2016
02.27

ご褒美てぬぐい。

FTを受けてからはや1週間。
術後、6日間は出血が続きました。
あと、下腹部の痛みもジワジワいまだ続いています。
が、これも手術をして身体が変化したことの証!と、
あまり深く考えないようにして過ごしています。

さて、せっかくだから手術をがんばった自分にごほうびを。
(いくつになっても自分に甘い。)
ということで、あひろ屋さんで手ぬぐいを買いました。

以前からずーっと気になっていたショップさんで、
パソコンを開いては、「これいいいなー。こっちも素敵だなー。」と、
ウィンドウショッピングを繰り返していたお店。

毎日台所でガシガシ手拭きに使っていますが、
手ぬぐいって私にとってはけっこう贅沢品なので、
こんな機会でもないといつまでたっても買わないぞ、と。

2〜3枚だけを厳選して買うつもりが、
気になるものを選んでいたら、あっというまにカートの中の商品数が2桁に(笑)
そこから絞りに絞って、ようやく7枚になりました。
しめて8千円。
うーーーーん。布にはっせんえん。高いよね(笑)

でも、、、、

あひろ屋てぬぐい

買っちゃった私。

並べて気づいたけど、私ってやっぱり趣味が地味かも。
ほぼモノクロですね。女子力の所在〜。

一番欲しかったのは、これ。「鉄瓶」。
あひろ屋さんの代表作(?)なイメージです。
届いてすぐさま開封して撮ったので、商品シールがついたまま(笑)
鉄瓶

「宿り木」と「槍梅」
梅は、季節もバッチリで、すぐに使い始めます。
宿木と梅

「岩燕」と「眠る鳥」。鳥つながりですね。
燕もこれからちょうどよい季節。
岩燕と眠る鳥

「滝縞」は水色と迷ったのだけれど、あえて好みを外して紫を。
大人な雰囲気です。
滝縞

そして、届いてみると予想以上に素敵だったのが「枝垂柳」。
カゲロウが、濃淡を付けて染められていてほんとうに素敵。
このままどこかに飾っておきたいです。
枝下柳

せっかくパリっとキレイに畳まれているのにもったいないけれど、
しばらく使わないものでも、まず一度すべて水洗いします。
余分な染料や糊を落としておかないと、布が傷んで破れたりするんだそうな。
しかし、この水洗い作業も、布をいつくしめる楽しい時間です。

去年買った手ぬぐいは、だいぶ使い込んできて
くったりと、使っていてとても心地良い感触になってきました。
今はハリハリシャッキリとしたこの手拭いたちも、
来年の今頃はそんなふうになっているかな〜。

あひろ屋さん、近くにあればぜひ実際に訪ねてみたいお店です。
遠いから無理だけど〜。。
東京に3年以上も住んでいたのに、なんであの頃に出会わなかったのか。
職場と自宅の往復ばかりという、なんとももったいない過ごし方をしてしまいました。
そういうことって、離れてみて気付くんですよね(^^;)

いつか、関東へゆっくりと出向く機会があったら
立ち寄ってみようと思います。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://riko804.blog.fc2.com/tb.php/258-c150cc01
トラックバック
コメント
Rikoさん、こんばんは

体調はいかがですか?
日帰り手術とはいえ、手術は手術。
すぐに元の状態に、とはいかないですよね。

自分にご褒美は私も大賛成!!
病院に行った帰りはカフェでちょっと高いケーキを
買って食べてます。
だから太ってしまうんですけどねー。
手ぬぐいは私も食器拭き用につかってます。
ただ、会社からいただいた手ぬぐいで
デザイン性は無いので、Rikoさんオススメの
手ぬぐいはすごく素敵だと思います^^

先日病院に行って、FT手術をすることにしました。
本当はすぐに体外受精にしようか迷っていたんですが、
私の場合は片方が入り口から完全に塞がっていたので、
片方を通れるようにするだけで効果はあると思う、
と先生が言ったのでFTに決めました。

Rikoさんは術後の痛みはどのくらいですか?
普通に歩くことはできましたか?
人によってそれぞれだと思うのですが、
術後は1日会社を休んだほうがいいのかしら…
悩むところです。







チョコdot 2016.02.28 18:56 | 編集
チョコさん

こんにちは。FT、受けられることにしたのですね!
完全閉塞だったのなら、確かに開通できれば
可能性はグンと上がりそうですよね。
成功することを心からお祈りしています(>v<)

私は、動くのが辛いほどの痛みは術後1時間くらいで収まって、
麻酔が完全に覚めた頃には普通に立って歩けました。
もしかしたらその時の痛みも、麻酔で朦朧としていた幻覚だったのかもしれません(^^;)
その後、1週間くらいはジワジワ痛かったですけど、
「あー、なんかちょっと痛いなー(サスリサスリ)」みたいな感じで、日常生活はまったく問題なく。
痛み止めを飲む程でもない生理痛という感じでした。

私はオペ日が金曜日だったので、念の為に翌土曜日は
一日家でゴロゴロしていましたけど、普通に家事できましたし、
日曜日にはショッピングモールに買い物にでかけたりもしましたよ。
(手術おつかれさまということで、クルクル寿司を食べに。ご褒美はやめられませんよね ^^)
そんな具合で手術の傷による不便さというのはほとんど無くて、
絶食と麻酔の副作用による胃腸の不快感の方が辛かったです。
翌日昼頃までは、うどんを食べても気持ち悪い、みたいな。

でも、個人差があるって言いますし、
翌日がお仕事だとちょっと不安ですよね。。。
私は翌朝はまだ胃が気持ち悪くて起きたくなかったので、
もし仕事だったら辛かったかもしれません。
せめて午前半休くらい取られた方が安心できるかもですね。


あと、FTを受けてみて思いがけないメリットがありました。
うちの病院は原則夫の付添いが必要で、仕事を休んできてもらったんですが、
私が何度も点滴を打たれたり意識朦朧でオペ室から帰ってくる様子や、
内診で「痛くないからもっと力抜いて~」とか言われているのを壁越しに聞いて、
夫が以前より治療に積極的になってくれた気がします。
もともと協力的な人だったのですが、自分から排卵日を確認してきたり、
「明日の診察、終わって体がきつかったら迎えいくからね?」と気遣ってくれたり
(実際には内診だけだから全然きつくないんですけど。笑)、
「りこがあんなに頑張ったんだから俺もがんばろう」って
思ってくれてるんじゃないかなーと感じます。

まぁうちはたまたま仕事が休みやすい日だったのでラッキーだったんですが。

いずれにしても、手術の成功を心からお祈りしています。
まだ全然結果は出ていないですが、手術が終わってみて、
「あぁ、私もみんなと同じ体になれたんだ~」と感じられて
本当に受けてよかったと感じます。

チョコさんの卵管も、無事に開通されますように・・!
Rikodot 2016.02.29 13:16 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top