2017
06.27

カウフマン療法

Category: 不妊治療
採卵を終え、無事に1つの受精卵を凍結できた私。

予想外のOHSSになってしまったものの、
次に生理が来たら3日以内に受診するようにと言われ、
のんびりと過ごしておりました。


そして採卵から10日目の朝。
夫を見送った後にトイレに行くと、
座った瞬間にいきなり出血がありました。
ボトボトッと便器の中に落ちて水が真っ赤になるほどの、結構な量。

まだOHSSのお腹のハリも続いていたし、
採卵から10日目だと、生理が来るにはまだ4~5日は早いはず。
じゃあこの出血は何!!?

これにはかなりビビってしまって、即病院に電話しました。
先生がまだ出勤されていない時間だったので
私からの電話を受けた看護師さんが、先生に電話で確認を取ってくれました。

折り返しかかってきた電話によると、

「先生に確認したところ、生理に似たような状態だと思われるので、
 とりあえず様子を見てください。」
 とのこと。

生理に「似たような」状態?ナニソレ?

「それって生理ではないということですか?
 次は生理が来たら3日以内に受診するようにと言われているのですが
 どうしたらいいでしょうか?」

と聞き返すと、

「あれっ、そうですよね。うーん、どうなんだろう・・・。
 先生は「生理みたいなもの」歳か言ってなかったんだけど・・。
 とりあえず様子を見て大丈夫ということなんですが、
 心配だったら受診してください。」

と。

えー?なんかよーわからん。
この看護師さん、大丈夫かしら?
結局生理なの?いつ受診すればいいの?
次の治療のステップに結構かかわってくるんですけどー。。

ひとまずその日は仕事に行きましたが、
経験したことのないような大量の鮮血が出続けたので
不安になって仕事帰りに病院に行きました。
「生理に似たようなもの」って言っていたけれど、
私、普段の生理でこんなに真っ赤な血が大量に出ることないし、
いつもの生理とは全然違う。
OHSSで腫れた卵巣が破れて出血しているとかだったら怖い!
と思ったので。


で、いつものごとく長い待ち時間を経て診察室へ。
椅子に座るなり先生から、

「朝の電話で、生理なので急いで受診する必要はないとお伝えしたはずなのですが?
 心配なら受診するようにとも、指示した覚えはないんだけどなぁ。」

と。

えー、なんか聞いてた話と違う。

私が聞いた話を説明しましたが、
「生理を危険な出血と勘違いしてムリヤリ受診したおバカな人」
みたいになっちゃいました。

むぅ。ちゃんと電話して聞いたのに。


ひとまず、この出血は生理で間違いないそうです。
採卵のためにホルモン剤を使って排卵をコントロールしたので、
採卵周期の次の整理は、通常の生理周期よりも
だいぶ早く来るのが普通なのだそう。

というか、

「採卵後 生理」

とかで検索したら、

「採卵後は10日くらいで次の生理が来る」

という情報が、山のように出てきました(^^;)

いつもだと結構念入りに調べてから病院に行くのですが、
あまりの大量出血にビビってしまって、我を忘れてしまいました。
反省…。


というのが、先週のお話。

その後、生理が終わり、本日ふたたび受診してきました。

まだ卵巣の腫れが残っているので、
今周期は移植せず、カウフマン療法を行って
子宮や卵巣を休ませることになりました。

今日から12日間、2種類のお薬を飲みます。
飲み忘れないように、さっそくピルケースに仕分け。

移植に向けておくすり

それでも飲み忘れが怖いので、薬の1つ1つに
油性ペンで飲む日付を書き入れました(^^;)

お薬を飲み終わったら、数日以内にまた生理が来るそうです。

なんか、自然の流れにあらがってるなー、私の体。
でも、科学の力を借りないことにはわが子を授かれないことが
これまでの検査や手術の結果ではっきりしているので、迷いはありません。


今日の診察では、凍結した受精卵の進捗レポートをもらいました。
私たちの胚盤胞のグレードは3AB。
最初の"3"という数字は、胚盤胞の成長の段階を表していて、
その次の"A"は、これから赤ちゃんになっていく「内細胞塊」のグレード、
その次の"B"は、赤ちゃんを取り巻く「栄養外肺葉」のグレード
を表しています。

つまり今回の胚盤胞は、
中程度まで成長が進んでいて、
赤ちゃんのもとになる内細胞は最高レベルのグレードA、
栄養外肺葉はその次のレベルのグレードB、ということになります。

私の通う病院では、グレード3BB以上の胚盤胞が
移植の対象になるそうで、今回の私たちの結果は
「まずまずだ」ということでした。

レポートには写真も載っていたけれど、
内細胞塊、なかなかしっかりミッチリとしていていい感じじゃないの。
これから末永く、よろしくお願いしますよ!


ということで、移植周期に向けてお薬をきちんと飲んで
負荷の少ない生活を送ることを心がけようと思います。


おやすみなさい。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://riko804.blog.fc2.com/tb.php/337-38b4e653
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top