2017
03.23

やってしまった・・・

麦茶ボトルを、割ってしまいました。

何を隠そう、私。
この1年で、2本も割ってしまったんです。お茶用のポット。

ちょうど10か月前、こんな記事を書いていました。



大のお気に入りだったこのボトルは
そのガラスの薄さゆえに、がさつな私の手にかかって
半年ほどでこなごなにわれてしまい。

その後購入したこのボトル↓もお気に入りだったのですが
つい最近割ってしまいました。




・・はい。ののしってください。

割る?
麦茶ボトルって、普通そんなに割る?

麦茶ポットを使うにあたって、私の必須条件は↓の3つです。

・ガラス製(プラスチックは細かいヒビに着色汚れが付くのが嫌)
・耐熱
・洗いやすく乾かしやすい、シンプルな構造

しかしこうも頻繁に割ってしまうとなると、
ガラス製という条件はあきらめざるを得ません。

でも、他の2つの条件は譲りたくない。
なかなかないんです。耐熱性で、シンプルな構造のポットって。
ありそうなのに、ない。
耐熱になると、他にもいろんな機能がプラスされていたり
ややこしい構造のパッキンがついていたりして
なかなかコレというものに巡りあえずにいました。

・・のですが!
ネットをフラフラしていたら、ようやく出会ったんです。

ucaのウォータージャグ。なるものに。


奥まで手を入れて洗いやすいデザイン。
蓋も含めてシンプルな構造。
もちろん耐熱。
プラだけど、ガラスっぽい見た目。

必須条件を全クリアです。しかも安い。
プラスチック製なのが残念ですが、
波状のデザインなので、小キズも目立ちにくそうだし
一見すればガラス。そう、これはガラス。(違う)

4色あるようですが、私はブルーをチョイスしました。

とはいえ、手元に届くまでは、
「大衆食堂の冷水ピッチャーみたいだったらどうしよう」
って思ってました。正直。だってプラだし。

でも届いてみたらその不安はさっぱり払拭。
なんならちょっとおしゃれかも。というデザインでした。

uca新しいボトル

おしゃれなタグシールによって多少補完されている感はあるけど、
シールをはがしても、シンプルでいい感じです。

蓋も、凹凸のある構造ではあるけど、洗いやすくて衛生的。

ボトルのフタあけたとこ

シンプルっていうか、もはやパッキンがない。素敵!
パッキン、便利だけど苦手なんですよね。
着色するし、汚れ溜まりやすいし、消耗品だし。
(え、ボトルも消耗してるやん?ってツッコミは無しで。。)

お子さんがいる家庭だとパッキンなしは厳しそうですが、
いい大人の2人暮らしのわが家では問題なしです。

フタを閉じるとこんな感じ。

ボトルのフタしまってるとこ

このフタ、注ぎ口がこんな形状(↓)をしていて、
かんたんなホコリよけ構造になっています。
細やか!

ボトルの蓋取ると

で、クルッと回して蓋を閉めれば、注ぎ口が開放。
凹凸がうまい具合にはまって、蓋が固定されるようになっています。
パッキンはないけど、グラグラしない。

ボトルのフタ開放

これで1,000円そこそこって、とってもいいお買い物ができました♪
というか、早く買っておけばよかった‥。

今度こそ、割らずに末永くお世話になります。
プラだったら、体重をかけて上からたたき割ろうとでもしない限りは
きっと割れないはず。・・はず。

大事にします。




スポンサーサイト

トラックバックURL
http://riko804.blog.fc2.com/tb.php/314-2dd0b5da
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top