2016
08.26

読了感

先日、ふと同僚との会話で話題にのぼったのがきっかけで、
本棚から引っ張り出してきた本を読みふけっています。

まぁ、本と言ってもマンガなのですが(^^;)
「風の谷のナウシカ」です。



そう、みなさんきっとご存知の、あのジブリ映画の。

実は映画のストーリーは、コミック全7巻のうちの
ほんの最初の2~3冊分だけなんです。
しかも、その部分もだいぶ原作と映画とでは異なっていて。

コミック版は、かなり、かーなり、複雑で深いお話になっています。
読んでいると気が滅入るような内容もあるのだけれど、
でもとても壮大で、私は好きなお話です。

1冊はけっこう薄くてすぐに読めてしまうと思いきや、
話が複雑なので読むのにかなり時間がかかる。
1週間ほど前に読み始めて、今やっと6巻に差し掛かったところです。
一度(いや、何度か)読んだことがある本なのにー(苦笑)

・・・しかし、内容をよーく咀嚼して飲み込んでいないと
せっかくのクライマックスがじっくり堪能できない!と突如思い、
せっかく6巻まで進んだのに、昨日からまた1巻に戻って読み直しています。
エンドレス~。
夫は隣であきれています。(笑)

実はこれ、同僚に貸す約束をしているのですよね。
はやく読み終わらなければ・・・(^^;)

読み終わった後は、きっと空虚な読了感に襲われるのだと思いますが、
この週末、思う存分その気分に浸りたいと思います。

手塚治虫の「ブッダ」や「火の鳥」なんかが好きな方は
きっととても面白く読めるお話です。気になる方は是非!


そういえば、今回ナウシカを読み直していて気づいたのですが、
子供の頃に同じような読了感を味わった本がありました。
(いや、まだ今回ナウシカは読了していないんだけど。以前の記憶で。)

ナルニア国物語

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ナルニア国ものがたり(全7巻セット) [ C.S.ルイス ]
価格:5486円(税込、送料無料) (2016/8/26時点)


 
数年前に映画化されて話題になりましたが、
原作は児童向けの文学作品です。全7巻。

あれ、ナルニアもナウシカも全7巻。
しかも、「ナルニア」と「ナウシカ」、母音が一緒で響きが似てるー。
面白い偶然。

ナルニアは、小学生の頃に母に買ってもらって熱心に読んでいました。
大好きで大好きで、何度も読み直したのを覚えています。
(原作のイメージが強すぎて、映画はちょっと合いませんでした。)

おおむねはファンタジー溢れた夢のあるお話なんですが、
最後まで読むと、何とも言えない読了感に襲われるストーリーです。
こちらもまた読みたくなってきた!
でも実家だ…今度帰省した時に持って帰ってこなければ。

ナルニアは小説とはいえ児童向けなので、
大きな文字で行間をあけて書かれているし、挿絵もたくさんあって
1冊はわりとすぐに読めてしまいます。こちらもおすすめ。
もし子供ができたら、プレゼントに買ってあげたいなぁなんて夢見ています。
あはは。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

風の谷のナウシカ(7巻セット)
価格:3072円(税込、送料無料) (2016/8/26時点)




スポンサーサイト

トラックバックURL
http://riko804.blog.fc2.com/tb.php/284-8ec4dcf5
トラックバック
コメント
風の谷のナウシカ・・・恥ずかしながら、
タイトルは知っているものの、
映画も見たことないし、原作も読んだこともないのです^^;
映画のストーリーと違うんですね。
それもコミックの最初の数冊って・・・。

クライマックスがじっくり堪能できないいから、と、
読み返すのってわかりますよ、
私もよくあります(笑)
読み終わったあとのなんともいえない爽快感というか、
読了感、気持ちいいですよね。

ナルニア物語、確かにナウシカと
母音が同じだから似てる^^
これも物語知らないの(;´д`)
りこさんの記事を読んでいると、
どちらも読みたくなっちゃった。
電子ブックあるかしらん^^

HASU*dot 2016.08.26 20:15 | 編集
HASU*さん
ナウシカとナルニア、おすすめです。
好き嫌い(というより、親しみやすい・親しみがたい)が
激しい作品かもしれないとも思いますが。。

この週末は、全巻を2回ずつくらい読み直してやっと読破しました。
爽快感というよりも、重厚感というか、
どーんと考え込んでしまうような読了感ではありましたが、
あぁ、今回も読んでよかったなぁと満足です。
もう読むのは何度目かのはずなのに、毎回
「へー、こういう話だったのかー」と思っている気がします(笑)

ナルニアは、電子ブックで見かけたことがあります。
正直、私は映画はあまりオススメできないので、
今からご覧になる方には、原作をぜひ推したいです。
もしもいろんな出版社から出ていたとしたら、
岩波文庫のものがおすすめです(^^)
りこdot 2016.08.29 12:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top