2013
05.28

排卵日翌日は子宮がん検診

Category: 不妊治療
今日は、定時ダッシュとまでは行きませんでしたが、無事に受診してきました。今日からまたクロミッドを飲んで卵胞を育てます。前回5日間飲んで効きすぎちゃったので、今回は3日間です。卵さん、無事に育ってちょうだいね~。

家計のことを書く書くと言いつつ全然書いていないので、今日かかった医療費をメモ。

☆診察代 2,840円
☆薬代 4,990円
(柴苓湯28日分、テルグリド28日分、クロミッド3日分)

★合計 7,830円

次はまた排卵予定日の少し前に受診です。卵胞がちゃんと育っているかを見ます。で、たぶん排卵日直後あたりに再度受診かな。うーん、そこでもまた3,000円ずつくらいかかるかなー。
ま、しょうがないですね。

さて、このまま順調に卵胞が育ったとすると、約10日後に排卵を迎えるわけですが。
なんと、排卵予定日の翌日に職場の子宮がん検診があります!
えー・・・がん検診前夜に仲良しはさすがにマズいよね。。いや、100歩譲ってOKだとして、中を見たら「あ、昨日したんだ」って分かっちゃいそうだし、なにより恥ずかしいですよね。。。見る方も嫌だろうしなぁ(^_^;)

うーん、どうしよう(涙)

というか、普通は女性健診って、生理が当たっちゃう人のことを考えて1週間以上の間をおいて予備日を設けると思うんですが、うちの職場はなぜかその予備日が検診日から3日しか離れていないんです。これ、検診日当日の朝に生理が来ちゃった人とか困るだろうなー。もうちょっと考えてくれたらいいのに。
私の場合、排卵予定日の4日後が検診予備日。もし排卵が1~2日ズレたりしたら、この予備日前日も仲良ししたいタイミングがぶつかっちゃいます。

むむむ、悩ましいです。いっそのこと、今年の子宮がん検診は受けないっていう選択肢もアリかな。。などと考えております。

いっそのこと、子宮頸ガンのワクチンを受けようかな~とも思うんですけどね。副作用の話なんかも聞くし、お金もかかるし。もう30才になるし。ついつい先延ばしにしてしまっています。
でも、もし女の子を授かったら、必ず学生のうちに受けさせたいなぁ。でもその頃には、国内でそういう制度が整っているかもしれませんね。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://riko804.blog.fc2.com/tb.php/34-172dcbc0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top