2017
08.01

移植後1日目。不安、完全払拭。

Category: 不妊治療
移植後1日目。
"BT1"っていうんですよね~たしか。
(使ってみたかっただけ。笑)

おとといのうな重に引き続き、
昨日は「ゆっくりしてていいよ~。」という夫に甘えて、
お寿司の出前を取りました。

なんて贅沢!
うな重にお寿司なんて、贅沢の極み!!

移植の日の夜はお寿司の出前。

・・と言っても、チェーンのデリバリーお寿司ですが(^^;)
しかも写真は食べかけ。失礼。
でも、最近のチェーン店ってレベルが高いですね。
とーってもラクチンだったし美味しかったし、大満足♪


で、念のために今日はお休みをもらって
自宅でダラダラとまったりしています。

昨日の、病院でもらった書類の氏名が間違っていた件が
なんとなくずーっと引っかかっていていまいち気分が晴れず
ウダウダゴロゴロとしている私。

つまり、超ぐうたら。笑
(⇒ことの次第は、「移植してきました」にて。

昨日のブログには、
「黒柳徹子」「黒柳哲子」に間違われたくらいのレア度って書いたけど、
いや、私の苗字ってもうちょっとレアだなぁ。
「錦織 圭」「錦織 恵」くらいかなぁ。

なんて、愚にもつかないことばっかりあれこれ考えてみたり。
どっちでもいいわっ(笑)

病院にはすぐに連絡してちゃんと調べてもらったわけだし、
暇がありすぎるとこんなことにばっかり頭を使うので、
明日から仕事がはじまるのがちょっとありがたいです。


・・・・と書いたものの、
ブログに書いてしまったらまたどうしようもなく気になってきてしまい、
再度、病院に電話してみました。

そこで、担当の培養士さんに電話をつないでいただき、
・書類の氏名誤記は、変換ミスであったこと。
・同じ病院に、同姓同名の患者さんは一人もいないこと。
を確認できました。

というか、同じ苗字の患者さんすらいなかった・・(^^;)
さすが錦織だね!(ちがうけど)

さらに一度電話を切った後、ふたたび病院から着信があったので
何事かと思って出ると、院長先生からの直々のお電話!

丁重なお詫びの言葉とともに、
ミスの経緯や今後の対応方法の説明をしてくださいました。
病院の運用手順も見直すことにしました、ということで
とても納得いく説明をしていただけました。

そもそも、取り違え防止の対策をしっかりしている病院で、
事前面談の際にもこんな対策してますあんな対策してます
という説明を十分に受けて、「この設備なら大丈夫」と
安心していたはずなのですが、やっぱりいざ何かあると
心配になってしまうのが人間というものなのかなぁと。

ヒューマンエラーを100%防ぐことがいかに難しいか、
ちょっと自分の仕事にも通ずるものがあったので
いろいろと考えさせられた出来事でした。

とりあえず、不安はこれできれいさっぱり解消されたし、
院長先生や培養士さんの誠意ある真摯な姿勢も確認できたし、
あとはただ、お腹の胚ちゃん(もう卵じゃないのよね!)の
生命力を信じて、日々を過ごすばかりです。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://riko804.blog.fc2.com/tb.php/344-a7bdb167
トラックバック
コメント
お疲れ様でした。

昨日からのお名前の件、
よ~くわかります。
私の旧姓がやはり珍しいので、
状況は違うけれど、同じようなこと、
ありました。
りこさんの名前のくだりのところは、
不謹慎だけれど、錦織・・黒柳・・うんうんのあたりは、
笑ってしまうほど頷いてしまいました。

病院の対応が良くて良かったです。
医療現場での名前の間違いは
一歩間違うと大変なことになるので、
何度確認しても確認しすぎることはないと思います。
HASU*dot 2017.08.01 20:07 | 編集
HASU*さん

おはようございます。

HASU*さんも珍しいお名前だったのですね。
変わった苗字あるある、ありますよね~(^_^;)
私の苗字は音も聞き取りにくいので、
レストランの予約の時なんかのちょっとした用事の時には
トラブル回避のために偽名を使っちゃったりします。
サトウとかタカハシとか・・(苦笑)

最初は「間違われていたら怖いな・・」という漠然とした不安だったのですが
途中で「これは相手がいることなんだ」ということに気づいて、
本当に間違われていたら、私と名前を間違われたお相手という
もう一人の被害者がいるということか・・
と、いてもたってもいられなくなってしまいました。
本当に、病院が誠実に対応してくれてよかったです。
りこdot 2017.08.02 07:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top