FC2ブログ
2019
01.25

何度目かの…ふきん考。

以前も告白したことがありますが、
私、「ふきん」が世界で8番目くらいに好きです。

おろしたてのピンとした感じも
使い込むほどクタっとなって使いやすくなるのも
ぜんぶ好き。

(え、どうでもいい?だよねー。)

日東紡の食器ふきん
や、
無印のキッチンダスター

を愛用しています。
ふきんを愛でるようになってからは
ズボラな私には珍しくほぼ毎晩
食器拭き・台拭き・水切りカゴ代わりのふきんの3つを
きちんと洗剤で洗って乾かしてお手入れしてきました。


・・が、出産を機に時間と体力と気力の余裕がなくなり、
まず水切りカゴ代わりのふきんにサヨナラしました。
(⇒くわしくはこちら。「最近の水切りカゴ事情」

これですこし手間は減ったものの、
もっと楽したい・・もっと楽したい・・・もっと楽したい・・・・
と思うようになりました。(根がズボラ。強烈なズボラ。)

そしてそうこうしているうちに、
時々ふきんのお手入れをサボるようになってきました。

「今日は食器の量が少なかったから水洗いだけでいいや・・」
とか。

「このごろ煮洗いしてないけど、まだキレイだしたぶん大丈夫・・・」
とか。

でもほんとの自分はわかってるんです。
目をそらしてるだけ。

「なぁなぁ、その食器拭き、昨日も洗剤で洗ってないやろ?
白くてきれいに見えても、雑菌いっぱいおるやで?

台拭きもよー見てみ。ちょっと茶色くなってるやん?
それ、昨日ついたソースのシミやで。
水洗いしかしてへんから落ちてないやん。
そのうち臭ってくるで。

あーきったないきったない。」


ほら、頭上でちっこい私がなんか囁いてる…。
(なんでこういう時って関西弁に脳内変換されるんだろう。)

でも、息子が寝てるうちに私も睡眠確保したいし…
あ、ほら泣き出したから抱っこしにいかないかんし…

な毎日。

そんなこんなで、気づけば
台所仕事があまり楽しくなくなってきていました。

以前はね、1日の終わりに洗い終わった食器を
お気に入りのふきんでキュキュっと拭き上げる瞬間に
なんだか小さな幸せを感じていたりしたんです。
「あれ?これってほら、あれじゃない?ていねいな暮らしってやつ。」
みたいな。完全自己満足だけど。

でも、私みたいな根がズボラ人間は
ひとたびその「ていねい」が崩れ始めると脆いんです。
モチベーションがた落ち。というか消失。スンッ。

これはいかん。
子供が生まれたというのに、どんどんダメ主婦への道を
突き進まんとしている。
・・・・・・控えめに言って、とてもまずい。

そこで最近気になっていたのがこちら。



スコッティファインの「洗って使えるペーパータオル」
これ、いろんな方のブログやSNSでよく見かけるんです。

その名の通り、洗って繰り返し使えるキッチンペーパーです。
これをふきんとして使って、毎日使い捨てにしている人がいるみたい。

なにそれ素敵やん。


なんで最近の私の家事モチベーションが下がっているかって、
ひとえに、キレイかどうか自信が持てないふきんを使わなきゃいけないから。

「これで・・・拭くのかぁ。うん、キレイキレイ!大丈夫!(汗)」
てな感じで、心の底から気持ちよく家事に向き合えないのです。

かといって、食器を拭くたびにキッチンペーパーを使い捨てにするほど
うちはリッチではないし、貧乏性の私には多分ムリ。

でも繰り返して使えるペーパーなら、
1日めいっぱい使い倒してぽーいしちゃえばいい。
ぽーいすることが決まってるから、気兼ねなくガンガン拭ける。

毎日毎日おろしたてのふきんを使うのだから、
「これ、昨日しっかり洗ったっけ…」とか
憂鬱な気分になることもない。

なにそれ最高やん。


ということで、さっそくわが家に導入してみました。
じゃーん。

スコッティファイン見た目

使ってみた感想は、
え、これ本当に紙?いや、神だよね?
(ちょっと今日はおふざけが過ぎます。)

