2017
05.16

はじめての採卵、できず。

Category: 不妊治療
はじめての採卵、行ってきました。

私の通っている病院では
採卵は外来が始まる前の朝一番に行うらしく、
朝8時に病院へ。

昨日指定されたとおり、今まで入ったことのない別棟に行くと、
院長先生と、普段よくお見掛けする看護師さんたちが
すでに何人も働かれていました。

ここの病院では、不妊治療を担当されているのは
院長先生おひとりなので(産科はほかにも先生がいらっしゃる)、
こんなに朝早くから夕方まで、しかも土曜日も
代わりのきかないお仕事を毎日されているんですよね。
看護師さんたちも、夕方に受診するときにも
いつもお見掛けする方ばかりでした。

はー、脱帽です。


で、肝心の採卵ですが。
結局、すでに排卵してしまっていました。。(涙)

採卵用の診察台に座って先生を待つ間、
看護師さんが血圧計やSPO2を取り付けてくれながら
「ちゃんと卵が取れるといいですねー。」と。

でも、昨日の夕方あたりから
かなりお腹と腰が重ダル~かったんです。
hCGの注射をしたからかなーとは思ったのですが、
それにしてもダルくてダルくて、夫にさすってもらっていました。

看護師さんにそのことを話すと、
「あー、それはちょっと心配やねぇ。卵さん、いてくれるといいけどねー。。」
と。
ですよねー。
私もそれを祈りながら来ました!

で、先生のスタンバイが完了していよいよ採卵開始。
診察台が上がり、まずはエコーで卵胞を確認。
・・・するやいなや、
「あー、りこさん残念です。もう出ちゃってますねー。」

あぁ、やっぱりそうですか。
なんとなく覚悟していたので、意外とあっさりと受け入れられました。

その姿勢のまま、今から人工授精を試してみるか?と聞かれたけれど、
卵巣も卵管も癒着しまくっている左側からの排卵なので
人工授精は希望しませんでした。

残念。
幸い自分たちでタイミングもとってはいるけれど
左側からなので、おそらく自然妊娠も望めないでしょう。
また来周期にリベンジです。

セキソビットを飲まなければよかったんじゃないかな、とか
卵胞チェックがあと1日早くできていたらな、とか
いろいろ思わないでもないですが、
先生も「本当だったら昨日が一番採りごろだったみたいですね。
次からはもう少し早め早めに確認していきましょう」
とおっしゃっていたので、次に活かしたいと思います。

たくさんの患者さんを診てらっしゃる先生なので、
先生任せにするのじゃなく、来周期の卵胞チェックの時には、
自分からしっかり今回のことを伝えて、タイミングを逃さないようにしなくては!

というか、お忙しいからだとは思うのですが
けっこう今までの経緯を忘れてしまいがちな先生なので、
自分が主体的に治療する気持ちで臨もうと思います(^_^;)
(成績を見るに腕はよい先生だし、県内では一番恵まれた設備の病院なんです。)

その後、せっかく精液を持参したのだから
状態を教えてくださるとのことで、しばし待合室で待機。

どうも私は1番乗りで採卵室に入ったようで、
私の次に採卵する方が、夫婦で待っていました。
そのご夫婦は何度目かのトライらしく、慣れた感じで採卵室へ。

あぁ、いいなぁ。あの人は採卵できるんだろうなぁ。
なんて思いながら、採卵室へ向かう後ろ姿を(勝手に)見送っていると
ちょっとだけ切ない気分に。

仕方ない。
卵胞は育っていたのだから、また次がある!

結局、持ち込んだ精子は何の問題もなく
すこぶる良い状態だとのことでした。
夫、あんなにアトピーで体中ボロボロなのに
精子だけはいつ測っても元気なんですよね。不思議(笑)
頼もしい限りです。


本日のお会計は、10割負担で7千円ナリ。

昨日、思い切って預金から50万円おろしてきたんですけれどね。
これも来周期のためにお預けとなりました。

それにしても50万円なんて、ATMに金額を入力する前に
10秒くらい目をつぶって深呼吸しちゃいましたよ。。
自宅に置いておくのは怖いから、一度銀行に戻そうかな。

帰宅したのはまだ朝9時前。
それから仕事に行くこともできたけど、
せっかく休みを取ったので、1日おやすみを満喫しちゃいました。
ちょっとだけズル休みしたみたいな気分。
たまにはいいよね。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://riko804.blog.fc2.com/tb.php/325-6ed71fd4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top