FC2ブログ
2018
08.08

カバー力抜群の母子手帳カバー

人間の身体の融点が45度とかじゃなくてよかったな。
じゃなかったらそろそろ溶けちゃうもんな、私。

なんて意味不明なことを考えてる時点で
脳みそが溶け始めているのかもしれません。

そんな私です。こんにちは。

暑くて暑くて暑くて暑くて・・・熱い!!

はやく夏終わらないですかねー。
でも先日、赤とんぼが飛んでいました。
猛暑の中にも、秋の気配が忍び込んできているみたいです。

はやく!おいで!秋!!

なんて長々とボヤいてしまうほど大変に暑い夏ですが、
どうにか夏バテもせず乗り切っております。
たぶん、気力だけで生きてると思う、私。

しかし身体は意外とバテているみたいで、
このところ、大人になってからの最軽量体重を更新しています。
これはもはや、痩せているんじゃなくてやつれているレベル。

それに伴って、どうやら母乳の出も悪くなってきているのか、
息子の体重があまり増えなくなってしまいました。

ほぼ3000グラムで生まれた息子ですが、
生後間もなくから体重の増え方が平均より少なめで、
成長曲線のギリギリ下限値を這うようにして伸びていました。
が、ここにきてついに成長曲線の正常エリアから外れてしまい。
これまでは完全母乳でやってきましたが、
ちょこっとだけミルクを足すことになりました。

そろそろ終わるかなぁと思っていた産後フォローの通院も
離乳食が始まるまでは引き続き継続することになったので
せっかくならばきっちりフォローしてもらって
すくすくたくましく成長してもらいたいと思います。
がんばるぞ。

おっぱいの授乳もかわいくてすーごく幸せな時間だけど、
哺乳瓶の授乳ってちょっと憧れてたんですよね。
うふふ、たのしみ。


ところで、赤ちゃんを病院に連れて行くときに
何気に大変なのが、受付やお会計。
大きいカバンを抱えつつこどもを抱っこしながら
母子手帳、保険証、乳幼児医療費の受給証、診察券などなどを
取り出さないといけない受付は、
最初の頃はかなりハードルが高かったです。

母子手帳を持ち歩くときには
妊娠中に買ったお気に入りの母子手帳ケースを使っていたけど、

かばんからケースをごそごそ取り出す
→ふたを開ける
→母子手帳、保険証、受給証、診察券を取り出す
→提出してケースのふたを閉める
→鞄にしまう

だけの一連の動作が、たったこれだけの動作が、まー大変で面倒。
無駄にもたつくので、後ろに次の人が待っていたりすると
申し訳なくてさらに焦ってしまったり。

あと、ちょっと買い物や散歩に出るときに
母子手帳ケースごと持ち歩くのって結構かさばります。
病院やしっかりしたお出かけなら大きい荷物も仕方ないと思えるけど、
15分で終わるチョロっとした用事なら荷物はコンパクトにしたーい!

ということで、なんとかならんもんかと考えた結果、
母子手帳カバーにすべてを集約することにしました。
そしてお得意のネット検索。
私のこの思いを解決してくれるツールが
現代の世の中には必ずあるはず。
あるはず・・!


あったーーーー!!!



すてき!そして安い!

商品名はお薬手帳ケースですが、
お薬手帳を挟むところに母子手帳を収納して使っています。
後ろの方にはポケットがついていて、
診察券、保険証、受給証を複数枚収納できます。
(写真撮ろうと思ったけど、個人情報満載過ぎることに気付いてやめた。)

どこに行くのでも、これさえ持ち歩けばよくなりました。
あったんですよねー。
保険証も受給証も持ってきたのに、診察券だけ忘れた!ってこと。
そういう心配もなくなりました。


ちなみに、以前の母子手帳ケースはコレ↓を使っていました。


今となっては大きくてかさばるけど、
妊娠中は自治体の無料チケット冊子を入れたり
病院でもらったエコー写真を入れたり、重宝しました。

世の中、探せばやっぱりあるものですねー。
悩みを解決してくれるツール。
すごい時代です。

万歳!現代!
万歳!ネット社会!

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://riko804.blog.fc2.com/tb.php/405-6e80c9d1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top