FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018
06.26

最近の水切りカゴ事情

生後51日目で寝返りマスターした息子、
その後も順調にゴロンゴロン転がっております。

産後すぐに黄疸で入院したため
産院にフォロー通院しているのですが、
2か月目の診察の際に先生に伝えてみたら
「いやーお母さん、それは偶然だよ。ナイナイナイ!」
って笑い飛ばされたんですけどね。
私も初日は偶然できただけかと思ってたけど、
どうやら完全にマスターしてしまったようです。

まだ首が座る気配はなく寝返りがえりもできないので
やはりこれ↓買っちゃいました。



暴れ始めるとどうにもならないけど、
ぐっすり寝ているときにはちゃんと収まってくれて、
ないよりマシという感じです。
早く首が座ってほしい。。


ところで、息子が生まれてからというもの
自分のことだけでなく家事にかけられる時間が
グググ~ッと減りました。
もともとそんなにまじめに家事をしていなかったズボラだけど、
赤ちゃんがいると最低限の衛生面は気になるもので。

とくに気になるのはキッチン。

先日ちらりと書きましたが、わが家では
水切りカゴを使っていません。
理由は、ズボラゆえきちんとお手入れできる自信がないから。
いっそなくしてしまった方が衛生的!というわけです。
(詳しくはこちら⇒「水切りカゴのないキッチン」

水切りカゴの代わりに、吸水性の高いブリッツを愛用してきましたが、
最近、毎晩ブリッツを洗う時間が取れないことが増えてきました。



寝かしつけに時間がかかったり、
せっかく寝てくれた後に流しでジャブジャブ音を立てるのが嫌だったり、
そんなこんなで台所仕事を適当に切り上げることが多々。
洗い終わった食器をブリッツの上に置いたまま、
「ふきんで拭くのは明日~。(または自然乾燥)」
なんてこともよくあります。
必然的に、毎日きちんとブリッツを洗って干せないことも。

そうなってくると気になってくるのが衛生面。
言ってしまえばブリッツは「布」なので、
夏の暑い時期に湿ったままの状態で一晩おきっぱなしって、
ちょっと想像したくない感じです。

ということで、すごく便利で大好きなブリッツですが、
育児に追われるしばらくの間は、泣く泣くお別れすることにしました。

で、新しく導入したのがこちら。




布ではなくポリプロピレン素材なので、
多少の時間そのまま放置してしまっても、
ブリッツよりはカビが生える確率が少なそうです。
しかも、ざっと水洗いしてさっと拭けばいいだけと、
お手入れもラク。

実際に使ってみるとこんな感じ。

新しい水切りトレイ

ブリッツよりはちょっと小さいのですが、
大人2人分の食器ならまぁ対応できそうな感じです。
息子の食器が増えてくるころにはまた生活のリズムも変わって
ブリッツ復活できるかもしれないし。

水切りトレイの表面

表面がお風呂の床みたいな乾きやすい構造になっているので
水切れもいい感じです。

※なんかこの写真、楕円部分がへこんでいるように見えますが
 実際は楕円部分が膨らんで細かい溝がたくさん走っています。
 わ、錯視っぽい写真が撮れちゃったー。

もとがズボラなもので、そんな人間が
「家事は手抜きでいっか」なんて思い始めると
どこまでも堕ちていくリスクをはらんでおり・・・笑

ズボラの手抜きはひと工夫が必要。
よいツールを見つけることができてご満悦です。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://riko804.blog.fc2.com/tb.php/402-81f12c75
トラックバック
コメント
こんにちは。

お子さん、寝返りが早くてびっくりですが、
まだまだ赤ちゃん、お世話も大変ですね。
できるだけ、ママの負担が少ない家事の工夫は
必要ですね。
水切りカゴ事情、いいんじゃないですか。
期間限定であったとしても今のりこさんにとって、
1番いい方法を選ばれたような気がしますよ^^
HASU*dot 2018.06.26 16:51 | 編集
HASU*さん

こんにちは。
いままで使っていた水切りマット、
本当に名残惜しくて勇気がいったのですが
清潔に使うために取り入れたものが
不衛生になっては本末転倒。
ひとまず落ち着く形を見つけられてよかったです。
きっとこれからも子供の成長に合わせて色々と
暮らしを変えていかないといけないのだろうと思いますが、
便利なネット時代に生きていて本当によかったなぁと
つくづく感じます(^^;
りこdot 2018.06.28 16:15 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。