2013
05.23

生理予定日までのドキドキを乗り越えろ!大作戦

Category: 不妊治療
検査の話からすこし飛びますが、今周期からクロミッドを服用して、排卵誘発をする治療を始めました。人生初のクロミッドです。生理5日目から5日間、1日1錠を服用。副作用が怖かったけど、そう酷い吐き気なども来ず、普通に飲めました。

そして、服用が終わってから4日後(生理12日目)に受診。クロミッドがちゃんと効いているか、内診で診てもらいました。

結果、どうやら効きすぎたらしく、すでに卵胞が23mmに(^^;)
もういつ排卵してもおかしくない大きさだけど、尿検査をしてみると、まだ排卵の兆候はないとのこと。え、もしやまたしても排卵せずに残っちゃうパターン・・・?やだなー。。涙

「とりあえず、明日あたりに旦那さんと仲良~くしてみてくださいね。」とのこと。

*---------------
私の主治医の先生は、タイミングを取ってほしいときに「仲良~くしてね。」って言います。50代くらいの素朴なおじさん先生なんだけど、なんか言い方がかわいくて、言われるたびに心の中で「ふふっ」って笑っちゃいます(^^)
---------------*

そして言われたとおり翌日に仲良~くして(笑)、また3日後(生理15日目)に受診。
すると、ちゃんと排卵してました!よかった、うれしいー。今まで当たり前にしてると思っていた排卵をちゃんと確認できただけでこんなに嬉しいなんて。(前周期が排卵できていなかっただけに、よりうれしい^^)エコー画像を見てみたら、卵胞がおやつのカールみたいな変な形をしていました。これが排卵したって証拠なのね!初めて見たー。

「ついさっき排卵したばっかりという感じだから、念のために今日も仲良~くしといてね。」だそうで。その日も仲良~くしてみました(笑)


そして、今日が生理28日目。一応、もしも生理が来ちゃったときのためにおりものシートをつけているんですが、もうトイレに行くたびにドキドキです。このまま生理が来ないといいんだけどなー。
でも、期待しすぎるとツライので、あと1週間くらいは極力考えないようにしたいです。う~ん、できるのか。。。

ところで。
私は周期が28~38日とズレが大きいので、いつも32日目あたりを過ぎたくらいから「もしかして・・今回こそは・・・!?」って期待して期待していつの間にかその気になってやっぱり撃沈、というのがお決まりのパターンになっていました。
が、その撃沈パターンから逃れる方法を最近編み出しました。ズバリ、「ドキドキするのは排卵日から16日目を過ぎてから。作戦」です。作戦の内容は以下の通り。(まどろっこしい書き方しかできず、長ったらしい文章になっちゃいました。すでに知っている方も多いと思うので、興味ない方はスルーしちゃってください。)


排卵すると「黄体」というものができ、ここから黄体ホルモンが分泌されて高温期が始まります。黄体ホルモンが出続ける限り高温期が続く(=生理が来ない)のですが、黄体の寿命は14日±2日間だそうです。これは個人差もあまりない正確な日数だそう。
ということは、生理周期が長かろうが短かろうが、妊娠していなければ排卵日から約14日後には黄体がなくなって生理が来るということ。逆を言えば、排卵日から約14日(±2日)経っていないうちは、絶対に生理は来ない、ということです。

つまり、基礎体温で排卵日のあたりをつけておけば、ムダに期待してドキドキすることもないんです。「もう34日目だけど生理来ないな。ドキド・・・あ、でも今月は23日目が排卵日っぽいから生理が来るとしてもまだ先か~。早とちり~。テヘッ。」って具合です。こういうふうに考えるようになってから、だいぶ心の健康を取り戻しました(笑)


そう考えると、今日は排卵日からちょうど14日目、かつプラノバールを飲み終わってから3日目。生理が来るとすればもうまもなくです。来ちゃったときのための心の準備はしてるけど、今期は排卵も確認したしタイミングもしっかり取れたし、どうしても期待してしまうー。
こういう場合に、乗り切る作戦って何かないですかね??ただ待つ。それだけかな。。(^^;)
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://riko804.blog.fc2.com/tb.php/30-cda00841
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top