2017
08.08

判定日。

Category: 不妊治療
5日目凍結胚盤胞移植から8日目。
判定日でした。

不妊治療をされている方のブログを拝見していると、
「他人の妊娠判定の記事を読むのは勇気がいる」
という意見をよく目にします。
結果がどちらであっても精神的にダメージを受ける
という気持ちは、私もちょこっとわかります。

なので、この記事は折りたたんで書くことにします。
「続きを読む」からご覧ください。




相変わらず、大した緊張がやってこないまま判定日を迎えました。

診察予約の10分前に到着してすぐに採血。
採血してくれたのがよく注射や処置をしてくださる看護師さんで、
「いよいよ判定やねぇ~。いい結果出してくれるといいねぇ~。」
と、私の血管に語りかけながら採血してくれました。
語りかけたところで結果は変わらないんだけどね(笑)
愉快で楽しい看護師さんで、ちょっと気が和みます。

血液検査の結果はいつも1時間くらいで出るのでそのつもりで待っていると
入院患者さんの緊急対応とかが入ったりと
院内がバタバタしたりしはじめて、いっこうに呼ばれない。

最初は平常心で読書なんぞしていた私も、
1時間半たった頃から心拍数が上がってきました。

実は待合室で待っているときに
以前も一度会ったことのある知人ご夫婦がいるのに気づいたのですが
その時の心理状態で普通に会話できる自信がなかったので
挨拶もせず気づかないフリをしてしまいました。
だって、もしここで挨拶して、私が先に呼ばれて残念な結果を告げられて
待合室に帰らなきゃいけなくなっちゃったら…
とか考えると、話しかける勇気が出ず。。。
あちらに気づかれていたとしたら失礼なことしちゃったな。
ごめんなさい。

そして2時間近く待ったころ、いよいよ番号が呼ばれて診察室へ。

ドアをノックする瞬間、さすがに深呼吸しました。

ダメでも落ち込まない。
はじめての移植だから。うまくいかなくて当たり前。
大丈夫。平常心。

そう言い聞かせて診察室に入ると、先生からすっと一枚の紙が。
ドア前での緊張を引きずってすぐに直視できなかったのですが、
ようやく用紙に目を落とすと、

HCG 50.62mlU/ml

という検査結果でした。

え、HCGが出ているということは・・・・・


「うん、着床してますね。」と先生。


着床、していました。陽性でした。

思わず「はぁぁぁぁーーーー!!」と
大きく息を吸い込んで固まってしまいました。
たぶん、すごく変な顔していたと思います。

が、しかし。
そんな私を前に表情一つ変えない先生。
その場に3~4人いた看護師さん(顔なじみの方もいる)も皆、けっこうドライな反応。

あれっ。
私、もうちょっとこう、

「りこさん!がんばったね!おめでとう!!」
「良かったですね~♪パチパチパチパチ!」

みたいなのを想像していたんですが、全然そんな雰囲気じゃない。
大げさに息を吸い込んで固まっている私が、なんか浮いています(^_^;)

先生が、ドライな表情のまま続けました。

「HCGは着床しないと出てこないホルモンなので、着床はしています。
 でもこの結果からは、『着床した』ということだけしか判断できないです。
 今日エコーをしても、何も見えません。
 赤ちゃんがいると断言できるのは、胎嚢が確認できてからです。」

「着床=赤ちゃんが産める」ということではない。
それをちゃんと伝えてくださいました。
きっと、色んな現実を見てきている先生たちだからこその、
あのような雰囲気だったのだと思います。

と同時に、こういう話を淡々と先生がするということは、
私のHCGの値は、そういう覚悟もしておかないといけないくらいの
低いレベルなのかもしれないな、という邪推も
ちょこっとだけしちゃいました。

あの、お恥ずかしながら私ですね・・・、

事前にあれこれ気にしすぎたら精神衛生上いいことなんてひとつもない!
だから何も考えない!何も気にしない!何も調べない!


をモットーにこのところ生きてきたので、
あまり判定に関する予備知識を持っていませんでした。
なので、胚盤胞移植後8日目でHCG値が50.62ということの意味が
正直、すぐにピンときませんでした。

帰宅後ちょこっと調べてみると(結局調べてる)、
出産に至るかどうかは半々の確率…という値のようです。
あくまでも統計的な結果からの目安ですが。

分かってます。
これからがまだまだ気が抜けないということ。
まだ諸手を挙げて喜ぶ段階じゃないということ。

でも、今は純粋にうれしいです。
だって着床してくれた。
それだけで、本当にうれしいです。
「次回は胎嚢確認」なんて言葉が聞けるなんて。

受精障害とか着床障害とか、
そういう可能性がいったん排除されたというだけでも
私の不妊治療にとって大きな大きな前進です。

あとは、お腹の中の生命力を信じて、
大切に日々を過ごすだけ。

アルコールとたばこは絶対に摂取しないようにという注意を受けて、
今日の診察は終了しました。
お盆に実家帰省のための超長距離ドライブを予定しているのですが、
それも問題ないそうです。

