円くらいで済ませていた通信量が、一気に7,000円超に。

「新プランは、月額たったの2,700円で電話がかけ放題になるんですよ!」
と店員さんに力説されたものの・・・
今はLINEなんかの無料通話アプリもあるし、家族割引だってあるし、
そもそも月にトータルでも数十分程度しか通話しないし。

カケホーダイ(月額2,700円)、いらねー・・・・。


と思ってしまったわけです。
無料通話分なんて、1,000円でも余るくらいなのに。
でも、私の使い方だとカケホーダイなしのプランは契約できず、
納得できないながら、月々7,000円を支払い続けてきたわけですが。
ついにガマンの限界。

だって、月7,000円って、年間84,000円だよ?
12年続けたら100万だよ?
ありえないありえないありえないありえない。ありえない。

ということで、アレです。最近よく聞くやつ。そう、格安SIM
今使っているスマホに刺さっているドコモのSIMカードを差し替えるだけで
通話料が節約できちゃうというすごいヤツです。
もちろん、今使っている端末も電話番号もそのまま使えます。

SIMカードというのは、携帯に必ず刺さっているこういうやつです。
※SDカードとは違います。注意。

オモテ
SIMカード裏 

ウラ(ぼかし部分には英数字があります)
SIMカード表

※使っている携帯の機種によってカードの大きさは異なります。
 私のはnanoサイズ。


ずーっと気になってたんですよね。
気になっていながらも、ドコモに愛着があったり
デメリットが良くわかっていなかったりで尻込みしていました。
でも、やっぱりどうにかしたい。携帯代、安くしたい!

てことで、あんまり機械には詳しくないながらも色々調べ、
iij(アイアイジェイ)という通信会社のSIMカードを購入することにしました。
私が住んでいるような田舎の場合、格安SIMは実店舗が少なくて
ネットと郵便で申込手続きをしないといけないケースが多いのですが、
なんとこのiij、全国のイオン店頭で手続き可能。
うちから車で10分のとこにイオンある〜♪

ということで、いそいそと申し込みを済ませてきたのでした。

私が購入したのは、イオンとiijのコラボ商品の中の、
「音声通話パックforイオン(ミニマムスタート3Gプラン)」。
音声通話(電話)ができて、かつ月3Gのネット通信ができるというプランです。
これで、月額1,600円。1,600円ですよ?安い!

ちなみに、ドコモで月7,000円払っていたプランは、月2Gしか通信できませんでした。
しかも余った容量は翌月に持ち越せないっていう。ひどくない?搾取?
(いや、その分手厚いサービスやインフラ整備で返してくれてるんですけどね。)

しかもね、IIJは1月17日までお得なキャンペーンをやっているのです。
月1Gの通信容量(24ヶ月間)+月600円分の無料通話(6ヶ月間)のプレゼント
(↑このリンクは2016年1月18日以降見られなくなると思うのでご注意を。)

つまり、月4G使えて(ドコモの倍!)、600円分の無料通話もついてくるんです。
はー、このキャンペーンを見つけた自分、グッジョブ!!

さて、具体的な手続き方法です。とってもカンタン。

1)ドコモショップで解約したい旨伝え、「MNP予約番号」をもらう。(※3,000円必要)
2)MNP予約番号、印鑑、身分証を持って、イオンの店頭窓口へ。
3)申込書に記入し、開通手続き完了を待ちます。(1時間くらい)
 →この瞬間、docomo回線が自動的に解約されます。
4)完了後、お金(初期費用3,000円)を支払ってSIMカードを受け取る。
5)自分のスマホに4)のSIMカードを挿し、もらった説明書に従って
  スマホでAPNの設定をしたらすべて完了!
※MNP予約番号には有効期限(15日間)があるので要注意!
※APN設定は、「ネットワークの設定→モバイルネットワーク→アクセスポイント名」的なところでできます。説明書にやりかたは全部書いてあるので、詳しくない人でも1分かからずカンタンにできます。

これだけ。
これだけで、スマホが月額2,000円以下で使えるようになります。
なんとー。主婦の味方。強力な味方じゃないですか。

ただし、格安SIMには注意点やデメリットもあります。
契約してから後悔しても遅いので、これをよく理解したうえで使いましょう。

<格安SIMの注意点・デメリット>

・端末保障が受けられないことがほとんど。
 なくしたり壊したりしたら買い換えるしかありません。
・テザリングができなくなるケースが多い。
・機種変更するときは、自分で端末を購入する必要がある。
・キャリアメールが使えなくなる。
 (キャリアメール=〜@docomo.ne.jpのようなアドレス)
・年齢認証ができなくなるので、アプリによっては一部機能が使えなくなる。
 (例:LINEのID検索。ふるふるやQRコード招待は可能。)
・格安SIMには「ドコモ系」「au系」などタイプがあるので、
 自分の端末が対応しているかどうかちゃんと調べる必要あり。
 docomoの場合は対応しているケースが多いです。
 →対応していなかったら、キャリア(docomo、SB、auなど)のお店で
 「SIMフリー化」というのをしてもらえばOK。
・キャリア解約には違約金がかかる場合があるので要確認。
 たいてい2年に1度、解約金が0円になる「契約更新月」が訪れます。
 そのタイミングで乗り換えられたらベスト。
・大手キャリアのような、店頭での手厚いサポートは受けられない。
 (=わからないことは自分で解決するモチベーションが必要。)

キャリアで受けている月々サポート割引のようなものをちゃんと計算したら
そこまで大きな節約にならない人もいるかもしれません。
その辺も考えて、メリットとデメリットを天秤にかけてみると良いと思います。
まぁ、ほとんどのケースでは数千円単位での節約に繋がると思います。

私、実は携帯電話好きだったりします。
(バリバリの文系で機械オンチだけど。)
新機種が出るたびに買い換えるとかそういうことではなく、
お気に入りの機種をこだわって買って長く使いたい人種です。
なので、携帯料金を賢く節約できてご満悦(*^^*)

夫にもどうかな?と思って勧めてみましたが、
通話料がかかったり店頭サポートが無くなることを考えたら
夫はこのままキャリア契約を続けたいとのこと。

2人で格安SIMにしたら1万円の家計節約になるんだけど(^^;)、
使いこなす自信のない人にムリヤリ勧めるものでもないと思うので、
わが家では私のみ格安SIM運用で行きたいと思います。

(追記)
iijではお友達紹介特典なるものがあるらしく、
紹介された人にはデータ使用量がプレゼントされるそうです。
コメント等でご連絡いただければ、紹介コードをお伝えします(^^)

以上、ちょっとマニアック(?)なスマホの節約術でした〜♪


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://riko804.blog.fc2.com/tb.php/250-09a6728f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top