見た目は本当にただのキッチンペーパーなんです。
このとおり。ちょっと分厚めの紙。

スコッティファイン質感

でも、けっこうな力で引っ張っても、
お水でジャブジャブ洗ってギュウゥゥゥゥーって絞り上げても
ぜんぜん破れない。さながら布。

1カットだけだと食器を拭くには吸水力が足りない感じがしたので、
2カット分を折り重ねて使っています。

それでも、1ロールで1か月もちます。
コスト的には、1日あたり10円くらい。
うん、決して高くはない。

さらに使っていくうちに、
これって台拭きとしても使えるんじゃない?と思い始め、
無印のキッチンダスターにもいったん別れを告げてみることにしました。

無印のダスターも数日ごとに使い捨ててはいるのですが、
同じ1枚を使い続けている数日間は
結局ちょこちょこ洗ってきれいにして‥という管理が必要になるので
完全なるストレスフリーというわけではありませんでした。

使って3日目くらいになると、
「あー、これ昨日拭いた醤油やん。ちょっとシミになってるわ。」
みたいなのがちらほら出てきて、これまた心の中に
小さなわだかまりがポツリ。悶々。

ということで、わが家のふきんはすべてスコッティファインに統一。

★1日目
⇒おろしたてのスコッティを食器拭きとして使う。

★2日目
⇒前日使ったスコッティを台拭きに格下げして使う。
⇒1日の終わりに、家具や床などを雑巾代わりに拭いてポイ。

捨てる前に雑巾として使うというのは
今までに使っていたふきんでもやっていましたが、
今のルーティンだと毎日のことになるので
今日はここを拭こう、明日はあっちにしようかなと
ついで拭きの場所をあれこれ考えるのも楽しくなりました。

ちなみに、食器拭きとして使っている間は
こんな感じで布巾かけにかけて乾かしています。

スコッティファインかけた

紙だから乾くのも早い。まさに神。(しつこい)

1日目と2日目のものを取り違えたりしないかな、
という不安はちょっとありますが、今のところ大丈夫です。
息子がお手伝いとかしてくれるようになったら
工夫が必要かもしれないですが。
(そんないい子に育てられるのだろうか。)

この1年ほど、いろいろ余裕がなくて
その日ぐらしというか、生活がグダグダというか
なんとなくダラダラとした毎日になってしまっていたのですが、
久しぶりに家事の見直しができてちょっと気持ちがスッキリしました。

しばらく今の感じで使い続けてみて、
うまく軌道に乗ればこのやり方を続けていこうと思います。

うんうん、家事が楽しくなってきた!
おかえり!モチベーション!

スポンサーサイト




トラックバックURL
http://riko804.blog.fc2.com/tb.php/416-0af7b38a
トラックバック
コメント
関西弁のくだり、面白く読ませていただきました。
ふきん、私も一時、ロハコで使い捨て(何度かは水洗いできる)
ダスターを使ってみようか、ニトリの同じような
ダスターを手にとり悩んだことがあります。^^;
私も最近は以前のようにこまめに、煮洗いができなかったり、
怠けている状態も気になりつつで、手を伸ばしかけたことも。
あと、りこさんがお使いになられたペーパータイプも
気になったんですよね。
不織布ではなく紙で水洗いしてモロモロにならない?
とか考えていたので、とても参考になりました。

こちらこそ読み逃げでごめんなさいね。
りこさんは新居での生活に向けての準備が、
子育てもあり、大変ですね。
どうぞ体には気をつけてくださいね。

HASU*dot 2019.01.29 19:01 | 編集
HASU*さん

こんばんは。
引っ越しに伴っていろいろあり、
お返事がこんなに遅くなってしまいました。
・・いきなり言い訳からでごめんなさい。
読んでいただいてありがとうございます(^^)

スコッティファインのふきん、
1か月ほど使い続けていますが
私の中での大ヒットです。

2日くらいで使い捨てるなら、ご心配されているような
モロモロになる感じは全くありません。
力いっぱい絞り上げても破れる気配すらないし、
本当に、紙というより布そのものという感じです。
引っ越しでも、雑巾代わりにあちこち拭いたりと
すごくお役立ちしてくれました。

6ロールパックを購入してストックしているので
近くに住んでいたらお試しで一つお分けしたいくらいです(^^)
もしご興味あるなら、ぜひ一度お試しください♪
りこdot 2019.02.11 00:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top