ただし、もし来週の胎嚢確認までにたとえば
出血のようなトラブルが起こってしまったとしても、対処のすべはない。
そういうことだったんだと考えるように、と言われました。

よく聞きますよね。妊娠超初期の流産は
染色体異常など胎児そのものに原因があるためで、母体のせいではない。
運命だったと割り切るしかないって。
そういうことなのだな、と理解しました。

黄体ホルモン補充の注射をして、追加のお薬をどっさりもらってお会計。
お薬代がけっこうかかったので、本日のお会計は約4万円です。


今日の結果を気にしていた夫にも早く伝えてあげたいけれど、
仕事から帰ってきてから直接顔を見て伝えようと思います。
(夫に一番に報告したいので、この記事は
 夫への報告後にアップするつもりで投稿予約にしています。)


で、病院から帰宅して、さっそく長ズボン&靴下です(^_^;)

このところ、夜中に汗だくで目が覚めていたのは
長ズボンと靴下のせいだけではなくて、
妊娠して体温が上がっていたからなのかもしれないな、
と考えると、この暑さもちょっとだけ苦じゃなくなるような気がしました。


スポンサーサイト
トラックバックURL
http://riko804.blog.fc2.com/tb.php/347-2aba3c66
トラックバック
コメント
やった!やった!やったねっ!めっちゃ嬉しい!
おめでとうございますっ!あー、めっちゃ嬉しい。

今日何回ブログ開いたことか(笑)アクセス数やばくないですか?
夕方くらいに「あ、報告は旦那さんが最初だろうから夜まで待とう」とようやく落ち着いたわ。

ブログの書き出し見て「もしや!?」って思って、中身すっ飛ばして結果見たわ!
もうねえ、めっちゃ嬉しいです。この嬉しさ、どうしたら伝わるかしらっ!?
あー、嬉しいなぁっ!もう一度、おめでとうございます。

身体大切にしてね。つわりとかきつかったら無理しちゃだめよ。
でもきっと、りこさんも私と同じタイプでとしつわりがひどくても「このつわり、妊娠できたからこそのもの。ありがたや、ありがたや、おえーーー」ってつわりを乗り越えると思う(笑)

あまりに嬉しくてコメント書いて何故か一回全部消えたわ。

じゃ、ホクホクした気持ちで寝ます。ホクホク気分をありがとう。
ミキリーナdot 2017.08.08 23:42 | 編集
ミキリーナさん

ありがとうございます!!
そんなに喜んでいただけて・・・うれしい(T_T)
2回もコメント書いてもらってありがとうございますっ(TロT)アクセス数は、1端末からは1日1カウントしかされない仕様みたいなのでご安心を(笑)

帰宅してから喜びをかみしめていたらどんどん欲が出てきて、
出産予定日がいつだとか、いつごろからお腹が出始めそうだとか
いろいろ妄想がノンストップになっちゃいましたけど、
帰宅した夫に報告したら、
「おーそっかそっか。じゃあひとまず第一関門突破だね。」
と、とっても冷静な返しをくれてひとまず落ち着きました。
夫よ、なぜそんなに冷静なの(苦笑)

はー、まだ信じられないような気もしますが、
もしつわりなんてきちゃったら、うれし泣きしながら苦しみ悶えそうです。

ひとまずひとしきり喜んだので、
今日からまた穏やかに過ごそうと思います。

ほんとにほんとに、喜びコメントありがとうございます(> <)!!
りこdot 2017.08.09 08:07 | 編集
おめでとうございます🎵
とりあえず、第一関門突破ですね。
判定日が早めで羨ましいです。私は移植後12日目なので、待ち時間が長い…
フライングはしない派です。

私も判定日に知り合いと病院ですれ違ったのですが、マイナス判定だったために、とてもお話できなかったです。呆然としていたと思います。

私もりこさんにあやかって、頑張ってきます。
穏やかに過ごす、見習います(~o~)
キャサリンdot 2017.08.09 11:57 | 編集
キャサリンさん

ありがとうございます(^^)♪
まだまだどうなるかわかりませんが、
人生で初めて着床してくれたので、それだけで感激です。

私の判定日は3週6日目にあたるみたいなのですが、
ちょこっと調べてみると
「まだHCGが安定しない時期」とか「個人差が大きい時期」とかみたいなので
ひとまず陽性はもらえたけど、結局なんだか結局不安が大きくて。
判定日はもう少し遅い方がよかったな~なんて思っちゃったりします。
イカンイカン、ないものねだり?ですね(> <)

キャサリンさんも、移植に向けて着々ですね。
ストレス少なく、万全で移植の日を迎えられますように♪
りこdot 2017.08.09 19:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top